アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。

Karma Yoga

b0253075_09492030.jpg

このサンガでは、大きな行事の際、
スタッフでない参加者にも、
みなひとつずつ何らかのお仕事が割りあてられるようです。
それを「カルマ・ヨガ」と言います。
カルマ・・・すなわち「行動」「お仕事」ですね。

「カルマ・ヨガ」の時間帯と内容が記された緑のカードが
私たちにも1枚ずつ配られました。

J先生のカードには
 8:45~9:00 Dish washing
と書かれていました。

体調の悪い人は免除されると聞いていたのですが、
最初の日、先生はちゃんとお仕事に行かれました。

みんなの朝ご飯の食器を洗剤の入った洗い桶で洗って
ぽちゃんぽちゃんと次の洗い桶に入れていくという作業で
けっこう楽しかったそうです。

ただ、このお仕事は、期間中毎日のことだったのに
先生はそれをご存知なくて、
2,3日サボってしまった後にもう一度行ったら、
「人手は足りているからいいよ」と言われてしまったのだそうです(^^;)


私の方のカードには
 13:15~14:00 Kitchen: putting things away
と書かれていました。
私の方が時間が長いです。
・・・適性など、ちゃんと判断して決められてるみたいです(^_^;)

お昼ご飯は12:00からなので、ゆっくりと食べ終わってから
13:00すぎ、少し早い目に配膳台あたりに行きますと
Takiko という女性に「Staff が来た!」と大歓迎されました。
はてな?
どうやらこちらは、人手が足りないもようです。

Takiko は誰かに似ているなぁ~とずっと思っていたのですが
数日たってから、あ、歌手の Tina Turner に似ている!と気がつきました。
分かります?
そんな感じの、迫力あるおばさまなのです(^^;)

ここのお仕事は、残った昼ご飯のおかずを
それぞれ清潔なコンテナーに移して
きちんとラベルを貼って冷蔵庫に保管することと、
配膳台周辺をきれいに拭き上げて、夕食の配膳に備える
というものでした。

説明を受けたあと、
食材の名前をラベルに書くのはちょっとハードルが高そうだったので
「私は hearing ability が低いので clean up の方をさせてください」
とお願いしました。

Takiko は日本人ではないのですが、
お母さんが Takiko という日本名が好きで、この名をつけたのだそうです。
なので彼女は、もとから日本人びいきではあるのですが
私の hearing ability の低さと
それに伴う呑み込みの悪さは、
彼女の好みに合わなかったようです。。。

だいたい、遅れて昼食をとりに来た人にぶっきらぼうに応対した挙げ句、
「Are you angry?(怒ってんのか)」って言われるぐらいにこわもてなんです。。。

私も「Do you understand the teaching?」って聞かれちゃったりしました。
「私は普通のお喋りの方が難しいのよ」って答えましたが(笑)

でもさ、英語で軽い冗談を交わしながら仕事するって
なかなか難しいですよ。
いや、英語でなくても、あまり私の得意とすることではありませんけど・・・


とりあえず布巾の置き場所や
消毒スプレー(たぶんアルコールとお酢を混ぜたようなもの)の場所など
必要最低限のことを教えてもらって、
それから毎日、黙々と台を拭いて片付けました。

13:15からなのですが、その時間ちょうどに行くと、
既にひとりで仕事を始めていて、
私が「I'm sorry, I'm late」と謝ると
「OK.忘れてはいなかったのね」と無愛想に言われたりしました。

まぁねぇ、言葉がうまく通じないから
私とどう communicate すればよいのか、
彼女も分からなくて、困っていたのかもしれません。

2日目、3日目あたりは、他のスタッフもいたので
Takiko はその人たちと楽しそうにやっていましたが、
日を追うごとに、彼らはだんだんと来なくなってしまって、
最後まで欠かさずにここの仕事をしたのは、Takiko と私の2人だけでした。

「冷蔵庫にドレッシングを片付けましょうか?」と尋ねると
「その前に容器を拭いてちょうだい」と言われ、
「I did it」と言うと
「Oh...you wiped them already. Perfect.」
みたいになってきて

しだいに私めの評価が上がってきたみたいです。
 私たち、ふたりで協力できたわね
 とてもよいチームワークよね
 すごく手早いわ
となってきて、終わりの頃には
 アヤコ、あなたの仕事は perfect だわ
 あなたと仕事ができてとても良かったわ
と言ってくれるようになりました。

やれやれです。

b0253075_16595514.jpg

Teaching の最終日に temple で
リンポチェへのカタ・オファリングと
ボランティア・スタッフへのプレゼント贈呈式があって
そのときに Takiko が出ていたので
私からも「ほんとうにありがとう、タキコと仕事ができて良かったわ」と伝えました。
まぁ、本当の気持ちです。


なんにせよ、ここは仏教コミュニティではありますが
アドラー心理学ベースではありません。
尊敬・信頼・感謝を、行動でもって培っていかなければなりませんでした。

よい経験になりました。


[PR]
by prem_ayako | 2018-01-24 16:55 | friends

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako