アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp
ブログトップ

LS分析を体験して

今年のカウンセラー養成講座は
心理療法士試験を受ける方が何人かおられましたので、
はじめて、心理療法(=ライフスタイル分析)のクライエントをさせていただきました。

ず~っと前から、実は
私もライフスタイル分析を受けてみた~い!
と叫んでいたのです。
自分のライフスタイルを知っておくことって
他の方のライフスタイル分析をする上で
とっても大事なことなんです!
だって、知らないうちに
自分のライフスタイルが影響してしまってはいけませんからね。

私を分析してくださったセラピストさんは
とってもやさしくやわらかく、話を聴いてくださいました。
ほんとうに勉強になりました!
ありがとうございました。


まず、母に対して陰性感情がわいた最近のできごとをお話ししました。
私のある行動に対して、母が不満を言ったというエピソードです。
一言二言のやりとりでしたが、
いつものように母にも私にも若干の陰性感情が残り、
こういうことを繰り返したくないなあと思いました。

「その出来事はあなたの性格と関係があるように思うので、
 小さいころの出来事をお聞かせいただけますか?」とセラピストさんに促され、
早期回想をお話ししました。

よろしければお読みください。

【よくない早期回想】

4歳か5歳だったと思います。
めずらしく外で遊んでたら、はじめて会った男の子と仲良くなって
家の外の塀につかまりながら、へばりついて遊んで、すごく楽しかったんです。(+4)
帰ってきたら、母は「あの子とはあまり遊ばない方がいいと思うよ」と言いました。(-2)
私が「なんで?」とか聞いたら、
そのうち母は「あの子とは遊ばないようにしなさい」と言いました(-4)
で、すごく嫌だったんですけど、結局その子とはもう遊びませんでした。

【よい早期回想】

家の前の路地で、兄とインサイというボール遊びをしていました。
お気に入りの普段着を着ていて、それがとてもうれしかったです。
グレーとモスグリーンのギンガムチェックで、薄いウールだったと思うんですけど、大人っぽくて、気に入っていました。
(母が着せてくれた服でした)


まず、私にとってのマイナスの価値を考えました。
じゃまされること。
押しつけられること。

うん、それはそうよね。
お外で楽しく遊んで、明日も遊ぼ!と帰ってきたところで
なんだかわけのわからないことを押しつけられたからイヤだったんですよね。
ここまでは、すんなり分かったんですが

私にとってプラスの価値は?というところで
セラピストさんも私もちょっと道に迷ってしまって
遠からず近からずのところ(自分で決めるべきだ、とか、自由であるべきだなど)
をウロウロしてしまいました。

で、途中で大きなJ先生が入ってこられました。
「解釈を言ってもいいですか? 
 この人にとってのプラスは
 私のいちばんいいようにみんなが決めてくれること、じゃないですか?」

こう言われたときに、ばっちーんと認識反射が出ました!
笑ってしまいましたわ。
そうそう!そうだわ!って。

「じゃまされる」の反対は、
私の場合、「自分で決める」ではないんです。
「私にいちばんいいように決めてもらう」、なんですねえ!!
私って、ほんとに passive な人なんだ~

お気に入りの服を用意してくれたのは、母。
お気に入りの遊びをセッティングしてくれたのは、兄。
私にとって、とても良いものを、みんなが提供してくれる状態が、
理想なんです!!!

私のライフスタイルの目標は
 私のことをよく理解してくれる人々と居て
 その人に、良いように決めてもらう「よきにはからえ」状態
  I should be a Little Princess.
  I should be treated well.


逆に劣等の位置は
 私は、ものごとを自分で決める力がない
 人々は、私にとって良いように決めたり、悪いように決めたりする


おおお。は、恥ずかしい・・・(-_-;)

きっと人さまには丸見えだったんでしょうけど。。。
こうあからさまに言葉になると、とっても恥ずかしいものです~

でも当たってます・・・
当たってます・・・
当たってます・・・

母は、私のことを私が望むほど理解していないので
私の気に入らないことを、しばしばするのです。
現在の問題についても、母は私のことを理解せず
自分のことばっかり話すので、
(もうちょっとこっちの事情も考えてよ!)と陰性感情がわくのですね。

あらら・・・(>_<)
どっちがワガママやねん。
いたたたた・・・

たぶんこの信念には、大きな見落としがあるのではないかと思います。
理解してくれる人が、いつもいちばんいいように決めてくれるとは限らないし
理解してくれていない人が、いつも私の気に入らないことをするとも限らない。
たぶん、私のことを理解してくれる人と私によいようにしてくれる人との関連性は、
私が思い込んでいるほどは、ない。。。


あんまり痛いから、この件については、しばらくぶら下げて
ひとりワーキングスルーをいたします・・・


さて、今回、クライエント側に立ったおかげで、
セラピスト側に立ってばかりでは気づけなかったとても大切なことが
ひとつ、分かりました。

それは、セラピストが行き先を少し間違えた場合、
セラピストの誘導が上手であればあるほど
クライエントは、いっしょに道に迷ってしまうものなのだ、ということです。

どんぴしゃ命中でなくても、クライエントにしてみたら
セラピストとの関係が良ければなおさら、
そう言われてみればそうかしらんという気がしてしまうのです。
だって、その価値も確かに大切にしているものですから。

だけど、本当にどんぴしゃのプラスの価値、人生目標を見つけてもらうと、
これは明らかな認識反射が、出ます!出るものなのです。

・・・ということを、身をもって知りました。

逆に言うと、今まで私が分析させていただいたクライエントさん方で
明らかな認識反射が出なかった方の場合は、
ぴったりの目標を見つけ損ねている、ということになります。

どーしよぅー(>_<)真っ青。

特に初期の頃のクライエントさんには、そういう方が多々おられたように思います。
だって私、すごくお下手だったもの Orz
ごめんなさい!<(_ _)>

最近のクライエントさんについても、今一度見直す必要があるかもしれません~
もうお会いしない方々については今さらどうしようもないので、
これから精進することで許してくださいませ!

本当に、何回見学してもお勉強になる
カウンセラー養成講座なのでありました。

まったくよい体験でありました。
いたたたた・・・(/_;)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
# by prem_ayako | 2016-09-04 23:21 | psychology | Comments(0)

ラサへの歩き方

b0253075_224295.jpg映画「ラサへの歩き方 祈りの2400km」を見てきました。
原題は「カン・リンポチェ(=カイラス山)」です。

とても美しく、
そしていろいろ考えさせられる映画でした。


これは中国人監督による中国映画です。
北京生まれ、40歳前の張楊(チャン・ヤン)監督は、
チベットに惹かれ、
五体投地で巡礼する人々にに興味をもちました。

監督は、およそのプロットを決めて、
イメージに合う俳優を求め、チベットを走り回りました。
そして四川省の小さな村で
幼い少女から老人まで、計11人の村人を起用しました。

演者は全員、お互いによく知った村人同士です。
監督は喋ってほしい台詞の内容を、まず中国語で指示し、
それを通訳が中国語からチベット語に訳し、
演者たちはそれを自分たちの言葉(方言)で演じたということです。

なのでフィクションなのに、
まるでドキュメンタリーフィルムを見ているようでした。

政治的メッセージは皆無です。
中国共産党の姿は一切画面に現れませんし
逆にダライ・ラマ法王のお姿も、一度も出てきません。
非現実的ですが、上映のためには仕方ないことでしょう。
・・・あくまで、フィクションなのです。

村人たちは五体投地しながら、聖都ラサへ巡礼します。
四川省の村からラサまで、1200km。
大きな荷物(テントや布団、食料・調理道具など)はトラックに積んで、
老人と運転手と妊婦さん以外はみな、五体投地で進みます。
ラサからさらにカイラスまで足をのばして、1200km。
カイラス山に着いたところで映画は終わります。


全身での五体投地。
額・喉・胸で合掌し、
そのままザーッと身体を道の上に投げ出します。

皮でつくったエプロンのようなものを身につけていますが
当然、全身ほこりまみれになります。
すぐ脇を、すごいスピードでトラックが通り過ぎます。
でも村人らは、ひたすら五体投地を繰り返し進みます。

冬は吹雪の峠を越し、
夏は緑の草原を縫い、
ときには、ルンタはためく峠で祈ります。

夜は道端にテントをはってキャンプをします。
男たちは重い支柱を立て、女たちも手伝い、水を汲んで料理をします。
子どもも老人も、自分にできる仕事をします。

毎晩みんながそろって食事をして、
夜が更ければ年長者が「祈ろう」と言い
みなが「レー(そうしよう)」と答え
そろって長いお祈り(「二十一ターラ礼賛偈」?)を唱え
あとはそれぞれの寝袋にもぐりこんで眠ります。

毎日毎夜のこの繰り返しが、1年続きます!!!



あるとき、無謀な車に、トラックが追突されてしまいました。
エンジンは大破し、修理ができる町までは遠すぎます。
ラサまであと数日というところ。
「しかたがない。荷台をはずして、押して運ぼう」
老人の言葉に、みなが従います。

引く者と押す者とに分かれ、汗みずくになって男たちが運びます。
そして荷台を置いたら、引きはじめた地点にまで戻って、
そこからもう一度、五体投地で進みなおすのです。
どんな事情があろうとも、「五体投地をしないで歩く」という選択肢はありません!

重い荷台を引いて険しい坂を上るのはたいへんです。
「女たちも押してくれ!」
その言葉にすぐ女たちが走り、先を行く荷台に取りつきます。
男はみな前に回って引き、女はみな後ろから押します。
全員で、力を合わせて坂を上りながら
自然と歌声があがります。

それはたぶん、村人なら誰もが知っている古い歌。
日本でいうならたぶん、「○○のためならえ~んやこ~ら」的な歌ではないかしら。

ようやく峠を越して水辺の草原にでたとき、
若者たちは喜びのあまり、同じ歌を歌いながら輪になって踊ります。
この場面はほんとうに美しかったです!



映像的には、チベットの山々は雄大で、ほんとうに素晴らしく、
私はつい、『指輪物語』の風景を思い出しておりましたが
・・・雰囲気がまったく違うことに気がついて、はっとしました。
あの映画の基調は、恐怖でした。
でもこちらの映画は、とてもとても明るい。
たいへんな苦労をしているはずなのに、とてもおだやかで明るいのです。

生老病死の波は次々と現れますが、
それらは起こるべきことであって、敵ではないのです。
もちろん少しばかり感情は波立ちますが、人々は受け取り、対処します。
恐怖はありません。

この強さはどこからくるのでしょうか?


ひとつ思うのは、
この映画に登場する村人はみな
人生について、共通の信念をもっているということです。
それはたぶん、善因善果と悪因悪果・・・カルマの法。
善い行い(因)が善い結果(果)をもたらし、悪い行い(因)が悪い結果(果)をもたらすというもの。
これを疑う外道は、ここにはいません。

ではいったい善い行いは何で悪い行いは何か?ということについても
みなが、共通の理解をもっています。
たとえば善行とは、
仏教を信じること。
他者を思いやること。
子どもをかしこく育てること。
老人を敬うこと。
リーダーには従い、お互いにできることを協力すること。

人が人と共に生きていこうとするとき、
まず守らなければならないこれら基本的なことへの、
素朴な信念が、まったく揺るがないのです。

だから彼らは勇気があります。
淡々と善行を行おうとし、
人々の善行を勇気づけ
いつも正直であろうとします。
価値観が共有されて価値観を疑う必要のない生活は
とても安定しているのではないでしょうか。


ひるがえって現代の日本を考えると
世代によって異なる価値観があり・・・
地域によっても多様な基準をもち・・・
善悪よりも快不快で決まることが、あまりにも多い社会です。
現実のチベットだって、
この映画のような理想郷ではなくなっているかもしれませんが

あくまで物語として
あくまで理想の物語として

老若男女が同じひとつの美しい価値観をもち
それを守り伝えようと生きている姿は、とても爽やかでした。

そしてその美しさを映像に残しておこうとする監督が
漢人であったというのは、
ひょっとしたら、小さな希望のかけらなのかもしれません。


「ラサへの歩き方 祈りの2400km」予告編

 
 
 
 
 
 
 
[PR]
# by prem_ayako | 2016-08-22 21:58 | tibet | Comments(0)

伊根

世屋の合宿のあとは、丹後のお世話役Uさんのおすすめで
若狭湾に面した海辺の町、伊根へ移動しました。

むか~しから私、(思えば、高校で写真部だった頃から)
伊根に残る舟屋に泊まってみたいと思っていたのです。

b0253075_2342693.jpg舟屋というのは、舟の倉庫のようなもので
ご覧のように、たいへんフォトジェニックなのでございます。

私の高校時代は、泊まれる宿もあまりなく
交通も今よりまだずっと不便だったので、
合宿で行きたかったけど、調べるすべももっておらず
(インターネットなかったもんね)結局あきらめたのでした。

○十年経って、チャンス到来!と思いました。

はじめ、娘+こうすけ+しゅんすけを誘ったんですが、
紙オムツなど荷物が大変だからと、娘にはふられてしまいました。
「ひとあし先に帰っているわ~」だって。
帰っているわったって、自分の鳥取の家にではなく、滋賀の家になんですけどね(^^;)

でもこうすけは、「ぼくはもう1泊したいなあ」
「おばあちゃまは(ぼくと一緒で)喜ぶ?」
とかわいいことを言って気にしているみたいなので

胸きゅんの私は、
さっそく娘のスマホに、こうすけへのメールを送りました。

こうすけさん
おばあちゃまは こうすけさんといっしょだと、とてもうれしいです。
おかあさんと しゅんすけぱんは のだせんせいのおうちへいって、
おばあちゃまと こうすけさんは、もうすこし たんごであそびましょうか(^^)
それで いいですか?
おばあちゃま


(^o^)こうすけ、とっても喜んでくれました。
それが5月ごろの話。
こうして彼と私との2人旅が実現したのでした。



世屋からはるばる伊根までは、Uさんが車で送ってくださいました。
お世話になりっぱなしで申しわけなかったのですが・・・
でも車でなければなかなか行けないところですし
私もこうすけも合宿でけっこう疲れていましたから、とっても助かりました!
同じく合宿に参加しておられたYさんも、ご一緒です♪
雲海が見える山の中から、一気に海抜0メートルの海へ!



舟屋のお宿についたら、まずお風呂に入って汗を流し、
さっぱり生き返った気分になりました♪
こうすけは、「ぼく、なんでもできるよ!」のお兄ちゃんなので
身体を洗うのも拭くのも、まったく手がかかりません。

b0253075_2364890.jpg
夕食のレストランも、お部屋の窓からも、目の前が海。
対岸の舟屋に明かりが灯り
波間のブイに止まって休むウミネコがすぐそこに見えます。

テレビも何もないお宿なので、とても静かです。
階下から、ちゃぽんちゃぽんと波の音が聞こえます。

子どもたちの歓声が常に聞こえていた合宿の後ですから、
なおさら、この海辺の町の静けさがしみ入りました。
ああ、ここにもう1泊して良かったな~
ひと仕事終わったな~ゆったり~


ところで今夜ここで一緒に眠るのは、
お母さんと離れた5歳児のこうすけさんです。
寝るときはどうしたらいいのかな。。。そうだ、聞いてみよう。

「ねぇこうすけさん、お布団は敷いてありますが、どうやって寝たらいいと思う?」
「ぼく分かるよ! 歯磨きして~パジャマに着替えて~お布団にごろんとして~
 電気消して~おやすみって言って、寝るんだよ!」
「そっか~、そうやって寝るんだね!それで、今日は何時に寝たらいいと思う?」
「う~んと~、いつもは8時半に寝るよ」
「そうなんだ。じゃあ、いま7時半すぎだから、8時になったら、歯磨きとかして寝る準備しよっか」
「うん!」

と、こうすけさんと目標が一致したので
「8時だよ」と声をかけると
さっさと歯磨きして、パジャマに着替えて、お布団にごろんして、
私が電気を消して、おやすみって言って、寝てくれました(^o^)
私もその時間からぐっすり寝てしまいました(^^;)


翌朝は、宿のおかみさんオススメで
「舟屋めぐり・海上タクシー」なるものを呼んでみました。
大人2人以上でないと頼めないのですが、
Yさんがご一緒してくださったおかげで、お願いすることができました。
お宿の前(というか海側の裏口)まで小さな船が来てくれて
30分1000円で、伊根湾内をぐるっと一巡りしてもらえるのです。

b0253075_2392154.jpg船長のおじさんは、冗談好きで饒舌で
(こうすけには通じない冗談がほとんどでしたが)
ウミネコにあげるかっぱえびせんも用意してくださっていて
そもそも初めて船に乗ったこうすけは、大喜びです!

b0253075_23112833.jpg波止場のお散歩もしました。
岸壁のウニやフナムシや、
イカ釣り船や消防艇を観察しました。

それからまたUさんが迎えに来てくださって
彼女のイチオシのお店で至福のお昼をいただいて・・・

午後3時前の特急で、思い出のいっぱいできた
丹後の地に別れを告げたのでした。


おうちでは、のだせんせいと、お母さんとしゅんすけが待っていて
こうすけは、おいしかったお昼ごはんのことや
ウミネコにかっぱえびせんをあげたことや
船長のおじさんがおもしろかったことや
波止場で釣りのお兄さんたちにゴカイを触らせてもらったことなどを
一生懸命、お母さんに報告するのでした。

かくして、おばあちゃんと孫っちの初旅行は、大成功に終わったようです!

この子は、自分には能力があると絶対に信じているし、
お母さん以外の人も、仲間だと思っています。
アドラー育児で育てると、5歳から旅行に連れて行けるって分かりました(^o^)

よしよし。またどっか行こうね、こうすけ!

b0253075_23132539.jpg

 
 
 
 
 
[PR]
# by prem_ayako | 2016-08-06 23:22 | travel | Comments(0)

世屋

b0253075_22115269.jpg7月末に丹後半島に行ってきました。
前半はお仕事、後半はお遊びの旅でした。

ひょんなことから、ありがたいことに私にお声がかかり
思いきってお引き受けすることにしたのは、
1泊2日でアドラー心理学のワークショップを行うお仕事なのですが

それが地元の人もほとんど行かないような山の中、
丹後の「世屋(せや)」という集落にある古い大きな民家での、親子合宿なのです。
大人(母親たち)はアドラーのワークショップ、
子どもは「セヤノコプログラム」に入らせてもらう、というものです。

たとえば子どもたちは、畑に野菜を取りに行って
年齢に応じたお仕事をしながらおかずを作り、
かまどに火をおこしてお釜でご飯を炊きます。

その間親たちは、子どもたちと完全に別れて
別棟でアドラー心理学のお勉強をします。
夕食や昼食は、子どもたちが作ってくれたご飯をいただきます。

子どもたちの面倒は、「セヤノコ」というグループの方々が
全面的に責任をもって引き受けてくださいます。

なかなかに素敵なプログラムだと思ったので、
(自分がしなければならないワークのことはさておいて)
かなり早い段階で、わが娘と孫っちたちを誘ってみたのでした。
案の定、5歳のこうすけがめちゃくちゃ乗り気になって、
私は講師、娘と孫2人は参加者ということで、
親子3代で世屋に向かったのでした。


京都から天橋立まで、特急で約2時間。
お世話役のUさんにお迎えに来ていただいて、
海辺から、車はどんどん山ふところへと分け入ります。
どんどん道が細くなって・・・森と棚田の緑がまぶしいです。

山の上は、クーラー不要の涼しさ。
鳴いている蝉も、カナカナカナ・・・と、ヒグラシのようです。

最年少はなんと、うちの孫っち、しゅんすけ(1歳11ヶ月)さんでした!
いちばん大きな子どもで10歳ぐらいだったでしょうか。
お母さんと何時間も別れ、年長の子どもたちの中で大丈夫かな?と思いましたが
こうすけお兄ちゃんも一緒でしたし、
全然平気で、生き生きと走り回って(転び回って?)いたようです。

お兄ちゃんたちは楽しくて楽しくて、興奮がおさまりません。
相撲をしたり、意味もなく側転をやり続けたり
もうエネルギー全開!という感じ。

思う存分遊びもしますが
しっかり働いてもくれます。
お膳立てしたり、お膳を下げたり。
食器を拭いたり片づけたり。
お風呂も薪を焚いてわかすのです。

b0253075_2283489.jpg夜は広い座敷で、寝袋を使ってみんなで雑魚寝ですが、
しゅんすけさんは、さすがに一番にダウンしました・・・(笑)

ようやく子どもたちが寝ついてから、大人だけで輪になって、
アドラー心理学との関わりとか、自分がどう変化したかとか
夜中まであれこれとお喋りをしました。
(いち参加者の顔をしていた娘と私との関係をカミングアウトしたりしてw)
この時間のおかげで、お互いのことがもっとよく分かったし、
参加者のみなさんとの距離がぐっと近くなったように思います。

それから私も持参の寝袋にもぐりこみ、
寝ぼけたこうすけに、ときおり蹴られながら
他の子どもにお母さんと間違えられたりしながら
うとうとと眠って

朝は6時半からラジオ体操~ ←これはちょいキツかった(笑)

次の日もおとなは別棟でワーク、子どもは子どもで活動です。
お昼ご飯はネパール風カレーで
しゅんすけは玉ねぎの皮をむいて、
こうすけは玉ねぎを切ったそうです。

感心したのは、昼食後の最後のお掃除を
子どもも含めて全員で行ったことです。
子どもたちは、「僕も!」「私も!」と手をあげて
お風呂掃除や板の間の雑巾がけなどを
積極的に引き受けてくれました(スバラシイ!)

いくら涼しいとはいえ、火を使いますし、大人も子どもも汗だくなのですが
子どもらは一様に、「また来たい!」と言います。
ここではじめて出会った子ども同士が、
「また来年も絶対会おうぜ!」と約束しています。
目がキラキラしています。
なんなんでしょう~この高揚感(^^)

b0253075_227672.jpg


さて、セヤノコプログラムは斯くの如くとっても素敵なのですが
私にとってはこのたびのお仕事、はじめてのことづくしで
けっこう緊張しておりました。

壱:丹後のグループの方々とごいっしょすること
弐:合宿で、2日間にわたるワークをすること
参:実の娘がワークに参加すること

これだけはじめてのことが重なると、
メンタル弱いもんで、小さな胸をドキドキさせて臨んだのでした(^o^)

結果的にはとても楽しかったし、けっこううまくいったような感触で、
いつものことですが、不安に感じていたことは全て杞憂に終わりました。
わが娘には(ダメ出しをくらうのではないかと密かに私は恐れていたのですが)
ワーク中、いいタイミングで発言してくれるなどして、たくさん助けてもらいました!

どうやら私、事前にいっぱい緊張して準備をすることがいつも必要みたいです。
だってねぇ、すべてを自分で選んでいるんですもんね。

ワークの参加者は13名。
そのうち前から知っている人は、お世話役さんと娘を含めて4名でした。
パセージリーダーさんが3名おられ、
他の方々も全員パセージを受講済みでした。

前年度の講師さんは「ライフスタイル診断ワーク」をなさったようですが、
今回私は、ライフスタイルを扱わないことにしました。
私にとって初対面の方々の早期回想やライフスタイルを扱うのは
少し危険かもしれない(=勇気づけにならないかもしれない)と思ったからです。

1日目の午後のワーク(4時間)は、「エピソード分析」をしました。
パセージプラス未受講の方がほとんどなので、最初の1時間は、
ブレークスルー・クエスチョンズをご紹介してパセージの復習にあてました。
その後、エピソード分析で仮想的目標を見つけるところまで学んでいただきました。
小グループに分かれてもらって、交替で練習していただきました。

4時間はあっという間に過ぎてしまって、
おひとりの私的感覚を見つけるデモを私がやって、
もっと知りたい方はパセージプラスを受けてね、で終わりました。

エピソード分析にもっと時間をかけてもよかったかもしれませんが
まぁザイガロニック効果ということで許してたもれ(^^;)

2日目の午前のワーク(3時間)は、気分を変えて「ファミリー・ラボ」をしました。
用意していた粘土を配って
「あなたが6歳の頃のご家族のイメージを、この紙の上に自由に作ってください」
とだけ指示をして、しばらく黙って制作していただきました。
みなさんそれぞれに、ものすごぉい力作が出来上がりました!

これはICASSIでイヴォンヌ・シューラ-先生から習った技法で、
いつも心理療法をする際にやっているので慣れているのですが、
グループでするのは、昔むかしに自分の自助グループで1度やったきりです。

また昨日の「エピソード分析」は手順がありましたが、
今日のワーク「ファミリーラボ」は、ここから先、出たとこ勝負です。
オリジナル・ファミリーの家族布置と現在の状況とを
うまく結びつけることができたなら、おなぐさみ。。。

ただいくつか留意したことがあって
それはたとえば、徹底的にプラスの面に焦点が当たるように誘導したこととか、
はっきりと意思表明した方だけのお話を伺うようにしたことなどです。

結果、4名の方の、大切な大切なご家族のお話を
ゆっくりお聞きして共有することができました。
みんなでその方のご家族のストレンクスを見つけ出し、
そこで学んだ価値を今の生活にどう生かしておられるか、考えました。

出会ってすぐの昨日の午後だったらうまくいかなかったかもしれませんが、
やっぱり一晩いっしょに過ごした後でしたから、
あったかい雰囲気で進めることができました。
それでもう、よしとしましょう。。。Anyway, I did my best.


思いきって「はじめてづくし」のことに挑戦させていただいたおかげで
私の数少ない芸の幅を拡げることができましたw

丹後のみなさま
あたたかく迎えてくださって、本当にありがとうございました!
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
# by prem_ayako | 2016-08-04 22:13 | psychology | Comments(0)

Meditation

少し前になりますが、6月末から7月はじめにかけて
シンガポールでまたもや、アミデワ・リトリートに参加してきました。
もう3度目です。

過去のリトリートを思い返せば
1度目は、何も分からずただ夢中で「おんあみでわふりー」を唱えていて
(それはそれで、ものすごいシャマタだったと思うのですが)
瞑想で観音菩薩さまに変身することとか
目の前に阿弥陀さまをイメージすることとかは、
ほとんど出来ていませんでした Orz

昨年、2度目は、ただただ疲れておりまして
お唱えしながら眠っていました Orz

でも今回は、全く眠くならなかったのです。
意識が逸れそうになるたび
ぴゅんっと、Chenrezig(観音菩薩)のイメージに戻ることができました。

今回は、野田先生渾身の韻文和訳テキストがあったので
細かいところまでよく理解できたのです。
瞑想のどこの部分で、自分が観音菩薩さまに変身するか、とかね。

今まで、灌頂を受けていても、穢れ多きこの身が観音さまになるなんて
そんなこととても無理!
観音さまもきっとお許しにはならない・・・と思い込んでおりました。
視覚型なんでイメージはすぐにできるんだけど、
本心から観音さまになりきることはできていませんでした。

でも今回、テキストの

  ああ|輪廻と涅槃の万法一切空|これを知らずに輪廻に迷うなり|

という和訳を読んだとき、
・・・ああそうか。
輪廻と涅槃の区別も実はないんだ。
すべてが空なんだ・・・
となんとなく納得し、続けて

  空と光明慈悲とが結合し|自心が白い Hri と顕現し|変じてわが身は観世音菩薩|

とはっきり書いてあるのを読んで
これはそうするべきなのだと、思いました。

今までだってテキストのこの部分、
チベット語と英語で何度も読んでいたのですが・・・
信じられなかったと言いますか・・・
日本語で言われてやっと説得されました、という感じです(^^;)

で、確信をもって、
自信を持って、変わってみました。
こういうのを「本尊慢」というのかな。。。


そうして私は白き身体、四手の観音菩薩になり、
左右対称に美しく座して、
合掌しただ一心にマントラを唱えているのでした。

もう1回お唱えすると、それによってもう1人衆生が救われるのだと信じ、
ひたすら多くのマントラを唱えていると
目の前に、いつしか、三次元立体の
輝く大きな阿弥陀さまが顕れました。
透明なルビー色の丸みが美しいです。

3日目ぐらいまで、このような体験が繰り返し起こりました。
意識はぎんぎんに冴え、とてもよい状態ですが
瞑想に深く入れば入るほど、人と話をするのが苦しくなりました。
b0253075_1045026.jpgとても感じやすくなっていて、
ガルチェン・リンポチェとご一緒に極楽誓願の唄を歌えたときは
感動して泣いてしまうほどでした。。。

3日目の夜、全員が灯りをもって
大きなセッションルームを供養のためにコルラ(巡回)した時には、
おかけいが来て「わぁきれ~い♪」と喜んでくれた気がしました。


そんなふうに機が熟していって
4日目の午前、最後のアミデワ・セッションの時、
はじめて、あることが起こりました。

どう説明したらいいのかよく分からないのですが

マントラを唱え続ける中で、
意識が、深く深く入っていったのだと思います。
たぶん自分の心の奥に。

入っていって、気がつくと、
そこにガルチェン・リンポチェがおられました。
リンポチェのお心がありました。


我執にまみれているとき、心は固い氷のようになっている。
本当は、すべての衆生のこころは海の水のようにひとつなのに
それを知らずに、私たちは孤独に波に揺られ漂っている。
我を捨て去ったとき、固い氷は溶けて海の水と同じになり、
私たちはひとつになる。

何度も何度もリンポチェからお聞きしたお話です。

ようやくこの意味を知りました。

観音菩薩のご加護で、我執から一瞬離れることができたのでしょう。
リンポチェと同じ大海にとけいっておりました。

Whenever you meditate, our mind is one.

ああ、リンポチェ、こういうことだったのですね。
嗚咽が出そうで
お唱えを続けることができませんでした。


ほんの少しの時間でした。

でも分かりました。知りました。
我執を捨てることさえできれば
本当に、2つの別々の輪っかが開いて、
ひとつの大きな輪っかになるのだということを。



ふりかえって考えるに、
マントラを何千回唱えるという瞑想そのものは、
昔アスミでよくやったダイナミック瞑想とほぼ同じ原理のもので、
マインドを停止させ、ある種の恍惚感をもたらします。
このとき、たぶん自分という意識も消えるでしょう。
これがひとつ。

ですがここに、慈悲の要素を入れるからこそ・・・!
つまり観音菩薩になって心から衆生済度を願うからこそ、
はじめて我執が、自他の区別が、消えるのです。

瞑想と慈悲。
この両方が必要です。


垣間見た世界は、
いろんな条件が整わないと到達できないけれど
今生のうちに、また必ず訪れたい。

そしてもし機会があったら、
心からの感謝をリンポチェに申し上げたいです。
 

 
 
 
 
 
 
[PR]
# by prem_ayako | 2016-07-23 10:20 | tibet | Comments(2)

金沢でパセージ

久しぶりにパセージをさせていただきました。
8年ぶりぐらいでしょうか? 自分でもはっきりしません(>_<)

サブリーダー研修もすることになったので
事前には、けっこう真面目に準備を整えて臨みました。
やっぱり久しぶりのことで緊張しましたわ。
(おまけに途中でシンガポール旅行が挟まるという・・・)

しかしおかげさまで、先日の日曜日に無事終了いたしました。
そして、すばらしいリーダーさんが誕生されました。
今の私にできる最大限のことは、させていただけたのではないかと思います。


さてタイトルを裏切り、今回もお遊びの話です。
2年前のパセージプラスで遊んでいただいたお話は、ここに書きました。
今回も「遊びましょうよ♪」と誘っていただいて、
ほんとにいいんですかぁ?と思ったんですけど・・・
末子としては甘えるの得意ですから、ありがたくお誘いに乗っかりました(^^)


b0253075_2038434.jpg6月11日(土曜日)午後、パセージ3・4章の前日、
観光担当大臣のTさんが計画してくださったのは、
なんとまあ、金沢城の石垣めぐりでした!!

私の「ツボ」をはずさない!!
そのお心遣いがホントにうれしかったです。

ボランティアガイドさんを頼んでくださっていて、
金沢城じゅうを歩き回り、現物を見ながら
お城の歴史とか、石を切り出した山のこととか、石組みの種類とか、
じ~っくり解説をお聞きできたのです。

金沢城の石垣って、すごいんですよ。
前のブログに書いた穴太衆積みは、最も古い石垣に残っていました。
自然石積みは、やっぱり好きです。

少し時代が下ると、切石積みになります。
作業分担を示す刻印の残った石もあります。
もっと時代が下ると、きれいに縁取りした「金場取り残し積み」だとか
石の高さや向きに趣向をこらした「色紙短冊積み」だとか
防火の願いをこめて亀を表す六角形の石を組み込んだものとか、
さまざまな美しい石垣があります。
(オタクの世界?)
まさに金沢城は、石垣の宝庫であるようです~

また私たちを案内してくださったガイドさんは、
「金沢城の石垣にかけてはこの人の右に出る者はいない」
というぐらい有名なボランティアガイドさんだったみたいで
と~ってもお勉強になりました!

晴天の下、1時間以上歩き回ってヘトヘトになったので
白鳥路ホテルの喫茶室に入って、お茶にしました。
グラスに入った氷を見て、一緒に歩いて回ったIさんがひとこと
「もう石垣にしか見えん・・・」って。
はい、石垣熱は伝染性のようです 笑


その後、大樋美術館で、飴釉(amber glaze)で有名な大樋焼きを鑑賞しました。
奥のお座敷でお茶をいただいたのですが、
b0253075_20391557.jpg器もよければお庭もよし、
お菓子も美味しくて、ホント贅沢な時間を過ごしました。

夕方には金沢の若いリーダーさん方が集結して、
翌日のパセージの打ち合わせを一緒にやりました。
こんなふうに、チーム金沢が協力してくださったからこそ、
パセージをスムーズに進めることができたのです。
感謝しています!(^^)v


b0253075_20425239.jpg今回のお宿は、会場である近江町市場の裏手の
小さなホテルをとっていましたが、
これがわりと正解で
必要最低限のものがそろってお値段はリーズナブル、
とても居心地よく過ごすことができました。
写真はお部屋に下がっていたポトスちゃん。
お部屋にも廊下にもグリーンが多くて、落ち着きましたよん。


2週間後、パセージ5・6章前日6月25日(土)も、
すっかり甘えてお任せしっぱなしの金沢観光(^_^;)

まずはホテル近くの主計町(かずえまち)から
紫陽花の咲く暗がり坂を通って、浅野川へと歩きました。
借り物の写真ですが、こんな感じです。
b0253075_20452442.jpg

本当に金沢は美しい町ですね。
新幹線が通って大都市化が進んでいますが、
こんな裏通りや坂道がいつまでも残ってくれることを願います。

この日のテーマは、加賀の伝統工芸めぐりということで♪
実は私、有閑マダムであった遠い昔に、
少しですが陶芸をたしなんだことがございましてね・・・
器、好きなんです。買えませんけど。
今回も、きっちり私のツボを押さえてくださっているのでした~(^o^)

タクシーで、石川県立美術館を目指します。
ここのイチオシは、野々村仁清の色絵雉香炉(国宝)と雌雉香炉(重文)。
むかし、切手になっていましたよね? が、本物ははじめて。
香炉にしてはデカイなと思いましたが、見事なものでした。
b0253075_2048274.jpg

b0253075_2050738.jpgそして古九谷の大皿の数々!
気迫があります・・・!
大臣は、加賀友禅の展示が少ないと残念がっておられましたが、
私としてはじゅうぶんに堪能いたしました。

それからぶらぶら歩いて兼六園に入り、
加賀前田家奥方の御殿、成巽閣(せいそんかく)に行きました。

奥方や子どもたちの過ごすお屋敷だからか、
絨毯にしても、障子の腰板の絵にしても
身近なセンスでどれも素敵でした。
有名な群青の間の青は、やはり素晴らしかったです。
松の間の障子にはめこまれたオランダ渡来の硝子絵は、
すごくお洒落で自分の部屋に欲しいぐらいでした。

そんなこんなで充実した時間を過ごし、
夕方からはまた、熱くパセージについて語り合い、
お気に入りのホテルに再度投宿したのでありました。




ところで・・・パセージ最終日、
ありがたいことに私のような拙いリーダーにも
エンカレッジカードをくださったメンバーさんがたくさんいらっしゃったのですが
中に、ごいっしょに散策した若いリーダーさんからのカードがありました。

じゃ~ん!
手作りです~ 石垣と雉!(^o^)!
b0253075_20575271.jpg


なんかめっちゃうれしいです。
入場券の半券やチラシを切り貼りして、作ってくださったのですね~
このカードを見ると、8週間の金沢パセージのこと、全部思い出せる気がします。
大切にします♪

金沢のみなさん、佳き時間を本当にどうもありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
# by prem_ayako | 2016-07-12 21:15 | friends | Comments(1)

米ぬかの功徳

少し前に、精米器を買ったんです。
というのも、
お米どころの玄米をたくさんいただいたので。

圧力鍋で玄米を炊くのも大好きなんですけど、
毎日玄米だと、なんだか胃に負担がかかるような気がいたします。
よく噛んで食べればいいんだけど・・・
やはり白米を食べる日の方が多いです。

それで、小さな精米器をひとつ買ってみました。
おかげでこのごろ、その日に食べるぶんだけを精米して
毎日つきたてのお米を美味しくいただいておりまする(^o^)

それはそれとして、
こうなると、毎日新しいぬかが出来ますよね。

米ぬかの利用法って、検索したらいろいろ出てきますが、
これはやっぱり美容に活用しなくては!!

・・・というわけで
毎日生産され増殖していく米ぬかさんに
おとろえめだつ私のお肌をお助けいただくべく
実験を繰り返したのでありました。


まずは、百均のお茶袋に米ぬかを入れ
それをそのまま浴槽に入れて、お風呂に入りました。
お風呂のお湯はみるみる濁り、しっとりして、いい感じ。

もちろんこれだけでもいいんだけど、
米ぬかってお肌を白くするとか、しみをとるとか、
いろんな功徳があるみたいなんですよぉ

やはり人様の目に触れるところを、
しっかりケアしたいじゃないですか!

そう思って、このお茶袋でお肌をこすってみましたが
みなさまご想像のとおり、肌触り悪かったですw
それにゴシゴシやっていると破れて、ぬかが出てきてしまいました。
お茶袋はダメなようです。没。


そうだ、ず~っと以前、娘からぬか袋をもらって使ったことがありました。
「まかないこすめ」さんの「もち肌・洗い袋」というものでしたが、
とってもスルスルして気持ちがよかったのです。
あれってどんな生地だったっけ?と娘に尋ねてみましたら、
すぐに1個、新しいものを送ってきてくれました。
持つべきものは、気前のよい娘です(^^)

まずは1週間ほど、その新しいのを使いました。
濡らすと、ガーゼの袋から白い液がしみでてきて、
この液のおかげで、お肌がもっちりしっとりふくよかになります♪
とても快適。ぬか袋の理想型ですな。

ただし、同じぬかを数日間、
濡らしては乾かし、濡らしては乾かしして使うことになるので、それだけがちょっとね。
できれば毎日、新しいのに取り替えられたらいいですね。

1週間ほど使うと、
中のぬかはすべて流れ出ておしまいになりました。
これからこの袋に、うちの米ぬかさんを入れて使うのです!
と、期待に打ち震えつつ
この巾着袋に自家製の米ぬかを適量入れ
わくわくしてお風呂に持ち込みましたが

・・・あれ?
・・・あれ?
白い液が出てきません。

白玉粉のようなあの白い液がしみでてこない状態では、
ガーゼの袋でも、やはり肌触りは悪いものでございます Orz

あかんなぁ。

つまり、お化粧品屋さんの商品は、
袋の生地の目の間から、ちょうどいい具合にぬかが出てくるように
細かい細かい粒子にしてあったということなんですね~
それでこそあの感触が得られていたのだと分かりました(-_-;)

うちの米ぬかさんは、精米器で分離しただけなので、
目の洗い百均のお茶袋程度ならよいけれど、
布袋なら、もっともっと細かくしないといけないのでしょう。

がっかりしていたら、
大きなJ先生が、「まかせなさい!」と
台所の上の棚からミルを出してきてくださいました。
「さぁ、これで君の米ぬかを粉砕すればよいのじゃ」

おぉ!Good idea かも。

ありがたく科学の恩恵を受け、
ミルで米ぬかを30秒ほど粉砕してみました。
それを巾着袋に入れて
また期待をこめてお風呂に持ち込みました。

結果は。

前よりはマシだったものの、やはり
売ってる商品ほどの滲出度合いを得ることはできませんでした。
まだ足りないようです。

こうなりゃ意地で
次の晩は、
少し多いめの米ぬかを、1分間粉砕してみました。
米ぬかが、きなこのようになりました(^^)

せっかくの巾着袋ですが、これには少量しか入りませんし、
いちいち口の紐を結ぶのも面倒なので(濡れた紐をほどくのもまた面倒)
最近ほとんど使うことのない布のハンカチに
細かくしたぬかを、たっぷり、キュッと包みこみました。

・・・今度はうまくいくかしら?

米ぬか入りの、逆てるてる坊主のような形になったセリーヌのハンカチ。
これを湯船にぽんと放り込むと
いい感じでお湯が白濁していきました。

真ん中のぬかの部分を肌に当てて滑らせてみると、
今までの実験の中では、いちばんいい具合かも・・・

ようやく納得いく結果が得られましたぞ(^o^)

誰にも求められていませんが、まとめますと。

・精米によりできた米ぬかは、ジップロックに入れて冷凍庫で保存
・その日に使う米ぬかを、ミルで1分間粉砕
・洗いざらしのブランドハンカチで包むのがベスト
・多い目に包んで、よくお湯を含ませて使う
・最後にきれいなお湯で、肌に残ったぬかを洗い流す


これで、今年はだんだんと、肌の状態がよくなってきたような気がします。
全体に乾燥しなくなったし(どっちみち梅雨だけど)
少し色白になった気がするし(しみはなくならないけど)
なにより、化粧水を使う必要がないのです!(毎年、夏は使わんけど)

最初はすごぉく肌質が変わった気がして、
このままどんどんきれいになるかと夢想しましたが(笑)
まさかそんな奇跡はおこりません。
それなりのところで留まっております。年相応(/_;)

まあ市販の商品にはいろんな成分が入ってるでしょうから
それに匹敵するほどの成果は望めませんが、
「ただの」米ぬかでこの効果は、なかなかにステキだと思います。
しばらく米ぬかさんと
楽しくお付き合いしてみます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
# by prem_ayako | 2016-06-24 20:11 | others | Comments(3)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako