アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。

<   2017年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

父の転院

母へは、兄から話してもらいました。
兄の方が母から信頼されているからです。

それでも、兄も最初は話し出せず、
翌日にもう一度会いに行って、ようやく話ができたようです。
なんですぐに言わなかったの!?と責められたそうですが(^_^;)

翌週の日曜日に私が病院に行くと
ちょうど母が来ていました。

母は椅子にも座らず父の横に立って、ずっと話しかけていました。
昼間は起こしておかなきゃと考えているようです。

新婚旅行の話をしていました・・・

一緒にあちこち旅行行ったよねえ。
最初はどこ行ったか覚えてる?
伊豆だったよねぇ。
最初の日に泊まった旅館は、ものすごくいい旅館で、
あそこなんていう旅館だったかしら?
○○閣?
(ここで「○○閣!」と父がはっきり繰り返しました)
そうそう、○○閣。覚えてるのねぇ。
お部屋も広くて、お料理も豪華だったねえ。
(父、はっきりうなずきます)
はっきり覚えているのねえ。
それなのに、なんで昨日私の名前を忘れてたの?
今度聞かれたら、ちゃんと久子って言ってねえ。。。

なんて、ずっと語りかけていました。。。


あまりに母が父のところへ通うので、
今度は母の身体が参ってしまうのではないかと
兄が心配していました。


熱も下がり、梗塞も広がっていないので点滴の管は抜けましたが
鼻から入れた栄養の管と導尿の管は抜けません。
先日まで居た施設は、経管栄養の状態では受け入れてもらえず
自分で口から食べられるようになるか、
あるいは胃瘻の状態になるか(!)
でないと戻れないのだそうです。

状態が落ち着いてくると
急性期の患者さんで溢れかえっている日赤病院に
いつまでも居るわけにいかず、

5月16日、倒れてからほぼ1ヶ月で
同じく神戸市内のリハビリテーション病院へ転院となりました。


「リハビリ」という言葉、私はしっくりこないのです。
目標は、自力でものを食べられるようになって
もとの施設に戻れるようになること、というのですが
・・・でもそれって、現実にはどうなの?
92歳の父が、これからリハビリ?

みんな無理だって分かっているのに
父の身体がどこに向かっているか、みんな知っているのに
そこを見て見ぬふりをしているんじゃない?
みんなで申し合わせて
単なる符牒を言ってるだけなんじゃない?

そんなふうにモヤモヤしながらも
私も同じ芝居に加わります。


先日の日曜日、転院先のリハビリ病院に行ってきました。
新しいきれいな病院で、個室も広く、思っていたよりも印象はよかったです。
日赤にいたときは半分閉じたままだった右目も
大きく開くようになっていました。

母もまた来ていました。
父は、いつかの夜中に自分で管を引き抜いてしまったそうで、
誰も来ていない間は、手袋による拘束をされているようです。

あのとき下したひとつの判断が
次々と、父に新たな苦をもたらしているようで
辛いです。

かといって、あの時点で口からものを食べさせていたら、
おそらくは誤飲や誤嚥で、肺炎を起こしていたでしょう。

どうすればよかったのか。
考えても仕方ないのですが。。。


その日の帰り際、久しぶりに父の意識が清明になったようでした。
目に力が戻り、
ベッドを起こしてくれた看護師さんに向かって
にっこり笑って、「ありがとう!」と言いました。
施設にいた頃、「本当に笑顔がすてきですね~!」と
職員さんたちに好かれていた、父の特別の笑顔です。


父の生きているかぎり
父の存在は、灯りとなっている。

そう、生きているだけで灯りなのです。
父の命を灯したり消したりするのは私たちではありません。
私たちが何をどう判断しようとも、
そんな力は人間にはありません。

そう思うと、もう
委ねよう、と思えました。


父の命の続くかぎり、
できるだけ会いに通おうと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by prem_ayako | 2017-05-23 21:03 | family | Comments(0)

父の入院

4月半ば、父が脳梗塞で倒れました。

ドルズィン・リンポチェのリトリートが終わって
ようやく心身が日常に戻って、
月末の「かささぎ座」まで、少しひと息つけるな、という時でした。

木曜日のお昼ごろ、ご飯を食べようとしていると
父の入所している施設から携帯に電話がかかってきたんです。
出ると、いつもお世話になっているケアマネージャーさんで、
どうしても兄と連絡がとれない、
今、救急車がきて父を搬送するところだと言います。

すぐに行きます!と答えましたが
うちから神戸まで、2時間はかかります。

電車に乗っている間も、何度かケアマネさんから電話が入り、
神戸の赤十字病院に搬送されたことが分かりました。
母にはまだ連絡していないがどうしたものか?とも尋ねられました。
母がすぐにパニックになることを、父の施設の方たちもよくご存知なので。

母に連絡するのは、私が父の様子を見てからにしてほしいと答えました。

三宮からタクシーで日赤に着いたのは午後2時半ごろ。
施設の看護師さんが付き添って待ってくださっていました。
父は私の呼びかけに、はっきり答えてくれました。

前の晩、施設で、めずらしく食べたものを少しもどしたのだそうです。
それでも吐いたあとはすっきりした様子だったのが、
今朝10時半ごろ、右目の視線の向きがおかしいことに気がついたのだと、
施設の看護師さんが詳しく説明してくださいました。
かかりつけ医に連絡したところ救急受診を勧められ、
緊急入院に至ったということです。
考えうる最も早いタイミングで対処していただけたのだと思います。

ドクターの説明を受けたところ、
脳幹部の脳梗塞を起こしているということでした。

父、大正13年生まれの92歳です。
ついに来るべき時が来たと思いました。

さまざまな検査と
入院手続きの書類。

こういう時にかぎって、なぜか兄と連絡がとれず、
私ひとりですべて行いました。

点滴と
心電図モニターと
血圧計と
脚部の血栓予防の機械につながれた父。

新たな梗塞を起こさない限りは、今すぐ命の危険はなさそうでしたので
その日は夜8時ごろまで付き添って、いったん滋賀の家に帰り
翌日また出直して行きました。


父は、呼びかけると意識はあるものの
眠っていることが多く
言葉も不明瞭になっています。
また、夢を見ているのか、あるいはそこに何か見えるのか、
ときおり宙に手を伸ばしたり、誰かに呼びかけるようにします。

手足の麻痺は幸いないようですが、
身体についた管を無意識に取り除こうとするので
気をつけてやさしく注意しなければなりません。

尿意があるのに立てないので
おむつの中にしなければならず、
それはどうしても出来ないみたいで
しかたなく、そのたびに導尿してもらうのです。

さらに、何も食べていないのに喉がゴロゴロいって
ときどき痰を吸引してもらわなくてはなりません。
口から食べる練習もしましたが、難しいようでした。

倒れるその日まで、自分でトイレに行って、自分で食事をしていたのに。

夕方、主治医に
鼻からの経管栄養と導尿カテーテルの保留を勧められました。

私はどうすればよかったのでしょう。

その場では、いったんお断りしました。
父にとっていちばんよいようにしたいこと
父の意志を確認したいこと
家族と相談してからにしたいこと、などお話しして。

ドクターと看護師さんは、そこで断られるとは思っていなかったようで
すでに器具を用意してきておられましたが、
分かってくださいました。

夜、ようやく連絡がとれて駆けつけた兄と相談しました。

父は「人工呼吸と胃瘻は絶対にやめてくれ」と言っていたことを確認しました。

それでは、経管栄養と導尿はどうするか?
導尿は、してあげないと父が辛いでしょう。
経管栄養は?

たとえば大きなJ先生は、
「自分が口から食べられなくなった時には、もう何もしないでくれ」
とおっしゃっています。
経管栄養どころか点滴だって拒否されるでしょう。

・・・でも父は、そこまで言っていなかったようです。
兄は、ずっとというわけじゃない、
救急期の一時的な措置として、栄養は入れていいんじゃないか?
と言います。

・・・ですが、この年齢で一度入れた管を
いつか取りはずすことができるものでしょうか?

かといって、ここで何も栄養を入れなかったら・・?

結局私は、兄に反対することができませんでした。
あくまで一時的な措置として
と自分を納得させて。

その夜は三宮にホテルをとりました。
やっぱり大津~神戸の往復は大変です。

翌日、父が倒れて3日目、
鼻からの管とおしっこの管が入れられました。
それらの管を触らせないように、父の手に大きな手袋がはめられました。

父は手袋を厭がり、
私と目が合うと「取って」と訴えかけます。
「これはね、はめとかなきゃいけないんだよ」と言うのですが
辛いです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

[PR]
by prem_ayako | 2017-05-23 20:57 | family | Comments(0)

ソンタルジャ

しばらくとっても忙しかったんです。
いやもちろん、4月末は2泊3日の「かささぎ座」、
5月連休は4日連続の「秘訣講座」、
さらに9日から箕面でのパセージが始まったということもありますが・・・

それに加えて
というか、その合間をぬって
連日大阪まで映画を観に行っていたからでございます(^^;)

書記のお仕事をさぼったり
秘訣講座を途中で抜けだしたり
チベット語レッスンの時間を遅らせてもらったり(滅茶苦茶やっとるなぁ)
あれこれ諸方面にご迷惑をかけまくってm(_ _)m
そこまでして観たかった映画って何?

実は、大阪の第七藝術劇場という映画館で、
「チベット映画傑作選」と銘打って
毎日、日替わりで、今日までチベット映画が上映されていたのです。
b0253075_22501646.jpg
先日から、『草原の河』という
チベット人監督による、チベットで撮影された、チベット語の映画が
日本ではじめて劇場公開されています。

それに合わせて
今まで日本で観る機会のほとんどなかったチベット映画が、
1日1本ずつ(^^;)上映されていたのです。

こんなチャンス、逃すわけにいかんでしょ。
いつまた上映されるか分からないんですから。

まあ、オタクな世界でしてね。
第七藝術劇場(通称ナナゲイ)は知る人ぞ知る小さな映画館でして
私はかつてここで、観客たったの3名という経験をしたことがありますが、
今回は、もう少し多くて、いつも10人以上は観客がいましたね(^^;)
土日はさすがに30人ほど入っていましたけど、平日になるとぐっと減りました。
しかもだいたい同じお顔ぶれでしたね。。。


そして私は、すっかりはまってしまったのです!

・・・それで、誰も求めてはいないけれど 笑
私のイチオシのソンタルジャ監督について、熱く語ることにいたしましょう(^^;)


ソンタルジャは
第一作が『陽に灼けた道』2010年
第二作がいま絶賛全国公開中の『草原の河』2015年

私は、どちらかというと第一作の『陽に灼けた道』の方に、
より深く引き込まれました。

陽に灼けた道 予告編

どのカットも無駄なく美しく、
もうかたときも目を離せなかったんです。
息苦しいほどに、集中して観ておりました。。。
台詞も、音響も、考え抜かれ
不要なものがそぎ落とされ、
クライマックスで、静かに静かに涙が溢れてくるという・・・
第一作にして、ものすごく完成度の高い映画でした。

そして最後のシーンの語るものは何か・・・
それからずっと後を引いて、考え続けています。
どこかでチャンスがあるなら、また必ず観たいと思っています!

第一作『陽に灼けた道』の全力投球度に比べると、
『草原の河』の方は、きっと意図的に、少し「遊び」があって
まだ少し、息がつけました。
(しかしこれも完成度めちゃ高いです!オススメです!)

なんといっても主人公の女の子が可愛いくて可愛くて。
可愛すぎてせつなかったです。。。

草原の河 予告編

どちらの映画も、
生まれることと死ぬことをストレートに扱っていて
その背景が
埃っぽい道だったり
草原だったり
凍った河だったり
現実の、今現在のチベットなのでした。


ところで、数年前に観たペマ・ツェテン監督の『静かなるマニ石』2005年が、
私とチベット映画との出会いでしたが、
今回、ペマ・ツェテンの『草原』2004年と『ティメー・クンデンを探して』2008年も
観ることができて良かったです。

実は、ペマ・ツェテンの映画の撮影をしているのは、ソンタルジャなのです!

彼らは同じ北京電映学院の出身で
ペマ・ツェテンは脚本、監督、
ソンタルジャは撮影、
もうひとり、ドゥッカル・ツェランは録音技術を学んで
3人でタッグを組んで、次々とチベット映画を撮ってきています。
すごい友情ですよね~

『ティメー・クンデンを探して』における
ソンタルジャのカメラワークは、すばらしいです!

会社社長が自分の初恋の物語を話している間、
じっと黙っている後部座席のスカーフの娘。
窓ガラス越しに、この娘の目がうるんで見えるところとか

b0253075_2251578.jpg


社長の初恋の語りが佳境に入ったころ、
いきなり現れた羊の群れが道を塞ぐところとか

そして最後、娘が別れた恋人と再会するところ。
遠くからロングで校庭を見下ろすカメラ。
あえて、ふたりの会話や表情が見えないように。

うまいなあ!
と、すっかりソンタルジャのカメラに魅せられた私は思うのでした。


でも、こうやって書いているうちに、

私がなぜソンタルジャを
カメラワークだけでなく、監督として好きなのかが
分かってきました。

ソンタルジャの映画の基調になっている感情が、「悲しみ」だからだと思います。

たぶんそのせいで、
彼の映画は、とても深いところに触れてくる感じがします。

どうしようもない運命にであった人間が
その悲しみから立ち上がっていく過程を描くことが、
いつも彼のテーマなのじゃないかな・・・

じんわりと、あとに効いてくる
よい映画とであいました。
みなさまも、機会があれば、ぜひ。
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by prem_ayako | 2017-05-12 22:41 | tibet | Comments(0)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako