アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

丹後の雪

1月後半から、毎週、
丹後に通ってパセージをやっています。

なんでこんな寒い時期に?と思わないでもなかったんですが
「冬がいいんです!冬は、みんなお勉強意欲が湧くんですぅ」
と、お世話役さんがアレンジしてくださいました。
たしかに気候のよい時は、お母さんも子どもたちも、
他のイベントがいろいろとありそうですものね。

おかげさまで、若いお母さんが10人も集まってくださって
とても楽しいパセージをさせていただいております。
子どもさんの最高年齢は、なんと6歳!
まだ小学校にも上がっていないんです。
事例がかわいくって、すっかりおばあちゃん目線でリーダーやってます(^o^)


それはそれとして、
京都から丹後の宮津まで、特急電車で2時間かかります。
私は窓からの景色を、毎週とっても楽しみにしているんです。

1月から3月。
季節はゆっくりと春に進みます。。。


京都駅を出た電車は、
大阪方面に向かういつもの進路をとらないで、
二条、太秦、嵐山へと北に向います。

嵐山の渓谷を抜け、トンネルをいくつか過ぎると
窓からの景色が一変します。
京都で青空が見えていたような日でも、亀岡に入ると
吹雪いていたり
冷たい霧が出ていたり
地面が凍っていたりで、
ああ~雪国に向かっているんだなぁと実感するのです。
(私、なんだか北へ向かう電車の景色が好きみたい・・・)

それから電車は、京都府北部の、園部、綾部、福知山へと走ります。
パセージ初日は、ここらあたりはず~っと雪景色でした。

b0253075_20201985.jpg


b0253075_20221971.jpg 福知山で、京丹後鉄道に乗り換えます。
 快速電車「あおまつ」という小さな列車で
 鬼退治で有名な大江山を越え
 天橋立の一つ手前の駅が、目的地の宮津です。

 京丹後鉄道はなかなかがんばっているようで
 私の乗る時間帯は、天橋立に向かう観光客でいつもいっぱいでした!
 1両の「あおまつ」も超かわいいけれど
 帰りに乗る「丹後の海」という2両編成の特急電車も
 内装が凝っていて、自由席にソファがあったりして、快適なのでした。


b0253075_2025968.jpg真冬に丹後に通うということで、
雪の影響だけを心配しておりました。
なにせ最終章の翌週からは
ドルズィン・リンポチェのリトリートが始まりますから、
もう何がなんでも予定どおりに開始して終了しなければなりませぬ。
大雪でも電車が動かなくても
ともかく延期はできないのです・・・

ところが、ほんとうにみなさまのおかげで
今のところ、毎週ずっとセーフでいけてます!

1月末の大雪も、やり過ごせましたが
すごかったのが先日の、何十年ぶりかの大雪。
第4章は案外あたたかい日で不思議に思っていたら、
翌日から、地元の方たちもびっくりするような大雪で警報発令。
数日間はどかどかと降り続いて、たいへんだったようなのです。

なんせ行く2日前になってもまだ、
「福知山から浜坂方面へのご旅行はお見合わせください」
なんて駅に出ていましたから・・・どうなることかと思いました。

でも第5章の日は、またもや晴天復活で
「あやこさん、晴れ女!」と称えていただきました(笑)
いえいえ、
メンバーみなさんの熱意のおかげです!


大雪の後、宮津の駅前には
巨大な雪のかたまりが積み上がっていましたし
雪を運ぶトラックを何台も見かけました。
あらゆるスペースに、雪かきした雪が積み上がっていました。
会場の駐車場も、なんとか雪を寄せて使えるようになっていたけれど
いつもの半分ほどの広さになっていました。

積もりたての雪はふかふかしていて軽いけれど
積み上げた雪が凍ってガチガチになってしまうと
すごく重たくて、とても雪かきなんてできない。
最終的にはつるはしじゃないと壊せないとか聞きました。

1日で2mも積もった雪が
これでも1/4ほどになったんですよ、という話。
溶けたんじゃなくて、水分が落ちて嵩が減ったというわけで、
そりゃあ固くて重たいです。

b0253075_20305938.jpg


たまに訪れるだけでは分からない毎日のたいへんさが
毎週通っているうちに、いろいろと見えてくるのでした。

たとえば雪の少ない土地からお嫁に来たお母さんたちは、
慣れない暮らしにどんなに心細く感じるだろうか、と思います。
だからこそ、この土地で
安心できるコミュニティを作っておられるお世話役さんの活動が
ほんとうに大切なんだなあと感じます。


5章の行き帰りは、そんな大雪の後の景色だったのですが
このあいだの6章のときは
畑がうっすら緑になっているのを見ました!

この前、あのガチガチにまっ白だった地面が
たった1週間で緑になっている!

なんだかめちゃくちゃ感動してしまいました。

福知山まではまったく雪がなかったのですが
大江まで来るとやっぱり雪が残っています。
でも、地面には小さな葉っぱが芽吹いてきているのです。

確実に、春は訪れるのですね~

雪国に住む方々の気持ちが少し分かる気がしました。


3月に入ったら、あと2章残すだけ。
もう大雪もないでしょう。
パセージのこの旅を、もう少し楽しみたいと思います♪

b0253075_20364945.jpgb0253075_20373268.jpg
[PR]
by prem_ayako | 2017-02-25 20:48 | travel | Comments(2)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako