アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。

<   2016年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ラサへの歩き方

b0253075_224295.jpg映画「ラサへの歩き方 祈りの2400km」を見てきました。
原題は「カン・リンポチェ(=カイラス山)」です。

とても美しく、
そしていろいろ考えさせられる映画でした。


これは中国人監督による中国映画です。
北京生まれ、40歳前の張楊(チャン・ヤン)監督は、
チベットに惹かれ、
五体投地で巡礼する人々にに興味をもちました。

監督は、およそのプロットを決めて、
イメージに合う俳優を求め、チベットを走り回りました。
そして四川省の小さな村で
幼い少女から老人まで、計11人の村人を起用しました。

演者は全員、お互いによく知った村人同士です。
監督は喋ってほしい台詞の内容を、まず中国語で指示し、
それを通訳が中国語からチベット語に訳し、
演者たちはそれを自分たちの言葉(方言)で演じたということです。

なのでフィクションなのに、
まるでドキュメンタリーフィルムを見ているようでした。

政治的メッセージは皆無です。
中国共産党の姿は一切画面に現れませんし
逆にダライ・ラマ法王のお姿も、一度も出てきません。
非現実的ですが、上映のためには仕方ないことでしょう。
・・・あくまで、フィクションなのです。

村人たちは五体投地しながら、聖都ラサへ巡礼します。
四川省の村からラサまで、1200km。
大きな荷物(テントや布団、食料・調理道具など)はトラックに積んで、
老人と運転手と妊婦さん以外はみな、五体投地で進みます。
ラサからさらにカイラスまで足をのばして、1200km。
カイラス山に着いたところで映画は終わります。


全身での五体投地。
額・喉・胸で合掌し、
そのままザーッと身体を道の上に投げ出します。

皮でつくったエプロンのようなものを身につけていますが
当然、全身ほこりまみれになります。
すぐ脇を、すごいスピードでトラックが通り過ぎます。
でも村人らは、ひたすら五体投地を繰り返し進みます。

冬は吹雪の峠を越し、
夏は緑の草原を縫い、
ときには、ルンタはためく峠で祈ります。

夜は道端にテントをはってキャンプをします。
男たちは重い支柱を立て、女たちも手伝い、水を汲んで料理をします。
子どもも老人も、自分にできる仕事をします。

毎晩みんながそろって食事をして、
夜が更ければ年長者が「祈ろう」と言い
みなが「レー(そうしよう)」と答え
そろって長いお祈り(「二十一ターラ礼賛偈」?)を唱え
あとはそれぞれの寝袋にもぐりこんで眠ります。

毎日毎夜のこの繰り返しが、1年続きます!!!



あるとき、無謀な車に、トラックが追突されてしまいました。
エンジンは大破し、修理ができる町までは遠すぎます。
ラサまであと数日というところ。
「しかたがない。荷台をはずして、押して運ぼう」
老人の言葉に、みなが従います。

引く者と押す者とに分かれ、汗みずくになって男たちが運びます。
そして荷台を置いたら、引きはじめた地点にまで戻って、
そこからもう一度、五体投地で進みなおすのです。
どんな事情があろうとも、「五体投地をしないで歩く」という選択肢はありません!

重い荷台を引いて険しい坂を上るのはたいへんです。
「女たちも押してくれ!」
その言葉にすぐ女たちが走り、先を行く荷台に取りつきます。
男はみな前に回って引き、女はみな後ろから押します。
全員で、力を合わせて坂を上りながら
自然と歌声があがります。

それはたぶん、村人なら誰もが知っている古い歌。
日本でいうならたぶん、「○○のためならえ~んやこ~ら」的な歌ではないかしら。

ようやく峠を越して水辺の草原にでたとき、
若者たちは喜びのあまり、同じ歌を歌いながら輪になって踊ります。
この場面はほんとうに美しかったです!



映像的には、チベットの山々は雄大で、ほんとうに素晴らしく、
私はつい、『指輪物語』の風景を思い出しておりましたが
・・・雰囲気がまったく違うことに気がついて、はっとしました。
あの映画の基調は、恐怖でした。
でもこちらの映画は、とてもとても明るい。
たいへんな苦労をしているはずなのに、とてもおだやかで明るいのです。

生老病死の波は次々と現れますが、
それらは起こるべきことであって、敵ではないのです。
もちろん少しばかり感情は波立ちますが、人々は受け取り、対処します。
恐怖はありません。

この強さはどこからくるのでしょうか?


ひとつ思うのは、
この映画に登場する村人はみな
人生について、共通の信念をもっているということです。
それはたぶん、善因善果と悪因悪果・・・カルマの法。
善い行い(因)が善い結果(果)をもたらし、悪い行い(因)が悪い結果(果)をもたらすというもの。
これを疑う外道は、ここにはいません。

ではいったい善い行いは何で悪い行いは何か?ということについても
みなが、共通の理解をもっています。
たとえば善行とは、
仏教を信じること。
他者を思いやること。
子どもをかしこく育てること。
老人を敬うこと。
リーダーには従い、お互いにできることを協力すること。

人が人と共に生きていこうとするとき、
まず守らなければならないこれら基本的なことへの、
素朴な信念が、まったく揺るがないのです。

だから彼らは勇気があります。
淡々と善行を行おうとし、
人々の善行を勇気づけ
いつも正直であろうとします。
価値観が共有されて価値観を疑う必要のない生活は
とても安定しているのではないでしょうか。


ひるがえって現代の日本を考えると
世代によって異なる価値観があり・・・
地域によっても多様な基準をもち・・・
善悪よりも快不快で決まることが、あまりにも多い社会です。
現実のチベットだって、
この映画のような理想郷ではなくなっているかもしれませんが

あくまで物語として
あくまで理想の物語として

老若男女が同じひとつの美しい価値観をもち
それを守り伝えようと生きている姿は、とても爽やかでした。

そしてその美しさを映像に残しておこうとする監督が
漢人であったというのは、
ひょっとしたら、小さな希望のかけらなのかもしれません。


「ラサへの歩き方 祈りの2400km」予告編

 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by prem_ayako | 2016-08-22 21:58 | tibet | Comments(0)

伊根

世屋の合宿のあとは、丹後のお世話役Uさんのおすすめで
若狭湾に面した海辺の町、伊根へ移動しました。

むか~しから私、(思えば、高校で写真部だった頃から)
伊根に残る舟屋に泊まってみたいと思っていたのです。

b0253075_2342693.jpg舟屋というのは、舟の倉庫のようなもので
ご覧のように、たいへんフォトジェニックなのでございます。

私の高校時代は、泊まれる宿もあまりなく
交通も今よりまだずっと不便だったので、
合宿で行きたかったけど、調べるすべももっておらず
(インターネットなかったもんね)結局あきらめたのでした。

○十年経って、チャンス到来!と思いました。

はじめ、娘+こうすけ+しゅんすけを誘ったんですが、
紙オムツなど荷物が大変だからと、娘にはふられてしまいました。
「ひとあし先に帰っているわ~」だって。
帰っているわったって、自分の鳥取の家にではなく、滋賀の家になんですけどね(^^;)

でもこうすけは、「ぼくはもう1泊したいなあ」
「おばあちゃまは(ぼくと一緒で)喜ぶ?」
とかわいいことを言って気にしているみたいなので

胸きゅんの私は、
さっそく娘のスマホに、こうすけへのメールを送りました。

こうすけさん
おばあちゃまは こうすけさんといっしょだと、とてもうれしいです。
おかあさんと しゅんすけぱんは のだせんせいのおうちへいって、
おばあちゃまと こうすけさんは、もうすこし たんごであそびましょうか(^^)
それで いいですか?
おばあちゃま


(^o^)こうすけ、とっても喜んでくれました。
それが5月ごろの話。
こうして彼と私との2人旅が実現したのでした。



世屋からはるばる伊根までは、Uさんが車で送ってくださいました。
お世話になりっぱなしで申しわけなかったのですが・・・
でも車でなければなかなか行けないところですし
私もこうすけも合宿でけっこう疲れていましたから、とっても助かりました!
同じく合宿に参加しておられたYさんも、ご一緒です♪
雲海が見える山の中から、一気に海抜0メートルの海へ!



舟屋のお宿についたら、まずお風呂に入って汗を流し、
さっぱり生き返った気分になりました♪
こうすけは、「ぼく、なんでもできるよ!」のお兄ちゃんなので
身体を洗うのも拭くのも、まったく手がかかりません。

b0253075_2364890.jpg
夕食のレストランも、お部屋の窓からも、目の前が海。
対岸の舟屋に明かりが灯り
波間のブイに止まって休むウミネコがすぐそこに見えます。

テレビも何もないお宿なので、とても静かです。
階下から、ちゃぽんちゃぽんと波の音が聞こえます。

子どもたちの歓声が常に聞こえていた合宿の後ですから、
なおさら、この海辺の町の静けさがしみ入りました。
ああ、ここにもう1泊して良かったな~
ひと仕事終わったな~ゆったり~


ところで今夜ここで一緒に眠るのは、
お母さんと離れた5歳児のこうすけさんです。
寝るときはどうしたらいいのかな。。。そうだ、聞いてみよう。

「ねぇこうすけさん、お布団は敷いてありますが、どうやって寝たらいいと思う?」
「ぼく分かるよ! 歯磨きして~パジャマに着替えて~お布団にごろんとして~
 電気消して~おやすみって言って、寝るんだよ!」
「そっか~、そうやって寝るんだね!それで、今日は何時に寝たらいいと思う?」
「う~んと~、いつもは8時半に寝るよ」
「そうなんだ。じゃあ、いま7時半すぎだから、8時になったら、歯磨きとかして寝る準備しよっか」
「うん!」

と、こうすけさんと目標が一致したので
「8時だよ」と声をかけると
さっさと歯磨きして、パジャマに着替えて、お布団にごろんして、
私が電気を消して、おやすみって言って、寝てくれました(^o^)
私もその時間からぐっすり寝てしまいました(^^;)


翌朝は、宿のおかみさんオススメで
「舟屋めぐり・海上タクシー」なるものを呼んでみました。
大人2人以上でないと頼めないのですが、
Yさんがご一緒してくださったおかげで、お願いすることができました。
お宿の前(というか海側の裏口)まで小さな船が来てくれて
30分1000円で、伊根湾内をぐるっと一巡りしてもらえるのです。

b0253075_2392154.jpg船長のおじさんは、冗談好きで饒舌で
(こうすけには通じない冗談がほとんどでしたが)
ウミネコにあげるかっぱえびせんも用意してくださっていて
そもそも初めて船に乗ったこうすけは、大喜びです!

b0253075_23112833.jpg波止場のお散歩もしました。
岸壁のウニやフナムシや、
イカ釣り船や消防艇を観察しました。

それからまたUさんが迎えに来てくださって
彼女のイチオシのお店で至福のお昼をいただいて・・・

午後3時前の特急で、思い出のいっぱいできた
丹後の地に別れを告げたのでした。


おうちでは、のだせんせいと、お母さんとしゅんすけが待っていて
こうすけは、おいしかったお昼ごはんのことや
ウミネコにかっぱえびせんをあげたことや
船長のおじさんがおもしろかったことや
波止場で釣りのお兄さんたちにゴカイを触らせてもらったことなどを
一生懸命、お母さんに報告するのでした。

かくして、おばあちゃんと孫っちの初旅行は、大成功に終わったようです!

この子は、自分には能力があると絶対に信じているし、
お母さん以外の人も、仲間だと思っています。
アドラー育児で育てると、5歳から旅行に連れて行けるって分かりました(^o^)

よしよし。またどっか行こうね、こうすけ!

b0253075_23132539.jpg

 
 
 
 
 
[PR]
by prem_ayako | 2016-08-06 23:22 | travel | Comments(0)

世屋

b0253075_22115269.jpg7月末に丹後半島に行ってきました。
前半はお仕事、後半はお遊びの旅でした。

ひょんなことから、ありがたいことに私にお声がかかり
思いきってお引き受けすることにしたのは、
1泊2日でアドラー心理学のワークショップを行うお仕事なのですが

それが地元の人もほとんど行かないような山の中、
丹後の「世屋(せや)」という集落にある古い大きな民家での、親子合宿なのです。
大人(母親たち)はアドラーのワークショップ、
子どもは「セヤノコプログラム」に入らせてもらう、というものです。

たとえば子どもたちは、畑に野菜を取りに行って
年齢に応じたお仕事をしながらおかずを作り、
かまどに火をおこしてお釜でご飯を炊きます。

その間親たちは、子どもたちと完全に別れて
別棟でアドラー心理学のお勉強をします。
夕食や昼食は、子どもたちが作ってくれたご飯をいただきます。

子どもたちの面倒は、「セヤノコ」というグループの方々が
全面的に責任をもって引き受けてくださいます。

なかなかに素敵なプログラムだと思ったので、
(自分がしなければならないワークのことはさておいて)
かなり早い段階で、わが娘と孫っちたちを誘ってみたのでした。
案の定、5歳のこうすけがめちゃくちゃ乗り気になって、
私は講師、娘と孫2人は参加者ということで、
親子3代で世屋に向かったのでした。


京都から天橋立まで、特急で約2時間。
お世話役のUさんにお迎えに来ていただいて、
海辺から、車はどんどん山ふところへと分け入ります。
どんどん道が細くなって・・・森と棚田の緑がまぶしいです。

山の上は、クーラー不要の涼しさ。
鳴いている蝉も、カナカナカナ・・・と、ヒグラシのようです。

最年少はなんと、うちの孫っち、しゅんすけ(1歳11ヶ月)さんでした!
いちばん大きな子どもで10歳ぐらいだったでしょうか。
お母さんと何時間も別れ、年長の子どもたちの中で大丈夫かな?と思いましたが
こうすけお兄ちゃんも一緒でしたし、
全然平気で、生き生きと走り回って(転び回って?)いたようです。

お兄ちゃんたちは楽しくて楽しくて、興奮がおさまりません。
相撲をしたり、意味もなく側転をやり続けたり
もうエネルギー全開!という感じ。

思う存分遊びもしますが
しっかり働いてもくれます。
お膳立てしたり、お膳を下げたり。
食器を拭いたり片づけたり。
お風呂も薪を焚いてわかすのです。

b0253075_2283489.jpg夜は広い座敷で、寝袋を使ってみんなで雑魚寝ですが、
しゅんすけさんは、さすがに一番にダウンしました・・・(笑)

ようやく子どもたちが寝ついてから、大人だけで輪になって、
アドラー心理学との関わりとか、自分がどう変化したかとか
夜中まであれこれとお喋りをしました。
(いち参加者の顔をしていた娘と私との関係をカミングアウトしたりしてw)
この時間のおかげで、お互いのことがもっとよく分かったし、
参加者のみなさんとの距離がぐっと近くなったように思います。

それから私も持参の寝袋にもぐりこみ、
寝ぼけたこうすけに、ときおり蹴られながら
他の子どもにお母さんと間違えられたりしながら
うとうとと眠って

朝は6時半からラジオ体操~ ←これはちょいキツかった(笑)

次の日もおとなは別棟でワーク、子どもは子どもで活動です。
お昼ご飯はネパール風カレーで
しゅんすけは玉ねぎの皮をむいて、
こうすけは玉ねぎを切ったそうです。

感心したのは、昼食後の最後のお掃除を
子どもも含めて全員で行ったことです。
子どもたちは、「僕も!」「私も!」と手をあげて
お風呂掃除や板の間の雑巾がけなどを
積極的に引き受けてくれました(スバラシイ!)

いくら涼しいとはいえ、火を使いますし、大人も子どもも汗だくなのですが
子どもらは一様に、「また来たい!」と言います。
ここではじめて出会った子ども同士が、
「また来年も絶対会おうぜ!」と約束しています。
目がキラキラしています。
なんなんでしょう~この高揚感(^^)

b0253075_227672.jpg


さて、セヤノコプログラムは斯くの如くとっても素敵なのですが
私にとってはこのたびのお仕事、はじめてのことづくしで
けっこう緊張しておりました。

壱:丹後のグループの方々とごいっしょすること
弐:合宿で、2日間にわたるワークをすること
参:実の娘がワークに参加すること

これだけはじめてのことが重なると、
メンタル弱いもんで、小さな胸をドキドキさせて臨んだのでした(^o^)

結果的にはとても楽しかったし、けっこううまくいったような感触で、
いつものことですが、不安に感じていたことは全て杞憂に終わりました。
わが娘には(ダメ出しをくらうのではないかと密かに私は恐れていたのですが)
ワーク中、いいタイミングで発言してくれるなどして、たくさん助けてもらいました!

どうやら私、事前にいっぱい緊張して準備をすることがいつも必要みたいです。
だってねぇ、すべてを自分で選んでいるんですもんね。

ワークの参加者は13名。
そのうち前から知っている人は、お世話役さんと娘を含めて4名でした。
パセージリーダーさんが3名おられ、
他の方々も全員パセージを受講済みでした。

前年度の講師さんは「ライフスタイル診断ワーク」をなさったようですが、
今回私は、ライフスタイルを扱わないことにしました。
私にとって初対面の方々の早期回想やライフスタイルを扱うのは
少し危険かもしれない(=勇気づけにならないかもしれない)と思ったからです。

1日目の午後のワーク(4時間)は、「エピソード分析」をしました。
パセージプラス未受講の方がほとんどなので、最初の1時間は、
ブレークスルー・クエスチョンズをご紹介してパセージの復習にあてました。
その後、エピソード分析で仮想的目標を見つけるところまで学んでいただきました。
小グループに分かれてもらって、交替で練習していただきました。

4時間はあっという間に過ぎてしまって、
おひとりの私的感覚を見つけるデモを私がやって、
もっと知りたい方はパセージプラスを受けてね、で終わりました。

エピソード分析にもっと時間をかけてもよかったかもしれませんが
まぁザイガロニック効果ということで許してたもれ(^^;)

2日目の午前のワーク(3時間)は、気分を変えて「ファミリー・ラボ」をしました。
用意していた粘土を配って
「あなたが6歳の頃のご家族のイメージを、この紙の上に自由に作ってください」
とだけ指示をして、しばらく黙って制作していただきました。
みなさんそれぞれに、ものすごぉい力作が出来上がりました!

これはICASSIでイヴォンヌ・シューラ-先生から習った技法で、
いつも心理療法をする際にやっているので慣れているのですが、
グループでするのは、昔むかしに自分の自助グループで1度やったきりです。

また昨日の「エピソード分析」は手順がありましたが、
今日のワーク「ファミリーラボ」は、ここから先、出たとこ勝負です。
オリジナル・ファミリーの家族布置と現在の状況とを
うまく結びつけることができたなら、おなぐさみ。。。

ただいくつか留意したことがあって
それはたとえば、徹底的にプラスの面に焦点が当たるように誘導したこととか、
はっきりと意思表明した方だけのお話を伺うようにしたことなどです。

結果、4名の方の、大切な大切なご家族のお話を
ゆっくりお聞きして共有することができました。
みんなでその方のご家族のストレンクスを見つけ出し、
そこで学んだ価値を今の生活にどう生かしておられるか、考えました。

出会ってすぐの昨日の午後だったらうまくいかなかったかもしれませんが、
やっぱり一晩いっしょに過ごした後でしたから、
あったかい雰囲気で進めることができました。
それでもう、よしとしましょう。。。Anyway, I did my best.


思いきって「はじめてづくし」のことに挑戦させていただいたおかげで
私の数少ない芸の幅を拡げることができましたw

丹後のみなさま
あたたかく迎えてくださって、本当にありがとうございました!
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by prem_ayako | 2016-08-04 22:13 | psychology | Comments(0)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako