アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。

<   2016年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Meditation

少し前になりますが、6月末から7月はじめにかけて
シンガポールでまたもや、アミデワ・リトリートに参加してきました。
もう3度目です。

過去のリトリートを思い返せば
1度目は、何も分からずただ夢中で「おんあみでわふりー」を唱えていて
(それはそれで、ものすごいシャマタだったと思うのですが)
瞑想で観音菩薩さまに変身することとか
目の前に阿弥陀さまをイメージすることとかは、
ほとんど出来ていませんでした Orz

昨年、2度目は、ただただ疲れておりまして
お唱えしながら眠っていました Orz

でも今回は、全く眠くならなかったのです。
意識が逸れそうになるたび
ぴゅんっと、Chenrezig(観音菩薩)のイメージに戻ることができました。

今回は、野田先生渾身の韻文和訳テキストがあったので
細かいところまでよく理解できたのです。
瞑想のどこの部分で、自分が観音菩薩さまに変身するか、とかね。

今まで、灌頂を受けていても、穢れ多きこの身が観音さまになるなんて
そんなこととても無理!
観音さまもきっとお許しにはならない・・・と思い込んでおりました。
視覚型なんでイメージはすぐにできるんだけど、
本心から観音さまになりきることはできていませんでした。

でも今回、テキストの

  ああ|輪廻と涅槃の万法一切空|これを知らずに輪廻に迷うなり|

という和訳を読んだとき、
・・・ああそうか。
輪廻と涅槃の区別も実はないんだ。
すべてが空なんだ・・・
となんとなく納得し、続けて

  空と光明慈悲とが結合し|自心が白い Hri と顕現し|変じてわが身は観世音菩薩|

とはっきり書いてあるのを読んで
これはそうするべきなのだと、思いました。

今までだってテキストのこの部分、
チベット語と英語で何度も読んでいたのですが・・・
信じられなかったと言いますか・・・
日本語で言われてやっと説得されました、という感じです(^^;)

で、確信をもって、
自信を持って、変わってみました。
こういうのを「本尊慢」というのかな。。。


そうして私は白き身体、四手の観音菩薩になり、
左右対称に美しく座して、
合掌しただ一心にマントラを唱えているのでした。

もう1回お唱えすると、それによってもう1人衆生が救われるのだと信じ、
ひたすら多くのマントラを唱えていると
目の前に、いつしか、三次元立体の
輝く大きな阿弥陀さまが顕れました。
透明なルビー色の丸みが美しいです。

3日目ぐらいまで、このような体験が繰り返し起こりました。
意識はぎんぎんに冴え、とてもよい状態ですが
瞑想に深く入れば入るほど、人と話をするのが苦しくなりました。
b0253075_1045026.jpgとても感じやすくなっていて、
ガルチェン・リンポチェとご一緒に極楽誓願の唄を歌えたときは
感動して泣いてしまうほどでした。。。

3日目の夜、全員が灯りをもって
大きなセッションルームを供養のためにコルラ(巡回)した時には、
おかけいが来て「わぁきれ~い♪」と喜んでくれた気がしました。


そんなふうに機が熟していって
4日目の午前、最後のアミデワ・セッションの時、
はじめて、あることが起こりました。

どう説明したらいいのかよく分からないのですが

マントラを唱え続ける中で、
意識が、深く深く入っていったのだと思います。
たぶん自分の心の奥に。

入っていって、気がつくと、
そこにガルチェン・リンポチェがおられました。
リンポチェのお心がありました。


我執にまみれているとき、心は固い氷のようになっている。
本当は、すべての衆生のこころは海の水のようにひとつなのに
それを知らずに、私たちは孤独に波に揺られ漂っている。
我を捨て去ったとき、固い氷は溶けて海の水と同じになり、
私たちはひとつになる。

何度も何度もリンポチェからお聞きしたお話です。

ようやくこの意味を知りました。

観音菩薩のご加護で、我執から一瞬離れることができたのでしょう。
リンポチェと同じ大海にとけいっておりました。

Whenever you meditate, our mind is one.

ああ、リンポチェ、こういうことだったのですね。
嗚咽が出そうで
お唱えを続けることができませんでした。


ほんの少しの時間でした。

でも分かりました。知りました。
我執を捨てることさえできれば
本当に、2つの別々の輪っかが開いて、
ひとつの大きな輪っかになるのだということを。



ふりかえって考えるに、
マントラを何千回唱えるという瞑想そのものは、
昔アスミでよくやったダイナミック瞑想とほぼ同じ原理のもので、
マインドを停止させ、ある種の恍惚感をもたらします。
このとき、たぶん自分という意識も消えるでしょう。
これがひとつ。

ですがここに、慈悲の要素を入れるからこそ・・・!
つまり観音菩薩になって心から衆生済度を願うからこそ、
はじめて我執が、自他の区別が、消えるのです。

瞑想と慈悲。
この両方が必要です。


垣間見た世界は、
いろんな条件が整わないと到達できないけれど
今生のうちに、また必ず訪れたい。

そしてもし機会があったら、
心からの感謝をリンポチェに申し上げたいです。
 

 
 
 
 
 
 
[PR]
by prem_ayako | 2016-07-23 10:20 | tibet | Comments(2)

金沢でパセージ

久しぶりにパセージをさせていただきました。
8年ぶりぐらいでしょうか? 自分でもはっきりしません(>_<)

サブリーダー研修もすることになったので
事前には、けっこう真面目に準備を整えて臨みました。
やっぱり久しぶりのことで緊張しましたわ。
(おまけに途中でシンガポール旅行が挟まるという・・・)

しかしおかげさまで、先日の日曜日に無事終了いたしました。
そして、すばらしいリーダーさんが誕生されました。
今の私にできる最大限のことは、させていただけたのではないかと思います。


さてタイトルを裏切り、今回もお遊びの話です。
2年前のパセージプラスで遊んでいただいたお話は、ここに書きました。
今回も「遊びましょうよ♪」と誘っていただいて、
ほんとにいいんですかぁ?と思ったんですけど・・・
末子としては甘えるの得意ですから、ありがたくお誘いに乗っかりました(^^)


b0253075_2038434.jpg6月11日(土曜日)午後、パセージ3・4章の前日、
観光担当大臣のTさんが計画してくださったのは、
なんとまあ、金沢城の石垣めぐりでした!!

私の「ツボ」をはずさない!!
そのお心遣いがホントにうれしかったです。

ボランティアガイドさんを頼んでくださっていて、
金沢城じゅうを歩き回り、現物を見ながら
お城の歴史とか、石を切り出した山のこととか、石組みの種類とか、
じ~っくり解説をお聞きできたのです。

金沢城の石垣って、すごいんですよ。
前のブログに書いた穴太衆積みは、最も古い石垣に残っていました。
自然石積みは、やっぱり好きです。

少し時代が下ると、切石積みになります。
作業分担を示す刻印の残った石もあります。
もっと時代が下ると、きれいに縁取りした「金場取り残し積み」だとか
石の高さや向きに趣向をこらした「色紙短冊積み」だとか
防火の願いをこめて亀を表す六角形の石を組み込んだものとか、
さまざまな美しい石垣があります。
(オタクの世界?)
まさに金沢城は、石垣の宝庫であるようです~

また私たちを案内してくださったガイドさんは、
「金沢城の石垣にかけてはこの人の右に出る者はいない」
というぐらい有名なボランティアガイドさんだったみたいで
と~ってもお勉強になりました!

晴天の下、1時間以上歩き回ってヘトヘトになったので
白鳥路ホテルの喫茶室に入って、お茶にしました。
グラスに入った氷を見て、一緒に歩いて回ったIさんがひとこと
「もう石垣にしか見えん・・・」って。
はい、石垣熱は伝染性のようです 笑


その後、大樋美術館で、飴釉(amber glaze)で有名な大樋焼きを鑑賞しました。
奥のお座敷でお茶をいただいたのですが、
b0253075_20391557.jpg器もよければお庭もよし、
お菓子も美味しくて、ホント贅沢な時間を過ごしました。

夕方には金沢の若いリーダーさん方が集結して、
翌日のパセージの打ち合わせを一緒にやりました。
こんなふうに、チーム金沢が協力してくださったからこそ、
パセージをスムーズに進めることができたのです。
感謝しています!(^^)v


b0253075_20425239.jpg今回のお宿は、会場である近江町市場の裏手の
小さなホテルをとっていましたが、
これがわりと正解で
必要最低限のものがそろってお値段はリーズナブル、
とても居心地よく過ごすことができました。
写真はお部屋に下がっていたポトスちゃん。
お部屋にも廊下にもグリーンが多くて、落ち着きましたよん。


2週間後、パセージ5・6章前日6月25日(土)も、
すっかり甘えてお任せしっぱなしの金沢観光(^_^;)

まずはホテル近くの主計町(かずえまち)から
紫陽花の咲く暗がり坂を通って、浅野川へと歩きました。
借り物の写真ですが、こんな感じです。
b0253075_20452442.jpg

本当に金沢は美しい町ですね。
新幹線が通って大都市化が進んでいますが、
こんな裏通りや坂道がいつまでも残ってくれることを願います。

この日のテーマは、加賀の伝統工芸めぐりということで♪
実は私、有閑マダムであった遠い昔に、
少しですが陶芸をたしなんだことがございましてね・・・
器、好きなんです。買えませんけど。
今回も、きっちり私のツボを押さえてくださっているのでした~(^o^)

タクシーで、石川県立美術館を目指します。
ここのイチオシは、野々村仁清の色絵雉香炉(国宝)と雌雉香炉(重文)。
むかし、切手になっていましたよね? が、本物ははじめて。
香炉にしてはデカイなと思いましたが、見事なものでした。
b0253075_2048274.jpg

b0253075_2050738.jpgそして古九谷の大皿の数々!
気迫があります・・・!
大臣は、加賀友禅の展示が少ないと残念がっておられましたが、
私としてはじゅうぶんに堪能いたしました。

それからぶらぶら歩いて兼六園に入り、
加賀前田家奥方の御殿、成巽閣(せいそんかく)に行きました。

奥方や子どもたちの過ごすお屋敷だからか、
絨毯にしても、障子の腰板の絵にしても
身近なセンスでどれも素敵でした。
有名な群青の間の青は、やはり素晴らしかったです。
松の間の障子にはめこまれたオランダ渡来の硝子絵は、
すごくお洒落で自分の部屋に欲しいぐらいでした。

そんなこんなで充実した時間を過ごし、
夕方からはまた、熱くパセージについて語り合い、
お気に入りのホテルに再度投宿したのでありました。




ところで・・・パセージ最終日、
ありがたいことに私のような拙いリーダーにも
エンカレッジカードをくださったメンバーさんがたくさんいらっしゃったのですが
中に、ごいっしょに散策した若いリーダーさんからのカードがありました。

じゃ~ん!
手作りです~ 石垣と雉!(^o^)!
b0253075_20575271.jpg


なんかめっちゃうれしいです。
入場券の半券やチラシを切り貼りして、作ってくださったのですね~
このカードを見ると、8週間の金沢パセージのこと、全部思い出せる気がします。
大切にします♪

金沢のみなさん、佳き時間を本当にどうもありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by prem_ayako | 2016-07-12 21:15 | friends | Comments(1)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako