アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

レインブーツ

子どもが小さい頃は、
幼稚園の送り迎えとか学校行事とかいろいろあったので
それなりにレインブーツや
雨の日用のパンプスを持っていました。

でも、古くなったし
雨の日に絶対出かけなきゃいけない機会も減ったので、
いつしかさよならしました。

それ以降、
まぁ毎日通勤するわけでもなし
ずっと町中に住んでるわけだし
レインシューズがなくても、なんとかしのいできました。

昨年末、スピリチュアル・ワークで雪の丹後半島を訪れる機会があって
急遽「ふつうのズック靴に見えるけど、実はゴム引きのレインシューズ」
ってものを買ってみました。

かわいいデザインで
丹後半島でもとっても役だったし
その後も重宝してるんですけど

ただ、丈が短くて足首まわりが広いので
ひどい雨だと、上から雨が入ってきてしまいます。

それにちょっとサイズが大きくて、少し重たくもあり、長く歩くと疲れます。


舗装道路しか歩かないような生活を長くやっていますけど、
コンクリートの道といえど、これでなかなか・・・
まったく平坦な道というものはない、ということが、
雨の日にはよく分かります。

最近は長いめのレインブーツがはやりなのか
少しの雨でも長いブーツを履いている人が多いですね。
むしろ車で移動しない街中でこそ、レインブーツが必要なのかも。
しっかりした雨靴を履いている人を見かけると
あ~あの人は足が濡れなくていいなあ~とうらやましく思います。

うっかりミネトンカなんか履いて出ちゃった日にはもう、
水たまりに足を突っ込まないよう、全神経を集中して歩かねばなりませぬ。
日が暮れてからの黒く光る水たまりに
つい入ってしまったときの敗北感といったら・・・(大げさ?)

はい、足もとが濡れるの、大っ嫌い!!なんですぅ。


大津に越してきて
やっぱり、ちゃんとしたレインブーツを買おう!と思いました。

なんででしょうかね、
そばに川があると
雨の日の「雨感」がハンパない気がします・・・(意味不明)

ともかく
今回は妥協しないぞ!
履きやすい、足の濡れない、
私の足にぴったりあった、
しかもお洒落なレインブーツを買うのだ!
という覚悟で
梅田あたりであれこれ見ましたが

どれもなんだかゴツすぎて
しっかりしているけれど、たいがい重たいのです・・・
下駄箱で場所をとりそうだし。

なかなか、これ!というものが見つかりません。

あ~またレインブーツを買わないまま今年も暮れてゆくのかなぁ
・・・なんてあきらめかけていたある晩、
なにげにインターネットを見ていて目に飛び込んできたのが、
日本野鳥の会の「バードウォッチング長靴」というものでした。

b0253075_10584076.jpg


即買いました(^o^)

この、機能的なデザインがいいよね。
とても軽くて
足の部分はしっかりしているんですが、
足首から上はとても柔らかくて
くしゃくしゃっとたたんで長さを調節できます。
ブーツインもできるし
ぎゅっと絞ることもできる。
しかもたたんで持ち運ぶための袋までついている!

色は迷ったあげく、ネイビーにしました。
昨夜、届きました。
うふふ(^o^)


なんとなく、「日本野鳥の会オリジナル」ってところも
私のツボだったみたいです(笑)

このところ毎朝、双眼鏡で水鳥さんを見ているのですが、
「水辺の鳥」などの図鑑で調べてみるに、
小ガモさん、
カイツブリさん、
そしてたぶん、ハシビロガモさん
たちがうちの前に来ているようです。
あ、それとユリカモメさんも。

本格的にバードウォッチングをする予定はないですけど
でもこの長靴があれば、濡れた草地でもどんどん歩けると思います。
いやいや、しませんよ、そんなアウトドアなこと。
・・・でもできますよね(^^)
そう思うだけでなんだか楽しいのでした。
[PR]
by prem_ayako | 2015-11-30 11:16 | others | Comments(0)

おうちのこと

引越から今日でちょうど2週間です。
戸惑うことも多々ありますが、
まるで2年2ヶ月住みついているみたいだと言われるほど
実はこのおうちにすっかり馴染んでおりまする。

それは、今まで使っていた家具たちを
そのまま連れてきたからかもしれません。

神戸の家で食器棚として使っていた古いケビントくん。
b0253075_20565066.jpgもちろん連れてきて、
明るいリビングに置きました。

たぶん私が生まれる以前から、
父が診察室で使ってきたものです。
本来は医療器具や薬剤を入れる棚ですが、
先日までは食器棚、
このたび、大量のCDやDVDやMDを入れる棚になりました。
グッジョブです。

左後ろに写っている窓のスクリーンは、
前の家でオーダーしたものを、そのまま持ってきました。
だってもったいないですもん。
少し幅が足りないのだけど、まあ許容範囲内ということで(^^;)


この家に私よりも2週間早くから住みついておられる先住民の大きなJ先生は
ご自分のパソコンを、いちばん日当たりのよいリビングの東の端に安置され、
そのあたりでお仕事をしておられることが多いです。
そしてこの一帯を「大極殿」と呼んでおられます。

私はといえば、その対極にある北西のサービスルームに、
パソコンと、父からもらった事務机とカルテ棚を置き、事務室にしました。

北西は家の鬼門にあたるので、J先生はこの事務室を「羅生門」と呼ばれます。
ええと・・・
私の仕事場が「羅生門」で、
先生のお仕事場が「大極殿」って
なんだかなぁ。。。。
まぁいいですけど。。。(-_-)

b0253075_2114543.jpg
大事なクンツサンポさまは、
引っ越し屋さんに頼まずに
自分で運びました。
直射日光のあたらない和室にお飾りし、
この家のメインの祭壇にしています。

瞑想は今のところ、夜、寝る前に
自分の寝室でしています。
これは私の部屋の小さな祭壇。


この窓の外の桟橋から出る遊覧船には
湖岸の紅葉を見に来た人たちでしょうか、
いつもある程度のお客さんが乗っておられます。
お客さんたちが船の上からエサをまくので、
大喜びで、ユリカモメたちが集まってきます。

少し北にいったところに漕艇場があるらしく、
毎朝、大学のボート部が練習しているのが見えます。

このあいだの土日は、なんと漕艇大会がありました。
「○○大学、よ~いドン!」「××ボート部、よ~いドン!」と拡声器の声が聞こえ
半日ほど、たくさんの若者たちが、
ボートやカヤックをあやつっていました。

b0253075_2192233.jpg


さらに15日(日曜日)の夜には
目の前で花火が上がりました(@_@)

いったい何のイベントだったのか、今もってわからないのですが
(漕艇大会の一環だったのかな?)、
午後7時頃にどーんどーんと音がするのでベランダに出てみたら、
すぐ北のJR鉄橋の向こう側から
見事な打ち上げ花火が上がっているのでした。

夏に花火大会があるとは聞いていましたが、
こんな季節に見れるなんて、うれしい誤算です(^o^)
予算がないのか、たった15分で終わってしまいましたが。


いやはや、窓から遊覧船やボート大会や打ち上げ花火を見ることができるなんて
要するにここはプチ観光地だったんだわ
と思い至ったのでありました。

冬になったら
窓から雪とコハクチョウが見れるかも。。
滋賀の冬は寒いというけれど、
それを楽しみに暮らします。
[PR]
by prem_ayako | 2015-11-19 21:11 | others | Comments(2)

戸惑うこと

今までの人生、
ずっと兵庫県か大阪府に住んでいたので
いくつか戸惑うことがあります。

他の方にとっては、
全然たいしたことじゃなくって共感を得られないと思いますが(^^;)
書いておきます。
私にとっても、半年もしたら、きっとたいしたことじゃなくなるんでしょうね。

☆ 坂道 ☆

神戸では、言わずとしれた
北は山、南は海
という普遍的真理がありましたっ。

だから坂道が続くと、自動的に私は
上っていく方角は、北、
下っていく方角は、南、と考えます。

ところがここいらでは、
琵琶湖のある方に、坂道は下りていくのです。
当たり前ですが(^_^;)

そして琵琶湖は広く大きく丸いので
琵琶湖の南端にある大津では、
坂道を上がっていく方角は、南です。

これは神戸ネイティブから見ると、天地のひっくり返るような衝撃であります。
いや、旅行に行った先でなら、
頭の中で地図をいっしょうけんめい考えて、納得するんですけど

琵琶湖のある地形に、まだ慣れません~ Orz

しかもやっかいなことに、
大津市内でも私の住む石山駅あたりでは
瀬田川が東にあるので
瀬田川に向かって道は下っていき、
うちから駅まで行くには、西に向かって坂道を上がることになります。

いやぁ~ん、もう混乱の極み(>_<)
ただでさえ方向音痴なのにぃ。

そういえば、阪神大震災の後、堺市にしばらく住んでいたときも
混乱して道を覚えるのにだいぶ時間がかかりました。
あそこは山も坂道もなくて、
そのかわり、広い平坦な土地のあちらこちらに古墳が点在しており、
微妙に道が曲がって難しかったのでした。

全く新しい土地に老人が引っ越すと混乱するっていうけど、
たぶんこういうことなんでしょうね(違うか?)。
今ならなんとか適応していく(と思う)けど
もう少し経つと無理かもしれませんね・・・
きっと迷子になっちゃうわ。

☆ 駅と電車 ☆

神戸ー大阪間のJR神戸線は
けっこう空いていたんだ~
ということが今になって分かりました。

たぶん本数が多いこともあるのでしょう。
昼間は余裕、夕方でも
ずっと立ちっぱなしになるようなことは、まずなかったです。

こちら、滋賀から大阪へ走っているJR京都線。
これがいつも混んでいて、
昼間でもたいてい満員です!

特に大阪に向かう新快速に
石山から座れることなんて皆無で、
京都で少し人が降りる時に、うまくいけば座れるという具合。

仕事帰りは夕方のラッシュと重なってしまうので
座って帰れたら超ラッキー。
下手すると、45分間立ちっぱなしという事態も起こりえます。

大阪に行って帰ってくるだけで、
なんだか東京に行って帰るのと同じぐらい疲れます・・・?


さらにさらに
大阪でも神戸でも
エスカレーターに乗ったら、右側に立って
左側は、歩く人のためにあけておくのが、共通感覚でした。

これが阪神間だけの共通感覚だということは
知ってはおりました。

東京でも名古屋でも、岡山や広島でも
みんな左側に立って、右側を空けています。

まあねえ、新幹線に乗ってった先で共通感覚が違っていても
それはそうでしょうね、って思えるんですけど・・・
1日のうちであっちとこっちとが逆のルールだと
なかなか慣れることができません。

そう、滋賀も、全国的共通感覚に従っていて
エレベーターでは左側に立ち、右側を空けるのです!

阪神間だけが異常なの!(知ってはいたけれど)

地元の石山駅では左に立ち、
大阪の駅に着いたら右に立つ。
大阪の地下鉄でもずっと右立ちで
帰りの乗車駅でも右立ちで、
降りた石山駅では、左に立つ。
↑↑↑
この最後を、ついうっかり忘れてしまいます!

そして帰宅を急いでいる後続の人たちに
ちょっと邪魔ね、という目で見られてしまったりするのでした(ゴメンナサイ)

これだけ電車が混んでいるってことは、
滋賀ー大阪間を通勤している人が大勢いるはずです。
みんな矛盾を感じながら、共通感覚に合わせているのでしょうかぁ。


☆ 信号 ☆

JR石山駅から坂を下り、国道1号線に通じる道路を渡ると
瀬田川に出て、わが家があります。

国道1号線・・・!
ずっと国道2号線に馴染んできたので、
こういうところでしみじみと、
大阪より東に暮らしているんだなぁと感じます。

2車線だけの、けっこう細い国道ですが、
歩行者は押しボタンを押して、この道を渡ります。

この信号が・・・・・・
ものすごーく待たされるのです!

まだ計ったことはありませんが、
たぶん感知してから3分は待たされている!

この悠長さは、あり得ん!!

そして青になったかと思ったら、30秒ぐらいで点滅し始めるのです!

どこへ行くにも、この国道を渡らなければならないので
この信号は鬼門です。
待ち時間がなければ駅まで歩いて6,7分だと思うのですが、
待たされるの必定なので、10分以上見込んでおかなければいけません。
開かずの踏切、みたいな感じ。

このあいだ、角の植え込みに座ってタバコをふかしているおじさんを見ました。
何かと思ったら、単なる信号待ちでした(笑)


かと思えば、駅前のロータリーの横断歩道には
信号機がなかったりします。
路線バスが次々出入りしているんですけど、
ここでは歩行者優先、鷹揚に通してくれるのです。


大阪に住んでいたころ、
青信号は、当然渡る。
赤信号は、気をつけて渡る。
という個人の主体性重視の共通感覚を身につけたものですが、

ここではそんな恐ろしいことはいたしません。
ちゃんと郷に従っております。

しかしほんとに、所変われば・・・ですね~!
[PR]
by prem_ayako | 2015-11-19 16:23 | others | Comments(0)

空と水

大津への引っ越しが完了しました。

前の記事を書いた時点では、
母の入所はまだ決まっていなかったのですが、
10月25日に施設から部屋が空いたという連絡があって
兄が速、入居を決め、
10月30日に、母はあわただしく出ていきました。
すばやいです(@_@)

ミニキッチンつきの広い部屋で、母はご機嫌で暮らしています。
父の施設まで歩いて行ける近さなので、
今までよりは頻繁に、父に会いに行ってくれるのではないかしら?

というわけで私は、
後顧の憂いなく、神戸を後にすることができました。
いつもながら絶妙のタイミングでありました。


これから私が生きていく土地は
滋賀県大津市の、中心部からはだいぶ離れた
瀬田川のほとりのマンションです。

2階なのでちょうど目の高さに、
玄関のサクラの色づいた葉が見えます。
腰をおろせば雲の流れる空が、
立ち上がれば対岸の紅葉とそれを映す川面、
浮かぶ小ガモやユリカモメの乱舞が見えます。

ときどきJRや国道の音が聞こえてきますが
それらはただ流れていく音。
私に直接呼びかける声ではありません。

この家にいると、守られていると感じます。
あぁ実家にいる間、私は落ちつけなかったんだなぁ。。。

b0253075_21325685.jpg


振り返れば私はずっと、
窓から外を眺めて
いろんなことを感じ考えて
生きてきました。

早期回想に、その頃の実家の2階の窓から外を眺めて・・・
というものが2つも3つもあります。
基本、わりと病弱で内向的でしたから
窓を通して眺める外の世界が大切だったのかもしれません。

アドラーの自助グループを始めた時に住んでいた
神戸のマンションの8階からの眺めは、本当に素晴らしかった!
晴れた日には、遠く泉州沖まで見渡せたし、
雷雲が海の向こうからこちらへ迫ってくるスペクタクルも見えたものです。

離婚後5年半住んだ大阪のマンションも
上町台地のてっぺんに建つ10階だったので、
眼下の公園のクスノキやサクラ、
そして遠くに連なる生駒山系が美しかったです。


・・・ところがここ1年半、
実家の窓ガラスは全部すりガラスだったし
前が車道だったので閉めきることが多く、
外の景観が全く見えませんでした。

小さい頃と違って毎日のように出かけていましたし、
それなりに暮らしやすいように工夫していましたが、

私はなんだか、窮屈で
小さくなってしぼんでいたように思います。

自分の育った土地だからといって
自分の両親の傍だからといって
くつろいで暮らせるかというと、
それはまた別のものなのかもしれませんね。。。

いくらお金をかけて快適にしつらえても
光が足りないというか
空気が足りないというか
今から思うと、苦しかった。

今になってこんなふうに思うのは、
このおうちに来て
ほんとうに久しぶりに、
胸に息が入る!と感じたからです。

ここは、すぐそこにきれいな水が流れています。
光が移り
風が通り
この土地の「気」に、癒やされています。

b0253075_21353760.jpg

[PR]
by prem_ayako | 2015-11-14 21:42 | family | Comments(4)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako