アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。

<   2015年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

岩手の文人たち(2)

さて、花巻には「宮沢賢治記念館」もあるのですが、
3年前、スピリチュアル・ワーク後に訪れたのでパスして
代わりに盛岡にある、賢治ゆかりの「光原社」を訪れました。

「光原社」は、大正13年、宮沢賢治の『注文の多い料理店』を出した出版社です。
会社のあった盛岡市材木町に
今ではその名を冠した工芸品の店や、カフェや、無料のギャラリーがあり、
ちょっとした観光スポットになっています。

ギャラリーには、『注文の多い料理店』出版の資料が展示されていました。
はじめて知ったのですが、
教科書発刊を手がける小さな出版社の社長だった及川四郎という青年が、
当時花巻農学校の教師だった宮沢賢治から大量の童話の原稿を見せられて、
ふたつ返事で出版を決めてしまったのだそうです。

b0253075_0524213.jpg意気揚々と、賢治は出版社を「光原社」と名づけ、
理想を追う及川さんは、
資金もあまりないのに、絵本の装幀にこだわり・・・

でも賢治はまだまったく無名ですし、
たいした販路はないし、
書価も高くなってしまって、
当然、本は売れませんでした。
「光原社」は大量の在庫をかかえ、泣く泣く賢治の実家が買い取ったといいます。

『注文の多い料理店』は、賢治の生前に出た唯一の童話集となりました。
ある意味世間知らずの、若者たちの無謀さが、この名作を生んだといえるのですね。

b0253075_0541192.jpg「光原社」併設のカフェは、小さいけれどとても居心地がよくて
盛岡にいる間に2度も通いました。
お店の裏庭は北上川に面していて
泊まっていたホテルからはぶらぶらと歩いていけました。

一杯ずつ淹れてくれるコーヒーも、とてもおいしくて
ちょっとした癒やしの空間でした。





最後に、多田等観のことを。

多田等観は、もともとは京都の西本願寺の僧侶で、
大谷光瑞にインドに遣わされ、ダライ・ラマ13世に謁見。
その後チベットに潜入し、ラサのセラ寺で10年修業、
日本人でありながらなんとゲシェー(仏教博士)の学位まで得て
大正12年に帰国した方です。

帰国後は東京帝大で、持ち帰ったチベット大蔵経の整理などしていましたが、
やはり終戦の年に疎開して
昭和22年から26年まで、花巻の円万寺観音堂境内に住んでおられました。

円万寺観音堂は、人里はなれた小高い山の上にあり、
今でさえ、クマなどが、かなりの頻度で出没しそうな気配です。
チベットに10年も暮らした等観には、なにほどのこともなかったでしょうけど。

b0253075_0581870.jpg梵鐘には、チベット文字が刻みつけられておりました。
観音堂には、ダライ・ラマ13世からいただいた観音像が収められていると聞きます。
私は、そういうところにいちいち感動しておりました(^^)


さきの『山居七年』に、多田等観との親交が書かれています。
大田村山口で、小学校の校長先生か誰かから多田等観を紹介され、
のちに光太郎が等観をこの阿弥陀堂に訪ねます。
b0253075_0575921.jpg 
(昭和22年9月5日)
 3人(光太郎他2人)は2っ堰に出て、そこから北にすすむ道に入りました。前方杉の木の茂った小高いところが円万寺山です。一粁半程も歩いたでしょうか、そのふもとで左手に八坂神社とかいた鳥居があり、傍に観音堂由来記の掲示や2つ3つ石碑が建ててあります。
 3人はそこから参道に入り、茂みの山に入りました。幾百かの段を上り終り、息をととのえて見渡せば一望千里の眺望です。
b0253075_1143612.jpg 鳥居をくぐると正面の奥に観音堂、左手に社務所。社務所にいた多田等観さんは3人を迎えました。挨拶がすむなり洗面器に水を汲んで出しました。先生は
「ここはいいところですなあ。」
 と喜びの声をあげました。多田さんは
「木があって見渡すのにじゃまになるようです。」
「木は伐らない方がいいです。」

 ジャガイモの皮をむきニンジンやネギを切り、魚を切身にし、お吸いものも煮魚もでき御飯も炊きました。いよいよ会食とあり、気の合った3人はみはらしの社務所で手作りのご馳走を喜び会いました。
 会食が終わってから多田さんは観音堂を案内し、御詠歌をあげ、チベット伝来の塑像千手観音や、花巻人形の観音、馬頭観音、地蔵尊について説明しました。
 本堂を出て、千年以上になるという柵がまわしてあるウバ杉のわきを通り、八坂神社の前から杉のこんもり茂っている中の細い道を100メートルばかり奥に進みますと、わき水があり、高い山の上なのにきれいな水がこんこんとわき流れています。

b0253075_134574.jpg とうとう参道の鳥居のところまで来ましたが、3人の話はつきませんでした。陽が山の方に傾いたのを見て、先生たち3人は楽しい1日を謝し、雨もよいの風景の中を帰路につきました。



花巻の町を見渡す絶景。
終戦から2年目に
多田等観と高村光太郎らが眺めたのと同じ景色が
今も変らずここには残っているようです。
[PR]
by prem_ayako | 2015-09-01 10:20 | others | Comments(2)

岩手の文人たち(1)

盛岡でのパセージ・プラス、
前半はゆっくりと隔日に進んだので
オフ日や午後の空き時間を利用して

宮澤賢治ゆかりの光原社
多田等観の住んだ円万寺観音堂
高村光太郎の住んだ高村山荘と、高村光太郎記念館
を訪れることができました。

この3人、意外なことに同時代人で
それぞれに縁があって実際に会っているのですよ。
なんだか不思議で、
点が線につながったような感じでおもしろいので
少し書いてみたいと思います。

まずは高村光太郎のことから・・・


高村光太郎。
「智恵子抄」の詩人、彫刻家、
戦時中に戦意を鼓舞する詩を書いたと批判され、戦後7年間蟄居。
その後、十和田湖畔に「乙女の像」を完成させ、73歳で亡くなりました。

この、戦後7年間蟄居していたのが、
花巻市郊外の、大田村山口に今も残る「高村山荘」なのです。

訪れてみると山荘とは名ばかり、
それはビックリするぐらい本当に粗末な掘っ立て小屋でした。

もと炭焼き小屋だったのを払い下げたのだそうで、
天井も張っていないし、囲炉裏の小さな部屋と、台所になる土間があるだけ。
お客が来れば、主の座る場所などないぐらい・・・
冬は障子紙のすき間から風が吹き込み、
寝てるあいだに枕元に雪が積もったといいます。
高村光太郎はここに、62歳から69歳まで一人で暮らしました。


なんで東京生まれ東京育ちの光太郎が花巻にまで来たのかというと、
光太郎は宮沢賢治と、少々のご縁があったからなのです。

賢治の遺作集の装幀を手がけたり
賢治の詩碑の揮毫を書いたり
そんな中で光太郎は、花巻の宮沢清六氏(賢治の弟さん)と知り合いになります。

そして東京大空襲でアトリエが焼失してしまったとき
光太郎は誘われて花巻に疎開してくるのです。

ところが、賢治の実家の宮沢家もまた、空襲で焼かれ、
今度は土地の人々の好意で、郊外の大田村山口に暮らすことになりました。

きびしい人生ですねえ・・・
最愛の妻智恵子もすでになく、子もなく、
家を失い財産をなくし、
ただ親切な人々に頼るしかない、漂泊の詩人。

近くの「高村光太郎記念館」に入って、たくさんの資料を見ました。
そして『高村光太郎 山居七年』(花巻高村光太郎記念会)という本を見つけたので、
買って帰って読みました。
光太郎がどんな思いで、この山の中のあばら屋に暮らしたのか
知ってみたいと思ったからです。

とてもよい本でした。
なんていうか・・・何もかもなくしても
人ってきれいに生きていけるんだな。というか。

これは、光太郎を何かと助けた佐藤隆房さんという花巻のお医者さんが
光太郎の手紙や、自分の記憶や、いろんな人の思い出を、たんねんに時系列にまとめたもので、
ちょっと、以前に翻訳した『アドラーの思い出』みたいな構成をとっています。
この時代の市井の人々の、生の声が聞こえてくるような本でした。

b0253075_041325.jpg光太郎は小屋の前に小さな畑を作り、
季節のよいときは裏山を散策しました。
ときに智恵子の名を呼ぶ夜もあったといいます。

村の人たちは光太郎のことを、ただ「偉い先生」としか知らなかったのですが、
光太郎は腰を低くして自分の方から村人に声をかけ
小学校の子どもたちと交わったりして、次第にとけこんでいきます。

雪ぐつを編んでもらったり
野菜の育て方を教わったりしたお礼にと、
光太郎はいちいち丁寧に、ありあわせの紙に書をしたため
頼まれたら詩を詠み、法事や式典で挨拶をしました。

本当に村人に慕われ、大事にしてもらっていたようです。
十和田湖畔の「乙女の像」を制作する話がきたとき、
東北では冬に粘土が寒さから固まってしまうため、やむなく東京に移って、
けっきょくそのまま東京のアトリエで亡くなりました。

b0253075_0455643.jpg地元の人たちは、光太郎を偲んで
今にも崩れそうな小屋を覆う形で蓋屋を建て、
「高村山荘」と名付けたのです。

   つづく・・・
[PR]
by prem_ayako | 2015-09-01 01:24 | others | Comments(0)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako