アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。

<   2015年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

しゅんすけこうすけ

孫をいじりに
1週間ほど鳥取へ行ってきました。
なんと半年ぶりです!

娘からは、子どもたちが風邪をひいたり
お婿さんが出張したりするたびに
「手伝いに来て~」とコールがかかっていたのですが
ここ半年タイミングが悪く、外せない仕事が入っていたり
父の様子が心配だったりで、行けないでいました。

来月からまた少し忙しくなるし
ようやく両親ともに落ち着いてきたようなので
今、思いきって行ってしまおう~
だってぐずぐずしていたら、しゅんすけの赤ちゃん時代を見逃してしまうもの!

というわけで
久しぶりに思う存分ばばバカやりますっ
b0253075_2181410.png覚悟めされ~~

しゅんすけは4月末で8ヶ月。
こんなに大きくなりました♪

上手にお座りで遊べます。
はいはいもするし
おしりを上げて、高ばいもします。
もうちょっとで、つかまり立ちをするかも。

小さく産まれたので、抱っこが楽です(^^)
しかも性格がおだやかというか、
おむつやおっぱいや抱っこを要求するときだけは泣きますが、
それが満たされるとあっさり笑顔になります。
愛されキャラですな。

b0253075_204012.png


b0253075_21214892.pngちょうど1年前、娘は絶対安静任婦だったので
お婿さんがひとりで家事育児。
こうすけは早朝から夕方まで幼稚園で延長保育。
私は何度も手伝いに通い、
みんながたいへんな春でした。

そんな時期を乗り越えて
今や娘は、押しも押されぬ2児の母。
日々、感情制御の実践に精進しているようです(^^)
こうすけは4月から年中さんになり、
もうすっかりお兄さんです。

b0253075_20463636.pngしゅんすけも、お兄ちゃんが大好き!


し「お兄ちゃん、これなあに?」
こ「これはね、ぶどう組さんの名札だよ」
し「見せて、見せて」
こ「はい、どうぞ」
し「いいな、いいな」
こ「しゅんすけも大きくなったら幼稚園いけるよ
  幼稚園はね、たのしいよ」

ほっこり~(^^)


ところで下の写真は、
2年前にシンガポールで私が買って帰ったお土産です。
バティックの端布で作ったお手玉のようなもので
上に放り投げて掌で受けたり手の甲で受けたりして遊ぶんですけど、
こうすけは、それぞれに名前をつけておりました。

b0253075_2055729.png上から右回りに
きょーひるくん
どじたくん
でちたくん
ごまあぶらくん
くるみちゃん
というそうですww

私、こうすけのこういうところ大好き(^^)

ハイパーアクティブで口の達者なこうすけと
おだやかで愛想のいいしゅんすけと
この子たちの成長がとっても楽しみです。

b0253075_20443732.png

[PR]
by prem_ayako | 2015-04-24 21:44 | family | Comments(2)

高野山 again

b0253075_2010791.jpg高野山に、またまた行って参りました。
あいかわらずチベット語のお勉強のためですが
今回は、山間にある先生のお宅にではなく、
高野山の繁華街(そんなのあるのか?)
もとい、観光客の多い一角に行きました。

朝8時難波発の特急「高野1号」。
列車のテンションは高いものの、私は眠い。。。

しばらく寝ていましたが
南下するにつれ、
車窓からの風景が魅力的になってきて、もう寝ておれなくなりました。

b0253075_19495611.jpg


桜、桜。
曇り空の下の、うすいピンクの桜。
桜が1本咲くだけで、
すべての風景が絵になります。

b0253075_19523686.jpg


大阪は雨だったのに、極楽橋に着く直前には日が射してきました!
吉兆吉兆。

b0253075_1952320.jpg


極楽橋から急勾配29°のケーブルカーで高野山駅へ。
そこからバスに乗って、高野山の中心街へ。

レッスンの会場は、以前ブログに書いたこともある梵恩舎の2階です。
この日は半日だけの予定で、2時間みっちり、
本当にみっちり、
アティーシャの「菩提道灯論」を読みました。
あ~疲れたよ~(>_<)

たった2時間のレッスンのために
はるばる高野山くんだりまで行ったわけですが
でもこれでよかったと思います・・・
これ以上の集中力持続は、無理!


梵恩舎でそのままお昼ごはんを食べ、コーヒーとケーキをいただき、
さあこれからどうしよう?ということになりました。
このまま帰るのはもったいないよね。


実は、少しでも交通費を安くあげようと、
往復の切符とバス券が割引セットになっている「世界遺産切符」なるものを買ったのです。
この切符には「記念大法会参拝志納」3000円也が2500円になるよという
500円割引券もついておりました。

知らなかったのですが、今年は高野山開創1200年(!)だそうで
4月2日から5月21日まで、記念の大法会がお山のあちこちで開かれているのです。
(なので高野山中、どこもかなりの人出でした)

記念参拝「志納」って、要するにお布施のことですね。
交通費を節約しておいて、ういたぶん以上をお布施にまわすなんて(^^;)
なんだか乗せられてる気がしないでもないですが
考えたら私、高野山にはずいぶんとお世話になっております。

ダライ・ラマ法王にはじめてお会いしたのが、ここ高野山でした。
2011年の11月にここで法王から金剛界灌頂をいただいたのが
チベット仏教とのご縁の始まりです。
その後、昨年の4月にも、ここで法王から胎蔵界灌頂をいただきました。

これも弘法大師さまが高野山を拓いてくださったおかげとありがたく思い、
フンパツして、お志を納めることにいたしました。
(500円引きで!笑)

お納めしてお返しに渡された紙袋には
全施設無料の招待券が入っておりました(^^)v

お友だちに誘われるまま、
高野山霊宝館に向かいました。

霊宝館は大正時代に建てられた、落ち着いた風情の博物館です。
収蔵品は天下の高野山の持ち物ですから、国宝級がぞろぞろ。
加えて今回は、開創法会の期間限定で
高野山三大秘宝(!)と八大童子像が一挙公開されていました。

三大秘宝ってのは何かっていうと
・弘法大師が唐から持ち帰られたという「諸尊仏龕」(ポータブル仏壇ですな)
・弘法大師が唐に渡られる前に記された「聾瞽指帰」直筆2巻(弘法の筆跡・・・)
・弘法大師が唐の海岸から日本に向かって投げたら、海を越えて、
 高野山の松の木の枝に引っかかったという「金銅三鈷杵(飛行三鈷杵)」

中でも「金銅三鈷杵」は右下が欠けていて、
キラキラに磨いてあって「おおっ」という感じでした。
とても大きくて、(これは投げるには重いやろう)と思いました(^^;)

不動明王に付き従う眷属の八大童子像も素晴らしく、
その中のあるお方が、ご一緒したお友だちの彼氏だそうで、
もう何度も逢瀬を重ねてこられたのだそうです。
たしかに男前!
私も心奪われそうになりましたが、お友だちに遠慮して
別のあるお方に、彼氏になっていただくことにいたしました♥

運慶作の六童子さまです。
さぁ、あなたはどのお方を彼氏になさいますか?(笑)

b0253075_2012072.jpg


そうしてお山を後にしたのが3時半ごろ。
帰りは特急に乗らずにとろとろ帰ったので
神戸に戻ったのはもう夕方。

b0253075_2033711.jpg家に帰ってゆっくり開けてみたら、
参拝志納セットには
きれいな天然石の腕輪、その他もろもろが入っていました。
腕輪はウレシイな。
やっぱり物欲です(笑)


実は今回の高野山行で、もうひとつ
私の大いなる物欲を充たす
たいへん目出度いニュースがあったのですが、
そのお話は、また後日。
[PR]
by prem_ayako | 2015-04-09 20:37 | travel | Comments(2)
ご無沙汰しております。
当方、特にこともなく忙しく過ごしておりまする。

3月は、週末ごとにあちこち出かけてお勉強していました。
たくさんの学びを身に染みこませるべく、このごろは
しっかりエピソード分析をやってみています。
私自身の事例で、ね。

他の方のお話を伺ってエピソード分析させていただくことはよくあるのですが、
実は、自分自身のエピソードをきっちり分析したことは、あまりありませんでした。
だって、これって、自分ひとりでやるのは結構めんどくさいんですもん(^^;)
(自分で自分を分析できるようになるのがパセージプラスの目標です
 ってパセージプラスの最後で言っているのにね。
 ひどいリーダーだ orz)

でも、めんどくさくても実際にやってみたら
この効果はおそるべきものでした!
いや、ホント。


私がふだん陰性感情をもつのは、主に母に対してです。
ある日のある早朝のエピソードを、まずはお聞きください。

私が「おはよう」と2階に上がると、母がむずかしい顔をしています。
いつものことですが、この日は特に不機嫌な様子です。
その様子に私は陰性感情を抱いて、
そのまま「今日は8時ごろに出かけるから」と言いました。
母もむずかしい顔のまま「あ、そう」と答えたので
「じゃあね」と言って階下に降りました。


さて分析してみます(^^)

対処行動:「今日は8時ごろに出かけるから」
ライフタスク:母がむっとした顔をしていること
感情:-2(不安・怖れ)
考えていたこと:なんでそんな顔をしているの?
        私が何かした?
        何か文句を言われるんだろうか?

ここまで分析しただけで、
私は、母がむずかしい顔をしていると
何か私に対する不満や文句を言ってくるんじゃないか?と思って
本能的に身構えてしまう!

ということが分かりました(爆)
これって、娘時代からのクセですね~

そして仮想的目標はどうやら・・・
母がにっこり笑って「いってらっしゃい」と言うこと

だと分かりました。
なぁんだ。こんなことかい(爆)

要するに私は、母にご機嫌でいて欲しいんです。
怖い顔されると、ビクつくんです。
私が母に対してきつくなるのは
攻撃に備えて過剰防衛しているのだなと気がつきました。


さて、母ににっこり「いってらっしゃい」と言ってもらう
という仮想的目標は、協力的目標だと思われます。
これを実現するためには、
そう、私の方からにっこり!することですね!
これが協力的な代替案と思われます♪


で、いつもならこのまま出かけてしまうのですが、
この朝はもう少し時間があったので、
再度2階に上がって代替案を試してみることにしました。


もう一度母の部屋に行き、にっこりと「じゃいってきまぁす」と言いました。
でも、まだ母はむずかしい顔をしていたので、少し話を続けました。
「今日はお父さんところへ行くの?」
母はベッドにすわったままで「行く」と言いました。
「雨だから気をつけて・・・」
「・・・」


あかん(>_<)
まだ陰性感情が-1ぐらいあります。

下に降りて、再度分析しました(笑)

対処行動:「雨だから気をつけて」
ライフタスク:母がベッドで「行く」と言ったこと
感情:-1(今度はイライラです)
考えていたこと:何をしに来たの?って顔をしているな
        そんな顔しないでよ。じろじろ見ないでよ

仮想的目標は?
母が、明るい顔で「ありがとう!いってらっしゃい」と言うこと

なんだ、そうか(笑)
さっきとほとんどいっしょじゃん。

これを実現するには・・・
そう、さっきは私の声が小さかったのです。
(おそるおそる言っていた)
もっと母の近くへ寄って
母にはっきりと聞こえるように、
「雨だから気をつけてね!」と言う。
これが協力的な代替案ですね~♪

ぱちぱちぱち。
我ながら、上手に分析できました。


この日は、もう時間がなかったので
2つ目の代替案を実行することができませんでした。

でもね、このあと、母に対して陰性感情を抱くことが
ぐっと減ったのです。
まるで魔法のようです。

以前は顔を合わす度に陰性感情-3ぐらいが起こっていたのに
上記のエピソード分析をして以来、-1が1度だけ。
それも、分析すると仮想的目標はほとんど同じでした。
母がにっこり返事をしてくれること(笑)

自分がこんなにも小さなことを求めていたのかと思うと
笑ってしまいます。
子どもか!と思います(子どもです)

陰性感情がこれぐらい小さなうちにエピソードを分析してみると、
私が求めていたのは戦って勝つことではない、と分かります。
権力争いになったら目的が変わる、というのも本当にそのとおりですね。


人は、自分が何を求めているのか知らないことが多い。

かささぎ座の心理劇で、何度もこのこと見せていただきました。
ご多分に漏れず、私もそうでした。

自分の求めているものが分かれば
それを実現するための方法を考えることができます。

もうしばらく、自己エピソード分析を続けてみようと思います。
きっと、もう少し暮らしやすくなるんじゃないかな♪
[PR]
by prem_ayako | 2015-04-03 21:48 | psychology | Comments(5)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako