アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Balthus

b0253075_15553826.jpg

「バルテュスはまず、光と形を描く。」アントナン・アルトー

バルテュスの名を知ったのは、たぶん大学生のときだったと思います。

当時は澁澤龍彦が大好きで、主にエッセイを読みまくっておりました。
不思議に、ご本人の小説はあまり読まなかったです。
私にとって澁澤龍彦は、いわば絶対に確かな案内人で、
彼についていけば必ず、
私の知らない素晴らしい世界に分け入ることができる。
という存在でした。

澁澤さんがちょっとでも言及した相手なら
かたっぱしから、その本や絵を味見しました。
そうやって若いこの時期に、たくさんの文学と美術に触れ、
澁澤龍彦ならではの、衒学的な知の世界に導いてもらいました。

中でも私が愛したのは
文学だとコクトー、バタイユ、ボルヘス、稲垣足穂。
絵画だと、ルドン、バルテュス、などでした。

バルテュスは、1908年~2001年、
20世紀を生きたパリ生まれの画家です。
本名はバルタザール。そう、ユダヤ系です。

バルテュスの展覧会は、実は1984年にも京都で開催されました。
その頃私は、結婚してすぐで、まだ子どものいない頃で
友だちを誘ってもそれぞれにみな忙しく
バルテュス?何?という感じで
けっきょく機会を逃して行けなかったのです。
とっても残念だったので、
今回は、何としてもホンモノのバルテュスを見たい!
今回を逃したら、もう一生見れない!と思い、
忙しいさなかに京都に行ってきました。

前置きが長くなりました(^^;)
でも美術ってけっきょくは
人生の中にどう納まっているかで、意味をもつんじゃないかと思います。

「美しい日々」
b0253075_1643297.jpg

絵の迫力に圧倒されました。
図版で何度も見たこの有名な絵は、実物は横幅2mもの大きさでした。
塗り込められた絵の具のすみずみまで
画家の神経が及んでいます。
凄いエネルギーです!

「読書するカティア」
b0253075_1664292.jpg

これも横幅2m以上です。
先の「美しい日々」から20年以上たって描かれた
まさに円熟期の作品。
なんてシンプルな構図でしょう。
そして絨毯と壁の質感・・・!
(マティエール、と専門用語では言うみたいです)

具象ですけどシュールレアリスムじゃない。
抽象でもないけど、リアリズムでもない。

バルテュスの描くのは、光。
それもレンブラントのようなドラマティックな光じゃなくて
やわらかい、素材そのものが発しているような光です。

「横顔のコレット」
b0253075_1675959.jpg

こんなやわらかい光を、どうやったら描けるのでしょう。
バルテュスは、自分を「職人」だと言っていたようです。

「猫と裸婦」
b0253075_169085.jpg

フレスコ画のような、クラシックな質感なのだけれど
かもし出される雰囲気は不安定で、20世紀的です。
止まった時間、合わない視線、独特の空気感。

b0253075_1613338.jpg「窓、クール・ド・ロアン」
展示作品の中で、
私がいちばん気に入った絵です。
バルテュスにしてはめずらしく、
人物のいない画面。

バルテュスの絵の主役は、
いつも光そのもののようです。
絵の中の人物は、みな美しい置物のようです。
なので逆に、この窓のある部屋はそれ自体が
まるで光を発する生きたもののように見えます。


もしも30年前のあのとき、
20歳代でバルテュスを見ていたなら、
ひょっとしたら私は
今とは違う私になっていたかもしれません。

というぐらいのインパクトがありました。
絵って凄いですね。

b0253075_16153246.jpg

[PR]
by prem_ayako | 2014-08-19 16:26 | others | Comments(0)

雨の日に

この週末は鳥取へ手伝いに行く予定だったのですが
台風接近のために中止となりました。
神戸ー鳥取間の往復が、予定より1回減りましたので
雨の中、なんとなくぼ~っと過ごしています。

最近読んでヒットした本でも、紹介させていただきましょうかね(^^)

まずは、てがたく仏教関連~

『中論』は、ようやく下巻に入りました。
ただ、このご本には強烈な睡眠作用があるようでして
長時間乗り物に乗るときには必ず携えていきますが
いくらも進まないうちに眠ってしまいます。。。

龍樹さまのお言葉はありがたいのですが
ちとレトリックが込み入りすぎている・・・と感じます。

それでは、お釈迦さまのお言葉そのものはどうなんだろう?
というわけで
阿含経典(=パーリー語仏典)の
片山一良先生による和訳『長部』『中部』『相応部』、
そして我が家の宝の蔵にあったそれぞれの英語訳とを
就寝前の一時、これも少しずつ読み進めております。

b0253075_12304646.jpg今生で読み終わることができるかどうか
はなはだ心許ないです。
なんせこんなに分厚い本ですからね!

これはまぁ睡眠薬代わりに読んでいくとして(^^;)
やっぱり、私のような凡夫には
参考書が必要!と思い至りました。
それも、理屈っぽいインドの方のじゃなくて
適当に噛み砕いてある、できれば日本人向けのがいいですね。

そうして出合ったのが
石飛道子『ブッダ論理学五つの難問』(講談社選書メチエ)
宮元啓一『ブッダが考えたこと~これが最初の仏教だ』(春秋社)
の2冊でした。

お2人とも論理学・哲学がご専門で、仏教学者ではありません。
いわゆる「仏教界」の外側から仏教を説いておられるので
私にとっては、とても読みやすかったです。

b0253075_12332451.jpg特に、宮元啓一氏の『ブッダが考えたこと』はオススメ!
名著だと思います。
お釈迦さまの説かれたことを
これほど分かりやすく解説してくれる本に
私は初めて出合いました。

といっても私、「チベット仏教」以外の本を読むのは
初めてかもしれない・・・

仏教の知識がほとんどゼロの状態でチベット仏教に入り、
今ようやく仏教全体に目を向け始めた~という初期段階におりますので
私の感想なんてアテにならないと思いますけど

タイトル通り、「ブッダが考えたこと」
ブッダが発見されたこと、
逆にブッダが扱われなかったこと等が、だいぶはっきりしました。

そして今まで私が抱いていた「仏法」のイメージが、ずいぶん訂正されました。
仏教ってそもそも、とても logical かつ pragmatical なものだったのだと
分かって、ものすごくビックリしました。
わりと情的に、「ウットリ」と捉えていたんですね。

どういうことかって?
それが簡単に説明できるようなら、こんな凡夫ではありません(^^)
本を読んでくださいませ!


b0253075_12392575.jpg次にご紹介するのは、一転やわらかく、
童話です!
英語ですけど、こちらには催眠作用がなく
一気に読み終えました(そりゃそうだ)

おなじみ、
ALICE'S ADVENTURES IN WONDERLAND illustrated by Tove Jansson
(Tate Publishing)

Lewis Carrol の『不思議の国のアリス』は John Tenniel の挿絵が有名ですよね。
例えばこんな絵・・・
b0253075_12414188.png

高校生の頃大好きで、
一生懸命に写したものでした。


この『アリス』のフィンランド語版に
ムーミン作者のトーベ・ヤンソンが挿絵を描いていたらしいのです。
そしてその英語訳を、ロンドンのテート・ミュージアムが
このたび復刻出版してくれました。

もうこれは全く趣味のものなんですけど、
インターネットで見るとあまりにも魅力的なので
はい、すぐに取り寄せましたです。

美本ですよ!
いくつか貼りつけますね(クリックすると大きくなります)

涙の池で溺れそうになる場面(笑)
b0253075_12435523.jpg


とかげのビルが災難に遭う前
b0253075_1245240.jpg


グリフォーンとニセウミガメ
b0253075_12454328.jpg


どの絵もシュールで素敵ですが
私のもっとも好きな絵は、この1枚。
b0253075_12482227.jpg


アリスが井戸を落下しながら、
猫のダイナのことを思い出している場面です。
"Dinah'll miss me very much tonight, I should think!"
"Do cats eat bats? Do bats eat cats?"

さみしそうなアリスと
巨大な猫の後ろ姿!
この発想すごいと思いません?

Tenniel のアリスは British!
Disney のアリスは少し格が落ちて American!
Jansson のは、なんとも北欧のアリスです!


大切なご本がまた一冊増えました♪
[PR]
by prem_ayako | 2014-08-09 13:00 | others | Comments(0)

チュパ・ファッション

先週の土曜日は、高野山まで
チベット語のグループレッスンに行ってきました。

前のレッスンが6月初旬でしたから
ほぼ2ヶ月ぶりです。
その間に、レッスン仲間の
おひとりは法王のカーラチャクラ灌頂を受けにラダック(インド)へ
おひとりはニンマ派の修行のためにベルギーへ
行って帰ってこられました。
(私など、今年は海外へはどこにも行かず、おとなしいものです!)

あちらの話やこちらの話、
おみやげ話を披露していただきながら
楽しい時間を過ごしました。


高野山系の山の中、
和歌山県橋本市から、車で40分ほど山道を上がった
人のほんとうに少ない集落に
先生は住んでおられます。

まさに、日本のチベットかも・・・(^^)

じゅうぶん日帰りできますが、
南海電車の橋本駅まで、私の家からほぼ2時間かかりますから
時間的には、東京へ行って帰ってくるようなものですね。

この日は雨だったので、さすがに涼しかったです。
冬は、家の中に干した洗濯物が凍るのだそうです。。。

軒先の木々の葉を打つ
正しい雨の音を聞きながら
ツォンカパ大師の『菩提道次第集義』(小ラムリム)を読みました。

途中までは
正しくチベット仏教の経典を、
正しくチベット語で読むお勉強をしていたのですが・・・

お昼休憩のあと、
ベルギーでチュパ(チベットの民族服)を買い求められたお友だちのお話から
私もいつかチュパをあつらえたいものだとうっかり申しましたら、
先生が「もう着ないチュパがありますよ。化繊ですがもらっていただけます?」と
2枚のチュパを出してきてくださいました。

いえいえそんなぁ・・・と初めは遠慮していたんですけどぉ

すすめられて合わせてみると、
なんだかピッタリ!

ブラウスも出してきてくださったので
ついうっかり、着ていたサマーセーターを脱ぎ捨てて
(・・・ここらで何か意識が変容してしまったようで)
ブラウスとともに着てみたら

ほんとうにピッタリ!
というお友だちの勇気づけにすっかり気をよくしまして。

もうすっかり気分はファッションショーでございます。
ねぇどっちの色が似合うかしら?と私が尋ね
お友だちが、こっちじゃないかな? 私はこっちを着てみるね、と
異様な盛り上がりになりました。
b0253075_19565371.jpgいやはや、物欲ですw
でも楽しい!

エプロンまで揃えてつけていただいて
はい、できあがり~(^o^)
いかがでせうか?

なんとあつかましいことに
これら一式、まるごと
いただいて帰ってまいりました~
なんということでしょうね~
何しに行ったんでしょうね~
いやいや、チベット文化のお勉強にです(^^;)


チュパは、チベット女性の正装なんです。
いつの日か、再びガルチェン・リンポチェにお会いできる日がきたら、
それが日本でか
シンガポールでか
台湾でか、わかりませんが、
その日にきっと、これを着てお会いしようと思います!
それまで大切にとっておきます。

きっと、今生でもう一度・・・!
[PR]
by prem_ayako | 2014-08-05 20:17 | tibet | Comments(4)
やっと本題にたどりつきました(^^;)
でも、何を書けばいいんだろう?

瞑想は美しく、マントラを歌うのが中心で
最終日は、まるで昔のアスミのような一体感がありました。
僻地で最初から遠足気分だったせいでしょうか、
みなさん、すぐにうちとけて
私もいっぱい助けていただきました(^_^)

いろんなことがありましたが
特に印象に残ったことだけお話ししましょうか。
おタクな話になるかもしれませんが
お付き合いいただけるとうれしいです。

その壱)瞑想とは何か

初日に先生が、「瞑想とは、心をひとつの対象の上にとどめること」とおっしゃいました。
考えや感情は、私の外にあるもので、私ではありません。
これに振り回されていると、
どんなに善いことをしたつもりでも、私は嫌な人、迷惑な人のままです。
考えや感情の方に意識を向けないで、
(今回のワークでは)マントラや仏さまのイメージの上に心を置くこと。
そうすることで、自分の考えや感情から距離ができて
自分の外にある大きなものとふれあえるようになる、と教えていただきました。

そして、テキストを使って
祈祷文を唱えたり
マントラを歌ったり
仏さまのイメージをしたり、
そういう練習をしていったのですが

上の文脈でいくと、
瞑想は心を何かひとつの対象の上にとどめることですから、
心をとどめおく対象は、
マントラや仏さまのイメージでなくても、よいわけです。

スピリチュアル・ワークの間は、私もテキストに従って、
先生のご指示通りの方法で瞑想をさせていただきますが、
普段、家では
「おーん」で息を吸って
「あー」で息をおなかに貯めて(火を灯して)
「ふーむ」で息を吐く(火がちらちらと揺れる)
という練習をしております。

最終日に先生は、
ガルチェン・リンポチェのご本に書いてあることとして、
「呼吸(息)」と「ルン」と「意識」の3つについて、少し触れられました。
それによると、瞑想は「おなかのルンの上に意識を置くこと」だといいます。

ああ、そうなんだ~!
息とルンとが違うということは知っていたのですが、
実際にどう捉えれば瞑想がうまくいくのか、よく分からなかったのです。
要は、意識をひとつの対象に置くことなのだなと、
ようやくつながりました。

瞑想を実践するときって
(実践って言えるほどちゃんとやっているわけではありませんが)
ほんのちょっとのヒントが、とってもありがたいことがあります。

おかげさまで、その後
「息」を吸って、「ルン」がおなかに貯まった感じがしたら、
そこではじめて「息」を止めて、
「意識」をおなかに置く、ということがスムーズにできるようになりました。

ようやく「心一境想」という感じになって参りました。
いまさらです(^^;)


その弐)勝義菩提心と世俗菩提心

7月23日の補正項に先生が

世俗菩提心をおこした修行者は、仏の勝義菩提心を思い出すことで、決心をささえていただく。つまり、衆生と仏の共同作業として修行をしていく。衆生が決心(発願)しなければ、仏は衆生を助けることはできない。仏の助け(加持)がなければ衆生は修行を続けられない。

と書いておられます。
漢字、多いですね・・・
えーと、つまり・・・

私の起こす菩提心(他の人を幸福にしようと決心する心)なんて、あてになりません。
この身は、どうしたって煩悩にまみれています。
だから、仏さまのはたらきかけ(勝義菩提心)を感じながら
私の菩提心を維持していかねばならないのじゃ!
ということでしょうか。

ワークの中でこのお話を伺ったとき、
連想して私が思い出したのは、
昨年の6月に、おひげリンポチェからお聞きしたお言葉でした。

仏さまのお力は、太陽の光のようなもの。
私たちの信仰心は、レンズのようなもの。
太陽の光は一様に降り注いでいるけれども
信仰心というレンズを、太陽との間に置けば、光は強く一点に集まります。
それが仏さまの加持をいただくということです。
逆に言うと、信仰心がなければ、たくさんの力をいただくことは難しいのです。
と。

まずは、私には力がないということを謙虚に認めなくてはなりませんね。
そして、それでもなお、私がしなければならない、と強く決心することが
アドラー心理学的にも
大乗仏教的にも
求められていることなんですね。
だからこそ、私以外の大きな力をお借りするのですね。

仏教徒は、
他の「神」を信じる宗教の方たちと違って
受動的な面と能動的な面とを
とても微妙に・・・上手にバランスをとっていく必要があるように
ときどき感じます。

勝義菩提心と世俗菩提心のお話や
おひげリンポチェの喩えなどは
その精妙なところを、うまく言い表してくださっているように思います。

ほんとうにむずかしいと思いますw
片側に振れると傲慢になり
片側に振れると依存的になり
スピリチュアルな道って、どこまでも、綱渡りのようですね。
[PR]
by prem_ayako | 2014-08-01 19:02 | tibet | Comments(0)

九頭竜鉄道

b0253075_18174284.jpg


スピリチュアル・ワークの会場は
福井からJR越美北線(えつみほくせん)に乗りこんで
1時間半ほど山奥へ入ったところでした。

不便この上ないロケーションでしたが、
めずらしくも、あやうく「満員御礼」になるところでした。

30人定員で、途中3人キャンセルが出て、最終の参加人数は27名。
しかも前日に(!!)今から行けますか?というお問い合わせが2件もありました。
(お部屋のこともありお断りしましたが)
ほんとうに、興味を持ってくださった方が多かったように思います。

う~ん、辺鄙なところだから人気があったと断ずるわけにはいかないけれども
少なくとも「秘境」的な感じには、魅力があったのかも。。。

ともあれこの越美北線、愛称を「九頭竜線」といい、
けっこう、鉄ちゃんたちの間では有名な鉄道らしいです。

お宿は終点「九頭竜湖」駅のひとつ前、「越前下山」という無人駅で降ります。
たしかに秘境的・・・
1日に数回しか人が現れない駅前には、ニホンザルがいました。
きっとタヌキもいたでしょう。。。

列車は1両だけのワンマンカー。
JR福井駅の、0番線的なホームの端っこから発車です。

b0253075_18181680.jpg地元の方々や学生さんたちに加えて
サンダーバードでやって来た参加者たちが
30人弱も乗り込んだので
たぶん、いつになく、満員のぎゅうぎゅうでした。

真夏の緑の稲田の中を
おもちゃのような1両列車が走ります。
遠足気分でたのしい!

ミラーに、ちらりと車体が映っています。
かわいいです!


ところが、しだいに雲行きがあやしくなり
越前大野駅のあたりでは、こんな景色になりました。

b0253075_18234889.jpg

ちょうど、昨日お詣りした平泉寺白山神社のある谷に
大きな雲がかかっています。
あの木々も苔も、今は激しい雨に洗われているのでしょう・・・。


越前下山で下車すると、
ポツリポツリと大粒の雨が降り出して
みな、急いで、お宿の車に乗り込みました。

その後、ワークが始まる頃には、まっ暗になって
昨日のような滝の如き豪雨となりました。

そして夜中の2時ごろには、またやものすごい雷雨!
私は雷大好き人間なので(笑)
同室のみなさんを起こさないようにそぉっと起き出して

お部屋の広縁のカーテンを全開にして
たたきつけるような雨と
真夜中の森を一瞬浮かび上がらせるものすごい閃光とを
心ゆくまで楽しんだのでした~(^o^)
(ニホンザルもタヌキもびっくりしたでしょうねえ)

なんでもこの雨で、
翌朝の九頭竜線、不通になったのだとか。
もしも1日ずれていたら、
私たちのワークにも影響が出ていたかもしれません。

私ごときの不十分な準備にもかかわらず
交通不便な会場で
豪雨も雷雨もものともせず、
参加者全員が無事、
なにごともなく最終日を迎えることができたのは、
奇跡としか思えません。

いつもそうなんです。
つくづく、何ものかにお守りいただいていることを感じます。
[PR]
by prem_ayako | 2014-08-01 18:26 | travel | Comments(0)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako