アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

足羽神社

スピリチュアル・ワーク会場に向かう列車は福井を昼ごろ出発なので、
午前中は、大きなJ先生と橘曙覧記念文学館に行くことにしました。

私はよく知りませんでしたが、
橘曙覧(たちばなのあけみ)は、幕末の歌人であり国学者でもあり、
今の福井市足羽の、質素な藁屋で暮らしていたそうです。
でもその徳をしたって、越前公・松平春嶽などが訪ねてきたこともあったとか。
面白そうなので、私もご一緒させていただくことにしたのです。

何時からこの施設が開いているのか検索したところ
「9時開館」と書いてあったので、9時に駅前からタクシーに乗りました。

ところがそのタクシーの運転手さん、
「こんな早うに開いてないんとちがいますか」とおっしゃるのです。
いや、調べたら9時開館と書いてありましたと言っても
「そういう施設はたいがい10時からでしょ」と言って聞きません。

「もうちょっと上の方まで行かれて
 足羽神社からゆっくり降りてきはったら、ちょうどいいんじゃないですか」
と、強く勧められました。

私の情報を信じて待ち合わせたはずのJ先生まで、
「そうだそうだ、たいてい10時からだよねぇ」と
手のひらを返したように、運転手さんを支持されて、
まるで私の検索結果は頼りにならないかのようなおくちぶり。。。

(-_-)べつにいいけど。
殿方って、つるむと女を裏切るのね・・・


ところが運転手さんオススメの、この足羽神社が
とても良かったのです。
これもご縁なんですかね。

足羽(あすわ)神社におわしますのは、26代継体天皇。
継体天皇は越前開闢之祖神(えちぜんかいびゃくのみおやがみ)といわれ
天皇に即位されるまでは、この地に住んでおられて、
越前平野の治水をされたのだそうです。

境内には大きな大きな枝垂れ桜がありました。
花のころは、さぞ見事でしょう・・・

平泉寺白山神社のような、鳥肌のたつような霊気はありませんでしたが
たいへんありがたい、清々しい神社でした。
私、この神社好きかも。
b0253075_20574276.jpg


「子どもまもり」というのがとてもかわいらしかったので
こうすけのために買い求めました。
白山神社で頂戴したお札は、次の赤ちゃんも含めた家族全員のために。
b0253075_2114022.jpg



さて、そこからぶらぶらと足羽山を下り
当初の目的地、橘曙覧記念文学館に着いたのは9時半ごろ。

ちゃんと開いていましたよ。
(そらごらん)

橘曙覧は、「たのしみは」で始まる「独楽吟」が有名です。

たのしみは朝おきいでて昨日まで無かりし花の咲ける見る時
たのしみは田づらに行きしわらは等が鋤鍬とりて帰りくる時
たのしみは神の御国の民として神の教をふかくおもふとき


ゆっくりと歌を鑑賞して回って
ついでに向かいにあった茶道美術館にも立ち寄って
豊かな半日を過ごしたのでした。

さぁ、いよいよスピリチュアル・ワークに向かいます。
[PR]
by prem_ayako | 2014-07-24 22:08 | travel | Comments(2)

平泉寺白山神社

越前大野でのスピリチュアル・ワーク前日、
福井にある平泉寺白山神社にお詣りしました。

娘の長男、こうすけは、こちらの神社のご加護をいただいて生まれました。
今度は、娘のお腹の中の次男が
無事に生まれてくるように
母子ともに健康であるように
お守りいただくために来たのです。

豪雨の中、福井市内から車で1時間あまり。
着いた頃には小雨となり、
神社を後にする頃には、日が差していました。

一の鳥居。
b0253075_15153919.jpg

広大なお社です。
b0253075_1516339.jpg

ちょうど夏祭りだったようで
めったに開かないらしい拝殿が開け放たれ
正装の神主さまが、村の方々にお話をしておられました。
映画「阿弥陀堂だより」のワンシーンのよう。
b0253075_15184435.jpg

こちらが本殿。
b0253075_15201487.jpg

雨に洗われた木々。
b0253075_15243310.jpg

b0253075_15284782.jpg

あちこちに古いお社や鳥居があります。
b0253075_15231422.jpg

b0253075_15255587.jpg

b0253075_15294817.jpg


女神さまが顕れたという御手洗池(みたらしいけ)。
水が湧き出でているのがおわかりでしょうか。
b0253075_15302829.jpg


どの写真も、ほとんど撮ったそのまんま。
神が降りているとしか思えません。。。

言葉にならない時間でした。
[PR]
by prem_ayako | 2014-07-24 22:04 | travel | Comments(2)

季節の食べもの

近ごろ、ようやく生活が落ち着いて
あまり各地への旅もなく、おとなしくしております。

週末に家にいることが続くと、うちの親もご機嫌がいいです(笑)

しかし出かけなくていいっていうのも
最初は嬉しいんだけど2日も続けば、
私にはもうじゅうぶんみたいで・・・

近所に産直野菜を豊富に扱っているスーパーを見つけたので、
散歩がてら買い物に出かけて
なんやかやと食材を仕入れてきました。

b0253075_20362929.jpgまず作ったのは、赤紫蘇のジュース!
きれいな色でしょ。
炭酸で割って飲んだら美味しいのなんのって。

今年はまだそんなに暑くないので
あまり恩恵を感じない間に飲みきりましたが、
酷暑の夏も、これ一杯で生き返ることができますよ。
(いやホント)


お次は、ジンジャーシロップ。
毎年何度か作りますが
b0253075_2049644.jpg今回は、新しょうがで作ってみました。
うっすらとピンクがかってるのが、わかるかしら?

炭酸で割ればジンジャーエールになりますが
紫蘇ジュースより長持ちするので冷蔵庫で保存して、
ときどき紅茶に入れたり
そのままお湯で薄めたりして、ちびちび楽しみます。


紫蘇ジュースやジンジャーシロップは、
私が結婚してから習い覚えたものですが、
小さい頃から舌で覚えている夏の食べものといえば、ぬか漬けです!

もちろん、やっておりますよ。
今年は両親にも食べてもらえるので
はりきってたくさん漬けています。

もうぬか床の管理に自信がないからと、
母がぬか漬けをやめてしまってからだいぶ経つみたいです。
父も、歯が浮くからあまり食べなくなったということなんだけど

にもかかわらず、食卓に出せば、
ふたりともおいしいおいしいと言って
完食してくれます(笑)

キュウリ、ナス、ウリ。
母は「おいしいねえ、上手ねえ」とほめてくれますが
もともと、あなたに教わった味なんですヨ。。。

私が娘を産んだのは、28年前の9月後半。
暑い日だったのにどういうわけか病院に冷房が入っていなくて
初産の私は、もう汗まみれでした。

ものすごく大量の汗をかいたので
産後、看護師さんが身体を拭いてくださって
それがとってもありがたかったです。

病院は実家の近くだったので、母はほぼ毎日来てくれましたが
産んで2日目か3日目に、ナスとキュウリのぬか漬けを少しずつ、
タッパーに入れて持って来てくれました。
そのおいしかったことぉぉぉぉ(ToT)

おかげで食欲がもどって、
大げさに言えば、生きていく気力が出たように思います。
あのときのおいしさとありがたさはよく覚えています。。。

ぬか漬けはソウルフードかも(笑)

もっとも、昔みたいにズ(種の部分)の多い立派なキュウリは
昨今は産直でもあまり見かけないですねぇ。
母が漬けてくれたお漬け物には及ばないけれど・・・

b0253075_20521113.jpgこれからは私が作って、
食べてもらうんだなあと思うと
ちょっと感慨深いです。
[PR]
by prem_ayako | 2014-07-05 21:12 | family | Comments(2)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako