アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

中論のお勉強

私が神戸に引っ越す際に、
旧アドラーギルドにあった大きな本棚と
大きなJ先生ご所蔵の大量の仏教書とを
お預かりすることになりました。

手元にいつも置いておく必要はないけれど
何かのときの参考文献として必要かもしれない本、
あるいは処分してしまうには惜しい本、
もう売られていない稀少本、などだそうです。

むつかしそう~な分厚い本ばかりで、
まるで図書館の「哲学」「宗教」の棚を
うちの事務室に持ってきたかのようです。

例をあげれば
『講座・大乗仏教』
『國譯大藏経』
『インド仏教』
『ニーチェ全集』
『仏教教理研究』
などなど・・・

眺めるばかりで手がでませんが、
宝に囲まれているような幸福感は、あります。
(うちの本棚は宝の蔵)って感じ。
・・・わりと、持ち腐れでございますが。

でもね、
ダライ・ラマ法王もちゃんとお勉強しなさい、とおっしゃってたことだし
せっかくだから手始めに、『中論』を読んでみることにしました。

なぜ『中論』かっていうと
たぶん仏教論理学における基本テキストで
「空」について理解しようとするなら、
これを読んでないとあかんみたいだからです・・・(アバウト)

『中論』は2~3世紀に龍樹菩薩(ナーガルジュナ)によって書かれました。
龍樹さんはもちろんインドの人なので、
原題は Mulamadhyamakakarika(ムーラマディヤマカ・カーリカー)といいます。
早い時期、これに青目(ピンガラ)さんというインド人が注釈をつけて
5世紀にまたそれを、漢の鳩摩羅什(くまらじゅう)さんが漢訳し、
「青目釈・鳩摩羅什訳・中論」が日本に伝わりました。
以来、日本では一般に『中論』と呼ばれます。
チベット仏教徒、特にゲルク派必読の書です(たぶん)。

ウィキによると
「本文は論書というよりは、その摘要を非常に簡潔にまとめた27章の偈頌からなる詩文形式であり、注釈なしでは容易に理解できない」そうで、
青目釈(しょうもくしゃく)以外にもさまざまな注釈が書かれてきました。

たとえば『入中論』はチャンドラキルティー(6~7世紀)による『中論』の解説で
これもまた難解なことで超有名です。
中観派の一般教養みたいけど
あ~んなに分厚い本、私には読み通せるとは思えません(絶対寝る)

でも、『中論』そのものなら読んでみたいなと思いました。
愚考するに、賢い人の注釈がつけばつくほど
よけいに難しくなるのではないかしら。
理解できなくても
龍樹さんの生のお声を聞いてみたいなと思うのでした。

そこでJ先生の本棚から貸していただいたのが
三枝充悳(さいぐさみつよし)という仏教学者の書かれた
『中論』上中下3冊セット(第三文明社 レグルス文庫159)。
これなら持ち運んで電車の中で読めます(^^)

b0253075_13463557.jpg右ページには青目釈の漢文書き下し文。
左ページには龍樹菩薩のテキストを、
ご丁寧なことに、鳩摩羅什訳漢文・サンスクリット語原文・日本語訳
という順で3つ並べて載せてあります。

ふにゃふにゃ。
いやこれがね
わりと、オタクに面白いんですよ。

たとえば第2章の第1節。
漢文書き下し文:
巳去は去有ること無し 未去も亦た去無し
巳去と未去とを離れて 去時も亦た去無し

漢文:
巳去無有去 未去亦無去
離巳去未去 去時亦無去

日本文:
まず第一に、すでに去った[もの]は去らない。[つぎに]、まだ去らない[もの]も去らない。すでに去った[もの]とまだ去らない[もの]とを離れて、現に去りつつある[もの]は去らない。

わっけわからん!(爆)
けどおもしろい
と私は思うのですが、みなさまはいかがでせうか?

わけわからんままに、さらに宝の山の中から
今度は全テキストの英訳本を見つけました。
Nagarjuna: A Translation of his Mulamadhyamakakarika with an Introductory Essay (Tokyo, The Hokuseido Press, 1970)
これも稀少本じゃないでしょうか。

上の偈を英語訳と照らしてみると・・・
Indeed, that which has transpired does not come to pass nor does that which has not transpired. Separated from these (gatagata), the present passing away cannot be known.

やっぱりわけわからないけど
英語では「去る」を、transpire と pass away とに使い分けてるのね、とか
こっちの方が時制がはっきりするわね、とか
最後は cannot pass away でなく cannot be known になるんだぁとか
妙なところに感動するのでした。


つらつら読み進むに、
これって要するに論理の組み立て方の問題で
「この場合はない」「その場合もない」「この場合とその場合でない場合もない」
と何でもかんでもどんどん否定していって
故に最後は sunyata 「空」なのじゃ~って結論になるみたいなのであります。
(めっちゃアバウト)

ああ、これが
帰謬論証法とかいうやつなんだなと
どこかで聞いた言葉を思い出したのでした。
こーいう理屈でチベットのお坊さま方は
お寺の中庭で手を叩いてディベートしていらっしゃるのね。

いくら読んだって
私にはこの論法は身につきませんし(無理っ)
しかも、どうもなんだか屁理屈にきこえなくもないのですが
きっと、大事なことなんでしょうね~

もう17章まで読んだので、半分ぐらいまできました。
最後まで読んだら何かもうちょい分かるかもしれませんので
期待して
もうしばらく、格闘してみます(^^;)
[PR]
by prem_ayako | 2014-05-24 14:04 | tibet | Comments(0)

あなたがボスよ

両親の家の一階に引っ越して以来
当然のことながら、親とつきあう、という
ライフタスクが生じました。

あぁ私、忘れていたんです・・・
はるかむかしの独身時代、
この家で両親と同居していた頃
母と、あまりよい関係でなかったことを。。。

24歳で結婚して家を出たとき
これでやっと自分の好きなように暮らせるw
帰宅時間や、掃除のやり方や、友だちとのつきあいについて、
母にあれこれ言われなくて済むw
と、心底開放感を味わったことを。。。

結婚して里帰りしたときに
「結婚してから、なんだかうまくいくようになったわね」と
母に言われたこともありました。
別居することで少し距離ができて
ようやくふつうの仲間としてつきあえるようになっていたのだということを。

で。
この30年、私は私で一家をかまえ
あれこれ経験して一人前のおばさんになりました。
母は母で、全て自分好みのやり方で暮らしてきました。

嵐の予感がしますよね・・・


引っ越し直後、
母は私の面倒をみたくてたまらなかったようで
ことあるごとに1階の様子を見に来ては
「たいへんやね」「疲れたでしょ」「何かしたげよか」
と声をかけてくれました。
私は、「そんなことないよ」「大丈夫」と
かわいげなく断っていました。

実際、疲れていっぱいいっぱいだったのですが
どんだけ疲れていたって
やらなくてはならないお仕事は待ってくれませんし
それを母に言ったところでどうしようもないと思いましたから。

私が買い物をしてあげようという時、
母があまりにもくどくどと
「これこれこういうわけで買い物に行けないから、お願い」
と長く物語るので
素っ気なく「はいはい」と頼まれたことだけやりました。

特に朝、出かける前に長い前置きが始まったりすると
(早く結論を言ってよ!)と、イライラすることがありました。

そのうち、娘時代に逆戻りしたみたいに、
細かいことをあれこれ注意されるようになりました。
ある晩、門扉のカギをかけ忘れたことがあって、
そうすると、さっそく翌朝、お叱りを受けました。
自分の失敗を棚に上げて(もぅうるさいなあ)と私は思いました。

だんだん母の機嫌が悪くなってきて
旅先から帰ってもニッコリ迎えてくれなくなり
夕食を作って食べてもらっても、
なにかと嫌みを言われるようになりました。

居心地悪ぅい(-_-)
せっかくよかれと思って実家に戻ったのに
母も私も幸せじゃありません。

・・・これはいかん、と対策を考えて、
出先から「買って帰るものなぁい?」と電話したり
母の言うことにまず(「でも」じゃなくて)「そうね」って言うようにしたり
怒られそうなことはこちらから謝ってみたり
いくつか工夫してみたのですが、
全くうまくいきません。

注目関心レベルなら、これでうまくいくはずです。
じゃぁこれは、権力闘争になっているのかも!

そういや、最初は私、イライラしていたけれど
このごろは本気で腹が立っているものな。

だとすると、できることはただひとつしかありません。
私が権力闘争から降りること。
私が、負けること、です。


いや、実はね
長いこと、こういうタスクは味わってなかったんですよ。
「そりゃ私にだって改善しなきゃならない余地はあるわよ。
 だけど、だからって、そこまですることないじゃない。
 私、そんなに悪くないも~ん」
と、つい思ってしまいます(修行未熟です、はい)

でもこんなふうに思っている間は、
葛藤から降りることができません。

ゆっくり深呼吸して
心から母に対して「悪かったな」と思えるようになるまで
自分を見つめました。

今こそ、娘時代からの母との葛藤を精算する
またとない機会です。
今やっておかないと・・・!

アドラー心理学を学んでこれを実践してこられたみなさん、
ほんとうに凄いですね!
チベット仏教で「母なる衆生」といいますが
母を大切にする仏教徒のみなさん、
ほんとに立派ですね!

今度のことで、
アドレリアンとしても
仏教徒としても
どんだけ自分が未熟であるか、よっく分かりました。
はい。

うーん、うーん、うーん、と心を落ち着けて
口先だけでなく言えそうになってから

2階へ上がって、母に言いました。
「あのね、私、仲良くしたいと思っているのよ」
母「?」
私「今まで愛想のない娘でごめんね」
母「そんなこと、なにも謝ってもらわなくたっていいわ」
私「これからはできるだけ気をつけます」
母「そう・・・きついからねぇお互いに」
私「うん、ごめんね。なるべく気をつけるね」


このあと、母との関係は劇的に改善しました。
これから私は、
もうずっと、負け続けることにします。

母にしたら私はいつも「勝手気儘に振るまう娘」で
矯正しなければならない相手なのです。
私は長いこと、母の思い通りになるものかと戦ってきました。
思えば長い戦いでした・・・
母の勝ちを認めたとたん、
母はやさしくなり
あまり私を矯正しようとしなくなりました。

問題はとっても単純だったのです。
私はいつも父がボスだと思っていましたが
ずっとずっと以前から(無始爾来の昔から)
実は母がボスだったのです。

もしここで私が勝ってしまっていたらどうなったでしょう?
かわいそうに、母はこの年になって、勇気をくじかれてしまったでしょう。
問題が解けて、ほんとうに良かったです。

誰がボスかさえ分かっておれば、もう安全です。
何といっても、私はボスの下にくっついていくのが
得意分野の末子ですので(^^)


あー、タフな修行だった!
[PR]
by prem_ayako | 2014-05-22 21:03 | family | Comments(2)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako