アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。

<   2014年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

梵恩舎

高野山にあるお店は限られていますから
まあ、うろうろしていたら
どこに郵便局があって
どこに本屋さんがあって
どこでおいしそうなお饅頭を売っているかなど
すぐに把握できるのですけど

メインストリート(要はバス道)沿いにある
カフェギャラリー「梵恩舎」も、
高野山に泊まったことのある人なら、
あぁあそこね、とわかるようなお店です。

b0253075_1139745.jpg前来たときは、ネパールの画家さんの展覧会をやっていて
ふらふら入って
サインまでしてもらったのでした。

今回は、宿坊のすぐそばだったので
何度も立ち寄りました。

タンカ絵師でもある私のチベット語の先生は
今、高野山に住んでおられます。
法王のご来日に合わせて、1枚だけ、
このお店に絵を展示すると伺っていましたので
その絵を見に行くという目的もありました。

お知り合いを誘って見に行くと
間近にタンカを見るのが初めてという方たちは
あまりの美しさ
細かさ
芸術性の高さに
深く感動されて
なかなか絵の前からはなれませんでした。

「あやこさん、あなたこの絵を買うべきよ!」
と、お姉さまに強力に薦められたりもしましたが、
いやいや、
私は他の仏さまのタンカをすでに注文しておるのです。
あとは先生の絵筆が進むのをを待つだけです・・・。


山を下りる日も、
帰りのバスまでの待ち時間、
大きなJ先生と、再び梵恩舎に行きました。

あいにく混んでいたので相席をと言われまして
座ったテーブルでは、
3人の男の人が英語で
仏教をめぐって、なにやら熱く語っていました。

観察するに
主に話しているのは大きな体躯の壮年の外国人。
もうひとりの外国人は、若くてドイツ語なまり。
もうひとりは30代の日本人で、
どうやら大きな壮年の外人に
議論をふっかけて(?)逆に形勢不利に陥っている様子です。

というか、そもそも議論になってないみたい。
大きな外人さんが一方的に仏教の専門用語で語っていて、
日本のお兄ちゃんは、英語はしゃべれるものの
専門語、哲学用語についていけていないように見えました。

否応なく耳に入ってくる話を聞いていると、
この大きな外国の人の
筋道だった話し方や
仏教理解の正確さ・・・
ちょっとただ者ではない感じです。

私がここ数年チベット仏教の本を読んでやっとこさ到達した
空や縁起についての理論を
正確な言葉で整然と語っておられるのです。
(いや、あなた外人でしょ。すごくない?)
どこでお勉強なさったのかなぁ?
英語の文献で仏教を学んだら
こんなにシンプルに理解できるものなのかしら。

一面識もない方、
たまたま相席になっただけの方ですが
だんだん彼の話に引き込まれていきました。

空についてが話のテーマのようなのですが、
日本のお兄ちゃんはとんちんかんな返答ばかりしています。
たぶん困って、放免してもらいたがっているのでしょうが
そう言わない限り、外人は絶対に許してくれませぬ。
あきらめず理解に到達しようとするのは
彼らのストレンクスですね。

「よし、じゃあこのことについては君はどう思う?
 人間はなぜ苦しむのか?」
と、新たな問いをたててこられましたが
お兄ちゃんがあまりに要領を得ないので
思わず、私、横から口をはさんでしまいました(^^;)
「それは、私たちが自分に執着しているからじゃないかしら?」って。

b0253075_128548.jpg壮年の外人、喜んで
「そうそう、煩悩だ。
 しかし煩悩と言ってしまうと
 話はそれで終わってしまうだろ?]

そして結局、大きなJ先生も加わって(^^)
その相席した5人みんなで会話をしたのでした~

その間、よくよく観察すると
この大きな壮年の外人、フリースにチノパンという出で立ちですが
頭は坊主でおられます。
え?ひょっとしてお坊さん?

ひと段落ついたところで
Are you a monk?と尋ねてみると
やはり、そうでした。
しかも、法王の灌頂のために高野山を訪れた仏教徒ではなくて、
なんと真言宗徒で
このお山で13年僧侶をやっておられる方だったのです。

あーそりゃプロだわ(笑)

日本人のお兄ちゃん曰く、
「13年って聞いたので教えてもらおうと思ったんだ・・・」

大きなJ先生がおっしゃるには、
チベット仏教のカギュ派と日本仏教の真言宗派とは
思想的にたいへん近いところにある
ということです。

どうりで。
私(チベット仏教徒)の仏教理解と
この方(真言宗徒)の空や縁起についての理解とが
ほぼ一致していたのは、そういういわけだったのですね。


日本のお兄ちゃんの仏教理解が
日本人一般のレベルだとしたら
(と言っても、3年前の私よりはまだずっとましなのですよ)
それは、日本の僧団が
仏教をきちんと人々に伝えていないということです。

日本の僧侶集団はひょっとしたら
檀家とのおつきあいに忙しすぎるのかもしれませんが・・・
サンガ(僧団)がちゃんと機能していないというのは
困ったことですね。



法王は、いつもどんなときもお話の中で、
「しっかり勉強しなさい。
 瞑想だけやっていてはいけません。
 師が言ったからといって鵜呑みにしてはいけません。
 納得いくまで自分で読んで考えて、身につけるのです」
とおっしゃいます。
再三再四、おっしゃいます。

梵恩舎で上のような体験をしたこと、
そして法王のお近くにまみえることができたこと。
これらの意味を考えるに

仏教のことをきちんとお勉強しなさい。

って言われているような気がしてきました。
うっとり系好みの私としましては
あまり有り難くないメッセージです。。。


2年半前に法王にお会いしてから
ともかく何にもわからなかったので
手当たり次第、手に入るチベット仏教の本を読みました。
そのあと、ガルチェン・リンポチェにお会いしてからは
手探りだったのが、ぎゅーんと一点集中して
わりと意固地に、リンポチェから直接お聞きしたお話だけ
特化してお勉強してきました。

そろそろ、また少し視野を広げて
大乗仏教の基本的なことを学んでみるのもいいんじゃないかな・・・と
高野山から帰って以来、考えています。
[PR]
by prem_ayako | 2014-04-24 12:18 | tibet | Comments(0)

仏縁

初日、行きの電車を降りたところで
アドラーでお知り合いのお姉さまにばったりお会いしました。
(以前のスピリチュアル・ワークで同室だったお姉さま方のおひとりです)

楽しくおしゃべりしながらお山に上がったのですが、
聞いてみたら、なんと宿坊も同じでした。

成福院、別名ビルマ寺といって
5,6年前にヨランタたちと泊まった宿坊です。
そのときは洋式トイレのあるお宿ということで選んだのですが
お料理もおいしかったし、お宿の方の対応もとてもよかったので、
今回、再び利用することにしたのです。

この偶然だけでもびっくりなのに

お部屋で各自夕食をすませて
適当な時間にお風呂に入ったら、
浴室内でも、またお会いしました(爆)

いっしょに灌頂を受けた仲間のことを
金剛兄弟といいますが

私たち、いつの日かダルマヴァジュラという菩薩になるわけですから
「そのときはまたどうぞよろしく」
と裸でご挨拶をしあったのでした(笑)

朝ご飯は

同宿のみなさんとごいっしょに大広間でいただきましたが
やはり法王の灌頂に参加されている男の人が
食べながら何気なく
「いやしかし、通訳がないとさっぱりわかりませんな~
 中国語といってもいろいろあるんですなあ!」
と話されたので目が点になりました。

「チベット語ですから、そりゃ中国語と違いますよ」
とお姉さまが軽くたしなめられても、
「え、だって中国の地方でしょ」とおっしゃいます。
高いお金を払って法王の灌頂に参加しておられるのに
こういう認識の方もおられるんですね。
がっかり。

お姉さまは、その方に感情を動かすことなく
「いいえ。チベットはチベットです」ときっぱりおっしゃいました。
素敵~!


「い」列でお隣のお席の
きれいな方とお知り合いになれたのも嬉しかったですし、
やさしくきっぱりのお姉さまと深いご縁ができたのも
とても嬉しかったです。


他にもいろんな出会いがありました。
たまたま同じタクシーに乗り合わせた女の方は、
私と同じく寒がりで、
宿坊が寒いという話で盛り上がりました(笑)
この方は、東京のポタラ・カレッジで
クンチョク先生からチベット語を学んでおられるのだそうです。

さらに、後から分かったことですが、
この翌週のアドラー心理学基礎講座応用編に参加された方の中に、
高野山で灌頂を受けた方が3人も(!)おられました。

つまりあの会場内に、
2日目から参加された大きなJ先生を含め
私の知る限りでは、
アドラー心理学関係者が6人いたというわけです。
アドラー心理学会チベット部ができそう~(^^)


どうでもいいことですけど
高須クリニックの院長さんと
漫画家の西原理恵子さんも来ておられたそうですよ。
後ろの方の列だったということだから
今回の灌頂が初めてだったのでしょうね。
西原さんには、ちょっとお会いしてみたかったな!
[PR]
by prem_ayako | 2014-04-24 11:00 | tibet | Comments(1)

高野山あれこれ

b0253075_23175927.jpg

4月13日、日曜日、
難波から南海高野線に乗って
高野山へ行きました。
2年半ぶりの高野山!

前のとき私は
法王の灌頂を受けることに舞い上がってしまって
なんだかすご~く神秘的な体験を期待しておりました。

実際は、800名もの参加者がひしめきあっていて
オペラグラスを持ってきたらよかったというほど法王のお姿は遠かった。。。
おそばに近づくなんて、とてもじゃないけど無理だったんです。

しかも通訳の方の仏教用語はまったく理解できず
初めて受ける灌頂はわけわからず
ありがたい出来事だったはずなんですけど
なんだか消化不良だったのでした。

それはそれで、そのあとチベット仏教を勉強する動機になったので
私にとっては、とても良かったのですが。

しかし、そうやって前の灌頂の苦行に耐えた功徳でしょうか、
前回の参加者にはみな、一般より早くに、
今回の灌頂のお知らせがありました。
すぐに申し込みをしましたら、
「い列30番」というチケットが届きました。

えーっと「い」って、「いろは」の「い」なのか?
「あいうえお」の「い」なのか?
前は、JかKか、アルファベットだった気がするけど・・・
ひょっとしたらかなり前の方なのかしらん?

そしたら、なんとこれは
「いろは」の「い」列だったのです!
いちばん前はスタッフ席で
実質最前列w~

こんなによい席で法王のご法話をお聞きできるなんて~~
私、今生でも過去生でも
こんな功徳を積んできたおぼえはありません~~

法王にお会いしたいと願い続けたまま
一生会えず亡くなっていくチベットの方々のことを考えると
とても申し訳ないです・・・
もったいなや、もったいなや。


おとなりに座られたのは
私と同じぐらいの年齢の、上品な女の方でした。
チベットハウスに関わっておられるらしく、
前回の高野山での灌頂の後、
法王にお会いするためにワシントンに行かれたり
ブッダガヤや
ダラムサラにも行かれたそうです。

とってもお洒落で
灌頂の日は、チュパというチベットの民族衣装を着ておられました。
日本の女の子が派手な色のチュパを着るのはよく見ますが
(・・・ってふつう見ないですよね)
この方のは、グレイの薄手のウール仕立てで
真っ白のオンジュ(ブラウス)と合わせて、とってもステキでした。
(すみません、私かなりマニアな話をしています)
こんなチュパなら着てみたいな~と
物欲がでました(笑)


さて午後1時、法王猊下のご入場です。

また少しお背中が丸くなられたような・・・(T_T)

舞台の上はまぶしく照明されていて
10人ほどのチベット僧の方々がついておられます。
2年半前よりもお年を召した高僧が多いように感じたのは
ただ、前はよく見えていなかっただけでしょうか。

まばゆく美しい仏像やタンカ。
1週間前から作り上げられた胎蔵界の砂マンダラ。
そして舞台の袖には鋭い目つきのSPさんたち・・・。

b0253075_2316121.jpg

この日行われたのは前行法話というものでした。
法王はまず丁寧に帰依と菩提心生起のお話をされ
それからツォンカパ大師の
ラムリムルドン「菩提道次第集義」をお教えくださいました。
このときの様子はすべてYouTubeにあげられているようですので、
ご興味がおありの方はどうぞご覧ください。

30分ほどお話をされてから、法王は
3時半終了の予定だけれど4時まで延長してもいいですか?
と聴衆にお尋ねになりました。
みんなが拍手で応えますと、「では4時までにしましょう。
ただひょっとしたら、4時を少し過ぎるかもしれません。
私もトイレにも行かなくてはなりませんからね。」
と笑いまでとっておられたのですが

結局は、4時35分まで延長されたんですよ(爆)
トイレ休憩なしで4時間近くぶっ続け。。。
そんなんだったら、最初から4時までなんて言わなければいいのにね。
これがきっとチベット時間なんですね。


翌日は灌頂の本会。
朝9時からということなので8時半ごろに行くと
すでに法王たちは砂マンダラの前でお唱えをしておられました。
それは延々と延々と続き、
私はチベット語の心地よい響きに
すっかり眠ってしまったのでした(←あかんやろ)

b0253075_2320810.jpg

お席につかれてお話が始まったのは
すでに10時半になっていたのではないでしょうか。
法王、あわてずさわがず
昨日できなかったから、と
そこからまた、8つのロジョンのご法話をされました。

12時前に昼食休憩になって
午後の灌頂は1時から、と言われて休憩していたら、
今度は少し早めて15分前から始めます、というアナウンス。

チベット時間は
ちっとも読めません~(^^;)


胎蔵界灌頂(行タントラ)は、
2年半前にいただいた金剛界灌頂(瑜伽タントラ)に比べると簡略で
あっさりと2時間ほどで終わりました。

在家の私たちはみな、
何劫か先に阿弥陀仏の極楽浄土で
ダルマヴァジュラという名の菩薩になる!
というありがた~い授記をいただきました。
訳すと「法金剛」でしょうか。
いいお名前です(*^_^*)


翌火曜日、高野山での最終日は
高野山大学の若い方たち向けの講演会で
法王は英語でお話になり、
質疑応答の時間もありました。

このときの様子も、すべてYouTubeで公開されています。
質疑応答の最後のあたり、とてもステキだったので
これもよかったらご覧くださいませ。

ある男性の質問に対して法王が
あきらめないで何度でもできることをしなさい
とお答えになり、

この男性は
黙って手を合わせて感謝されました。

人がほんとうに勇気づけられたとき、言葉はいらない。
百の言葉より
心から合わせた掌は美しい、と思いました。


近頃は、もうほとんどのものがインターネットで公開されますから
ご法話だって聴けるし、灌頂の儀式だって一通り見ることができます。
わざわざ高いお金を払って高野山まで行く必要ないんじゃない?
と思われるかもしれませんけど

やっぱり、いろんな出会いや
ちょっとした心の動き、感動は
その場にいなければ体験できないものだなと思います。
人生は画面の中にはありませんものね。
[PR]
by prem_ayako | 2014-04-23 23:37 | tibet | Comments(1)

新しい暮らし

引っ越しからちょうど2週間たちました。
最初は大量の段ボール箱をながめて
・・・一体、片付けられるんかなぁ(-_-)
とウツ入ってたんですけど

やり出してみたら、なんとかなるもんです。
そりゃそうだ。
明けない夜はない。

離婚してからこっち、
狭い空間をいかに機能的に活かすか、
ということにばかり腐心してきましたので
だだっ広い空間での暮らし方を考えるのは、慣れておりません。

b0253075_13441339.jpgでも、家具を置いて
敷物を敷いて
少しずつ馴染みの物を入れていくと
ひんやりしていた部屋が
命をもって
息づいてくるように感じます。

観葉植物はどこに置こう。
学会の資格証はどこに飾ろう。
この窓にはカフェカーテンをつけちゃおう。
この扉には
ラトヴィアの小鳥の飾りを吊るしちゃおう。


・・・なんてことをやっているうちに
だんだん私の居場所らしくなってきました。
(写真は宮崎監督に捨てられかけたケビントです)

4日目の晩ぐらいに、祭壇を調えることができました。
火を灯して
お香を焚いて
金剛薩埵の百字真言で場を浄めて
お経を詠んだら
ほんとうに落ち着いた家になりました!


私、ほとんど毎日出かけて留守がちなんですが
上の階に住んでいる両親の助けになるようにと
(いちおう)思って引っ越しましたので・・・
出かける前と帰宅した時、
そして朝と、夜両親が寝る前には、
必ず顔を見に上がるようにしています。
それと夕ご飯は、できるだけ週に2日は私が作って
いっしょに食事をとることにしました。

ふたりとも喜んでいるみたいです。
特に母は舞い上がってしまって、あれこれ手伝おうとするので
最初は断るのがたいへんでした~(^^;)

よい副作用として
私の気儘な生活が、少しだけ規則的になりました。
(今までが自堕落過ぎたのかもしれませんっ)

2階の老人たちは朝早くから動き出しますし
今までと違ってゴミを出す時間も気になります。
上で掃除機をかける音など聞こえてくると
なんとなく、私も窓を開けて掃除しちゃったりして。
うぅむ。予想外に影響を受けているな・・・

しかも、今まで机がないのをいいことに
ぬくぬくとこたつに入って操作していたパソコンが
事務机の上、という正しい位置におさまりましたので
・・・そうすると、この季節まだ足元が寒くって
夜遅くまでパソコンを触れなくなりました。
なんとなく、インターネット依存症から脱却しつつあるような。


b0253075_13464022.jpg10日目ぐらいに、開いた段ボール箱を
引っ越し屋さんに引き取ってもらって、
ようやく、だいたいの物が収まって
人間の住む家らしくなりました。

おいしいパン屋さんと
安くて新鮮な八百屋さんも見つけましたし、
あとは気の合う美容院を見つければ完璧かな~(^^)
ひとつ候補があるので、連休前に攻めて行くつもりです。

でもひとつ、誤算がありました。
この家はけっこう寒いのです。
引っ越しの時、ガスファンヒーターもこたつも片付けてきたので
もう少しの辛抱!と思って、がんばって
エアコンとオイルヒーターでしのいでいます。。。
が、この春はなんだかいつまでもひんやりしますね(T_T)

風通しはいいので
夏すずしいのを期待しましょう・・・


明日からまた3日ほど留守をして
高野山に行ってきます。
2年半ぶり、再びダライ・ラマ法王の密教灌頂をいただきに参ります。

最低気温がまだ氷点下の高野山w
帰ってきたら、またご報告しますね。
[PR]
by prem_ayako | 2014-04-12 12:57 | others | Comments(2)

息子の新生活

先週の金曜日に引っ越しをすませ
9年ぶりに神戸の住人になりました。

引っ越しのあれこれは、またおいおいお話しするとして
今日は息子のことを少し。

偶然、息子も私と同じ日に
大阪府南部の下宿から、兵庫県加古川市へと引っ越しました。

彼は4回生のときに兵庫県の教員採用試験に合格して
2年間の猶予があるので大学院で遊んで(もとい、勉学に勤しんで)
この春から、いざ先生デビューなのです。

3月になってすぐ、
加古川市の教育委員会で面接があり、
その足ですぐ、加古川駅前のアパートを決めて帰ってきたそうです。

仕事、早っ(@ @)
彼、ひとり旅をするようになってから
しっかりしてきたなぁ。。。

引っ越しは、業者に頼まずに
段ボール箱を買って
トラックをレンタルして
友だちの助けを借りてやったのだそうです。

あとで電話で話を聞くと
やっぱり、かなりたいへんだったみたいです(^^;)

3回生のときに実家から下宿に移ったときは、
身の回りのものだけで家具はなし!
素人でも充分できる程度の引っ越しでした。

冷蔵庫も洗濯機も、
「友だちがくれた」ものがすでに部屋にあったみたいですし、
電子レンジにいたっては、なんと日本アドラー心理学会の処分品を
送料私もちで送っていただき、使っていたのでした。

でもこのたびは、そういう電化製品も全て運ばなければなりません。
いやそもそも彼の場合、楽器やアンプの類がそうとう多いはずです。
行き先は、エレベーターのないアパートの4階(爆)

「冷蔵庫や洗濯機は、なんとか運べるねん。
 それよりたいへんやったんは・・・」
「何?」
「本」
「あ~本は重いねえ。いったん詰めたら、もうとても私は動かせないわ」
「しかも、ボク美術の本が多いねん」
「美術の大型本!」
「そう。めっちゃ重かって、腰いわすか思た」

それでも夕方にはなんとか運び入れ、
レンタカーは加古川で返して
無事、祝杯となったようでした。

次、引っ越すときには
もう引っ越し屋さんに頼みなよ。。。
いつまでも若さにまかせてたら身体こわすよ~

「引っ越し手伝えんくて、ごめん」と息子。
「とんでもない。私は引っ越し屋さんにしてもらったから。あとはゆっくり片付けるだけだから。それより、そっちはすぐに赴任やね。たいへんやね」


学生時代の友だちから遠く離れて
ひとり新居で過ごす感じは、
ひとり旅で知らない街のホテルに泊まったときの感じ、
ニューヨークの安宿にいたときの感じと、よく似ていると言います。
これからのことを考えて、めっちゃワクワクしているんだけど
ちょっとさみしい、と。

そうね、前のときは、家族からはなれて
大学の仲間たちの中に入っていったわけだけど、
今度は、ひとりも知り合いのいない新しい土地で暮らすのだものね。

「そうやって男の子は社会人になっていくんやね~」
「(笑)なんやねん」

4月1日には、
赴任先の中学が決まった、と連絡がありました。
今ごろ、どうしているのかな?
私や娘と違って、息子はあまり不安を使わない人なので
きっとまた軽々と、なんとかやっていくのでしょう。

赴任校は同じ市内でも山手の方らしくて、
そこまでロードバイクで通うつもりなんですって。
・・・今度の新任の美術の先生は
パソコン背負ってチャリで来てるって
目立つやろなぁ。。。
大丈夫か?(^_^;)
[PR]
by prem_ayako | 2014-04-04 23:04 | family | Comments(3)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako