アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

実家の1階、
待合室、診察室、調剤室から続く暗い廊下を奥に進むと
小さな台所と
家族が日常に使っている勝手口に至ります。

これは、むかし、通いの看護師さんたちが
お昼を食べるのに使っていた食堂兼台所です。

ダイニングキッチンというような、洒落たものではありませぬ。
実際のところは、
家族が出かけるときに通過する
ただの通り道のようになってしまっています。

この小さなキッチンで
朝のお粥を炊いたり
簡単なパン食ぐらいの用は足せるかな・・・?
どうせちゃんとお料理するときは(=両親に食事を作るときは)
2階にある広い台所を使うわけですから
これはこのままで我慢しようかな・・・
と考えていました。

ところが、流しの下を点検していた宮崎監督は、
ー水漏れの跡があるから替えた方がええでっせ~
と言わはりました。

たしかにかなりの年代物。
換気扇は昔風の、プロペラむきだし。
壁には古い給湯器。
水道の蛇口は動きません。。。

じゃー替えちゃおっかな。
(ほんとは替えたかったの。監督、きっかけをありがとうw)

新しい清潔なキッチンになれば
息子が夜遅くに泊まりに来たときでも
朝いつまでも寝ていたいときでも
2階の両親の食堂を使わせてもらわなくてもよくなります。
長い目でみたら、その方がきっといいですね。

まあ節約を旨としておりますので
キッチンセットを入れ替えて
直付けの水道と給湯も、器具を新しくするだけで、
レトロな構造そのものは、触らないことにいたします。

壁はかなり汚れているので
吹きつけ塗装をしてもらうことにしました。
色見本で壁の色を決めるときは、
美術系の息子からアドバイスをもらって
少しだけ赤みがかった薄~い黄色にしました。

天井の蛍光灯は、ここも全部はずして、
台所にはダウンライト、
ダイニングには
今マンションで使っているペンダントを持ってくることにしました。
壁と照明が変われば、だいぶ雰囲気が変わるんじゃないかな?


そしてもう一部屋、
台所の隣には、3畳の小さな和室があります。
むかし看護師さんたちが
白衣に着替えたり荷物を置いたりするのに使っていました。
南向きの窓があって、古びた障子がはまっています。

とにもかくにも
40年の歴史を経た古畳を、新しくすることにしました。
障子も張り替えましょう
と建築士さんに言われて、賛成。

半間の押し入れがついていますが、
観音開きの襖の建具は、折れてボロボロになっています。
新しい建具をオーダーして作ってもらうか、
あるいはとりあえずの補修で間に合わせるか、むずかしいところです。

いったんは補修をお願いしたのですが
帰宅して図面を見ながら考えていると
まったく別の発想を思いつきました!
いっそ建具を取り外してしまって
ロールスクリーンを、押し入れの入り口にかけるのです。

娘が貸してくれた本のどこかに載っていたアイデアです。
ずっとお安いし
その方がきっとおしゃれだわ(たぶん・・・)。

ここは瞑想ルーム(あるいはお籠もり部屋)にしようかな。
でも家族が出入りする勝手口に近いので
瞑想するには、なんとなく気が散ってしまいそうにも思います。

なのでこの和室は
息子その他の人が泊まるときのための
お客さん部屋にしようと思います。
男の子を泊めるのに、ちょうどよいサイズではないかしら(?)


こうして1階のすべての部屋の
コンセプトができあがりました(^^)v

本当は、痛んだフローリングも張り替えたいところですが、
今回はぐっと我慢することにしました。
床までやり直すとなると、かなり予算オーバーになるでしょうから、
余っている絨毯を貸してもらって
敷物を使って、しばらくがんばってみようと思います。

さあ、どんなになるんでしょうね~♪
思ったほどよくならないかもしれないし
ぐっとよくなるかもしれない。
あとはもう、監督さん頼みです!(^人^)
[PR]
by prem_ayako | 2014-02-21 22:34 | Comments(0)
さて、実家の方では、ついに改修工事が始まりました。

実家の1階
広いのは広いのですが

もともとは患者さんの待合室・診察室・調剤室・薬の倉庫
・・・だったところを
それぞれ事務室・寝室・納戸・物置
にしようというのですから
かなりの発想の転換が必要です・・・

さいわい両親とも、好きにしたらいいよと言ってくれたので
(まあお金はこっちもちなので)

10年以上前に閉院してからそのまま置きっぱなしだった
古~いエアコン
年代物のガス湯沸かし器(危ないって!)
これらは、撤去することにしました。

入り口は自動扉でした。
中からガチャンと鍵をかけて固定する仕組みなので、
外から開ける鍵穴がありません。
このままでは私の出入口として使うことができませんので、
モーターを撤去して、新しい鍵を2個つけて
片引き戸として使うことにしました。

待合室と調剤室との間の間仕切りは、
下半分は壁、上半分はガラスの嵌まった、大きなカウンターでした。
ずいぶん考えたのですが、結局すべて撤去して、
新しい壁を作ってもらうことにしました。

こうなったらもう、部屋の出入口の段差のある敷居も撤去して
いずれ来る日に備えて、バリアフリーにしておくことにしました。
さらに、部屋の出入りがしやすいように
できるところは全て、引き戸にしてもらうことにしました。

全て、両親が以前から知っている近所の建設会社さんにお願いしました。
3件ぐらいから見積もりを取って比べるのがいいとか聞きますが
最初にこの会社の建築士さんに来ていただいたら
とっても誠実ないい方だったので
なんかもう、他にお願いするのがめんどくさくなっちゃって(^^;)

「ワガママなんですけど、こういうことは可能ですか?」と
私の方の希望をあれこれお話しすると
建築士さんもいろいろアイデアを出してくださいました。
そして長い時間をかけて寸法を測って
1週間後には図面を書いてきてくださいました。

それを見ながら、今度は現場監督さんも交えて、
3人であれこれ可能性を探っていきました。

実は、重要なのはトイレだったのです。
患者さん用の、和式のトイレだったのを撤去して
洋式便座を設置してもらいます。
ウォッシュレットも、もちろんつけたいのですが
そのためには、トイレの中に電気をひっぱってこなくてはなりません。
こういうことは、現場を見ていただかなくては判断できないことです。

父は、家を建てたときの図面をちゃんと保管してくれていたので
ずいぶん助かりました。

構造に関わる壁や扉の改修、それに電気の配線などについては、
現場の方々のご意見がほんとうに大事です。
素人がひとりで考えても、絶対にダメですね。

建築士さんが、のっぽで真面目なサラリーマン風なのに対して、
現場監督さんは、がっちりしていて背が低く、
ええと、映画監督の宮崎駿さんにそっくりでした!
(^o^)私の中では(宮崎)監督と命名しております。

宮崎監督も良い方で、
工夫してきれいに作っていくのがホントに好きみたい。
「こうしたらええんとちがいますの?」と提案されることが
私の予算に合う範囲であれば、どんどん採用させていただきました。


家具類は
父の使っていた診察机を,パソコンデスクに
カルテ棚を、カウンセリングの資料入れに
診療器具を入れていた医療棚(ケビント)を、食器棚に
再利用することにしました。

宮崎監督のインテリアの好みは私と異なっているようで
私にとって大事なレトロのカルテ箱とかケビントとかを
「これはもう捨てますよね?」なんてさらりとおっしゃいます。
「使います!食器棚にするので」って言うと、呆れて笑ってはります。
よぉく見張っておかなくては(笑)


楽しく頭を悩ませたのは、
照明とカーテンです。
しかしまた、思ったよりも単価が高いのも、この2つです。

なんせ味気ない蛍光灯ばかりがついているのですから
なんとかできないかなぁ~と、
1月に鳥取に行ったときに娘やお婿さんにいろいろ相談して
リノベーションの本や雑誌をたくさん見せてもらいました。
彼らは昨春に家を新築したばかりなので詳しいのです~。

めちゃくちゃ素敵な照明器具屋さんも教えてもらいました
が、高い・・・
あー新築するならこれぐらいこだわってもいいかもしれないけどぉ
なんせ築40年の家の一部分のリフォームですからねえ
・・・今回は涙を呑んで、節約を旨とすることにいたしました(T_T)
(あ、興味のある方にはシェアしますよ。散財されても私は責任とりませんけど)

ともかく蛍光灯は外してもらうのですが、
そうすると天井に痕が残るので
上からクロス張りをすることになります。
それならもういっそ、ダウンライトを使うことにしました。
寝室は全部、ダウンライトにして
あとスタンドなどで光量を補います。

また、今のマンションで使っている照明器具も利用したいので
事務室と納戸の天井には
引っ掛けシーリングを付けてもらうことにしました。
(こういうのってマンションなら当然なんだけど
 古い一戸建てだから、引っ掛けになっていなかったんですよ~)

カーテンは、さんざん考えましたが
娘の家で使っているプリーツスクリーンがとても感じよかったので
そのタイプのものを使うことにしました。
取説をコピーして持ち帰って、建築士さんと監督さんとに見てもらったら、
さっそくその会社のカタログを持って来てくださいました。

ゆっくり選んで、事務室と寝室の大きな窓には
グリーン系のスクリーンを配することに決めました。

あとの小窓に関しては
あり合わせのカーテンでまかなえると思います。
だめなら、近所のホームセンターで調達してもいいですし。


ということで、
2月13日に最終見積もりが出まして
まぁまぁリーズナブルなお値段かなと思いましたので
前金を振り込み、
2月17日からいざ、工事が始まったのでした。
(^o^)
[PR]
by prem_ayako | 2014-02-19 11:23 | others | Comments(2)
役得で
開発者のJ先生自ら講師を務められた
パセージ・リーダー養成講座
東京の1回目のコースと
大阪のコースとを
お世話兼見学させていただきました。
一般には見学をお断りさせていただいてるので
お勉強に来たかったのに来られなかったリーダーさん方、
ゴメンナサイ!m(_ _)m

私自身がパセージ・リーダー養成を受けたのは、
もう15年も前のことです。
そのときご一緒した仲間たちのことや
リーダー養成のあの場のことは
今でもはっきり覚えています。

・・・思えば私も仲間たちも、みな若かったデス。
事例に出る子どもたちも、まだ小学生とか中学生でしたね~

そもそも少人数で集中3日間、グループ学習しますから
みんなとぉっても仲良しになります!
自分がリーダーをしない時にはしっかりメンバーになって
事例を出したりテキストを読んだりロールプレイを演じたり、
出来る限り助け合い盛りたて合うのです。

加えて今年、大きなJ先生は、
徹底的に、ポジティブな側面だけを言う!
という方針を貫かれました。

できているところ「だけ」を伝え合うことによって、
みなさん見違えるほど、この3日のうちに
(人によっては本当に1夜のうちに)
別人のように上手になられました(@@)
まるで魔法のように、ものすごいスピードで成長されたのです!

こんな現場を、東京と大阪、2コース16人全員について
目の前でしっかり見せていただいたのですから
もう信じないわけにはいきませぬ!!!


「いいところばっかり言っていたら子どもが調子に乗るんじゃないですか?
できていないところはちゃんと指摘しておかないと
ずっと、そのまんまじゃないですか?」
・・・なんてお母さん方に尋ねられたら、どう答えていましたか?

「適切なところに正の注目をして、不適切なところには注目しないでおきましょう」
でも、陰性感情をなくして伝え方の工夫をするなら、
「ここは気をつけた方がいいよ」って
ちゃんと伝えた方がいいと思っていませんでした?

だって今まで、私たちが受けてきた教育って
できないところを指摘され矯正されるのが当たり前でしたもん。

・・・でもね、できていないところをいくら指摘してもらっても、
それが自分のリソース(資源)になかったら、
どうしたって身にはつきません。
むしろ緊張して萎縮して、どんどん固くなってしまいます。

グループでお互い同士
できているところだけを指摘し合うと、
既にできているところがますます洗練されていきます。

また、他の仲間のできているところを言葉にすることで
できそうなものを自分に取り入れることができます。
「あんなふうにやらないでおこう」は難しいけれど
「あんなふうにしよう」は実行しやすいのです。

何より、こうした勇気づけのシャワーを浴び続けると
できていないところは不思議となくなっていくのです。
リラックスして、のびやかになって
その人のベストを、その人らしさを、発揮することができます。


これは、おそらくクラス会議と同じ構造。
大人ですらこれだけ変わるのですから、
子どもを育てるとき
できていないところを指摘する必要は、まったくないのですね!


最終日の試験のときの、
リーダーさんたちの笑顔といったら!
のびのびと、本当に見事なリーダーぶりでした!

何度かうるうるしてしまいました。
その場に充ちている共同体感覚を
ありありと感じて。

私自身が、はじめて共同体感覚というものを体験したのも
15年前のパセージ・リーダー養成講座でした。
そのあとICASSIとか、いろいろありましたけど

この感覚を体験することは、一生の宝です。

新しいリーダーさんたちは、これから
メンバーさんたちに対する姿勢でもって
この感覚を広げていってくださることでしょう。

ひとりひとりは小さな力ですが
ご一緒にアドラー心理学の系譜をつないでいきましょう。
[PR]
by prem_ayako | 2014-02-19 00:41 | psychology | Comments(4)

最後のお客さま

この前の日曜日はチベット語のグループレッスンでした。
神戸への引っ越しが決まったので
大阪の今の家での最後のレッスンとなりました。

思えば2年半前の秋
高野山で法王の金剛界曼荼羅灌頂をいただいた翌月に
初めて、このタンカ絵師の先生に
わが家に来ていただいたのでした。
小学校1年生みたいに、チベット語のいろはから始めたのでしたっけ。

タンカ絵師の先生は、このたびは赤ちゃん連れです♪

えっへん、うちには赤ちゃんのお布団セットがありますので(^^)
申し出て、前日の夕方からうちに来て泊まっていただくことにしました。

この家にお泊まりいただく、
最後のお客さまです。


全国的に大荒れの週末、極寒の中、
早い目に到着していただいて
先生お手製のダルスープと
私の作った簡単な野菜のおかずをいっしょに食べて
生後7ヶ月のAちゃんは
おっぱいをゴクゴクゴク。。。

お風呂に入れるのも少し手伝わせていただいて
いっぱい抱っこもして、
赤ちゃんの匂いをいっぱいかいで
久しぶりのしあわせでありました(^^)

こうすけがこんなふうにあんあん泣いていたのは、
ついこの間のことのはずなのだけど
もうずいぶん昔のような気がしますw


翌日は、さらにお友だちが2人来て
午前中は、観音菩薩の物語を、
午後はアングリマーラのお経を
4人でお勉強いたしました。

Aちゃんはなかなかお昼寝してくれないので
みんなで代わる代わる抱っこしました。
勉強してるんだか
子守してるんだか
雑談してるんだか
なにやってんだか
よくわからないチベット語強化レッスンでした。

途中、大きなJ先生が差し入れのタルトをもって
応援に来てくださいましたが
Aちゃんのご機嫌があまり芳しくなかったので、
早々に退散してしまわれました。

そしてタルトは、すべて私たちのお腹におさまりました(^o^)
(ごちそうさまでした!)


大阪のこの家は狭いですが、便利な場所なので
何度もグループレッスンに使ってもらいました。
レッスンの後、先生は
「あー、もうここには来ないんだわ。。。おうち、ありがとう」
と言ってくださいました。

それを聞いて急に実感がわきました。

そう、ヨランタとナラもここで夕食を食べてくれました。
イヴォンヌ先生とハインツさんも、いらっしゃいました。
娘がこうすけ出産のときに滞在したのも
息子が教育実習に通ったのも
このおうちでした。

私からも、おうち、ありがとう!
5年半でしたが
ずいぶんお世話になりました。


来週から実家の工事が始まります。
忙しくなるゾ~
[PR]
by prem_ayako | 2014-02-13 23:11 | friends | Comments(0)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako