アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Bon Voyage

今月の初旬、息子が
草津のあかりART展に、
昨年に引き続き後輩と2人で出品するというので
見に行ってきました。

これは草津の町中が金曜と土曜の2晩、
ロウソクの灯りにあふれるというイベントです。

そろそろ寒くなってきた時節柄、
日が暮れてから遠出するのは億劫だったのですが
がんばって初日の夜に行ってきました。

息子たちの展示は、「小汐井神社」とHPに書いてあります。
案内地図を見て、だいたいの見当をつけてJR草津駅から歩き出したのですが
案の定迷いました orz
でも迷ったおかげで、きれいなものを見ることができました。

b0253075_2143208.jpg

河川敷に1万灯のロウソクを並べて点灯してあるのだそうです。
準備やボランティアの方々、大変だったでしょうねえ!
きれい~!すばらしい~♪

それから人に聞きながら小汐井神社にたどり着いたのですけど
点灯時間を過ぎているのに息子たちの姿が見えません。
初めて行くお社で、暗い中、
裏の方まで回って見たけれど、閑散としています。

おっかしいなぁ~と電話をかけると
「ゴメン、今まだ車で向かっているところ。遅れてるねん」
というわけで
なんと、未だ搬入していないのでした(^^;)

仕方がないので駅前に戻って軽く夕食を食べて
しばらく時間をつぶしてから神社に戻ると、
今度は、何やら作業している若者の影が見えました。
ほんとに暗いので、うんと近くに寄ってみて
「あ」「あーありがとう」
と、無事に会うことができました(^^)

b0253075_21463956.jpgなんだかよくわからないけれど、
衣服を身に纏う時に感じる質感やあたたかみが「慈愛・微笑み」に通じるところがあると思い、使わなくなった衣服を行燈にした作品。誰かが使っていた布をもう一度蝋燭の灯によって静かに光らせることで、私たちの考える「慈愛」を演出します。
だそうです。
(きみ、わりといつも、私の本棚からヒントを得てないかい?)

「古着の供養?」
「まあそうやな」
「これぜんぶ縫ったの?」
「うん僕ら2人で。この2日、ほとんど寝てへん」
あらまあ。
そいでもって、借りたトラックの荷台に作品を積んで
ブルーシートを風でバタつかせながら走ってきたそうです。

「これってさ、最初に全体像が決まっているの?
 それとも、作りながら決まっていくものなの?」
「だいたいは決まってるよ。そんでも、いいかげんやな」

と言いながら、まだまだ制作途上のようで
大きな古着の行灯(小屋?)の周りに
古布とアルミ箔のロウソク受けを配置し、
地面にカンカンカンと打ち付けています。
相方のY君が「Mさん、ここ、もうちょい増やす方がよくないっすか?」
息子「あーもう釘ないわ。明日、買ってこようか」
「はーい」

そ、それほどまでに、いい加減なものなのですか。
存じませんでした(笑)

b0253075_2153667.jpg

ともあれ神殿の前の
たくさんのロウソクは幻想的でとても綺麗でした。


話は飛んで夏のカウンセラー養成講座のことです。
どんな事例の時だったか忘れたのですけど
大きなJ先生が関連してお話ししてくださったことがあります。

鎌倉時代、良遍(りょうへん)という学僧に、
あるときお母さんが
「あなたの学んでいる学問はどういうものなの?」と尋ねたのだそうです。
良遍はそれに応えて、
お母さんに読んでもらうために長い長いお手紙を書きました。
難解きわまりない唯識学を分かりやすく説明して。

それが「法相二巻抄(ほっそうにかんしょう)」で、
今も唯識の入門書としてまず読まれるものだそうです。

「あやこさんを見ているとね
あやこさんの息子さんは、現代アートをやっているんだけど、
なんせものが現代アートでしょ、
なんかこう、僕らから見てよくわからんものを造ってるわけです。
それを、どこかで展示すると聞くと、あちこち見に行ってるのね。
これって、子どもにとって、ものすごい勇気づけだと思う。
母親が、自分のやっていることに興味をもって来てくれるって。

良遍のお母さんも、昔の女の人ですからね、
特に教養があるわけじゃない。
いくら解りやすく書いてあったって、
きっとちんぷんかんぷんだったと思いますよ。
それでも息子の書いたものを、一生懸命読んだんでしょうね」

思いがけないことをみなさんの前で言っていただき、
私こそ、とてもとても勇気づけられたのでした(T_T)



草津ぐらいなら行きますが
息子はもう、母のテリトリーを完全に陵駕してしまいました。

先月は1人でニューヨークに行って美術館巡り。
MoMA(近代美術館)
グッゲンハイム、
メトロポリタン、
ホイットニー
ディア・ビーコン(現代美術館)
など、堪能したみたいだし

今日は今日とて、
1週間のインド旅行へと旅立っていきました。
ムンバイで、アーティスト・ワークショップに参加するのだそうです。

・・・なんといいますか、もう完全に
成鳥になって飛び立った感じです。

でも、私にできることは、
お餞別をあげたり、
無事を祈ること以外にもまだあると、勇気づけていただきました。
これからも、
息子のやっていることに興味をもって
喜んで話を聴きます!

Bon Voyage!
今度はインド土産を楽しみにしているわ♪

b0253075_22346100.jpg

[PR]
by prem_ayako | 2013-11-23 22:08 | family | Comments(3)

神代先生

昨夕、届いた喪中葉書で
神代尚芳(こうじろなおよし)先生が亡くなっておられたことを知りました。
享年67歳。

東北大理学部ご出身で、東京理科大大学院を自主退学し、
阪大医学部に入り直して内科医になられました。
最後は神戸市須磨区で病院長をしておられ、
200人以上もの末期癌患者さんたちの最期を診てこられました。

「社団法人コミュニティ・ネットワーク協会」を立ち上げられました。
私はこの前身の団体が神戸で活動していたころに
親しくさせていただいておりました。
・・・もうかれこれ16、7年前になります。

そのころのCNAは
神代先生といっしょに在宅の診療に駆け回る看護師さんたち、
ヘルパーさんたち(その頃はまだケアマネジャー制度はありませんでした)
福祉系の専門学校の先生、
高名な臨床心理の先生方(ユング派やロジャーズ派!)
緩和ケア病棟のお医者さん、
終末期医療に関わっているお坊さん、
チベット仏教の僧侶(!!)
神道にくわしい学者さん、
果ては葬儀屋さん
などなど、多彩な人々の集まってくる場所でした。

うちの息子が小学校にあがる頃だったか、たまたま
図書館で『自分らしく死にたい』という本を読んで興味をもったのが
神代先生との出会いでした。
先生が神戸市内で活動しておられることを知り、思い切って
連絡先の「完成期医療福祉を考える会」というところに電話をしたのでした。

その団体の主催する小さな講座に通うなどしているうちに
彼らの活動に関わるようになりました。
神戸でヘルパー養成講座(2級)を開催する際に、
スタッフとしてお手伝いを始めて、翌年には大阪でも開催。
たくさんの刺激的な方たちとお知り合いになって
仕事のあと飲みに行ったり(私は飲まないのだけど、酒豪が多かった)
いっしょに旅行に行ったこともありました。


先生が診ておられた末期癌のおばあさんのお宅へ
ついて行かせていただいたことがあります。
いちどご一緒させていただいて1週間ほどした朝、
突然、先生から電話がありました。
ーこないだのおばあさんが今日あたりみたいや。
今からわし行くんやが、君も来るか?ー

ちょうど夏休みで
子ども達に半日留守番を頼んで、急いで行きました。

初めて私は、そこで人の死ぬ瞬間を見ました。
最後の息。。。
そのあと看護師さんのお手伝いをして
お身体を拭き、お着替えをさせていただき
お布団をきれいに敷いて、ご遺体に休んでいただきました。


はじめて本物のチベット仏教徒に会ったのも、
神代先生のネットワークのおかげでした。
大谷大学に来ていたチベット僧の方が1時間ほどお話されたのですが、
通訳がよくわからず、内容も覚えていません。

ただ、そのあとみんなでインド料理屋さんへ行って
英語もお話しされることがわかったので
駅までの帰り道、歩きながら英語で話しかけました。
「私はダライ・ラマさんが大好きです」とかなんとか(^^;)
喜ばれて、いらっしゃい、私はダラムサラにおりますから!
と言ってくださいました。

今はどうしておられるんでしょうね。
お偉いゲシェー(仏教博士)になっておられるかも。
あの頃、私は何も知りませんでしたが。。。


ユング派の精神科のお医者さんや
ロジャーズ派の臨床心理の先生にもよくお会いしたのですが、
どうもなんだか、違和感を感じていました。
その数年前にアドラー心理学を学んでスマイル・リーダーまで取っていたので
こういうとき、いったいアドラーではどういうふうに考えるだろう?
と、いっぱい?マークが出たのです。
おかげで、またアドラー心理学の学びに戻るきっかけになったのでした。


そう言えば、今行っているクリニックの院長・中川晶先生にも
神代先生のところでお目にかかったのでした。
まだお父さまの中川米造先生がご存命中で
お父さまの講義に付き添って来ておられたのです。
不思議ですねえ。。。
その頃は、まさか自分が心理士として働かせてもらうようになるとは・・・
思ってもいないどころか
その芽すらなかったのに。

こうして書きだしてみると
神代先生との出会いによって、吸収したさまざまのことが
現在の私につながっているのだなと、強く思います。


カリスマのある人のまわりには
さまざまな人間が集まってきます。
やはりおきまりの内紛のようなものが起こり
なんとなく私の足も遠のいてきていた頃

体制を建て直そうとするミーティングに出て
その後久しぶりにみんなで居酒屋さんにも寄って
それでもなんとなく白けた感じの帰り道。

終電近いJR神戸線の中で、隣に座った神代先生から
「次の教育担当、わしは、君にと思っとるんやが」と言われたことがあります。
理由はよく覚えていないのですが、お断りしました。
なんだか、しんどくなっていたのだと思います。


その後も神戸に住んでいた頃は、
先生の講演をのぞきに行ったり
お尋ねしたいことがあったらお手紙を出したりしていました。
質問には、いつも親身に
独特の書体で、ざっくばらんにお返事をくださいました。
たまにお会いするといつも「おお」と、相手になってくださいました。

私の大切な方を
先生の病院にお願いしたこともあります。
その方も、残念ながら亡くなってしまわれました。

大阪に引っ越してからは、
もうほとんど年賀状でご挨拶するだけになっていました。
・・・でも今年はそういえば、
お年賀状のお返事をいただいていませんでした。

昨年5月に末期の肺癌が見つかり
今年3月に脳に転移し、
5月17日に亡くなられたそうです。

最後まで、信念に従って延命治療をさせず、
したがって検査も受けず
倒れても救急車を呼ばせず
自宅で、奥様と娘さんに看取られて亡くなったということです。

b0253075_22592256.jpgちっとも存じ上げず
告別式にも参りませんでしたが
そんなことはどうでもいいような気がします。

先生は菩薩さまのように
有縁の衆生である私を導いてくださいました。
ありがとうございました。
どうぞまた人としてお戻りになり
衆生を救うお仕事の続きをなさってください。
[PR]
by prem_ayako | 2013-11-14 23:06 | others | Comments(2)

おかゆメーカー

某所から「おかゆメーカー」なるものが回ってきました。
電気でおかゆが作れるというすぐれもの(のはず)。
ほんとにいらないんですか?
じゃぁ、というわけで、ありがたく頂戴してきました。

タイマーで翌朝のおかゆをセットして
楽しみにして寝ました♪

炊きあがりましたよ!!!の大きな音で目が醒めました。
(狭い家なので寝室と台所が直結なのです・・・)

あっつあつのおかゆが出来上がっていました。

ふうむ。しかしこれは。

たしかに、奈良のお茶がゆ文化圏の方には、向いていないかもしれません。

美味しいんですよ。
けれど、お米がつぶれちゃっているんです。

お茶がゆは、さらっと仕上げるのがコツだと聞いています。
奈良で本式のお茶がゆをいただいたときは、
かなりしゃぶしゃぶで、さらさらでした。
(どちらかというと、お茶たっぷりのお茶漬け状態に近い感じ)

私が作って食べるのは「なんちゃってお茶がゆ」ですから
とてもそんなにうまく炊き上がりませんが
それでも、できるだけ粘りが出ないようにしています。

おかゆメーカーは、
お米とお水を内釜に入れて、
内釜と外釜との間にも少量のお水を入れて
強烈な湯煎状態で、1時間ほども炊くという仕組みです。
これだと絶対に焦げつきません。
ものすごいアイデアだと思います。

とろとろのおかゆが好きな人にはオススメなんだけど
(うちの母などはそういうおかゆが好みです)
さらりとした
お米つぶの立ったおかゆを好む人には、
許せないだろうなあ。。。


で、私の好みとしても
微妙・・・
白がゆならいいけど、
「とろとろのお茶がゆ」って、ちょっとキビシイです。

しかも、いつも土鍋で20分で炊きあげているものを
1時間も電気を使って炊くのも、なんだかなあ。。。


ところが、この製品はすばらしいことに
「玄米がゆ」も炊けるのでした!

前から玄米がゆを食べてみたかったのですが
調べると、前もって玄米を煎ってから炊くなどと書いてあって
けっこう面倒くさそうなのでためらっていました。

それが、つけ置きもせずに炊けると書いてあります。
ほんまかなあ?
ほんまでした。
なんと、2時間も湯煎しています!

そして出来上がった玄米がゆは・・・(^o^)

お米はやっぱりつぶれています。
だけど玄米はお水を吸わないので、
わりとしゃぼしゃぼの状態で
しかも、しっかりと歯ごたえが残っています。

そしてスープ(?)の部分に、玄米のエキスが溶け出していて
ものすごぉくおいしいのです!
これはいける、いける♪


今は、1回で食べきれるちょうどよい量を試行錯誤しています。
玄米大さじ2杯ぐらいかな、というところ。

b0253075_23174586.jpg朝お粥を食べると、とても身体が温まりますから
これからの季節ちょうどいいです。
しばらく、白がゆやお茶がゆは土鍋で、
玄米がゆはこの子で、
炊いて楽しみたいと思います。

出来上がりのピーピー音だけ、なんとか小さくなればいいんだけど(^^;)
[PR]
by prem_ayako | 2013-11-04 00:08 | others | Comments(0)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako