アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。

<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

真夜中の宴

総会のあと、娘とこうすけはそのまま我が家に来て
3日ほど滞在しました。
京都旅行も楽しかったですが
うちで過ごす時間も楽しかったです。

娘たち滞在中のある夜、息子も泊まりに来ました。
バイトのあと、なんと午後12時頃やってきました。
そんな真夜中の時間から、息子は
ご飯3杯と、残っていたおかずを全部平らげました。

「アドラーの学会でこんなこと話したんだよ」と
娘がシンポジウムの発表原稿を出してきて息子に見せました。
「ゆうやもちょっとだけ登場しているよ♪」
「最後のいちばんおいしいところでね(^^)」


読み終えた息子、感動して、
「・・・僕、めっちゃええ子やん!ええ話やなあ~!」
ですって。

娘「そうでしょ!このエピソード『全米が泣きました』状態やったよ」
息子「そやろなあ。めっちゃええ話やなあ~」

・・・君たち、そこまで言いますか(笑)
客席の方たちがうるうるしたのは、娘自身が泣いてたからでしょーが(^^;)

しかし娘が、娘と私との関係をまとめた原稿を読んだことは、
思いがけなく、
息子が、息子と私との関係を考えるきっかけにもなったようです。
話ははずんで、午前2時すぎまで食卓でお喋りが続きました。

「お姉ちゃんは、高校1年で理系進学を決めたときに、
はじめて自分のことを自分で決めていいって分かったって書いてるけど
それは、ちょっとびっくりやな。
だって僕は違うかったもん。
僕は、もっとずっと前から、自分で決めていいって知ってたで」

そうして、彼もエピソードを思い出しました。

「何年生かわからんけど、小学校の低学年やったと思う。
テストでめちゃ悪い点とって、あー怒られるwと思って帰ってきてん。
そいでどうしよう~と思いながら、その悪い点をお母さんに見せて、
お母さんどう言うかなと思ってたら、
『いいのよ、いいのよ』って言うてん。
『いいのよ、ゆうや、いいのよ♪』って言うて
いいのよ踊りをしてん。
僕小さかったから、僕の手を持って
『いいのよ~いいのよ~』って振って、いっしょに踊ってん」

私「ええ~!?(全く覚えていない)」
娘「ええ~!誰それ(爆)」

「そのとき僕、ああこの人は点数で怒らないんやって思ってん」

我が事ながら・・・
私はすっかり忘れていたので感動してしまいました。

こういうことを、子どもは覚えているのですね(*^_^*)


息子は姉の発表原稿がいたく気に入ったようで
何度も読み返し、
結局、原稿をもらって帰っていました。

息子、24歳。
娘、28歳。

アドラー心理学をやってきて
本当によかったと思います。

ただ、彼らにつきあっていると、寝不足になりますねぇ(^^;)
[PR]
by prem_ayako | 2013-10-28 20:13 | psychology | Comments(3)

総会弐日目

今回の総会は私自身の発表が済んだら、あとは
娘のサポート隊に徹すると決めていました。

なので、こんなにも、
プログラムをおさぼりした総会は初めてです~(>_<)

でもね、家族といっしょにアドラーの総会に参加するなんて
数年前には考えもしなかったことです。
この貴重さを思うと、自分の知識欲なんて何ほどのことがありましょう!
そう思いませんか?
まぁ少し義理を欠いてしまいましたけど・・・
他のプログラムの関係者の方々、スミマセンm(_ _)m

2日目の計画としては、
午前中は外出して、思い切りこうすけを遊ばせて疲れさせ、
午後からの娘のシンポの間、おとなしくしてもらおうとの魂胆でした。
が、あいにくの雨模様。
娘も前日のあれこれで疲れていたし、
お部屋で3人、だらだら過ごすことにしました。

だから朝ご飯も、みなさんと時間をずらせて
9時ごろからゆっくりと食べに降りました。
子ども椅子をお借りして、
ゆっくりたっぷりバイキングをいただきました。
(おばんざい、美味しかったですね♪)

昼ごろに雨がやんだので
3人でおててつないでお散歩に出かけました。
チョコレート専門店や和紙のお店をひやかし
ハチミツ屋さんや洋服屋さんをのぞきました。
こうすけは、子供服屋さんの前にディスプレイされていた
小さな赤い飛行機!!に釘付けでした。
(でも、乗ってはいけませんって書いてあるんですよ・・・むごいですね)
愉しいひとときでした♪

適当な時刻になったので会場に入り
一番後ろの席に陣取って、
こうすけにお絵かきの紙とクーピーを渡してスタンバイ。

いよいよ娘たちのシンポジウム
「子どもから見たアドラー心理学を使う親、学ぶ親」が始まりました。

b0253075_18104353.jpg昨今のアドラー心理学会では
通常どのプログラムでも
壇上に上がるのは
ある程度年齢のいった
おじさん・おばさんですよね。

こんなふうに若い女子が3人並ぶなんて、
それだけで十分アピーリングな気がします。。。

もちろんお話の内容もアピーリングでしたヨ。
私が事前に読んで感動したのと同じように、
聴衆のみなさんも、しっかり彼女たちの話を受け止めてくださったようでした。

3人のシンポジストがお話をしている間、
こうすけはずっといい子で待っていてくれました!
お絵かきセットだけでなく、
滋賀のYさんのくださった折り紙や
まわりの席のみなさんが、やさしく相手をしてくださったおかげです♪
どうもありがとうございました!


夕方からの懇親会でも
ひたすら無言で
サツマイモのサラダとサケのムニエルを食べ続けるこうすけ(^_^)
みなさんに「イケメン」だと可愛がっていただき、
ほんとうに楽しく過ごすことができました。

8時頃、早々に失礼してお部屋に戻り、
娘も私もようやくリラックスして爆睡することができました。
[PR]
by prem_ayako | 2013-10-27 18:17 | psychology | Comments(3)

総会壱日目

そんなこんなで
毎晩娘たちのCCメールに感動したりお喋りしたりしていて
なかなか自分のシンポジウムの準備は進みませんでした。

加えて、いつものルーティーンのお仕事に
練成講座もあり
風邪を引いて寝込んだ日もあり

そして忘れちゃいけない、想定外の
J先生のお母さまのお引っ越しもありました。
(もちろん一番大変だったのは先生ご自身なのですが
 先生が殺人的にお忙しくなると
 必然的に私もひどく忙しくなるのであります)

そして迎えた総会当日。

1日目のプログラム「医師と心理士の連携Ⅱ」については、
申し上げたようにかなりのドロナワでしたが、
自分なりに納得のいく結論を得たと思っております。
総会前日に作ったこの図には、われながら満足しております(^^)

b0253075_17534272.jpg


ライフスタイル分析をドロップアウトする患者さんと
ライフスタイル分析が奏功する患者さんについての考察ですが
データを睨んで考えに考えに考えて(といっても正味1時間ほど?)
アドラー心理学用語を使って整理することができました。

今までのケースについてはこの図のような構造が見出せたのですが、
今後のケースについても実際にこの通りに進むかどうか
これから臨床で検証していきたいと思っています。

まーオタクな話で
会場のみなさんがどれだけ興味をもたれたかは分かりません。
私としては、
アドラー心理学は面白い!
ライフスタイル分析は面白い!
臨床の現場は面白い!
と、思っていただけたなら嬉しいです。

娘とこうすけは、鳥取から直接京都の会場にやって来て、
できる限り私の発表を聞いてくれました。
こうすけは、会場の机でお絵かきをしながら
たまに壇上の私に、小さな手を振ってくれました(^_^)


さて1日目のシンポジウムが終わって私の方は一安心。
次は娘たちが2日目のシンポに向けて、夜遅くまで打ち合わせです。

私はその間、こうすけのおもりをしてサポートしました。
久しぶりに会ったこうすけは、布団を敷いた和室で大興奮(^^)
普段ならとっくに寝ている時間なのに
電気を消しても寝る気配なく
きゃぁきゃぁ笑って遊び回り、走り回り、
京都の夜は更けてゆくのでありました・・・
[PR]
by prem_ayako | 2013-10-27 17:56 | psychology | Comments(2)
そういうわけで、
私はこのシンポジウムの当日の司会をしなくてもよくなりました。
ありがたいですw
2日続けて前に出ると、お洋服に困りますもん(← そこか)

シンポジストたちのCCメールでの打ち合わせ・話し合いは
発案者のTさんがぐんぐん進めてくださったので
相談役として私が出ることも、ほとんどなかったです。

3人のシンポジストたちがしだいに仲良くなって
お互いに勇気づけの言葉をかけあう姿や
3人のシンポジストの母たちがそれぞれ、失敗しながらも、
一生懸命アドラー心理学を学び実践している姿を
CCメールから知ることができて、何度もうるうるしました。

なにせ子どもたちは記憶力がよいですから(^^;)
顔から火の出そうな鬼ママ時代のエピソードも書いてくれますし
冷静に鋭く親の欺瞞を見抜く痛い話も出してくれます。
逆に、こちらがすっかり忘れているのに、
子どもは勇気づけられたというエピソードも
3人3様に語ってくれました。

私たち母親がやってきたアドラーの子育ては
決して決して完璧でなかったのですけれど、
子どもたちは、寛容に、
私たちの不完全さを許してくれていることが分かりました。

そしていつの間にか親を越え
親の成長を喜び
親を勇気づけようとしてくれているのでした。

これを、自立というのかもしれません。。。

どうやら彼女たちは、アドラー心理学を母語として
それとは知らずに身につけていて、
私が、自分の親との関係でまだ乗り越えていないかもしれない部分をすら
軽々と飛び越えているようでした。


娘とは、個人的に、スカイプでも電話でもメールでも、
総会までの1ヶ月間、たくさんたくさん話をしました。

あんなことがあったよね
こんなこともあったよね
あのときは私はこんなふうに感じてたんだよ
それはこんなふうに考えてしたことだったんだよ

などなど、お互いの立場を理解し、
お互いの思い込みに気がつき、
お互いのライフスタイルに触れるような
深いレベルの話をたくさんすることができました。

具体的なエピソードについて、
あの場でいったい母親がどう言えば、どう動けば、
小さな女の子は納得し、お母さんは仲間だ・私には能力があると
感じることができたのだろう?
などと、代替案を考えたりもしました。

私が離婚をしたために
娘も息子も、人より早くに親から離れ、
早くに大人にならざるをえなかったのですが・・・
このシンポジウムの機会を得て、娘も私も、
お互いの関係を整理することができたのがありがたかったです。

私も未熟だったし
娘も未熟だった。
でも私たちは、いつも一生懸命生きてきたし
いつもお互いをとても大切に思っていた。

・・・知っていたことでしたけど
あらためて、それをわかり合うことができました。
[PR]
by prem_ayako | 2013-10-27 17:29 | psychology | Comments(2)

シンポジスト

函館のアドレリアンTさんから
「子どもから見たアドラー心理学を使う親、学ぶ親」というシンポジウムの
相談役および当日の司会進行をしてもらえないだろうか
というメールをいただいたのは、
8月のカウンセラー養成講座の真っ最中でした。

アドラー育児で成人した子どもたち(アドレリアン2世)の姿を見ていただいて
今子育て中の、先の見えないお母さん方を勇気づけたい
という趣旨で企画されたものでした。

Tさんの娘さんと滋賀のYさんの娘さんと
おふたりのシンポジストは既に決まっておりました。
あとせめて1人はどなたかに出ていただきたいのだけれど
当初お願いしていた方がお断りになられた、という状況でした。

相談役としてのお役目は、
シンポジウムがアドラー心理学から外れないように軌道修正するということで、
それなら微力ながら私にも出来ることかもしれないと思いました。

司会進行についても、
私が1日目のシンポに出ることを承知の上で依頼してこられたのですから
(よっぽど)他に人がいないのでしょう・・・と思いましたので
まぁなんとかなるだろうと、お引き受けすることにしました。

Tさんとの間で、大きな枠組みはすぐに決まりました。
・子どもの側からの話を中心にしよう
・アドラーを学ぶ親にしてもらった良いことだけでなく、
 嫌なこと、迷惑だったこと、むかついたことなども赤裸々に語ってもらおう
・それでもヨコの関係が築かれていることを伝えよう
というような感じです。

親の側の実践報告は、総会でも地方会でも何度もあります。
が、若いアドレリアン2世がシンポジストとして並ぶ
という企画は、第30回総会だからこそ出来ることです。
そう思うと、とても意義のあることだと思い、ワクワクしました。


すぐに、3人目のシンポジスト探しを開始しました。
私の思う最有力候補だった大阪の故Eさんの息子さんは
残念ながらその日はご都合がつかないということで、断られてしまいました。

他にも、この方のお子さんなら!と思う方々に次々お声をかけました。
ほとんどの子どもさんは「時間さえ合えば」「いい経験になるかも」などと
前向きに考えてくださいましたが
結局は部活やお仕事などの関係でお引き受けいただけませんでした。

ただ、この子どもさん方が
お母さんとよい関係にあることは、よ~く分かりました。
お母さんを仲間だと思っていなかったら
学会に出てもいいかな~なんて、一瞬でも考えてはくれませんよね。
みなさんのご家庭で、確かにアドラー育児は成功しているようです♪
シンポジストさえ決まれば、必ずこの企画は成功する!と思いました。


・・・しかし、なかなか引き受けてくださる方が現れないので
ちょっと切羽詰まってきて
シンガポールに行っている間も、方々へ打診しました。
この時期は10月の公開カウンセリングのクライエントもまだ決まっておらず
昼間は阿弥陀仏真言を唱えてうっとりと暮らし、
夜はあちこちへメールを送る、
という生活でした(^^;)

わりとしつこく、3人目は「男のシンポジストさん」と漠然と考えていたのです。
あとのおふたりがお嬢さんなので、ヴィジュアル的には男子だろう!と。

ですが9月に入って帰国しても、あまりに全滅なので
万事休す!
根本的に考え直さないといけなくなり・・・

大きなJ先生にご相談すると、ひとこと
「それはあなたの娘に頼むしかないですね」と。
えええっまじですか?!
「はい。本気でそれがいいと思っているんですよ」

うむむ。。
娘は「こうすけさえ見ててくれるんだったらやってもいいよ~」と
(半ば冗談で?)言ってくれました・・・

あらためてTさんにご相談すると
「私がおもりします!」とまで言ってくださいました(^^;)
いえいえ、そんな。裏方仕事は私がいたします。

娘に言うと「え!ほんまにするん?」みたいな反応でしたが
お婿さんもOKしてくれたので
こうすけのおもりを私がし、
司会はTさんの旦那さんにお願いすることになりました。

こうして、ようやく3人目のシンポジストが決まったのは
もう9月も2週目に入っていました。
しかもうちの娘が前に出るという、予想外の展開・・・
はて、どうなることやら。

総会まであと1ヶ月です。
[PR]
by prem_ayako | 2013-10-27 00:50 | psychology | Comments(0)

気がつけばなんと

1ヶ月以上もブログを更新していませんでした。
ここしばらく忙しかったせいもありますが
(忙しいのはいつだって忙しいので)
なんとなく余裕がなかったのだなぁと思います。

いろんなことがありました。
さて何から書こうかな~(^^)

なぜかこのブログはアドラー心理学とチベット仏教に特化しておりますが
ご安心ください!
この1ヶ月ほどは、ほぼアドラー心理学がらみの話です。

余裕がなかったのは、やっぱり総会があったからだと思います。
10月18日から20日にかけて
京都で行われた第30回日本アドラー心理学会総会。。。

まず、1日目のシンポジウム「医師と心理士の連携Ⅱ」については
6月頃からお話をいただいていました。

1昨年岡山総会で行った発表の続編なので
何をすればいいのか、自分のお役目が分かっていましたし
どの症例を出させていただくかもすぐに決まりましたし

私の目処としては
夏の間に症例をまとめて他のシンポジストの先生方にお送りし
(ここまでは予定通りでした・・・)
秋になったら先生方と意見交換をしながら
それぞれ自分の担当分のスライドを作って
最後に4人のスライドをまとめて考察をつける。。。
楽勝じゃん♪と思っていました。

が、諸事情ありまして・・・
(今年はなかなか秋にならなかったせいかしら~)
スライドが出来上がったのが総会の前々日。
後半の考察部分は前日!
というドロナワ状態でした(爆)

まぁ私どもの度胸・・・といいますか厚顔無恥?
および直前の集中能力の高さのおかげで(笑)
とてもドロナワとは思えない仕上がりだったみたいで
これはこれでなんとかなったのですが(^o^;)

実は今年、もうひとつ別のシンポジウムにも
深く関わっておりました。
まぁそのあたりのことについて
ぼちぼち書いていこうと思います。
[PR]
by prem_ayako | 2013-10-26 23:10 | psychology | Comments(0)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako