アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ソ・ソル

(チベット語で「それぞれに」ということを「ソ・ソル」と言います)

おひげリンポチェの「般若心経」の続きを聴きに
土曜日、再び東京へ行きました。

このたびは、台風一過で
大師堂は風が吹き抜けて、とても爽やかでした。

ICレコーダに録音したものを聴き直すと
鳥の啼く声や、風がマイクを叩く音が入っていて
風情があります。

般若心経のご講義は、午前午後2時間ずつを使って無事に終わりましたが
講義の後の質疑の時間に
私にとって、たぶん一生忘れられない学びがありました。


ある女性が質問しました。
たぶん台湾から来られた方だと思います。
自分の手提げにお仏像などを入れて置いていたら、
昼休みに、その手提げをまたいで行った人がいる。
これはすごく罪なことだと聞いている。
自分はどうすればいいでしょう?
また、またいだその人はどうすればいいでしょう?

リンポチェのお答えは、
「今日教えた般若心経をよく読んで理解しなさい」でした。

女性は「でも気持ちが悪くて」と言って、
リンポチェの前に手提げ袋を持って出ようとしました。
お浄めか何かをしてもらおうと思ったのかもしれません。

リンポチェは続けて説かれました。
「あなたは仏像が穢れた、気持ちが悪いと言うが、
全てのものには実体がない。従って汚れるということもない。
あなたの心は、空性である虚空の手前に置いたガラスのようなもので
そこに汚れがついたと思いこんでいるだけだ。
仏の力を信じなさい。経典を読んで理解しなさい。」

お言葉の途中で女性はハッと気がついて
笑顔になって手を合わせました。

(ああ、おひげリンポチェは素敵です。
 仏像をまたぐなんてけしからん!真言を唱えて浄めなさい!
 なんてことはおっしゃいません!)

私はこの時まで、「般若心経」に書かれていることは
どこか遠いところのお話みたいに思っていて、
自分の身にひきつけて考えていなかったことに気がつきました。

ここに書かれていることは
そのまま現実(真実?)であって
それをリンポチェは体得しておられる。。。

座学が、一瞬で実践と結びついた気がして
くらくらしました。



知的な初老の男性が、いろいろと難しい質問をしていました。
リンポチェは、「それはいい質問だ」と
嬉しそうにお答えになっておられました。

なにやら、
ナーガルジュナ(龍樹)がどうとか
仏陀釈迦牟尼がどうとか、という質問で
私にはほとんど理解できなかったのですが・・・

ところが、リンポチェがチベット語でお答えになるのを聴いていると、
まだ通訳の方が日本語に訳してくださる前に
不思議なことが起こりました。

私は、突然、手を合わせたくなって
身体がかっと熱くなって
涙が出そうになったのです。

それは、その質問に対するお答えの間、続きました。
(チベット語ー日本語の通訳は、ふつう一文一文訳しません。
 区切りがつくまでチベット語のお話が続いて
 それからまとめて日本語に訳されます。
 法王のお話など、長いときは10分ほどもチベット語が続くことがあります)

私は、突然の自分の変化が不思議でした。
あぁ私は今、とても感動しているな、と思いました。
背中も熱いし顔まで熱くなってきたし・・・

一体私は何に感動しているのだろう?
リンポチェのご様子が特に熱心だから?
リンポチェのお話が素晴らしいから?
でも、今のこのお言葉の意味は、まだ全く分かっていないのに?

リンポチェが言葉を切られると、
通訳の方が、日本語に訳してくださいました。
それは、仏陀(サンギェー)と信仰心(デーパ)についての
とても、とても、美しいたとえ話でした。

私にとっては、この2回の東京行きで
もっとも身にしみるお話でした。

それで私は、言葉を介さずに
このお話の大切さを理解したことが分かりました。
お話の内容ではなく、
お話の本質が、ダイレクトに伝わっていたのです。


仏陀は、百人の衆生に異なる質問をされても
一言お答えになるだけで
その場の全ての人に答えを与えることができたといいます。

また仏陀のお言葉は、それぞれの衆生の耳に
それぞれの地方の言葉で聞こえ
理解することができたといいます。

実際、あるチベットの高僧のお説法を
ラサ語とアムド語のふたりの弟子が
同時に聞いて理解することができたと、
その場にいた人から聞いたことがあります。


おひげリンポチェも私に、
言葉を越えて
教えをくださったのだと思います。


振り返ると、どのような質問者のどのような質問に対しても
おひげリンポチェはひとつひとつ丁寧に
それぞれの理解に合わせてお答えになっておられました。

実際的な質問には、実践の方法を与え、
知的な質問には、博学な知識を与え、

リンポチェのお答えは質問者に対してだけでなく、
あの場にいた参加者みなに対して
まったく個人的に、
それぞれに必要なものを伝えていたのでしょう!

ひょっとしたら、これが空性ということかもしれません。
同じ体験をしているように表面的には見えているけれど、
みなそれぞれが違うことを体験しています。
縁起によって・・・。

現実って何でしょう?
見えているものは全て、人によって違います。
誰もが一生懸命、自分の認識の中で目標を追求しています。
「ソ・ソル」
それぞれに・・・

私はこれからもう少し、やさしくなれるかもしれません。
[PR]
by prem_ayako | 2013-06-25 00:56 | tibet | Comments(2)

脱・方向音痴

実は私、知る人ぞ知る、ものすごい方向音痴です。

うん十年生きてきて今さらなんですが、
なにせ趣味も特殊ですし、
ひとりでウロウロせざるをえないことが
近頃とみに増えて参りましたゆえ、
これはなんとかしなければねえ
と思うようになりました。

それで、少しずつですが
ひとりでお外へ(笑)行くようにしています。

ぽつりぽつりと成功体験も起こるようになってきましたので
こういうときこそ、自己勇気づけをしなくては!

というわけで、
まずは京都でのお話。

京都アドラーグループさん主催の催し物は、先々週でした。
その日曜日まで京都市美術館で「リヒテンシュタイン」展をやっていたので
土曜日は、美術展に
日曜日は、アドラーの公開カウンセリングに、行くことにしました。

美術館へは、阪急河原町駅からバスで行きました。
土曜の昼の京都・・・特に河原町はものすご~い人で
お客が団子になってバス待ちをしている状態だったのですが
がんばって正しい系統のバスを選び(これはかなり難しい作業でした)
迷わず目的地に着きました(これはたいへん珍しい出来事です)。

ルーベンスやヴァン・ダイクで目の保養をしたあと
その日のホテルまでどうやったらたどり着けるのか
美術館のベンチに座って地図をながめ、
じっくり考えました(これは私にしては、たいへん珍しい行動です)。

そして、どうやらタクシーを使わなくても
10分ほど歩いて駅に出て、そこから地下鉄を使えばよいことがわかりました。
地図によると、まず南へ、それから西へと歩きます。

京都の碁盤の目のような道は
どこも同じに見えて、私はずっと苦手だったのですけれど
今回、通りの「名前」をチェックしながら歩いてみたら
すごく便利で、迷いようがなかったです。
今まで何をしていたんだろう、私・・・
視覚に頼りすぎて、聴覚情報をないがしろにしていたのかもしれません~

地下鉄に乗って降りて、
それからホテルまでも迷うことなく、
なんだか、ものすごぉく自信をつけました(^_^)

自信をつけた私は、ホテルで少し休憩してから、
ぶらぶらとアドラーの会場まで歩いて行ってみることにしました。
地図にあるとおりに、六角通(東西)を東へ向かって
西から順に東洞院通、高倉通、堺町通を越えると
ちゃんと柳馬場通沿いに、会場がありました。

おお~すごい!地図のとおりです!(当たり前)
やっぱり今まで、名称の確認を怠っていたみたい。
(今頃知るか。。。)


そして先週は東京です!
こっちはもっと難易度高かったけど、がんばってきました!

まず、大阪難波の夜行バス集合場所(アヤシイ雑居ビルの中)まで、
夜の10時に行かなければなりません。
品行方正なおばさんとしては、これだけでもドキドキです。
難波の出口番号を書いたメモを握りしめ、
人通り少ない地下道を通り抜けて、
なんとか成功。

一晩バスの中で過ごし、起きたら新宿西口付近です。
(右も左も分かりませ~ん!)
お化粧のできる「ラウンジ」を使いたい者は
バスのお兄さんの後について、
またまたアヤシイ、とある雑居ビルに案内してもらうのです。
お兄さんを見失っては一巻の終わりなので、必死についていきましたとも。

身支度を済ませ、ロビーの椅子に座って落ち着いて
新宿駅までの道筋と、そこからの乗り換えを確認しました。
(経験から学んでいます)

いや、5分ほどの道なんですけどね、
ここで油断すると、ビルから出たとたんに方向を見失って、
駅と正反対にどんどん歩いていってしまうとか、
そういう信じられない事態が、私には多分に起こり得るのです。

たぶん体の中に方位磁石がないのでしょーね。
自慢じゃありませんが、容易に逆方向に進むことができますの。

しかし今回も、地図の指示通りに歩くと、
ちゃぁんと新宿駅が見えてきました(すごいぞ私)。

最後の試練は、電車の乗り換えです。

護国寺に9時半に着かなければならないので
迷っている時間はあまりありません。
新宿から護国寺まで、いろんなルートがあるけれど、
まずJR・中央総武線、それから飯田橋で東京メトロに乗り換えるという
最もわかりやすそうなルートに決めて来ていました。

事前の下調べが大事ということも、だんだん学んできたのです~
(今までどんだけ行き当たりばったりだったわけ?・・・)

ちょっと問題ありだったのは、飯田橋でした。
・・・ここでの乗り換えの道が異様に長かったデス。。。
こんなもんなんでしょうか・・・?
それとも私は、ひょっとしたら間違った出口から回ってしまったのか?

真相は未だに分かりませんが、
まあ、遠回りしても、迷うよりはましです。
なんとか乗り換えにも成功して
ちゃんと目的地の護国寺に着きました!

実はかなり、ぜえぜえぜえ。。。(^^;)


帰りも全く迷うことなく
しかも、ちゃんとJR飯田橋のみどりの窓口で新幹線の座席を取って
(こうすると飯田橋ー東京間の切符代がいらない)
普通にお利口に動いておりましたが
なんだかずぅっと緊張していたみたいで

新幹線が京都に近づいたあたりから、
ようやくアウェー感が消えて体がゆるみ始めました。
ふぅ・・・やったゾ!

要するに、
事前に下調べして情報を持っておくこと
自分の勘よりも情報を信じて動くこと
面倒でも立ち止まって確認すること
これらに留意しておれば、大きな間違いは起こらないみたいデスね。
あ、ご存知でしたか
これは共通感覚でしたか
失礼しました(^^;)
[PR]
by prem_ayako | 2013-06-20 00:12 | travel | Comments(4)

おひげリンポチェ

ディクン・カギュ派の高僧による般若心経の教えと灌頂を受けに
東京へ行ってきました。
えぇと、1泊1日(車中泊)っていうんでしょうか?
行きは大阪難波発午後10時10分の高速バス、
帰りは東京発午後6時の新幹線でした。

この年になって夜行バスwww
と思わんでもなかったですが、案外、眠れました。
熟睡というわけにはいかなかったですが。
これはひとえに、低反発シートのおかげです。
情報をくださったEさん、ありがとう~(^_^)

こたえたのは、むしろ東京の暑さでした。
冷房対策の方をして行ったのですが、
由緒ある畳敷きの会場には冷房がなかったのです orz

特に午前の灌頂の間は100人以上がすし詰め状態で
2時間、膝をちょっと動かすことすらできず、
気が遠くなりそうでした・・・
日本国内、大阪ほど暑い街はないので、東京をなめておりましたわ。

会場は護国寺の大師堂で、
ダライ・ラマ法王が震災後の四十九日法要を執り行ってくださった所です。
東京のチベット関係者たちのメッカのひとつなのであろうと
私は勝手に思っています。
リンポチェも、この大師堂で般若心経を説くことを喜んでおられました。

そのリンポチェ、
ラムキェン・ギャルポ・リンポチェとおっしゃいます。

b0253075_21132292.jpg

おひげが怖そうなので、
お会いするかどうか、↑ この理由のために迷っていたのですが(笑)
全然怖くない、優しい優しいお方でした!

b0253075_21151367.jpgときどき目をかっと開いて黙想されます。
このお目がすごい。。。
家に帰ってハッと気がついたら、
パドマサンバーバにそっくりでいらっしゃるのでした。

お名前、覚えにくいので、
以降、おひげリンポチェと呼ばせていただきます~

おひげリンポチェは
お話が理路整然としておられて丁寧で
深い智慧の般若心経を
とても分かりやすく説いてくださいました。
通訳してくださった女性の方も、文句なしに最高に分かりやすかったです!
難易度の高い般若心経ですが、
今までより少しは理解が深まった・・・かもしれません。
ご縁あって今生でこの教えをいただけたのが、とってもありがたいです。

実は来週も教えの続きを聞きに行きます。
1泊1日、今度も強行軍ですが
その価値はあると思うな。


ところで帰依戒(=仏教徒になる誓い)と
菩薩戒(=菩薩になることを決心する誓い)とは
自分ひとりで誓っても全くOKなのですが、
この日のお昼休みに、おひげリンポチェが
希望者に帰依戒を授けてくださるとのアナウンスがありました。

b0253075_21365390.jpg夏にガルチェン・リンポチェにお会いするときに
今度こそ授けていただこうと思っていたのですが、
ついうっかり列に並んで、受けてしまいました(^^;)

正式に仏法僧への帰依を誓い、
髪をほんの少し切っていただき、
法名を頂戴しました。

去年ガルチェン・リンポチェにお願いしていたのに1日違いで叶わず、
今年、おひげリンポチェに授けていただいた・・・
この流れに、ご縁の不思議さを感じています。

ガルチェン・リンポチェは、なんていうか
私の意識では人間ではなくて、もう超越してしまった仏さまに近いので
(実際、各国で「生き仏さま」と呼ばれておられます)
同じディクン・カギュ派のおひげリンポチェに戒を授けていただいたことを
きっと喜んでくださると思います。
だって修行を始めるのは1日も早い方が良いですもん。

というわけで、正式に
在家のチベット仏教徒になりました。

ディクン・カギュの毎朝のお勤めに次のような文言があります。

 菩提を得るまで、私の身口意を、善をなすことに使います。
 死ぬまで、私の身口意を、善をなすことに使います。
 今日から明日の今ごろまで、私の身口意を、善をなすことに使います。


言うは易し、行うは難し。
けれど不思議と
「今日から明日の今ごろまで」ぐらいは、
素直な心でおれそうです。
[PR]
by prem_ayako | 2013-06-16 21:38 | tibet | Comments(3)

今年はモカシン

私は足の甲がうすいので
毎年サンダルの季節になると、悩みます。

細身のパンツに華奢なヒールのサンダル・・・
それが格好いいことは分かっているけれど、
(いちおう何足か、ヒールのサンダルも持っていますけど)
こんなので出かけたら、もうとんでもないです。
足先が前へすべって痛い痛いのです~(T_T)

ここ数年、ふだんは、もっぱらフラットシューズ。
冬のブーツも、たいていはズボッとしたヒールなし。
そんなぺたんこ靴を履き続けていると
もはや、2,3㎝のヒールすら履けない体になってしまいました。
なんかもう、歩き方自体を忘れてしまったような・・・(>_<)
すっかりオバサン化しております Orz


2年ほど前に、革製のエスパドリューを買って
その時は嬉しくて、以前ブログに書いたことがあります。
気に入ってすたすた歩いていたのですが、
さすがに少しくたびれてきました。
革はまだまだ大丈夫なんだけど、
去年、リトアニアのカウナスの街の石畳をこれで歩いてしまったので
底が痛んでしまいました。

痛むのは当たり前ですw
だいたい砂浜で履くべき縄底の靴を、
1日だけですが、ヨーロッパの街中で履いたのは愚かでありました。
クッション性がまったくないから、足の裏が直接石を踏んでいるみたいだったし。


b0253075_2328698.jpg今年、春の終わりに
ミネトンカというブランドのモカシンを見つけ
衝動買いしました。

これが、思いのほか素晴らしかったのです!

なんといっても革がやわらかい!
1枚のスエード皮が、やさし~く足を包んでくれる感じです。
この手触りが(足触り?)が気持よくて
汚れることを気にしつつ、つい裸足で履きたくなります。
底はラバーなので、適度にクッション性があります。

いや、別に回し者じゃないですけど
全く足が痛まない靴って、貴重ですよ!

最近はどこへ行くにも、これを履いています。
ルーティーンのお仕事にも
ちょっと買い物に出るにも
少々の遠出にも
かなりの遠出にも(笑)
靴を休ませてあげる日がありません。

あとで知ったけど、わりと有名なブランドみたいですね。
定番商品らしいから、履きつぶしたら色違いを買ってもいいな。
というぐらい気に入っています。

夏のハードスケジュールの間にお会いするであろうみなさま
私はきっといつもいつも(上がどんなファッションであろうとも)
このモカシンを履いているでありましょう。
予告してどうする・・・(^^;)
[PR]
by prem_ayako | 2013-06-07 23:33 | others | Comments(2)

動きだした

この夏は、ICASSIをパスすることにしました。
チベットと
アドラー心理学と
それだけに染まる夏になりそうです。

本当はガルチェン・リンポチェにお会いするために
アメリカでもインドでもロシアでも、
どこまででも追っかけしたいところなのですが、
こちらの仕事の都合もありますので、なかなかチャンスがありませんでした。

そのうち、同じディクン・カギュ派の別の高僧の方が
6月に来日されることが分かりました。
般若心経の解説と灌頂をしてくださるということなので
ちょっと迷ったのですが、参加することにしました。
2週連続で、行きは夜行バス(うわさのVIPライナー)、
昼までご法話をお聴きして、新幹線で帰ります。
(翌日は死んでいるかも・・・)

それから前の記事に書いたように、
ディクン・カギュ派のチベット語の先生との、ご縁ができました。

なんだか、この頃から
停滞していた物事が、急に動き始めたような気がするのです。

たぶん私たち凡夫には見えないところで
さまざまな因と縁とが
パズルのように組み合わさっているのでしょうね。。。

一歩、新しい出会いに向かって
自分が動いたことによって
ガタリ、と大きな車輪が回ったことを感じます。


新しいチベット語の先生との2度目のレッスン日、
ガルチェン・リンポチェの8月末のスケジュールが判明しました。
シンガポールに1週間ほど滞在なさるようです。
カウンセラー養成講座の翌週なので、タイミングはばっちりです!
シンガポールなら英語の通訳がついてくれるでしょう。

わーい、リンポチェと、この夏にお会いできますv(^o^)v
ICASSIを申し込まずに
情報を待っていた甲斐がありました。


それが先週の木曜日のことでした。

4日後の月曜日、
夏に新しいワークとケースセミナーをするぞ!と
急に大きなJ先生が言い始められました。

・・・火曜日、
私は速やかに会場を押さえ
朝令暮改のJ先生の要求を満たしました。。。。。

これで終わりかと思いきや、

水曜日の朝、今度は
「ガルチェン・リンポチェ急遽来日決定!」
というニュースが流れてきたのですっ

おおっ一度は来られないと確定していたようでしたが
変更になったのですね。
(いかにもチベット・・・)
でも、こちとら朝令暮改には慣れておるのです。
何の文句もございません!

もちろん、
お会いしに参ります。


というわけで
6月の週末は
今週は、京都へ公開カウンセリングを見に行って
次の週は東京へチベット仏教のお勉強
その次の週ももう一度東京でお勉強
最後の週は岐阜へ公開カウンセリングを見に行きます。

7月は
第2週が福島でスピリチュアル・ワーク
第3週は東京でガルチェン・リンポチェにお会いして♪♪♪
第4週は大阪で「教師のためのアドラー心理学」を開催します。

8月になると
第1週はまた大阪で「ケースセミナー」
お盆をはさんで、第3週、第4週は「カウンセラー養成講座」
そのあと、すぐにシンガポールへ飛んで
ガルチェン・リンポチェにお会いするのです!

こんなタイトな夏のスケジュールが完成しました。
いいでしょぉ(←違うか)

この上にアドラー心理学の自助グループ2つ、
チベット語のグループレッスン、個人レッスン、
全て穴を空けないように継続していくつもりですから、
体調管理を万全にしなくてはね。

きっと大丈夫。
流れが向いているので。
と、また根拠なく楽観しています。

さぁてこうなると
それなりの洋服やお化粧品が要りますから(日焼け止めとかねっ)
いろいろと揃えていかなくっちゃ♪ (←それか)
[PR]
by prem_ayako | 2013-06-07 00:53 | tibet | Comments(3)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako