アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

龍蔵院巡礼

タンカ絵師であるチベット語の先生のお供をして
広島にある龍蔵院デプン・ゴマン学堂日本別院に行ってきました。
日本で唯一の、正式のチベット仏教の僧院です。

(他にチベット寺院だと称しているお寺がありますが
中国共産党公認だったりするので、ご注意を)

広島駅からタクシーで約10分。
さらに山へ向かって小道を登ったところにある
高野山真言宗牛田山龍蔵院
そこに、インドの再建デプン寺ゴマン学堂から派遣された
3人のチベットのお坊さまが住んでおられます。

前から一度訪れたいと思っていたところ、
先生が描きあげたタンカ(仏画)を持って行かれると聞いたので
急遽、便乗させていただくことにしたのです。
せめて私は荷物持ちを・・・と思い
美しいターラー菩薩さまの絵を運ばせていただきました♪

b0253075_081568.jpg


五色のタルチョがチベット世界への境界・・・
特にチベット風のお寺が建っているわけではなく、
ただ山の上の古いお堂と小さな庵を使っておられるのです。。。

がらがらと和風の引き戸を開けると
えんじ色の衣を召したお坊さま方が迎えてくださいました。

あとでホームページで確認して、私がお会いしたのは、
赤いフリースのパーカーを着ておられたのはゲンギャウ師
(インド・ザンスカール生まれ)
えんじ色Tシャツの上にえんじ色ジャージをはおっておられたのはアポさん
(チベット・カムのリタン生まれ)、そして
ひとり白の毛糸の帽子を被ってなぜか竹とんぼをもてあそんで
ほとんどお話に入られなかった方はゲンチャンパ師
だったと分かりました。
(おぉ、なんて視覚型の覚え方)

まずは本堂にお参りさせていただきました。
日本建築ですが、飾り付けや仏さま方は、みなチベタンです。
中央に釈迦牟尼仏、まわりに剣を振り上げた文殊菩薩や四手の観音菩薩。
バター灯明も並べ灯されて
写真や映像で見るチベット寺院の壮大さに比べればとてもつつましやかですが
本物のチベットのお堂に詣らせていただけて、嬉しかったですw

お坊さま方が生活しておられるのも、ほんとうにつつましい庵です。
玄関を開けてすぐの和室の壁には
最近の法王のお写真や、お若いころのお写真、
ここを創られたケンスル・リンポチェ(昨年ご遷化)のお写真、
法王とケンスル・リンポチェのツーショットなどが
ところせましと飾られていました。

畳の上にはホットカーペット。
その上に和机がふたつ。
お茶やお下がりのお菓子や本やめがね。
壁のホワイトボードの予定表には
ひらがなで「そうじ」「16じ ほうよう」などと書いてありました。
生活感、あふれてます(^^)

となりの台所でお湯をわかし
ゲンギャウさん自ら、大きなやかんからチャイをふるまってくださいました。


タンカ絵師である私のチベット語の先生は
ダラムサラに9年も住んでおられたので
チベット人と見紛うばかりにチベット語ぺらぺらです。
ゲンギャウさんもアポさんも楽しそうに
チベット語でぺらぺらぺら・・・。

日本語も少しはお分かりになるようなので
私も、「タシデレ(=こんにちは)」ぐらい言えばよかったのですが
なんかもう日本語で「こんにちは」とご挨拶をしたあとは、
チンと座ってみなさんの会話を聞いておりました。
久しぶりに末子的立場で
大人たちの会話を目を丸くして聞く子どもになっていました(^^)

さて本来の目的、
ターラー菩薩の開眼供養をしていただくときは、
ゲンギャウさん、僧服に着替えてこられました。

とたんに、放たれるエネルギーが
変わりました。

開眼のお経を読まれながら
お米をぱらぱらと額装のガラスの上に撒かれると
途中から、ターラー様の美しいお顔が
生き生きと表情をもって微笑まれたように感じました。

b0253075_01712100.jpg
命が吹き込まれた・・・

私の妄想かもしれませんが
そんなふうに見えました。


それが終わると
またゲンギャウさん、もとの赤のフリース姿に戻り(笑)
お茶を飲みながら
ゆる~い時間を過ごしました。

ゲンギャウさんが5月から赴任される故郷ザンスカールの僧院のこと、
アポさんの故郷カム、リタンのこと、
先生が昨夏に本土、ラサに行かれたときのこと、
共通のダラムサラのお知り合いのこと、
お経についてのちょっとした質問、など
あれやこれやあれやこれや

もちろん、私には全くわかりません。
ちんぷんかんぷんです。
(それにしては話題はある程度つかめていたから
 やっぱり少しは単語を拾っていたのかな?)

先生にお願いすれば通訳していただけたのですが
私が加わって何か言うような話ではなかったし
それよりも、チベット語の抑揚を味わったり
内容によって変化するお坊さま方の表情を見ているのが楽しくて、
じゅうぶん満足でした。

楽しそうにおしゃべりしておられるみなさんを見ているのが
楽しかったのです~

時に、とても不思議な気持ちになりました。
ここにいるのは
インド生まれの仏教博士と
20年前にヒマラヤを越えて亡命した若い僧侶と
チベットに出会いチベットの仏さまを描く職業を選んだ日本女性と
そして、まったく言葉を解していないこの私です。
なぜか日本の広島のひとつの小部屋で
座っていっしょにチャイを飲んでいるのは
なんだか奇跡のようだと思いませんか・・・?

さらに不思議なことに、
このとき私は言葉が分からないことについて全くストレスがなく、
話題によって、波のように、彼らの感情がはなやいだり静まったり
彼らの思いが雲のようにたゆたったりするのを
言葉を介さずに、ただ感じていました。

時に、ふと声のトーンが下がり
「そうだね・・・」「ああ、まったくね・・・」と
誰もが無口になり考え込む瞬間があったり。。。
あるいは、ふと私にほほえみかけ
お茶やお菓子を大きな手を振ってすすめてくださったり。

相手の言っていることを理解しなくては、とか
ちゃんとわかって上手に反応しなくては、とか
緊張したり焦ったりする気持ちが全くなくなっていて、
それがとても心地よく、楽でした。


b0253075_024156.jpg2時間ほどそうやって時を過ごしてから
ゆるゆると腰を上げ、
またターラーさまの額を抱えて先生と帰ってきました。

いい時間でした。
また行きたいな。

ゲンギャウさんとの写真を撮っていただきました。
それが今生であるかどうかは別として
またお会いできますように・・・!
[PR]
by prem_ayako | 2013-04-24 00:37 | tibet | Comments(0)

がんばれこうすけ

b0253075_026175.jpgこうすけはなかなか主張の強い子どもで
けっこう月齢の低いうちから
思い通りにいかないことがあると、
かんしゃくを起こしていました。

いったん泣き出すと、
どんどん大声になり、
だんだん激しく、手がつけられなくなります。
しかも元気なもんですから、
なかなかあきらめません(^^;)

このたびの私の滞在期間中、
かんしゃくを起こしたのは3回。
必ず夜、娘やお父さんに対してでした。
ひょっとしたら、「このおばあちゃん(=私)は手強い(あるいは怖い)」
と思われていたのではありますまいか・・・

まあ、1日に1回ぐらい泣くのは元気な証拠ですし
私と遊んでいて昼寝ができていなかったし
疲れや甘えがあったのでしょうね。
頑固なのも、誰かさん(笑)にそっくりです。

2歳5ヶ月というと、まだ「しつけ」を考えるには少し早い年齢です。
3歳までは Basic Security Feeling 基本的安心感が得られるように
ただかわいがって育てればよい、と習いました。

・・・ですけど私は、小さい子どもでもやっぱり、
感情を使ってまわりを動かすことは、学ばないでほしいなと思います。


見ていると、
こうすけは機嫌が悪くなると
お母さんのいやがることを、わざとやり始めます。
たとえば食事中だと、はじめはタオルなどをポイッと放り投げます。
それに娘が注目すると、次はスプーンをポイッと投げます。
怒られると、さらにエキサイトして、子ども椅子などを倒そうとします。
わりと過激です。。。
あげくにひどく怒られると、泣いて抱っこしてもらって仲直りとなります。。。

なかなか見事に(^^;)
不適切な行動で次々と注目関心を得ています。

お風呂前の歯磨きでは、いつもひどく機嫌を損ねます。
お父さんとお風呂に入ろうと言われたら、「お父さんじゃないの!」と言います。
じゃあお母さんと入ろうかと言われたら、「お風呂入らない!」と言います。
こうすけはお利口なのにおかしいなと言われたら、
「こうすけお利口ちがうの!」と言います。。。

ああ言えばこう言う・・・
口のたつ子どもらしいやり方ですね。
そろそろこの手には乗らない方が、いいんじゃないかなぁ。

1日目に、彼が注目関心を引こうとしていることが分かったので
2日目の晩、同じことが起こりかけたときに娘に伝えました。

不適切な行動に注目しないで、適切な行動に注目するのが原則。
感情を使わないで、落ち着いて要求したらいいんだって学んでもらおうよ。

起こっていることを理解すると、
娘の方のマイナス感情はすっと静まりました。

ですがこうすけの方は、
今までと違う対応に戸惑ったこともあるでしょう・・・
ずいぶん長いこと、泣きわめいていました(^^;)

泣き声がおさまって「お母さん、~~してちょうだい」が言えた時に、
「ああ、ちゃんと言ってくれてありがとう!よく分かったよ!」と抱きしめて
すっかり仲良くおさまって
あとはけろっとしてご機嫌。
翌日の昼間もまったく泣くことはありません。

でもね、翌晩もその次の晩も、
夜になると、どうにも感情のコントロールができなくなるようでした。
娘は「泣かないでお話ししてくれたらいいんだよ」とやさしく伝えながら
「こうすけはお利口だから、きっと学んでくれるよね」
と辛抱強く待っていました。

2歳児へのパセージの実践は難しいですね。
因果関係がまだよく分からないお年頃ですし、
こちらに少しでもマイナス感情があると
「いじめられた(=罰)」と感じさせてしまう危険があります。
子どものようすをよく見ながら
試行錯誤をくりかえします~


ある日のお昼間、ちょっと面白いことがありました。
娘が台所の段ボールを片付けていて
こうすけはいろんな物を触りたくて仕方ありませんでした。

娘「こうすけ、それ触らないでくれるかな」
こ「さわりたいの」
娘「そろそろ、ご飯にしようね」
こ「ご飯いらないの」(触る)
娘「お願い、それは触らないでちょうだい」
こ「泣くの」
娘「すぐに用意するからご飯にしよう」
こ「こうすけ、泣くの」

おやおや、今度は「泣くこと」に価値がついたようですね。
子どもって、なんてするどいんでしょう!

私「泣いてもいいよ」
こ「泣くの!」
私「いいよ。どうぞ」
こ「・・・(泣き声で)あっち行く!」
私「いいよ」
こ「お外行く!」
私「お外は行けないのよ。今日雨だもん」
こ「・・・・ごはん、食べよ」
私・娘「よしっ食べよう♪」

えらいぞ、こうすけ。
泣かないことを自分で選んだんだね~(^_^)


ちょっとずつ、こうすけも分かってきてくれたみたいです。
大人たちが引っ越しでばたばたしている間、
ひょっとしたら、自分は「じゃま」になっていると
感じてしまったのかもしれません。

そりゃまあ仕方ないですねぇ。
お父さんもお母さんも超忙しいし
そこらじゅうホコリだらけだし、足の踏み場もないし
だから私が呼ばれたのですし。

で、娘に余裕ができるにつれ、
娘に対する不適切な行動も減ってきたのでした。

b0253075_0215459.jpg私が帰った後ですが、
台所のお鍋置きのスチールラックを
自由に触れるようにしてあげたのだそうです。

娘がお料理している間、
こうすけもこうやって
娘のとなりでお料理しているんですって(^o^)

注目関心がほしい子どもは、
お手伝いがしたい子どもだといいます。
いっぱいお料理してもらったらいいですね!


パセージでも自助グループでも、お母さんが困っていたら、
みんなで知恵をしぼっていろいろ提案しますけれど
結局は、毎回、その親子が、その時その時の状況に合わせて
工夫してやってみるしかないんですね。

自分の子育て中は、こんなに冷静に観察できませんでした。
今、目の前の出来事をアドラー心理学で考える機会にめぐまれて
ほんとうにラッキーです。

がんばれ娘。
がんばれこうすけ。

ところで・・・
「パセージ、昔、私も全然きちんと実践できてなかったし
 偉そうなことは言えないんだけど」ってちょっと話したら、
娘がひとこと、「知ってる」
おっと、あなたが一番よくご存知でしたね。
あいすまぬ(^^;)
[PR]
by prem_ayako | 2013-04-10 01:08 | family | Comments(0)

ごきげんこうすけ

3月末から4月初めにかけて、
娘の家の引っ越しを手伝うために鳥取に行っていました。

こうすけがお腹にいるときに、前回の引っ越しを手伝いましたが
今度は、娘たち夫婦で新居を建てての引っ越しです。
おそらくこれが最後の引っ越しになるでしょう。

私が頼まれたのは、こうすけのお世話。
荷造りも、引っ越しそのものも、あとの掃除も全部、娘たちでするから、
私のミッションはひたすら、こうすけのお守りをすることです!
やったぁ(^o^)

こうすけ、遊ぼう、遊ぼう♪と
ウキウキ、木曜の夜の高速バスで行きました。


こうすけは2歳を過ぎて急に言語能力が発達して、
ずいぶん上手にお話しできるようになりました。
それまでに貯めていた言葉の知識が
いきなりあふれ出てきた感じです。
ま、こちらに理解できないことも、まだしばしばありますが。

とっても絵本が好きな子どもです。
5泊6日滞在しましたが(前半3泊は旧居に、後半2泊は新居に)
この間、延べ100冊ぐらいは読んだのではないかしら。
同じ絵本をくり返して2,3回読むし
次々持ってくるので6,7冊続けて読むし
それを朝昼晩やっていたし
そうすると、1日に20冊ぐらいは読んでいたと思います。

親が買い与えた本の中からこうすけのお気に入りが決まるので、
けっきょくは親の好みが反映されているわけですが、
私としても、たくさんの良い絵本に出会えて楽しかったです。

b0253075_0302445.jpg今のこうすけのお気に入りは
アーノルド・ローベルの絵本。
かえるくんとがまくんのシリーズや
『とうさんおはなしして』『きりぎりすくん』などなど。

娘と会話していても、つい語尾に
「~と、かえるくんは言いました」
なんて付け足してしまうぐらい、
絵本の言葉遣いが染み付いてしまいました(笑)

それから、ルース・クラウス文、モーリス・センダック絵の
『あなはほるもの、おっこちるとこ~ちいちゃいこどもたちのせつめい』も
暗唱できるぐらい何度も読みました。

小さい子どもたちの説明は微笑ましくて、思わずニヤリとしてしまいます。
センダックの絵も、もちろんいい!
b0253075_0324633.jpg「地面は、ほるもの」
「あなは、のぞくもの」
「ボタンは、寒くないようにとめるもの」
「おにいちゃんは、ぼくをたすけてくれる人」
「えんちょうせんせいは、とげを抜いてくれる人」
(↑個人的には、これが一番受けましたっ)
「手は、つなぐもの」
「抱き合うために、腕があるのよ」
ここでいつもこうすけは人形をぎゅっと抱きしめ、
私はこうすけをぎゅーっと抱きしめます♪

b0253075_035661.jpgカーラ・カスキン文、マーク・シーモント絵の
『105人のすてきなしごと』も
何度も何度も読みました。
とってもおしゃれな、オーケストラのことを書いた絵本です。

いよいよオーケストラの演奏が始まるところ、
燕尾服を着た指揮者が登場する場面で、
こうすけは太鼓のばちを指揮棒に見たて、
「こうすけ、しきしゃなの」と、振り回します。

娘はいつもベートーヴェンの第7を歌っていたらしいのですが、
それを知らない私は(何か歌わねばならない圧力を感じたので)
ヨハン・シュトラウスの何かワルツのメロディを歌いました。
すると、私の声に耳をかたむけていたこうすけ、
ひとこと「ちがう・・・」(爆)
うう、ごめん。おかあさんの歌と違ったのねm(_ _)m
でも音がよく分かるのね~
あなどれません・・・

積み木と人形でごっこ遊びもしました。
四角い積み木が「おとうふ」に
平べったい積み木は「どーなっつ」に
半円形の積み木は「おみそしる」のお椀になります。

仲良しのネコのぬいぐるみに気前よくごはんをふるまいます。
こ「にゃーちゃん!ごはんたべよ」
私「はあい。ぱくぱくぱく。おいしいなぁ」
こ「こうすけがつくったの!」
私「こうすけくんが作ったの?すごぉい。こうすけくんのごはんおいしいな」

他のぬいぐるみたちも呼びよせます。
こ「チャチャ、ごはんたべよ!ジジ!うさぎしゃん!ごはんたべよ!」
私「はーい。はーい。はーい。もぐもぐもぐ」
こ「みんなでたべるとおいしいな!」
私「みんなで食べるとおいしいなあ」
こ「にゃーちゃん、おみそしるどうぞ」
私「何が入っているのかな?」
こ「サツマイモとぉ、おだいこんとぉ、おあげしゃん!」
私「わーい。おいしいおいしい」
こ「こうすけ、パンかってくるの!」
私「パンかってくるの?いってらっしゃ~い」
こ「パンかってきたの!」
私「おかえりなさ~い」
こ「うさぎしゃん、おとうふどうぞ!」
・・・と延々と続きます。

これだけ遊べるようになったら、お守りなんて何時間でも楽なもんですわ(^o^)

チョロQで遊ぶのも大好きです。
あらゆる所に車を走らせますが
特に、絨毯で出発させたチョロQがフローリングに下りるときに
段差でぐい~んと方向転換したりするのを見て、きゃあきゃあ喜びます。
こ「曲がったねぇ!」
私「すごいねえ」
こ「しゅごいねぇ!」
何度も何度も
「れいぞうことこまでいったねえ!」
「おかあさんとこまでいったねえ!」
と走って取りに行っては、戻ってきてまた走らせます。
ものすごい運動量です!


新しい遊びも開発しました。
大人のベッドの上に広げて遊んでいた車のひとつが、
ベッドの端から落ちそうになっていました。
思いついて、その車のそばを「トントントン」と手で叩くと
マットレスの上ですから、車は少しずつ移動して
しまいにストンと、私の膝の上に落ちました。

これが大受けして、
こうすけは何度も何度も「ここ?」と端っこのあやうい所に車を置き、
いっしょに「トントントントン・・・」と周りを叩いて
私の膝の上に落としました。
何十回も!
「おちたねえ!うまくいったねえ!」

何がおもしろいんでしょう?
いっしょにトントンするのがうれしいのかな?
私たちはなかまだ~


こんなふうに、朝も昼も夕方もずぅっと一緒に遊んでいて、
ときどき「おかあさんは?」と聞いてきますが
「おかあさんはお引っ越しだからあとでね」と言えばそれ以上ぐずることもなく
とぉってもいい子だったのです
が・・・
(つづく)
b0253075_0383041.jpg

[PR]
by prem_ayako | 2013-04-10 00:53 | family | Comments(0)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako