アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。

カテゴリ:tibet( 74 )

台湾(6)Blessings

(できれば台湾(1)から読んでいただけると嬉しいです)

b0253075_2111997.jpg最終日は、午前に Amidewa Recitation が2座あり
午後に死者供養と Mandala Offering があって、
賑やかにカタを振って、リンポチェとお別れしました。

この日の・・・朝の「おんあみでわふりー」の時です。

朝、何かの話の折りに大きなJ先生が、
「ガルチェン・リンポチェは十地の菩薩だと思う」
とおっしゃいました。
十地の菩薩というのは、
いつでも悟りを開いて涅槃に入ることができるのだけれど
衆生のために、こちら側に留まっておられる菩薩さまのことで、
ほとんど仏さまと同じ境地でいらっしゃいます。
ガルチェン・リンポチェは、そういう菩薩さまだと。

その後のセッションのとき、ちょっと眠くなってヴィジョンを見ました。

私は観音菩薩となって一心に真言を唱えていますが、
壇上の阿弥陀仏の姿のリンポチェと、真言の輪っかでつながっています。
気がつくと、リンポチェの周りの僧侶の方々も
フロアーの人々も、全員が観音菩薩の姿になっていて、
中心のリンポチェと赤い輪っかでつながっています。

ああまるで、般若心経が説かれた霊鷲山みたいな景色だな、
と一瞬思ったけれど
なんだかよく見ると、海の底みたいなのでした。

上を見ると、氷山がいくつかぷかぷかと浮かんでいます。
我執に凝り固まった堅い心。
これが溶けさえすれば大海の水とひとつになれるのに。

われわれの「おんあみでわふりー」真言から出た光が
その氷山に下から当たると、氷はこなごなに砕け、
いくつかの氷山が溶けて私たちと同じになりました。。。


そうして気がついたんです。

こうしていれば、私たちはひとつだ。

リンポチェは、弟子と結んだ縁は、決して切れることはないとおっしゃいました。
悟りを開くまでずっと一緒だと。

私は今まで、リンポチェの肉体とお会いするために
あちこち追っかけをしてきました。
ただひたすら、生身のリンポチェに触れたくて。

でも、それは大事なことではないのかもしれない。

こうして瞑想の中で、私たちはひとつになることができます。
この体験こそが意味のあるものではないかしら。

大切なのは、この体験をどれだけ重ねていけるか、ということであって、
それがリンポチェとのご縁を強くしていくのじゃないかしら。
実際にリンポチェとお会いする回数は問題ではないんじゃないかしら。

だとしたら、私はもっときちんと瞑想に励んで
お家にいても、どこにいても、
リンポチェのお心とひとつになる体験を増やしていかねばなりません。

だって今生でも来生でも、ゆっくりゆっくり進むしかないけれど、
リンポチェは、私がそこに行き着くまで、
他の姿のリンポチェに生まれ変わっても
待っていてくださるんですもの。

Lama chen-no!!



12日(月)の飛行機は朝8時40分に台北桃園空港発なので
ホテルのフロントで、明朝6時にとタクシーを頼みました。

逆算すると、5時20分には起きた方がよいでしょう。
そうして目覚ましをかけました。

ベッドに入っても私はなかなか寝付けず、
そうだ、金色の仏像を手荷物で持ち込むのは無理かもしれないな!と思いつきました。
とても大事なものなので、ずっと手で運ぶつもりでいましたが、
あれって銅かなにか、ともかく鋼製ですよね。。。
高さは約21㎝、かなり重たいです。
凶器になると判断されたら、没収される可能性が高いです!!!

まずいまずい、リンポチェからいただいた仏さまを没収されるわけにはいきません!
これはこっそり何食わぬ顔で
キャリーバッグに忍ばせて預けてしまうのが得策かもしれません。

どんどん気になってきたので、スマホで調べて
やっぱり預け入れ荷物にしてしまうのがよかろうと思いました。

そしてかなり遅くなってから眠ったら
なんということでしょう!今までこんなことは一度もなかったのに
目覚ましが鳴らなかった?!

なんとなく嫌な予感がしてぼーっと時計を見ると
5時54分でした!!

私「え?何時に起きるんだっけ?」
J先生「!まずい」

そこから2人とも海兵隊員よろしく飛び起きて
着替えて化粧はあきらめ、
J先生に相談する暇もないので、仏さまを私のキャリーバッグに入れこんで、
洗面所やテーブルまわりに散らばった荷物をバッグに放り込んだら
「車が来ましたよ」とフロントから電話がかかってきて、
J先生が何食わぬ声で Ye-s, we are coming!と返事して
ここまで10分!われわれはすごい!

タクシーに飛び込んで空港へ向かったのでありました。
車の中で仏さまの運び方について先生と相談し、
やっぱり手荷物は危険なので預けてしまおうということになりました。

カウンターで「おんあみでわふりー」とお唱えしながら
荷物とお別れしたのは言うまでもありません。

関空でちゃんと荷物が返ってきて、どれだけほっとしたか!
税関審査の後さっそくベンチでキャリーバッグを開けて、
仏さまを取り出しましたよ(^o^)


奇跡のように私たちをお守りくださる力は、まだ他にもありました。

月曜は淀屋橋のクリニックでのお仕事日なので、
関空からそのまま、家に帰らず仕事に向かったのですが

重たいキャリーバッグと、仏さま。それに疲れているし~
関空から南海電車ラピートで難波へ。そこから御堂筋線で淀屋橋へ。
というのが普通のルートだと思うのですが、

ラピート内で、とつぜんJ先生が思いつかれました。
「天下茶屋で降りよう。そこから堺筋線で北浜に出ればいい」

ありがたや~難波の喧噪を避けることができましたし
堺筋線は御堂筋線に比べたら、ずっと空いています。
しかもクリニックは、淀屋橋より北浜からの方が近いのです。


こうやって、大事に大事に仏さまをお運びして
事故なく1週間ぶりに、滋賀の家に帰ってきました。

ぐるぐるに巻いたカタをはずし、
梱包のプチプチをはずし
お目を塞いでいたティッシュをそぉっとはずしたら

出てきた金色の仏像は、
ずっと阿弥陀仏と思いこんでいたのに、
美しい美しい男前の釈迦牟尼仏でした。
あれあれ?お釈迦さまにご変身あそばした?

リンポチェお加持のお釈迦さま、
これほどの blessing は他にないでしょう。

めずらしいことです。
すばらしいことです。

ダルマセンターが出来るまで、
うちの祭壇でお預かりさせていただきます。


長い話を読んでくださってありがとうございました。

追記: 私たちが台湾を発ってすぐの9月14日、
巨大台風14号ムーランティが台湾南部を直撃し、
死者を含む甚大な被害が出たということです。
台湾で出会った方々のご無事をお祈りするとともに
被害にあわれたみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。


 
 
 
 
 
 
[PR]
by prem_ayako | 2016-09-16 20:44 | tibet | Comments(0)

台湾(5)Refuge Vow

いろんな方との出会いが、ここ台湾でもありました。

シンガポールで何度も会ったベトナム人のお兄さんも来ておられて、
再会を喜び会いました。
彼はいつどこで会っても同じアミデワTシャツを着ているので、すぐに分かります(^^)

ロビーをうろついていると、Japanese? と声をかけられ、
なんで私が Japanese やって分かるねん?と思ったら、
見覚えのあるシンガポールのスタッフが何人か、
財神の壺やお守りを売りに出張って来ていました(笑)

それから、もうお一人日本人女性が参加しておられて、声をかけてくださいました。
ご主人が台湾の方なので、海外法友席ではなく後ろの方に座っておられて、
後ろから、ずっと私たちのことを観察しておられたそうです(笑)
で、アヤシいものでないことが分かったみたいで、話しかけてきてくださいました。
ありがとう!(でも実はアヤシいかもよ・・・)
また東京あたりでお会いできるかもしれませんね♪


3日目の土曜日に、希望者がリンポチェから帰依戒を受ける儀式が行われました。
私は3年前に東京で受けたので前に出ませんでしたが、
シンガポールでもここ台湾でも、延々と人が並びます。

今までは・・・たいへん罰当たりなことだったと思うのですが
正直、長いなあ~まだ終わらないのかなあ
と心の中で考えていました。

でもこの度は違いました・・・
とてもよい席に座っていたこともあります。

戒をお授けになる、弟子の髪の毛を1本切り取るときの
リンポチェの真剣なお顔と、
それをお手伝いされるチメードルジェ・リンポチェのお顔が
よく見えます。

そして、法名の書かれたカードをいただき、
もとの席に戻ろうと振り返って顔を上げた瞬間の人々のお顔も、
逐一観察できる席に、私はいたのです。

どなたのお顔も、ほんとうに美しい。

何が起こったのか分からないような、ちょっと戸惑った顔。
淡々と無表情な、あるいは無表情を装った顔。

あるいは、上気した満面の笑顔。
感動で歪んで今にも泣き出しそうな顔。

ときには親子いっしょに。夫婦いっしょに。
幼児も、あるいはお腹にいる赤ちゃんもいっしょに。
ときにはペットの犬もいっしょに。

スタッフTシャツを着た若者が待っていたのは
慣れないしぐさで戒を受けた壮年の父親でした。
肩を並べて帰って行きます。

あるいは娘が、父親や母親と
ガルチェン・リンポチェとの縁をつないでいます。

身体の不自由な方が、足を引きずりながら
杖をつきながら
あるいは痙攣しながら
リンポチェの前に進み出て、戒を受けておられます。

みなさんひとりひとりのお顔をずっと見ていると
ひとつひとつに美しいドラマがありました。
感動でまた泣けてきました。


リンポチェは・・・
 私が戒を授けた者の髪は、みんなこの袋に入れて保存している。
 毎日この袋を見ては、
 かけがえのない私の弟子たちの幸福を祈っている。
 なぜなら私と結んだこの縁は、
 みなが菩提を得て悟りを開くまで、決して途切れないのだから。
とおっしゃいました。


この人も、あの人も、みんな知らない人たちだけれど、
みんなが楽を得ることができますように。
来生では今よりも、苦を離れられますように。
その楽が続きますように。
すみやかに、平等の境地に行けますように。

b0253075_2193046.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by prem_ayako | 2016-09-16 20:43 | tibet | Comments(0)

台湾(4)Amidewa Recitation

法会では毎日、
午前中は Five-fold Path of Mahamudra のご法話があり、
午後からは Amidewa Recitation が2座あり、
夕方の半時間ほどは、Phowa の教えとその実習をする
という流れでプログラムが組まれていました。

b0253075_2124487.jpg

シンガポールと、ここ台湾と、プログラム自体はそう違いはありませんが、
大きく違うのは、場の雰囲気です。

おおざっぱに言ってしまうなら、
混乱雑多のシンガポールと
規律整頓の台湾、といった感じでしょうか~

台湾では休憩時間であっても、ボランティアさんたちが
会場内では「黙想念誦」の札を掲げ
外の廊下やロビーでは「請軽声細語」という札を掲げて立っています。
少々の話し声はありますが、総じて参加者全員とても静かにしています。

かたや、シンガポールの休憩時間の喧噪といったら!(^^;)

シンガポールで休憩時間の人混みがしんどかった私としましては、
台湾の落ち着いた雰囲気の方が、数倍、過ごしやすかったのでした。

中国語って、迫力があるんですよね。
「請軽声細語」の札がなかったら、台湾でも同じようにうるさくなってしまうのか
あるいは札がなくてもシンガポールよりは静かなのか、
私には検証のしようがありません・・・

台湾のサンガの所長さんは華(ふぁ)さんとおっしゃり、
センターで金色の仏さまを包む時、とてもお母さん的に手伝ってくださった方です。
リトリート中のアナウンス
(静かにしてくださいとか、もうすぐリンポチェが来られますなど)
はすべて華さんがしておられましたが、
とっても上品な美しい発音で、華語と英語を話しておられました。
この方の個性も、参加者をまとめる上で大きいのかもしれません。


次に、お経の読み方が違います。
台湾ではチベット語に華語を重ねて読む。
シンガポールは、チベット語・中国語・英語と、同じ経文を3回読む。
ここでJ先生もY先生もかなり驚いておられましたが

私はむしろ、真言「おんあみでわふりー」の唱え方の違いに驚きました。

シンガポールでは、最初しばらくリンポチェがゆっくり真言を唱えられ、
その後大部分の時間は、リードを担うウンゼーが、真言を繰り返します。
これがものすごい高速で、どんどんみんなのテンションを上げていきます。
アッパー系ですね。

台湾では、リンポチェがゆっくり真言を歌うように唱えられる時間が長く、
その後のウンゼーさんも、規則正しい速さで繰り返します。
決して高速にはなりませんでしたし、
リンポチェがリズムを刻まれてることもありました。

同じリンポチェのリトリートなのに、
なんでリンポチェご自身のお唱えの仕方がこんなに変わるのか。
凡夫には分からない謎ですw

でも実は私は、台湾風のお唱えの仕方がとっても気に入ったのです。
リンポチェのゆっくりした節つきの「おんあみでわふりー」が
とても吉祥なるものだということに、
何回目かに気がつきました。

・・・リンポチェのお歌、音程もリズムも、とっても微妙です(^^;)

 おんあーみーでーわぁふりーぃぃ
 おんあーみぃでぇわぁふりー
 おんあみ・でーわぁふりーー・・・
 おんあーみーでーわぁふりーぃぃ

この微妙な節回しをできるだけ真似してですね、
リンポチェの呼吸に合わせて、いっしょに歌ってみたのです。
音が少々変になっても狂っても気にしない!
ただリンポチェと同時に息を吸い、同じだけ息を吐いて歌うのです。

そうしたら! とってもとってもいい感じ!
気がつけば会場にいる人がみんな、リンポチェといっしょに歌っていました!
リンポチェの呼吸、リンポチェの声にみな一心に耳を傾け
衆生の心がひとつになっていたのです。

感動でした(涙)
シンガポールで、リンポチェのお心とひとつになった体験をしたと書きましたが、
今度はリンポチェだけでなく、すべての衆生とひとつになった気がしました。


リンポチェは分かっておられるのでしょう。
人々が満足するまで、何度も何度も真言を歌われ、
よい頃合いになると、
低い声のウンゼーに、リードを渡されました。


素晴らしい体験でしたよ。
毎日2座ずつ、これを繰り返すことが出来たのですから、
どんだけ私が幸せだったか、
ご想像できるでしょう?
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by prem_ayako | 2016-09-16 20:42 | tibet | Comments(0)

台湾(3)Ximen

9月8日(木)から4日間、
台北の福華国際文化会館という施設で
ガルチェン・リンポチェの法会があります。

最寄り駅は、MRT松山新店線の「台電大楼」駅なので、
通いやすいように考えて、同じ線上の「西門」駅近くにホテルをとりました。

台南と違って、台北、とくに西門界隈は都会です!!
どうやらオタク文化の街で、イっちゃってる系の若者の数が多かったです。
まず女性の服装が違いますし、男の子の髪型も違う。
駅からホテルまでの徒歩10分圏内にコンビニが3軒あるのも、台南と段違いです。
やっぱこういう便利さは助かりますわ~

木曜日は Fivefold Mahamudra の灌頂をいただく日で
午後1時から入場できると書いてあったので
台南を朝に出て、昼前に台北中央駅に戻って西門のホテルに荷物をあずけ、
自由席なので早い目に会場に行きました。

まず受け付けで名前を書いて、ラジオ式の翻訳受信機を借り、
講堂のような広いホールに入りました。
階段状になっていて、2階席もあります。

ふと前の方に、「海外法友」と紙を貼った席が見えました。。
案内のボランティアさんが、どうぞどうぞと言ってくださったので
ちゃっかり、その席に座らせていただきました(^^)
「海外法友 Dharma friends from abroad は通訳の電波が届くようなるべく前へどうぞ」とアナウンスもありました。

この席は正面に向かって右よりではありますが、、
前の2列はお坊さまたちがお座りになる「僧衆席」でしたから
在家ではいちばん前(3列目!)になります。

思いがけず、こんなに良いお席!
シンガポールでは人数がもっと多いこともあるけれど、いつもかなり後ろの席で、
正直、望遠鏡を使わなければリンポチェのお顔が見えません。
これは、自分の土地の法友をまず優先させるか海外法友を優先させるか、
という方針の違いに依るのでしょう。
なんにせよこの度は、とっても優先していただけて、
とってもとっても有り難かったです!!

だってガルチェン・リンポチェのご存在が近くにあって
ご表情もありありと見えるし
リンポチェの波動が・・・エネルギーがびんびんに届く距離なのですww

もちろんこうなったら、一睡もできません!
ずっとぎんぎんに冴えて、4日間を過ごしました。

b0253075_217432.jpg

驚いたことに、私たちより一足早くその席についておられたのが、
東京のチベット仏教関連の法会をいつもサポートしておられる
仏教学者のY先生でした。
Y先生の方は、私の名前などご存知ないと思いますが、
はじめて東京でガルチェン・リンポチェにお会いした折りも、
この方のおかげで、わずかな資料をいただくことができたのです。
ご挨拶をして、以降4日間、ずっとお隣に座らせていただきました。


さて、こちらの法会は午後6時に終わるので、
MRTで西門に帰り(交通費、片道60円ほど!)
初日だけ、近くのレストランでちょっと豪華に夕食をとりました。

翌日からは、朝8時入場開始なので、
前日の帰りに買っておいたベーカリーのパンを、ホテルの部屋で食べて行きました。

また、いつも解散時に「夕食にどうぞ」と大きな手作り野菜饅頭をいただいたので
西門で揚げたての胡麻団子などを買い足して、
ホテルでお湯を沸かし、頭頂烏龍茶を入れて夕食にしました。

お昼はお昼で、けっこうな量のある素食(=菜食)弁当を配ってくださるので
食生活はとっても充実していました!
瞑想に集中できてありがたかったです!
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by prem_ayako | 2016-09-16 20:41 | tibet | Comments(0)

台湾(1)Xindian

1週間ほど、台湾に行ってきました。

今年は6月末から7月にかけて、
シンガポールでガルチェン・リンポチェにお会いすることができましたが

実は私たちの参加したアミデワ・リトリートの前後にも
かの地でリンポチェは、さまざまな教えを授けておられました。
次のご訪問先の台湾でも、たくさんのリトリートを予定しておられます。

よく調べると、ちょうど私たちの空いている9月のはじめに、
台北にて、またアミデワ・リトリートを開催されることが分かりました。
しかも admission free(入場無料)no registration(申込不要)と書いてあります!
それだと自分たちでホテルをとって、気軽に参加することができます。
いちおう英語通訳が付くかどうか確認したかったので、
台湾のサンガにメールして、海外参加者としてJ先生と登録しました。

この旅は
私にとっては、はじめてリンポチェとお会いした時と同じぐらいの
衝撃がありました。

ゆっくりお話ししていきますね(^^)


9月6日(火)午前9時10分発の台北行き飛行機で
台北桃園空港に着いたのが、現地時間11時過ぎ。
時差は1時間なので、3時間のフライトです。
シンガポールよりずっと近いから、ずっと楽です!

空港から台北中央駅までバスで移動。
駅で軽くお昼を食べて、大きな荷物をあずけて
MRTに乗って、Garchen Dharma Institute のセンターを訪ねました。

めざすセンターは、いちおう台北市内(新店区)ですが、
MRTからまた支線に乗り換えた「小碧潭」という駅にあります。
わりと郊外で、実際行ってみると、ん~っと・・・
大阪で言えば御堂筋線(北大阪急行)の「千里中央」って感じかな。

駅からは地図と番地を見ながら、探し探し行きました。
あたりは高級住宅街で、探し当てたビルの入り口はオートロック。
高い天井のエントランスには制服の門番が詰めています。
Garchen Dharma Institute は、13階と14階の2フロアーを使っているようで
とても清潔でセレブな場所なので、びっくりしてしまいました。

私たちは、ここでまたリンポチェと、個人インタビューを組んでもらっていました。

今回ずっとメールでやりとりしてきたのは
Claudia という、背の低い、短髪で眼鏡の女性でした。
「ここは in a mess なので、リンポチェとお会いするのは下の階よ」
とおっしゃるのですが

いやいや(^_^;)シンガポールのディクン寺 Dargye Ling に比べたら、
ここはちっとも mess なんかじゃありません。
脱いだ靴だって、玄関の木の格子の靴箱にみんなちゃんと入れているし
(シンガポールだと、脱ぐ場もないぐらい扉の前に靴が散乱してます 笑)
大きな法会の前だというのに、とても整然としています。

それでもさすがにチベット風、話はころころ変わります。
他のグループが先だからあなたたちは3時半よ、とまず言われ、
くつろいでいたら、いきなりここにリンポチェがおいでになると言われ、
慌ててカタを出して用意していたら、結局リンポチェはおいでにならず、
あなたたち先に行きなさいと2時45分に言われて、すぐに下の階に降りたのでした。


リンポチェは下の階のお部屋の中、
大会社の社長さんが使うような大きな事務机の向こうに座っておられて
いつものように「おおよく来た、よく来た」とお顔をくしゃくしゃになさり、
机ごしに、私のほっぺたにキスしてくださいましたv(^o^)v

今回のリンポチェとのインタビューの目的は、
日本にガルチェン・リンポチェのダルマセンターを作りたいこと
その手始めに、ドルズィン・リンポチェに来て教えていただくことのご報告と、
Garchen Institute Japan という名称を使うご許可をいただくこと、の2つです。
事務的なことなので、どちらもJ先生が英語でお話しされました。

若いお兄さんが通訳してくれている間、
リンポチェは次々と、いろんなものを手渡してくださいます。
まずは美しい石で飾られた腕輪。J先生にはグレイの玉のお数珠。
それから、『白ターラ母七讃』の小冊子。
私はそれらを手にとって感動したり、
リンポチェと微笑みあったり合掌したりするのに忙しく
やっぱり、ほとんど通訳さんの英語を聴き取れませんでした(^^;)

でも、「おお~ダルマセンターか、善き哉、善き哉」とか
「もちろんわしの名前など、いくら使ってくれてもよいぞよ」とか
おっしゃっていることは、お声の調子と所作とで、よぉく分かりました。

また、前回のシンガポールのリトリートで瞑想中、
リンポチェと心がひとつになったような気がしましたと申し上げると、
リンポチェは目を細め、両手の親指を立てて、Good job! のポーズをなさいました。

そして『法身普賢の誓願』と『白ターラ母七讃』に
詳しく書かれているから読んでおくようにとおっしゃいました。

はい!師よ、読みます! Lama chen-no...

そしてそして最後には・・・
リンポチェはお付きのラマに合図して金色の仏像を持ってこさせ、
白いカタでくるむようにして、私たちの前に差し出されました。
(@_@)
ダルマ・センターに置くようにと、くださったのです!
So-o precious!! 思いもよらぬことでした。


さぁ大変です。
時間が来たので促され、おいとまして上の階に戻ると

そのままでは持って帰れないでしょう?と、
センターの所長さんや居合わせたアニ(尼僧さん)たちが
仏像のお目を塞ぎ、梱包してまたカタで包み、
袋に入れるのを手伝ってくださいました。


J先生も私も舞い上がってしまって、
用意してきたお布施をお渡しするのをすっかり忘れていたことに、
小碧潭駅まで戻ったときにやっと気がついて

きびすを返してまたセンターに戻り、
Claudia には「なんでまた戻ってきたん?」とか言われながらw
ちゃんとお布施を渡すことができました。


「ダルマセンターを作るのは大変じゃぞ。
 立ち上げるのももちろん大変じゃが、
 維持していくのも、とても大変じゃ。
 しかし衆生のためにダルマセンターを作るということ、
 それだけでも、
 大きな大きな福徳じゃ。
 たとえ道半ばで終わっても、その福徳は計り知れない。
 がんばるのじゃよ」
リンポチェは力をこめて励ましてくださいました。

これから先、何度も何度も
私は今日のこの場面を思い出すでしょう。
台北の新店のあのお部屋、
リンポチェのお姿、いただいた腕輪と金色の仏さま。
それらを思い出しては
そのたびにまた、私は力をいただくことでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by prem_ayako | 2016-09-16 20:39 | tibet | Comments(0)

ラサへの歩き方

b0253075_224295.jpg映画「ラサへの歩き方 祈りの2400km」を見てきました。
原題は「カン・リンポチェ(=カイラス山)」です。

とても美しく、
そしていろいろ考えさせられる映画でした。


これは中国人監督による中国映画です。
北京生まれ、40歳前の張楊(チャン・ヤン)監督は、
チベットに惹かれ、
五体投地で巡礼する人々にに興味をもちました。

監督は、およそのプロットを決めて、
イメージに合う俳優を求め、チベットを走り回りました。
そして四川省の小さな村で
幼い少女から老人まで、計11人の村人を起用しました。

演者は全員、お互いによく知った村人同士です。
監督は喋ってほしい台詞の内容を、まず中国語で指示し、
それを通訳が中国語からチベット語に訳し、
演者たちはそれを自分たちの言葉(方言)で演じたということです。

なのでフィクションなのに、
まるでドキュメンタリーフィルムを見ているようでした。

政治的メッセージは皆無です。
中国共産党の姿は一切画面に現れませんし
逆にダライ・ラマ法王のお姿も、一度も出てきません。
非現実的ですが、上映のためには仕方ないことでしょう。
・・・あくまで、フィクションなのです。

村人たちは五体投地しながら、聖都ラサへ巡礼します。
四川省の村からラサまで、1200km。
大きな荷物(テントや布団、食料・調理道具など)はトラックに積んで、
老人と運転手と妊婦さん以外はみな、五体投地で進みます。
ラサからさらにカイラスまで足をのばして、1200km。
カイラス山に着いたところで映画は終わります。


全身での五体投地。
額・喉・胸で合掌し、
そのままザーッと身体を道の上に投げ出します。

皮でつくったエプロンのようなものを身につけていますが
当然、全身ほこりまみれになります。
すぐ脇を、すごいスピードでトラックが通り過ぎます。
でも村人らは、ひたすら五体投地を繰り返し進みます。

冬は吹雪の峠を越し、
夏は緑の草原を縫い、
ときには、ルンタはためく峠で祈ります。

夜は道端にテントをはってキャンプをします。
男たちは重い支柱を立て、女たちも手伝い、水を汲んで料理をします。
子どもも老人も、自分にできる仕事をします。

毎晩みんながそろって食事をして、
夜が更ければ年長者が「祈ろう」と言い
みなが「レー(そうしよう)」と答え
そろって長いお祈り(「二十一ターラ礼賛偈」?)を唱え
あとはそれぞれの寝袋にもぐりこんで眠ります。

毎日毎夜のこの繰り返しが、1年続きます!!!



あるとき、無謀な車に、トラックが追突されてしまいました。
エンジンは大破し、修理ができる町までは遠すぎます。
ラサまであと数日というところ。
「しかたがない。荷台をはずして、押して運ぼう」
老人の言葉に、みなが従います。

引く者と押す者とに分かれ、汗みずくになって男たちが運びます。
そして荷台を置いたら、引きはじめた地点にまで戻って、
そこからもう一度、五体投地で進みなおすのです。
どんな事情があろうとも、「五体投地をしないで歩く」という選択肢はありません!

重い荷台を引いて険しい坂を上るのはたいへんです。
「女たちも押してくれ!」
その言葉にすぐ女たちが走り、先を行く荷台に取りつきます。
男はみな前に回って引き、女はみな後ろから押します。
全員で、力を合わせて坂を上りながら
自然と歌声があがります。

それはたぶん、村人なら誰もが知っている古い歌。
日本でいうならたぶん、「○○のためならえ~んやこ~ら」的な歌ではないかしら。

ようやく峠を越して水辺の草原にでたとき、
若者たちは喜びのあまり、同じ歌を歌いながら輪になって踊ります。
この場面はほんとうに美しかったです!



映像的には、チベットの山々は雄大で、ほんとうに素晴らしく、
私はつい、『指輪物語』の風景を思い出しておりましたが
・・・雰囲気がまったく違うことに気がついて、はっとしました。
あの映画の基調は、恐怖でした。
でもこちらの映画は、とてもとても明るい。
たいへんな苦労をしているはずなのに、とてもおだやかで明るいのです。

生老病死の波は次々と現れますが、
それらは起こるべきことであって、敵ではないのです。
もちろん少しばかり感情は波立ちますが、人々は受け取り、対処します。
恐怖はありません。

この強さはどこからくるのでしょうか?


ひとつ思うのは、
この映画に登場する村人はみな
人生について、共通の信念をもっているということです。
それはたぶん、善因善果と悪因悪果・・・カルマの法。
善い行い(因)が善い結果(果)をもたらし、悪い行い(因)が悪い結果(果)をもたらすというもの。
これを疑う外道は、ここにはいません。

ではいったい善い行いは何で悪い行いは何か?ということについても
みなが、共通の理解をもっています。
たとえば善行とは、
仏教を信じること。
他者を思いやること。
子どもをかしこく育てること。
老人を敬うこと。
リーダーには従い、お互いにできることを協力すること。

人が人と共に生きていこうとするとき、
まず守らなければならないこれら基本的なことへの、
素朴な信念が、まったく揺るがないのです。

だから彼らは勇気があります。
淡々と善行を行おうとし、
人々の善行を勇気づけ
いつも正直であろうとします。
価値観が共有されて価値観を疑う必要のない生活は
とても安定しているのではないでしょうか。


ひるがえって現代の日本を考えると
世代によって異なる価値観があり・・・
地域によっても多様な基準をもち・・・
善悪よりも快不快で決まることが、あまりにも多い社会です。
現実のチベットだって、
この映画のような理想郷ではなくなっているかもしれませんが

あくまで物語として
あくまで理想の物語として

老若男女が同じひとつの美しい価値観をもち
それを守り伝えようと生きている姿は、とても爽やかでした。

そしてその美しさを映像に残しておこうとする監督が
漢人であったというのは、
ひょっとしたら、小さな希望のかけらなのかもしれません。


「ラサへの歩き方 祈りの2400km」予告編

 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by prem_ayako | 2016-08-22 21:58 | tibet | Comments(0)

Meditation

少し前になりますが、6月末から7月はじめにかけて
シンガポールでまたもや、アミデワ・リトリートに参加してきました。
もう3度目です。

過去のリトリートを思い返せば
1度目は、何も分からずただ夢中で「おんあみでわふりー」を唱えていて
(それはそれで、ものすごいシャマタだったと思うのですが)
瞑想で観音菩薩さまに変身することとか
目の前に阿弥陀さまをイメージすることとかは、
ほとんど出来ていませんでした Orz

昨年、2度目は、ただただ疲れておりまして
お唱えしながら眠っていました Orz

でも今回は、全く眠くならなかったのです。
意識が逸れそうになるたび
ぴゅんっと、Chenrezig(観音菩薩)のイメージに戻ることができました。

今回は、野田先生渾身の韻文和訳テキストがあったので
細かいところまでよく理解できたのです。
瞑想のどこの部分で、自分が観音菩薩さまに変身するか、とかね。

今まで、灌頂を受けていても、穢れ多きこの身が観音さまになるなんて
そんなこととても無理!
観音さまもきっとお許しにはならない・・・と思い込んでおりました。
視覚型なんでイメージはすぐにできるんだけど、
本心から観音さまになりきることはできていませんでした。

でも今回、テキストの

  ああ|輪廻と涅槃の万法一切空|これを知らずに輪廻に迷うなり|

という和訳を読んだとき、
・・・ああそうか。
輪廻と涅槃の区別も実はないんだ。
すべてが空なんだ・・・
となんとなく納得し、続けて

  空と光明慈悲とが結合し|自心が白い Hri と顕現し|変じてわが身は観世音菩薩|

とはっきり書いてあるのを読んで
これはそうするべきなのだと、思いました。

今までだってテキストのこの部分、
チベット語と英語で何度も読んでいたのですが・・・
信じられなかったと言いますか・・・
日本語で言われてやっと説得されました、という感じです(^^;)

で、確信をもって、
自信を持って、変わってみました。
こういうのを「本尊慢」というのかな。。。


そうして私は白き身体、四手の観音菩薩になり、
左右対称に美しく座して、
合掌しただ一心にマントラを唱えているのでした。

もう1回お唱えすると、それによってもう1人衆生が救われるのだと信じ、
ひたすら多くのマントラを唱えていると
目の前に、いつしか、三次元立体の
輝く大きな阿弥陀さまが顕れました。
透明なルビー色の丸みが美しいです。

3日目ぐらいまで、このような体験が繰り返し起こりました。
意識はぎんぎんに冴え、とてもよい状態ですが
瞑想に深く入れば入るほど、人と話をするのが苦しくなりました。
b0253075_1045026.jpgとても感じやすくなっていて、
ガルチェン・リンポチェとご一緒に極楽誓願の唄を歌えたときは
感動して泣いてしまうほどでした。。。

3日目の夜、全員が灯りをもって
大きなセッションルームを供養のためにコルラ(巡回)した時には、
おかけいが来て「わぁきれ~い♪」と喜んでくれた気がしました。


そんなふうに機が熟していって
4日目の午前、最後のアミデワ・セッションの時、
はじめて、あることが起こりました。

どう説明したらいいのかよく分からないのですが

マントラを唱え続ける中で、
意識が、深く深く入っていったのだと思います。
たぶん自分の心の奥に。

入っていって、気がつくと、
そこにガルチェン・リンポチェがおられました。
リンポチェのお心がありました。


我執にまみれているとき、心は固い氷のようになっている。
本当は、すべての衆生のこころは海の水のようにひとつなのに
それを知らずに、私たちは孤独に波に揺られ漂っている。
我を捨て去ったとき、固い氷は溶けて海の水と同じになり、
私たちはひとつになる。

何度も何度もリンポチェからお聞きしたお話です。

ようやくこの意味を知りました。

観音菩薩のご加護で、我執から一瞬離れることができたのでしょう。
リンポチェと同じ大海にとけいっておりました。

Whenever you meditate, our mind is one.

ああ、リンポチェ、こういうことだったのですね。
嗚咽が出そうで
お唱えを続けることができませんでした。


ほんの少しの時間でした。

でも分かりました。知りました。
我執を捨てることさえできれば
本当に、2つの別々の輪っかが開いて、
ひとつの大きな輪っかになるのだということを。



ふりかえって考えるに、
マントラを何千回唱えるという瞑想そのものは、
昔アスミでよくやったダイナミック瞑想とほぼ同じ原理のもので、
マインドを停止させ、ある種の恍惚感をもたらします。
このとき、たぶん自分という意識も消えるでしょう。
これがひとつ。

ですがここに、慈悲の要素を入れるからこそ・・・!
つまり観音菩薩になって心から衆生済度を願うからこそ、
はじめて我執が、自他の区別が、消えるのです。

瞑想と慈悲。
この両方が必要です。


垣間見た世界は、
いろんな条件が整わないと到達できないけれど
今生のうちに、また必ず訪れたい。

そしてもし機会があったら、
心からの感謝をリンポチェに申し上げたいです。
 

 
 
 
 
 
 
[PR]
by prem_ayako | 2016-07-23 10:20 | tibet | Comments(2)
例年、年末のスピリチュアル・ワークは
その年のカレンダーの具合で
2泊3日にしたり3泊4日にしたりしていましたが
昨年末のスピリチュアル・ワーク@比叡山坂本は
思いきって、前後半に分けた4泊5日で企画してみました。

事務仕事は煩雑でしたが、
半分だけ参加された方も、通しで参加された方も
それぞれにメリットがあって満足していただけたようでした。

私自身も、
ふだん主催者側にいるとなかなか瞑想に没入できないのですが、
今回は1日だけでしたが「黙想」行を行うことができましたし、
できあがったばかりの「三十七の菩薩行」をみんなでお唱えすることもできて
とっても良かったです!

ところでワーク中、先生から「今の気分を絵に描いてください」
という指示が出ることがあります。
各自、そのたびに何の変哲もないA4のコピー用紙を1枚ずつとって
心のおもむくままただ描いて、
誰かに見せることもないまま持ち帰るのですが

・・・今回、後になって順に並べて見てみると
下手な絵なりにけっこう面白かったのでした。
なので、ちょっとばかり振り返ってみたいと思います。
もしよろしければお付き合いください。

(1)ワーク初日、開始後すぐに描いた絵。
b0253075_21144555.jpgまず山をふたつ描きました。
空を半分おおう雲。
そして川(湖?)の岸を歩く人物。

人(=私)は画面の下の方にいて、
全体の景色からいうと、とても小さな存在です。
雲はなにか、襲ってくるような不穏な形をしています。


(2)同日、瞑想後に描いた絵。
b0253075_21175812.jpg同じく山ふたつですが、
その間を川が流れ
谷間を歩く人がいます。
空は晴れてお日さまが出ています。

私は谷川に沿って
画面の向こう側へ進んでいるようです。
この向こうには何があるのかな?
少し希望をもっているようですね。

(3)ワーク2日目の夜、何度も瞑想をした後の絵。
b0253075_21185649.jpg逆巻く大きな波ふたつ。
それとも波ではなくて山なのでしょうか?
その上を、走っているような飛んでいるような人物がひとり。
雲から出ているのは光でしょうか?稲光?

観音菩薩さまのご存在をありありと感じる
そんな体験の後に描いたので
もっとおだやかな
お悟りのひらけた絵になるかと思いきや・・・

なんだかたいへんなことになっているみたいです。
「今の気分」は混乱中なのでしょうか。
我ながら謎な絵です。

(4)ワーク3日目。
b0253075_21194593.jpg波一つない水面。
月と太陽が並んで出ていて
それぞれ水面に影を落としています。
手前に水鳥が2羽、浮かんでいます。

今までと同じように心の向くままに描いたのですが、
描き終わってからこの絵を眺めて
私は泣きそうになりました。

この絵の構図は、
うちにあるクンツサンポ(法身普賢)のタンカと同じです。

この真ん中の空間に
月と日とに荘厳された
クンツサンポさまがおられるのでしょう。

法身は見上げるほどに巨大で
虚空と同じで虚空に融け入っていて
私の目には見えないのだけれど
たしかにこの空間におわします。

これは法身顕現の絵ではないでしょうか。
・・・そのことに
私の無意識さんは、確信をもっているようです。

それを眺める水鳥は、うちの窓の外のカモさんたちでしょうか。

おりしもクリスマス、しかもチベット暦満月の夜。
この後、露天風呂から、首が痛くなるほど高くに上った満月を眺めながら
何度もこの絵を思い出して幸せにひたったのでありました。

(5)ワーク4日目、最後の夜。
b0253075_21212383.jpg月が出ています。
平らな地平線に立っているのは(絵が下手でスミマセン)
十一面千手観音さまです。
しっかりした道が観音さまに向かって通じていて
私はどうやら、観音さまとお会いしたようです。

最初の方の絵にあった2つの山は
波のように激しく揺れて崩れていったのでしょうか。
もうどこにもありません。
ただもう、まっすぐな線になりました。

そんなむずかしいことを考えながら描いたわけでは全くありません。
頭ではなく、手が描いた感じでした。

やっぱり4泊5日も瞑想を繰り返すと
私の心も、こんなふうに鎮まるみたいです。
絵にその過程が現れているようで、とてもありがたいです。
おんまにぺめふむ。。。

しかし単純な絵だ・・・(^_^;)
(絵はクリックすると少し大きくなります)
[PR]
by prem_ayako | 2016-01-02 21:37 | tibet | Comments(0)

Drupwang Rinpoche

6月にシンガポールで出会った Evelyn 夫妻と
この日曜日、大阪で再会しました。

旦那さまの Dr.Lee は、病院経営者でもある内科のお医者さま。
Evelyn は、大学で日本語を専攻した日本びいきです。
親戚たち9名(!)のグループで
2週間の日本旅行を楽しんでいるんだそうで、

来日してすぐに和歌山、串本、伊賀の忍者屋敷を巡り、
この日の昼間は京都の清水寺を訪れて、
翌日からは広島に行くんだとか。
その後、名古屋にも東京にも。
Crazy~~~(^_^;)

お豆腐料理を食べながらいろいろお喋りしましたが、
私にとって、この日いちばんの収穫・・・というか、
karmic bond(前世の因縁?)を感じたのは

ドゥプワン・コンチョク・ノルブ・リンポチェ(Drupwang Konchok Norbu Rinpoche)のお話です。

ドゥプワン・リンポチェは、ディクン・カギュの高僧でいらっしゃいますが
ただの高僧ではなくて、まごうことなき siddha(成就者)であられます。

b0253075_1194165.jpg頭の上に巻いた髪は、お籠もりの印・・・
何年も何年も山奥の洞窟などに籠もって
修業をされた証しです。

お写真を拝見するだけで、
私などはもう、ゾクゾクしてしまうのです。
(大きなJ先生の表現では、
 fell in love しているという・・・)

この方には、いつも小鳥が寄ってくるとか
重たい石のマニ車を手を触れずに回されたとか
岩に足跡をつけられたとか
いろんな逸話が伝えられています。

ダライ・ラマ猊下のことを大好きで
また猊下もリンポチェをとても頼りにされていて
「まだあっちへ行ったらあかんぞ」と何度も
お引き留めになられました。
それで、ご自分のおつもりよりも
少し、長生きをしておられたのです。


そしてここからが、この日 Dr.Lee から伺ったお話です。

ドゥプワン・リンポチェはシンガポールで
何度かマニ・リトリートを開いておられました。
2007年12月のクリスマス前、
シンガポールの空港に降り立ったリンポチェは
すでに相当、具合が悪くなっておいででした。

すぐに、市内のディクン・カギュのセンターに運ばれて、
センターの一番近所に住んでいたお医者さんが呼ばれました。
その医者が、Dr.Lee のお友だちだったのです。

リンポチェの状態は、もうとてもお悪くて
意識不明になられました。
お医者さんは、すぐに救急措置を施さなければなりませんでした。

病歴など全く分からないまま、
近所に住んでいるからというだけで
海外から着いたばかりのチベット僧に
いきなりの心臓マッサージ。

それでもベストを尽くされたのですが
その甲斐むなしく・・・リンポチェは遷化してしまわれました。
86歳だったということです。
ガルチェン・リンポチェはじめ、多くのディクン・カギュの高僧方が
その後移された病院に、続々と集まってこられたといいます。


そのお医者さんは、仏教信者でもなんでもなかったのですが、
ご自分の初期治療が悪かったためにリンポチェを救えなかったのではないかと
とても心苦しく思われたそうです。
そしてディクン・カギュの信者になりました。

それからわずか2年後、
まだ若いそのお医者さんが
末期癌であることが分かりました。

Dr.Lee を含む友だちや同僚の方々は
彼のベッドを取り囲み、
みんなでオンマニペメフンを唱えて彼を看取りました。
誰もディクン・カギュではありません。
ただ、死んでいくその彼が望むので、
小乗仏教(テーラバーダ)の友だちも、彼に聞こえるようにマニを唱え、
クリスチャンの友だちも、彼の目の前に観音菩薩の絵をかかげて見せました。

彼は幸せそうに逝ったといいます。

Very touching story....

ドゥプワン・リンポチェがシンガポールに来て亡くなられたのは
この彼をディクン・カギュに帰依させ彼の魂を救うため
そのためだけだったのではないかしら?

というのが、Evelyn の意見です。


私は残念ながら、ドゥプワン・リンポチェにお会いしたことがありません。
YouTube の Yogis of Tibet でお姿を拝見しただけです。

このビデオにはディクン・カギュのリンポチェ方が大勢出演しておられて、
お若いガルチェン・リンポチェも、サーモグラフィーの実験に協力しておられます。
しかし、当時の私がもっとも強く惹かれたのは、
ガルチェン・リンポチェではなく
ドゥプワン・リンポチェでした。

あぁこのような方のお側にいたい・・・と感じていました。
(まぁ、ほぼ小鳥と同じレベルですね)
すでに亡くなっておられると知って、とても残念でした。

Evelyn に言わせると、それもまた karmic bond なのだそうです。
「だって私たちは3度も(マニ・リトリートで)お会いしたけれど
 ドゥプワン・リンポチェに fell in love しなかったもの」


今年6月、あれだけ多くの人のごった返すその中で
声をかけられ親しくなって
さらに半年後、日本で会う機会を得たこの人たちが、
実際にドゥプワン・リンポチェとまみえ、
深いご縁のあったお友だちのお話をしてくださるとは!

ほんとうに不思議なことです。
ほんとうに珍しいことです。



つい昨日もまた、
あるチベットがらみのお友だちが
ガルチェン・リンポチェの「ガンジス川のマハームードラ」のテキストを
送ってきてくれました。

マハームードラのテキストはインターネットにいくつか落ちていますが、
<ディクン・カギュの><ガルチェン・リンポチェの>テキストそのものは、
やはりネットでは手に入りません。
微妙に語尾や語順が異なっていることがあるので
私としては、ぜひ<リンポチェの>ものをコピーして
ゆっくりと勉強していきたいと思い、お願いしてみたのです。

なんとありがたいことに!
彼女は貴重なご自分の冊子を、そのまま送ってきてくださいました。
彼女の為された福徳に随喜いたします。


小さな縁が、確実に何かを紡いでいっている・・・
私はこうして少しずつ
何かの糸をたどっていっている・・・
なんだかそんな気がしています。

b0253075_11222582.jpg

[PR]
by prem_ayako | 2015-12-16 11:27 | tibet | Comments(0)

仏さまと暮らす

スピリチュアル・ワーク@鹿島の前日、
ちょっと鎌倉に寄り道して散財してきました。

鎌倉には、モンゴル人のおじさんが経営している
チベット仏具屋さんがありまして、
一種の「欲望の館」なのでありますよ(そのスジの者にはネ)。
少しお高いけど、いい物があるんです。

手に入れたのは、
ずっと前から欲しかったけど買えなかった、
閼伽(あか)供養の7つの水器です。

本来、チベットの仏さまにお献げする供物は
1)漱口水(サンスクリット語で、あーがむ=閼伽)
2)洗足水(ぱーでぃあむ)
3)華(ぷしゅぺー)
4)焼香(どぅーぺー)
5)灯明(あろけー)
6)塗香(げんでー)
7)飯食(ねうぃでー)
8)奏楽(しゃぷた)
ということになっています。

これは毎回、手印とともに観想しますが
実物をお供えすることができれば、なお良いかしらね、と思い

今まで、なんとなく散漫に、
いろんな器に
お水を入れたり、
お花を挿したり、
いただきもののお菓子を置いたりしてきました。

b0253075_21104959.jpgまあそれでも全然かまわないんですけど、
そうしていると仏壇が
どんどんカオスになってきまして・・・(^_^;)

しかもシンガポールで、マニ車とかお数珠とか買っちゃったし。

額装のすんだクンツサンポさまもおいでになられたことですし♪
お仏壇を調えるよい機会かなと思いました。


さてこういうときのバイブル、
『実践 チベット仏教入門』(春秋社)には
「これらの供物を捧げる代わり、閼伽水だけを七つの仏器に並べて供養してもよいでしょう」
と書いてあります。

なんで8つのお供えが7つのお水になるねん?
という私の素朴な疑問にも、この本は
「『七つ』という数は、簡易な形式で供養する際の、一応の目安である」
とちゃぁんと註釈をつけてくれています。親切ですねぇ。

で鎌倉で、ついに
真鍮の仏器を7つ買いました。
1個1000円也でした。

いやしかし、
美しい~~(^o^)
満足じゃ。

b0253075_2116733.jpg




「チベットの習慣では、朝の勤行時に閼伽水を供え、日没時にはこれを下げて仏器も収納するのが一般的です。もし、下げずに供えたままの場合は、翌朝、並べてある仏器にわずかずつ瓶水を注ぎ足すのです。」『実践 チベット仏教入門』
ということですので

b0253075_21185160.jpgこの器を手に入れてから、
私も朝、
なにはともあれ出かける前に
仏さまにお水をさしあげることにいたしました。

ほんのちょっとしか時間がとれなくても、
お作法どおり、静かにお水を注いでいくと
とても心が落ち着きます。

そして(日没時は無理なので)夜、
寝る前の瞑想が終わってから、
お水を捨てて、器を拭き、
重ねて収めるようにしています。
これもまた、1日の終わりとして、とてもよい時間です。

暮らしが少しだけ丁寧になったような気がします。
[PR]
by prem_ayako | 2015-07-25 21:31 | tibet | Comments(3)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako