アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。

カテゴリ:tibet( 72 )

ラムケン・ギャルポ・リンポチェというお方のことを
私は勝手に「おひげリンポチェ」とお呼びしています。

数年前まで、わりとひんぱんに日本においでになっておられたようで
私は2013年初夏に東京の護国寺で般若心経を


2014年冬に、やはり東京の慈母会館でチュゥの教えを受けました。


どちらも、とてもとても尊いものでした。


おひげリンポチェにお会いする前の年に、はじめてガルチェン・リンポチェにお会いして
そのとき、ガルチェン・リンポチェの弟子になろうと決めたのですが
次いつお会いできるかわからなかったので

翌年6月、同じディクン・カギュの高僧であるおひげリンポチェから
最初の帰依戒をいただいたのです。

今もよく覚えています。
風の吹き抜ける護国寺の本堂で
おひげリンポチェの明快なご説明を伺ったこと。
質問への的確なお答えと
詠まれたチベット語の般若心経の美しさ。。。


帰依戒を受ける人は前に出るようにと言われ
リンポチェのすぐ前に左膝をついて手を合わせた私をご覧になって、
「彼女のような姿勢で座ってください」とおっしゃいました。
(なんとそのときの通訳さんは、先日大津で1日だけ通訳に来てくださったM先生でした)



2014年の慈母会館でのチューのお教えも素晴らしかったです。
おひげリンポチェはダマルを鳴らしながら
とてもよいお声でお経を唱えてくださいました。

ただ、最終日の午後から突然に
お風邪のような症状が出てこられて、声が涸れ
少し熱っぽいお顔になられて、お気の毒でした。
最後のチューの朗唱は、お付きのケンポに任せておられました。



このケンポとは、その後Facebookでお知り合いになったのですが、
その頃はおひげリンポチェとご一緒にヨーロッパやロシアを回っておられましたが、
そのうち、おひとりで写るお写真が多くなってきました。

そして少し前、おひげリンポチェのお写真が、ひさしぶりにアップされていました。
それを拝見すると・・・・・とても痩せておられて

あの丸顔とキラキラしたお目が・・・様変わりしておられて
前は黒々としていたおひげも、目立たなくなっておられて
・・・お年を召しただけではない変わられようだと感じて
とても悲しかったのです。

ですから、予感はありました。


今朝ほど、アメリカのガルチェン・インスティチュートからメールが届いていました。


Dear Sangha

H.E. Garchen Rinpoche has requested that his disciples around the world recite White Tara mantras as much as possible for all the beings who are suffering from the natural disasters now - the earthquakes in Mexico, the hurricanes in the Caribbean Islands, Puerto Rico and Florida and anywhere else in the world that is experiencing a natural disaster.

Rinpoche also is requesting his disciples to recite White Tara mantras for the long life and health of one of his teachers, who is very ill at this time - Lamchen Gyalpo Rinpoche.


OM TARE TUTTARE TURE MAMA AYUR JNANA
PUNYE PUSTIM KURU SVAHA


ガルチェン・リンポチェは世界中の弟子たちに、できるだけたくさんの白ターラー・マントラを、いま自然災害にあって苦しんでいるすべての衆生のために唱えるように言っておられます。メキシコの地震、カリブ諸島・プエルトリコ・フロリダのハリケーン災害、その他の自然災害にあった衆生のために。

さらに、リンポチェの師のおひとりであり、今とても重い病にあるラムケン・ギャルポ・リンポチェの長寿と健康のために。

おん たれ とぅったれ とぅれまま あゆ じゃな
ぷんね ぷてぃむ くる そーは

b0253075_22401095.jpg
  


  ほんとうに無常を感じます。
  父も師も去っていきます。
  おひげリンポチェが少しでもお楽になられますように。

 
 
 
 
 
 


[PR]
by prem_ayako | 2017-09-21 22:48 | tibet | Comments(0)

The 1st Day in Singapore

(すっかり季節が変わり、古い話になってしまったんですけど・・・
 よろしければお読みください)

8月8日の朝8時に函館から帰宅して
その日の夜8時には関空におりました。

朝ご飯を食べて、1週間の旅の用意をして
ざっと掃除機かけて、お風呂入って昼寝して、
メールチェックしてブログアップして、ゴミを出してダッシュです。
できるもんですね(^^;)


シンガポールは4回目です。
最初の2回はJ先生とふたりきり。
昨年は約10人、
今年は約20人の日本の仲間と参加することになりました。
関空から、通訳のW先生といっしょです。

9日早朝、お馴染みのチャンギ空港に無事到着し、
時間をつぶして午前8時すぎ、
ダルゲーリン(ドルズィン・リンポチェのお寺)に向かいました。

今年のシンガポールは例年ほどには暑くなく、
2晩連続で夜行移動の私としては、たいへん助かりました。

ダルゲーリンでタクシーを降りると
成田からの到着組が、鍵がかかっているとビルの外で待っていました。
8時に開けると聞いてたのにね・・・と、ドアの小窓から覗いてみると
お坊さんがふたり、祭壇を調えておられるのが、かろうじて見えました。

ピンポンを押しても反応がないので
何度かノックしてみると、ようやく気づいてくださいました。
そうして扉を開けたお坊さんは
5年前から、毎度ここでお会いしているラマ・ツェリン
あちらも「おお!」とニッコリされ、大きく扉を開けてくださいました。

続々中に入ると、奥からドルズィン・リンポチェがご登場!
(リンポチェとお坊さん方は、ここに住んでおられるんですね)
みんなハグして感動の再会です(^o^)

そのうちにスタッフの方々もやって来られました。
ガルチェン・リンポチェのお座をつくって、私たちの座布も並びました。
どうやら・・・今回はいつもの奥の部屋ではなく
仏像やタンカの並んだ本堂でお会いできるようです(やっぱり20人で来ると違うわ!)

通訳のW先生を含む日本人の半数以上は、
3月のドルズィン・リンポチェのリトリートに来られた方々で
ガルチェン・リンポチェとお会いするのは、このたび初めてです。

お約束の9時近く、いったん座っていた座から
そうだICレコーダーを出しておこう、と荷物の方へ歩いて行ったとき、
ちょうど!ガルチェン・リンポチェが入ってこられるのに出くわししました。
さっそくみんなに告げて、立って合掌してお迎えしました。
(そしてICレコーダーのことはすっかり失念いたしまして・・・
 今回も録音し損ねましたとさ・・・)

ガルチェン・リンポチェはニコニコと、とてもお元気そうです♪
いつものように慈愛深く
みんなの顔を見回してくださいます。
この笑顔にあえば、私たちも笑顔にならないではおれません。

b0253075_22222612.jpg大きなJ先生が日本ガルチェン協会の会長として
3月のリトリートが大成功に終わったことや
今後の計画や、
リンポチェへのお願いなどを伝えられました。

ガルチェン・リンポチェは
通訳のW先生が楽な姿勢でお仕事できるように
気を配られます。
こういうところ、本当にガルチェン・リンポチェらしい!
ご自分のことより、いつもまわりの衆生のことを考えてくださいます。

今までは15分ぐらいしかお時間をいただけなかったのに、
今回はなんと1時間(!)
日本人のために、リンポチェはお時間を割いてお話をしてくださいました!
(やっぱ20人いると違うわ again)
そして今回も、録音できなかったことが悔やまれる again です。

でも、あとで大きなJ先生にお尋ねしたところ、
次のように概要を教えてくださいました・・・

 このように私(Jalsha)は聴いた。
 輪廻も涅槃も全て私たちの心(セム)である。
 心が穢れていると(我執があると)輪廻になり、心が清まると涅槃になる。
 智恵と慈悲によって心は清まる。
 一生懸命勉強して智恵ばかりを増やしてもダメで、
 日常生活の中で慈悲を磨かなくてはならない。
 菩提心の瞑想(ゴム)をすることが必要じゃ。
 そうすると心がしだいに清まって、やがて智恵も生じる。
 こうして心が完全に我執から離れると仏になるのじゃ、と。

私のいいかげんな記憶では
「セム(心)」で始まって「ゴム(瞑想)」で終わるんだな・・・って程度でしたので(>_<)
J先生に感謝感謝です!


ありがたいご法話の後、
思ってもいないことが起こりました。
ドルズィン・リンポチェが目配せされて、
大きな布の巻物が、ガルチェン・リンポチェの前のテーブルに置かれました。
それを、私たち日本のサンガにくださるというのです!
b0253075_22262439.jpg
開いて見せてくださったものは、
ディクン・カギュ派の創始者であるジクテン・スムゴン大師のお姿を中心に
系譜のラマたち、ご本尊、まわりにはウサギや象が戯れる、
とても美しいタンカでした。
(今年はジクテン・スムゴン大師の入涅槃800年記念の年なのです)
絵そのものも大きいですが、軸装もたいへん立派です。

台湾ではお釈迦さまのお像をいただきましたが、
今回はタンカですか!
ありがたすぎます(T_T)

それからひとりひとり、ガルチェン・リンポチェにカタをお献げして
記念写真を撮って、ちょうど1時間でガルチェン・リンポチェは退出されました。
b0253075_22282617.jpg
このようなご厚遇、すべてアレンジしてくださったのは、
われらがドルズィン・リンポチェです~(T_T)


面白いことに、
この後4日間のアミデワ・リトリートの間も
日本の参加者の間でドルズィン・リンポチェの株は上がりっぱなしでした(^^)

3月のリトリートでドルズィン・リンポチェの帰依戒を受けられた方々はやはり、
ドルズィン・リンポチェlove!みたいです。
私はやっぱりドルズィン・リンポチェはお兄ちゃんみたいな感じで
ガルチェン・リンポチェの方に、隙あらばベタベタしちゃうんですけどね(笑)

 
 
 
 
 
 
 
 
 


[PR]
by prem_ayako | 2017-09-09 22:35 | tibet | Comments(0)

ソンタルジャ

しばらくとっても忙しかったんです。
いやもちろん、4月末は2泊3日の「かささぎ座」、
5月連休は4日連続の「秘訣講座」、
さらに9日から箕面でのパセージが始まったということもありますが・・・

それに加えて
というか、その合間をぬって
連日大阪まで映画を観に行っていたからでございます(^^;)

書記のお仕事をさぼったり
秘訣講座を途中で抜けだしたり
チベット語レッスンの時間を遅らせてもらったり(滅茶苦茶やっとるなぁ)
あれこれ諸方面にご迷惑をかけまくってm(_ _)m
そこまでして観たかった映画って何?

実は、大阪の第七藝術劇場という映画館で、
「チベット映画傑作選」と銘打って
毎日、日替わりで、今日までチベット映画が上映されていたのです。
b0253075_22501646.jpg
先日から、『草原の河』という
チベット人監督による、チベットで撮影された、チベット語の映画が
日本ではじめて劇場公開されています。

それに合わせて
今まで日本で観る機会のほとんどなかったチベット映画が、
1日1本ずつ(^^;)上映されていたのです。

こんなチャンス、逃すわけにいかんでしょ。
いつまた上映されるか分からないんですから。

まあ、オタクな世界でしてね。
第七藝術劇場(通称ナナゲイ)は知る人ぞ知る小さな映画館でして
私はかつてここで、観客たったの3名という経験をしたことがありますが、
今回は、もう少し多くて、いつも10人以上は観客がいましたね(^^;)
土日はさすがに30人ほど入っていましたけど、平日になるとぐっと減りました。
しかもだいたい同じお顔ぶれでしたね。。。


そして私は、すっかりはまってしまったのです!

・・・それで、誰も求めてはいないけれど 笑
私のイチオシのソンタルジャ監督について、熱く語ることにいたしましょう(^^;)


ソンタルジャは
第一作が『陽に灼けた道』2010年
第二作がいま絶賛全国公開中の『草原の河』2015年

私は、どちらかというと第一作の『陽に灼けた道』の方に、
より深く引き込まれました。

陽に灼けた道 予告編

どのカットも無駄なく美しく、
もうかたときも目を離せなかったんです。
息苦しいほどに、集中して観ておりました。。。
台詞も、音響も、考え抜かれ
不要なものがそぎ落とされ、
クライマックスで、静かに静かに涙が溢れてくるという・・・
第一作にして、ものすごく完成度の高い映画でした。

そして最後のシーンの語るものは何か・・・
それからずっと後を引いて、考え続けています。
どこかでチャンスがあるなら、また必ず観たいと思っています!

第一作『陽に灼けた道』の全力投球度に比べると、
『草原の河』の方は、きっと意図的に、少し「遊び」があって
まだ少し、息がつけました。
(しかしこれも完成度めちゃ高いです!オススメです!)

なんといっても主人公の女の子が可愛いくて可愛くて。
可愛すぎてせつなかったです。。。

草原の河 予告編

どちらの映画も、
生まれることと死ぬことをストレートに扱っていて
その背景が
埃っぽい道だったり
草原だったり
凍った河だったり
現実の、今現在のチベットなのでした。


ところで、数年前に観たペマ・ツェテン監督の『静かなるマニ石』2005年が、
私とチベット映画との出会いでしたが、
今回、ペマ・ツェテンの『草原』2004年と『ティメー・クンデンを探して』2008年も
観ることができて良かったです。

実は、ペマ・ツェテンの映画の撮影をしているのは、ソンタルジャなのです!

彼らは同じ北京電映学院の出身で
ペマ・ツェテンは脚本、監督、
ソンタルジャは撮影、
もうひとり、ドゥッカル・ツェランは録音技術を学んで
3人でタッグを組んで、次々とチベット映画を撮ってきています。
すごい友情ですよね~

『ティメー・クンデンを探して』における
ソンタルジャのカメラワークは、すばらしいです!

会社社長が自分の初恋の物語を話している間、
じっと黙っている後部座席のスカーフの娘。
窓ガラス越しに、この娘の目がうるんで見えるところとか

b0253075_2251578.jpg


社長の初恋の語りが佳境に入ったころ、
いきなり現れた羊の群れが道を塞ぐところとか

そして最後、娘が別れた恋人と再会するところ。
遠くからロングで校庭を見下ろすカメラ。
あえて、ふたりの会話や表情が見えないように。

うまいなあ!
と、すっかりソンタルジャのカメラに魅せられた私は思うのでした。


でも、こうやって書いているうちに、

私がなぜソンタルジャを
カメラワークだけでなく、監督として好きなのかが
分かってきました。

ソンタルジャの映画の基調になっている感情が、「悲しみ」だからだと思います。

たぶんそのせいで、
彼の映画は、とても深いところに触れてくる感じがします。

どうしようもない運命にであった人間が
その悲しみから立ち上がっていく過程を描くことが、
いつも彼のテーマなのじゃないかな・・・

じんわりと、あとに効いてくる
よい映画とであいました。
みなさまも、機会があれば、ぜひ。
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by prem_ayako | 2017-05-12 22:41 | tibet | Comments(0)

チベット語会話

5年ぐらい逃げ回っていたタスクと
b0253075_1626912.jpg向き合わねばならないときが
ついにやってきたようデス・・・

いやなに、
チベット語会話なんですけどね。

もともとチベット仏教に興味をもった時点では
まさか自分がチベット文字を読むようになるとは考えておらず

まさか自分にチベット語を教えてくださる方々が
身近に
次々と
現れるとは思っておらず

さらに、今度は
まさかチベット語会話を学ぶはめに陥るとは・・・

どうやら私は、
いつも師から
上手に勇気づけられてしまうという
星の下に生まれたようです(-_-)


ドルズィン・リンポチェは
来日されたその日から
「チベット語会話も習たらええのに。そしたら俺ら、喋れるやん」
ておっしゃっておられました。
(ホントはきっと、もうちょっと丁寧な英語)

その後も、やっぱりたびたびそうおっしゃいます。
1週目の前行が終了した日、
晩ご飯を膳所のご飯屋さんで済ませてホテルに帰る道すがら
「ほんまに会話もやりぃや。
 ゆっくりゆっくりでええから勉強し。
 そしたらある日、チベット語が、あっというほど分かるようになってるで」
って、しみじみおっしゃいました。
(なんでこんなに大阪弁で聞こえてしまうのかしらん)

それでね、ときどきテストもされたんです。
ポットを運んでたら、「何が入ってるんや?」
「空です」
「Empty! Good! In Tibetan?」
あのね。
英語喋ってるときは英語脳になってるの。
いきなり言われてもチベット語単語出てこないの。
「え~と、えーっと」
「とんぱ やんか」
「あ、そうだった、とんぱです~」

「正確には、とんぱは empty、とんぱにーが emptiness やねんで」
「はい~」
みたいな。


もっと若い頃にチベット語を習い始めていたなら別ですが、
なんせ50台から始めていますからね、
今生でチベットに行くことはないだろうと思っているのです。

だけど、まさか、こっちへチベットの方をお招きすることになるなんてね。
こうなると、ほんとに少しぐらいは日常会話できる方が便利ですね。

アドラー博士も、60才になってから英語を学び始められたと聞きます。
そしてアメリカで講演し、アメリカの大学で教職につかれたのです。

それを思えば・・・私も、今ならまだ間に合うかも。
何も難しいご法話を分からなくていいので、
ただ、「その壺をとれ」とか「小皿は6枚必要だ」とかが分かればいいのです。
逆に、今を逃せば、もう無理かもしれません。

つうわけで、W先生にお願いして
現代チベット語会話を学び始めることにしたのです!


先週の火曜日、
チベット語会話初回のレッスン。
テキストは、ちょうど出版されたばかりの『ニューエクスプレス チベット語』でした。

レッスン1は「Hi, I'm Ayako」のレベルですが(^^;)
おお!ドルズィン・リンポチェに習った
「くすでぽいんぺ~(お元気ですか?)」が
ちゃんと本に載っています。
スペルがわかってうれしい♪

だいたい、リンポチェは「けらん(あなた)」を「ちぇらん」って発音しておられたし。
「らまけんのー(上師よ見そなわせ)」も「らまちぇんのー」だったし。
テキストにはラサ発音のCDがついていますが、これは、ほぼ役に立ちません。
私の師たちは、残念ながらみなさんカム訛りなので!

b0253075_16274427.jpgさらに言われて急ぎ購入したのが、
『旅の指さし会話帳 チベット』という本です。
単語力アップに良さそうです!

1時間ばかりW先生にみっちりレッスンしていただいて、
と~っても楽しかったのですが、
あと、ひじょーに頭が疲れていました。
そりゃそうよね。。。

1ヶ月に1回ぐらいのペースで「ゆっくりゆっくり」続けて
1年後のドルズィン・リンポチェ再来日のみぎりには
うふふ・・・チベット語のお喋りを披露したいと思いますw


それから数日たったある日、携帯がぴろん!と鳴って何かメッセージが届きました。
見たらドルズィン・リンポチェからでした!

b0253075_16302865.jpg「たしでれ~ Ayako も Jalsha も元気でやっておるか?
 わしは今、日本食のレストランで食事をしておるところじゃ。
 たいへんおいしいぞ。
 チベット語の勉強をしっかりするのじゃぞ」

・・・と、チベット語で書いてありました!
解読に数分かかりました(=_=)
(なぜかチベット語は老僧風・・・)

お写真つきです(^o^)

こうなったらチベット語でお返事を書こうと思いましたので、
お返事を出すまでに、またかなり時間がかかりました(>_<)
『旅の指さし会話帳 チベット』をめくって「おいしそう!」というフレーズを見つけ、
「リンポチェ、たしでれでございます。
 私ども2人はとても元気にしております。
 とてもおいしそうでしゅね」などと書きましたとさ(笑)


ちなみに、大きなJ先生ところにチベット語メッセージは送られてきません。
どうやらチベット語会話については、私がターゲットになっているもようです。

いやーなかなかに楽しい暮らしです(T_T)


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by prem_ayako | 2017-04-09 16:33 | tibet | Comments(2)

阿難と摩訶迦葉

b0253075_22345231.jpg私に一体いかなる福縁があったのでしょうか?
今生で生きた仏陀であるガルチェン・リンポチェとお会いでき
生きた菩薩であるドルズィン・リンポチェのお世話を
少しばかりさせていただけたなんて。

チベット仏教に興味を持ち始めたのは
2011年秋。
思えばもう5年半も前になるのですね。
もちろんその頃は、未来の私がこんなことしているなんて(^^;)
想像もしませんでしたよ。

2013年夏にはじめてシンガポールに行って
ドルズィン・リンポチェにお会いしました。
b0253075_2237178.jpgこんなにお近づきになれたことも、ほんとうに不思議です。

あの時は、ただただガルチェン・リンポチェにお会いしたい!
それだけの思いでシンガポールに飛んだのです。

強い陽射しの中、今よりもう少し細身だったドルズィン・リンポチェが
ダルゲ・リンの前に立っておられた姿を思い出します。
 What is your lineage?と聞かれたので、
 - Garchen Rinpoche.と答えると
 Garchen Rinpoche? So do I. Same.
と笑われました。


俗世のご縁でいえば、
もちろんアドラー心理学の師匠である大きなJ先生とのご縁が深いですし
そのおかげでさまざまなお仕事をいっしょにさせていただいておりますが

その他にも、まるで目まいがしそうなほど
さまざまな縁と因とが互いに絡みあい結びあいしているように感じるのです。


今回のリトリート開催にあたって、
ほとんど全日、通訳を勤めてくださった素敵なWさん。

Wさんとのご縁が結べたのは、
アドラーのお友だちのNさんが
チベット語をいっしょに学ぼうと私を誘ってくださったからです。

そもそもNさんがチベット仏教を学んでおられることを、当時私は全く知らず、
2011年にはじめて行った大阪のポタラカレッジで、
私の前の席にNさんが偶然、座っておられたのです。
不思議ですよねぇ!

私たちの最初のチベット語の先生はタンカ絵師のMさんでしたが
2015年から、Wさんにお願いして学んでいます。
そのご縁で、このたびの通訳をお願いしました。
引き受けてくださってほんとにほんとに助かりました!

今回のリトリートの成功要因は、文句なしに、
W先生の美しく分かりやすい日本語通訳でした!
ね!!(^_^)v


また、チベット風の祭壇用の布を調達できたのも、
Wさんが、お知り合いの広島龍蔵院のラマさまにお願いしてくださったからなのです。
なんと畏れ多いことに、私たちディクン・カギュ派なのに
ゲルク派のラマさまに、ネパールでのお買い物をお頼みしてしまいました(^_^;)


さまざまなご縁を
ほんの少し考えてみただけでも、
予想もしない以前からの因が熟して
この2週間のリトリートに結実していたことが分かります。

当然それは私だけでなく、
参加者のみなさんも、それぞれの因と縁とがそれぞれに実って
今生で、生きているダルマに出会われたのです。

アドラー心理学を学んでこられた方が多かったわけですが、
どうですか? こんなところに辿りつくなんて~
予想しないですよね、ふつう(*_*)



少し話は変わりますが、
お釈迦さまの晩年のお弟子に
マハーカーシャパ(摩訶迦葉)という方と
アーナンダ(阿難)という方がおられました。

マハーカーシャパはクールで実際的な方だったようで
たいへん賢くて政治的な配慮に長けていて
お釈迦さま亡きあとのサンガは、
マハーカーシャパの下でうまくまとまっていったそうです。

アーナンダは、お釈迦さまのことが好きで好きで大好きで
ずっと身の回りのお世話をしていました。

阿含を読むと、お釈迦さまの亡くなる前後の
アーナンダの後悔や悲しみが細やかに描かれていて胸を打ちます。

マハーカーシャパは優秀で、お釈迦さまご存命のうちに悟りを開きました。
アーナンダは多聞第一と言われ、
お釈迦さまのおそばでたくさんのお言葉を聞いて学びましたが
お釈迦さまご存命の間は悟りませんでした。

喩えるのも畏れおおいことですが・・・
おそらく
ライフスタイルの傾向としては、
私はアーナンダの方で、
J先生はマハーカーシャパさまなのだろうなと思うのです。


サンガにはどちらの個性も必要です。
サンガには、
どんなときも醒めた理性を維持できるマハーカーシャパのような人が何人か必要だし
私のようにうっとり系の(少しばかり)狂信的な信者も
情の部分の受け皿として必要だと思います。

しかしアーナンダだけでは組織が立ち行かないし、
マハーカーシャパだけでは、つまらないでしょう。


サンガ(教団)を運営する主体の側になるとは思ってもいませんでしたが

なんと私、はじめてシンガポールに行った直後の2013年9月のブログ
Sanghaという記事の後半に
既にそんなことを書いておりました・・・!

ということは、
こうなるべくしてこうなったんでしょうね。。。

今後も私たちは、根本上師ガルチェン・リンポチェのお教えを
類い稀なる兄弟子ドルズィン・リンポチェから、学んでいきます。

J先生は知の部分、私はその他の部分で
お仕事をしていくことになるのかな、と思います。
これからも、どうかよろしくお願いいたします。
 
b0253075_22311353.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by prem_ayako | 2017-04-02 22:49 | tibet | Comments(2)

生きているダルマ

歩き疲れたので
東寺内の小さな喫茶店にみんなで入りました。

ひなびたお店でしたが、窓の外に鯉の池があり、
西日がやわらかく差す席で、
リンポチェはとてもくつろがれたご様子でした。

ミュージアムをいくら見ても仕方がない、ということなのでしょう、
「他の寺にはもう行かなくていいよ。I am happy here」
とおっしゃるので、風が強くて寒い日でしたし、
ここでゆっくりと過ごすことにしました。


日本の仏教はたしかに死んでいます。
人々は死んだ目をして毎日の生活に追われています。
でも心では本当のダルマを教えてくださる人を探し求めていました。
日本に生きた教えを伝えてくださってありがとうございます。
とみんな口々に、リンポチェにお礼を言いました。

日本は仏教国だ。
日本人には、もともと仏教に対する信仰がある。
正しいダルマを知れば、日本人は変わるだろう。
とリンポチェはおっしゃいました。

リンポチェが来てくださって本当にありがたい。
私たちはほんとうに渇いていたんです。と言うと、
Thirsty? Then, drink water!
と混ぜっ返されます(^_^;)

あるいは、質問したり
自分たちのセッション中の体験をシェアしあったり
リンポチェもあれこれくつろいだお話をしてくださったりして、
とっても楽しい美しい時間でした。


リンポチェがお話をなさっていると、
外の池の鯉も、窓際のリンポチェの方に泳いできましたし
鳩もリンポチェの窓の外に飛び降りました。

本当に起こっていたのですよ。

私たちは、ほんものの、生きたブッダにお会いしていたのです。
人身得難く正法逢い難し。
私たちはこの2つともに得るという、奇跡の中にいたのです。

b0253075_1152659.jpg


夕日の中、京都駅まで歩いてもどって
荷物を受け取り、
ご一緒してくださった○さん、Bさま、Kちゃんとお別れし、
私はリンポチェと特急「はるか」に乗り込み、一路、関西空港に向いました。

2人掛けの席で、もちろんリンポチェには窓側に座っていただき、
私が切符をお預かりして、ゆっくり休んでいただきました。

お疲れのリンポチェは真っ直ぐにお座りになったまま目を閉じて
関空に着くまでの1時間半、
物音ひとつさせず、深い眠りに入られたようでした。

私もリンポチェの眠りを妨げないように
静かにこの2週間のことを思い出しておりました。

ともに過ごさせていただいて、ようやくコミュニケーションが取れるようになりました。
思えば最初に来られた日には
私たちがリンポチェの英語のアクセントに慣れていなくて、
なかなか意思疎通がうまくいきませんでした。
来日早々、リンポチェは困ったもんだと思われたかもしれません。
今ようやく、ちょっとこみいった話でも
あるいはざっくばらんな個人的な話でも
気軽にできる関係ができたのに
もうお帰りになってしまわれる。

私たちは信じられないような日々を過ごしましたが、
リンポチェのおられない日々もまた、信じられないような気がします。


終点が近づくとリンポチェは自然に目を覚まされて、
I had a good sleep.
と微笑まれました。

凄いですね。
お休みになるときも
覚者とはこういうふうなのですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by prem_ayako | 2017-04-01 23:59 | tibet | Comments(2)

東寺

全部のプログラムが26日に終わって
翌日の月曜日は、
リンポチェを囲んで、数人で京都ツアーに行きました。

リンポチェをいちど京都にお連れしたかったし
あまり混むところは避けて
とりあえず空海建立の密教寺院、東寺と
時間が余れば東福寺も、と考えていました。

11時にチェックアウトしていただいて、
リンポチェのスーツケースを○さんがひっぱってくださって
膳所まで歩き、ローカル電車に乗って京都へ。
ものすごい人混みの京都駅で荷物をあずけて
さあ出発!

リンポチェは、京都駅の大きさにびっくりされたようで
日本でいちばん大きい都市は?
2番目は? 3番目は? といろいろお尋ねになります。
1番大きいのは東京で、政治・商業すべての中心。
2番目は大阪で、商業都市。
京都は3番目で、明治になるまで長く天皇のおられたところです。
(と答えたけれど、合ってます?)

日本の天皇についても、あやしい知識と英語でご説明しました。
2500年間、ひとつの lineage で続いていることや
戦乱で京都におられなかったときを除き、
ほぼ1200年京都にお住まいだったことなどお伝えしました。
(合ってます?)

b0253075_11445999.jpg

白木蓮の花が咲いていて、
リンポチェはこの花から薬ができるのではないかなと、
花びらの匂いをかいでおられました。
咲いている姿はとても美しいのに
歩道に落ちた花びらは残念なことに汚れていて
空と無常の現れだ、など
とってもリラックスしておしゃべりされました。


道ぞいの食堂できつねうどんや親子丼を召し上がっていただいて
(なんでいつもこんなにローカル ^^;)
ようやく東寺につきました。

手水場で私たち俗人は、手と口をすすがなくてはなりませんが、
リンポチェはお坊さまなのでその必要はありません。
でもリンポチェは、「それはよい習慣だ」とおっしゃって
いっしょに手と口をすすがれました。

まずは食堂の十一面観音さまにお参り。
リンポチェはお堂に入られたらすぐに毛糸の帽子を脱がれます。
観音さまの前で真言を唱えられ
日本の習慣にしたがって、お賽銭をあげられました。

それから有名な講堂の立体曼荼羅へ。

大きな空間に、大日如来を中心とした迫力ある立体曼荼羅。
私なんぞはリンポチェとこの空間にご一緒することだけで
もう感動しちゃうのですが

リンポチェはさっさと歩かれて
少し真言を唱えられただけで外へ出られました。

金堂の大きな薬師如来も見ましたが
あまり興味は示されず
「ここに僧は住んでいるのか?」とお尋ねでした。
「たぶん住んでいません」
「観光客だけ?」
「そうですね。在家の信者が年に何度か集まって法要をしているようですが」
「僧は住んでいない?」
「いないようです」
「そうか」

宝物殿にも行きましたが、入ったとたんにリンポチェは
Ah, museum! と呟かれました。

大きな梵鐘の前でおっしゃったお言葉は忘れられません。

Before, monks beat it and everybody came.
Now, it is in the museum and nobody comes.
(昔は、この鐘を僧たちがつくと人が集まった
 今、鐘は美術館におさまって、誰も来ない)

おっしゃる通りです。

私たちは何も考えていなくて
リンポチェと日本のお寺でご一緒していることだけで喜んでいたのですが、
リンポチェは常に、dharma が生きているかどうかを見ておられたのです。


それから五重の塔の前で記念撮影などしてぶらぶら歩いていると、
幼稚園児がピヨピヨと整列しているところに出会いました。

リンポチェ、めずらしく
「あの子どもたちと写真を撮ってくれ。先生に頼んでくれないか」と
リクエストされました。

若い先生にお願いしてみましたが、
子どもの顔がネットに流れるのを気にしてる様子・・・
でも、その間にリンポチェは、
もう子どもたちの後ろに並んでしまわれました。

b0253075_11491179.jpg

とたんに、子どもたち、きゃぁきゃぁ大喜びです。
リンポチェのお顔もものすごくうれしそうで、
今まで拝見したことのない、くっしゃくしゃの笑顔です!

子どもたちはもう、嬉しくてたまらない様子で
リンポチェの頭を叩いたりさわったり、ひっぱったり、
なんていうんでしょうか
いきなり大きなエネルギーが現れたのを感じ取ったみたいで
ものすごく活気づいているのです。
子どもには、わかるんですね!

b0253075_11475218.jpg


この一瞬の変化!
驚くべき変化でした!

b0253075_11503423.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by prem_ayako | 2017-04-01 23:52 | tibet | Comments(0)

限界をこえて

大きなJ先生と私は、以前にも
海外からアドラー心理学の先生をお呼びして
日本に滞在していただいたことがあります。

2009年秋に2ヶ月間、ラトヴィアのヨランタさんと娘のナラさん
2010年秋に、スイスのイヴォンヌ先生と旦那さんのハインツさん
をご招待しましたし、
さらに今年の秋には、アメリカからウォルトン先生と奥さまとを2週間、
お呼びすることになっています。

ですので事前のメールのやりとり、
会場やホテルの手配、
送迎や接待などについて、
少しばかりのノウハウがありました。

ですが・・・
今回のドルズィン・リンポチェのご滞在に関しては
今までの経験はほとんど役に立たなかったデス!

なぜかというとまず、言葉がほとんど通じなかったから・・・(-_-)

リンポチェの英語は
ご自分ではブロークンだとおっしゃいますが、というよりもむしろ
チベットの訛りのせいで、私にはとても聴き取りにくかったのです。

ほんとに何回聞き直して言いなおしていただいても分からなくて、
リンポチェにかなりのご迷惑をかけてしまいました。

チベット語は、学んではいますが
「お経を読む」ということに特化してずっとやってきましたので
会話はまるっきりダメなんです!

そもそも今生で、チベットの方とさしでお話しする機会があろうとは
昨年の夏頃まで想定してなかったわけで。
(こんな事態になるなんて~人生わからないもんです)


さらに、リンポチェをどのように遇すればよいかもよく分かっておらず・・・

貴人でおられることは確かなので
お家を浄め
新しいスリッパやコップをそろえ
在家の主婦として考えられる限りのおもてなしはしたつもりなのですが

やっぱり、あれこれ失礼があったと思います。
何があってもリンポチェは全然気になさらなくて
いつも「とても快適だ」と言ってくださっていましたが
今になって、ああすればよかった、こうすればよかったと思うことが多いです・・・

また前にも書きましたが、祭壇のしつらえとか
儀式がどう進んでどこでお手伝いが必要かだとか
もうほんとうに手探りで、出たとこ勝負で、
よくまあ無事に終わったものですw

寛容で、
フロンティア精神に溢れたドルズィン・リンポチェだからこそ
お許しいただけたのでした~(^^;)


逆に、リンポチェからの予定変更もありました。

たとえば、前半最初の「三十七の菩薩行」のご法話が
時間が足りなくて途中までしかできなかったことが
リンポチェはとっても心残りだったみたいで、
「前行」の始まる日、「ぜひ今日、続きを教えたいのだが」と言い出されました。

それはたいへんありがたいお申し出なのですが!

「前行」の参加者は「三十七の菩薩行」の参加者と半分ほど入れ替わってますので
「三十七の菩薩行」の続きを「前行」の日にしていただくわけにはいきません。

リンポチェのご意向を実現するためには
(それはぜひ実現しなければならないのですが)
可能な時間帯(現実には翌週の水曜の午前しかなかったです)の会場を確保し
その時間も通訳のWさんに来ていただくようにお願いをし
「三十七の菩薩行」に来ておられた方全員にメールで連絡して
お返事を待って名簿をつくり

その中の午後も続けて参加する人たちのために
お弁当の手配をして・・・などなど

ひとつの変更に伴って、さまざまなお仕事が発生しました。


そんなこんなで
前半の週末あたりが、私にとっては疲れのピークでした。

毎夜10時過ぎて帰宅して
帳簿をつけて
翌日必要なものをかばんに入れて
お風呂に入ったら、とっくに日付は変わっています。
泥のように眠る日も興奮して眠れない日もありましたが、
なんとなく慢性の睡眠不足状態。
・・・ともかく毎日精一杯でした。

そんな中でふと思いついたことがあったら、
直感にしたがって
ともかく実行するようにしました。
そうすると、たいていみなさんに喜んでいただくことができました。


なんとかなる。
自分のことを考えないで
周りのことを考えて動いておれば
それでうまくいく、ということを学びました。

私の手に余るときは
「どなたかお手伝いしてくださいませんか?!」と呼びかけたら
何人もの方が、すぐに手を挙げてくださいました(T_T)
ほんとうに、ありがたいことでした。

そうして、
すべてがうまくいきました。

仏さまの加持力と
衆生の請願力と
法界の縁起力
のおかげです~ 
 
b0253075_1139262.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by prem_ayako | 2017-04-01 23:43 | tibet | Comments(0)

ハサミとペン

これも儀式のお手伝いのときのお話です。

灌頂よりも前でした。
1週目の前行講座の3日目に
仏道に入ることを決めた参加者たちのため
リンポチェが帰依戒を授けてくださることになりました。

戒を受ける者は、髪の毛を少しハサミで切っていただいて、
今後ブッダの境地を得るまで仏法僧に帰依することを誓います。
日本でいうところの「お髪剃り」だと思います。
そしてひとりひとり、戒名(ダルマ・ネーム)をいただきます。
とても美しい、感動的な儀式なんです。
(私自身は、2013年7月にガルチェン・リンポチェから帰依戒をいただきました)


リンポチェから戒を受ける者の人数を教えてくれと言われましたので
(お名前を考えてくださるのだろう)と思って
希望者を把握し、男性が何人で女性が何人で、と前夜にお伝えしました。

当日の朝、座につかれたリンポチェにお湯をお出しすると、
リンポチェが小さな声でおっしゃいます。
「I need scissors and a pen」
「Oh.... Scissors and a pen....」とバカのように繰り返す私。
「When?」
リンポチェちょっと笑われて「Now」
(@_@)
「これに書かなきゃならないから」と示されたのは、
目の前に積まれた白紙の帰依カードです。
なんと!今から書かれるんだ!

・・・ペン、ペンはすぐにお渡しできるけど
ハサミね、ハサミは、私、今日持ってきてないと思う・・・
探してみたけど、やはりありません。まいったね。
帰依戒のことは前もってシンガポールと打ち合わせてあったのに、
絶対に必要なハサミを持ってきておられないなんて~

・・・とか考えながら、ともかくペンをすぐにお持ちすると
「ハサミはそんなにすぐでなくてもいいよ。Perhaps about one hour」と言われ、
私はなぜか、たぶん動転していたからでしょう、
1時ぐらいでいいんならお昼に買いに出ればいいわと
思いこんでしまいました。

でもどうやら儀式はどんどん進んでいくし
あら、1時じゃなくて1時間っておっしゃっていたのか!
とやっと気がつき

これはいかんと慌てて、
前に座っていた○さんに
「ねえ、ハサミ持ってる?」って聞いたら
「ハサミ?あっ~!!」
「下で借りてきます!」とすぐに走りだそうとされました。
ところがお隣に座っていたNさまが
「ハサミ?ちょっと待ってね(バッグをごそごそ)これでいい?」
と魔法のように、
小さな年代物のハサミを差し出してくださったのです(感謝!!)

まぁ~これもほんとにギリギリのところですw

おかげで帰依の儀式はとどこおりなく進み、
みなさんリンポチェに少しずつ髪を切っていただきました。、
切られた髪は、リンポチェが今までに帰依戒を与えた方々と同じ袋に納まりました。

Nさまはご自分のハサミで
ご自分の髪を切っていただき、戒を受けられたのでした(随喜!)


このときのペンとハサミはすぐに返していただいたのですが
ちなみにその後もリンポチェは、
いろんな人からその都度ペンを借りておられて、
そのままになっちゃったものが多かったみたいです(^^;)
みんな、リンポチェのお役にたつならと喜んでペンを供出したので
返ってこなくってもむしろ喜んでおられるのですけどね。

最終日の片づけ後、持ち主不明のペンが2、3本残っていましたので
とりあえず私が預かっております。
お加持つきのペンです(笑)
心当たりの方はお申し出くださいね。

私もさらにもう1本、求められてお貸ししたのですが
それはご帰国当日の朝、返していただきました(笑)
大事にします。


帰依戒の希望者は、2週目にも何人かおられたので
最終日、もう一度、帰依の儀式をしていただくことになりました。

2度目ですから、ハサミが要ることは織り込み済みです。
前夜、家にあった私の小さなハサミをアルコールで拭いてきれいにして
当日、リンポチェのお机にそっと置いておきました。
はい、とどこおりなく使っていただくことができましたよ(^^)v

でもね、今度はそのハサミ、
とても使いやすかったとリンポチェがお気に召されて
もらって帰っていいかな?とお尋ねになるのです(笑)
もちろん、そんなものでよろしければ!

無印良品の、刃先だけケースに入るタイプの小さなハサミです。
(今はもう取り扱っていないかもしれません)
このケースが旅で持ち歩くのに便利そうだ、ということです。
前の晩にきれいにしておいてよかったですぅ~


だいたいにおいてリンポチェ、無印良品グッズがお気に入り?みたいで
床に座られるときにとお持ちした無印の焦げ茶のクッションなども、
けっきょくは使われなかったのですが
「シンガポールに持って帰って使おうかな」
「え、いやそれなら新しいの買いますよ」
「いや、冗談、冗談」と笑われるのでした。

総じてお茶目なリンポチェなのでした(^^)
 
b0253075_2021673.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by prem_ayako | 2017-03-30 16:47 | tibet | Comments(0)

灌頂のお手伝い(2)

b0253075_20121734.jpg

失敗もありました。

私にご用があるとき、
リンポチェは目で私を捜されます。

だいたいは反応できていたのですが、
一度だけ、最終日のターラー成就法の日だったかな。
その前の座で、あまりにも瞑想がうまくいったため
ちょっと虚脱してしまって
午後から、リンポチェのお声を聞きながら目をつぶって、少し眠ってしまったのです。

そしたらちょうどそのときに、リンポチェは私を捜されたみたいです(>_<)
あやこさん、と前の席の方に言われて
はっと気がついたときには、
大きなJ先生が代わりに動いてくださっていました。

あわてて立ち上がって、ばつ悪くまた座った私をご覧になって
リンポチェは笑っておられました。

・・・2週間のセッション中、私が眠って意識をなくしたのはこのときだけなのですが、
ちょうどそこにお仕事がやってくるんですね~
仏さまはよく見ておられます。

なんだかすべてが修業だったのだなぁと
今になったら、よく分かります。


ところで、灌頂は観音菩薩と白ターラー菩薩と2ついただいたのですが、
2回目の白ターラー菩薩灌頂のときは、
みんなで協力して、とても手際よく祭壇を用意することができました。

1回目の祭壇を写メして記録しておき、
そのとおりにまた作ったのです。

このときはリンポチェ、少し離れたところに座ってじっと見ておられ、
ときどき前に出て来られて気になる部分を直されました。

祭壇も美しくできましたが、
みなさんの協力もとても美しかったです。
リンポチェもご満足そうでした。

日本人は、よく学ぶ民族なのです!(^-^)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by prem_ayako | 2017-03-30 16:45 | tibet | Comments(0)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako