アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。

2017年 05月 12日 ( 1 )

ソンタルジャ

しばらくとっても忙しかったんです。
いやもちろん、4月末は2泊3日の「かささぎ座」、
5月連休は4日連続の「秘訣講座」、
さらに9日から箕面でのパセージが始まったということもありますが・・・

それに加えて
というか、その合間をぬって
連日大阪まで映画を観に行っていたからでございます(^^;)

書記のお仕事をさぼったり
秘訣講座を途中で抜けだしたり
チベット語レッスンの時間を遅らせてもらったり(滅茶苦茶やっとるなぁ)
あれこれ諸方面にご迷惑をかけまくってm(_ _)m
そこまでして観たかった映画って何?

実は、大阪の第七藝術劇場という映画館で、
「チベット映画傑作選」と銘打って
毎日、日替わりで、今日までチベット映画が上映されていたのです。
b0253075_22501646.jpg
先日から、『草原の河』という
チベット人監督による、チベットで撮影された、チベット語の映画が
日本ではじめて劇場公開されています。

それに合わせて
今まで日本で観る機会のほとんどなかったチベット映画が、
1日1本ずつ(^^;)上映されていたのです。

こんなチャンス、逃すわけにいかんでしょ。
いつまた上映されるか分からないんですから。

まあ、オタクな世界でしてね。
第七藝術劇場(通称ナナゲイ)は知る人ぞ知る小さな映画館でして
私はかつてここで、観客たったの3名という経験をしたことがありますが、
今回は、もう少し多くて、いつも10人以上は観客がいましたね(^^;)
土日はさすがに30人ほど入っていましたけど、平日になるとぐっと減りました。
しかもだいたい同じお顔ぶれでしたね。。。


そして私は、すっかりはまってしまったのです!

・・・それで、誰も求めてはいないけれど 笑
私のイチオシのソンタルジャ監督について、熱く語ることにいたしましょう(^^;)


ソンタルジャは
第一作が『陽に灼けた道』2010年
第二作がいま絶賛全国公開中の『草原の河』2015年

私は、どちらかというと第一作の『陽に灼けた道』の方に、
より深く引き込まれました。

陽に灼けた道 予告編

どのカットも無駄なく美しく、
もうかたときも目を離せなかったんです。
息苦しいほどに、集中して観ておりました。。。
台詞も、音響も、考え抜かれ
不要なものがそぎ落とされ、
クライマックスで、静かに静かに涙が溢れてくるという・・・
第一作にして、ものすごく完成度の高い映画でした。

そして最後のシーンの語るものは何か・・・
それからずっと後を引いて、考え続けています。
どこかでチャンスがあるなら、また必ず観たいと思っています!

第一作『陽に灼けた道』の全力投球度に比べると、
『草原の河』の方は、きっと意図的に、少し「遊び」があって
まだ少し、息がつけました。
(しかしこれも完成度めちゃ高いです!オススメです!)

なんといっても主人公の女の子が可愛いくて可愛くて。
可愛すぎてせつなかったです。。。

草原の河 予告編

どちらの映画も、
生まれることと死ぬことをストレートに扱っていて
その背景が
埃っぽい道だったり
草原だったり
凍った河だったり
現実の、今現在のチベットなのでした。


ところで、数年前に観たペマ・ツェテン監督の『静かなるマニ石』2005年が、
私とチベット映画との出会いでしたが、
今回、ペマ・ツェテンの『草原』2004年と『ティメー・クンデンを探して』2008年も
観ることができて良かったです。

実は、ペマ・ツェテンの映画の撮影をしているのは、ソンタルジャなのです!

彼らは同じ北京電映学院の出身で
ペマ・ツェテンは脚本、監督、
ソンタルジャは撮影、
もうひとり、ドゥッカル・ツェランは録音技術を学んで
3人でタッグを組んで、次々とチベット映画を撮ってきています。
すごい友情ですよね~

『ティメー・クンデンを探して』における
ソンタルジャのカメラワークは、すばらしいです!

会社社長が自分の初恋の物語を話している間、
じっと黙っている後部座席のスカーフの娘。
窓ガラス越しに、この娘の目がうるんで見えるところとか

b0253075_2251578.jpg


社長の初恋の語りが佳境に入ったころ、
いきなり現れた羊の群れが道を塞ぐところとか

そして最後、娘が別れた恋人と再会するところ。
遠くからロングで校庭を見下ろすカメラ。
あえて、ふたりの会話や表情が見えないように。

うまいなあ!
と、すっかりソンタルジャのカメラに魅せられた私は思うのでした。


でも、こうやって書いているうちに、

私がなぜソンタルジャを
カメラワークだけでなく、監督として好きなのかが
分かってきました。

ソンタルジャの映画の基調になっている感情が、「悲しみ」だからだと思います。

たぶんそのせいで、
彼の映画は、とても深いところに触れてくる感じがします。

どうしようもない運命にであった人間が
その悲しみから立ち上がっていく過程を描くことが、
いつも彼のテーマなのじゃないかな・・・

じんわりと、あとに効いてくる
よい映画とであいました。
みなさまも、機会があれば、ぜひ。
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by prem_ayako | 2017-05-12 22:41 | tibet | Comments(0)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako