アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp
ブログトップ

2017年 04月 01日 ( 3 )

生きているダルマ

歩き疲れたので
東寺内の小さな喫茶店にみんなで入りました。

ひなびたお店でしたが、窓の外に鯉の池があり、
西日がやわらかく差す席で、
リンポチェはとてもくつろがれたご様子でした。

ミュージアムをいくら見ても仕方がない、ということなのでしょう、
「他の寺にはもう行かなくていいよ。I am happy here」
とおっしゃるので、風が強くて寒い日でしたし、
ここでゆっくりと過ごすことにしました。


日本の仏教はたしかに死んでいます。
人々は死んだ目をして毎日の生活に追われています。
でも心では本当のダルマを教えてくださる人を探し求めていました。
日本に生きた教えを伝えてくださってありがとうございます。
とみんな口々に、リンポチェにお礼を言いました。

日本は仏教国だ。
日本人には、もともと仏教に対する信仰がある。
正しいダルマを知れば、日本人は変わるだろう。
とリンポチェはおっしゃいました。

リンポチェが来てくださって本当にありがたい。
私たちはほんとうに渇いていたんです。と言うと、
Thirsty? Then, drink water!
と混ぜっ返されます(^_^;)

あるいは、質問したり
自分たちのセッション中の体験をシェアしあったり
リンポチェもあれこれくつろいだお話をしてくださったりして、
とっても楽しい美しい時間でした。


リンポチェがお話をなさっていると、
外の池の鯉も、窓際のリンポチェの方に泳いできましたし
鳩もリンポチェの窓の外に飛び降りました。

本当に起こっていたのですよ。

私たちは、ほんものの、生きたブッダにお会いしていたのです。
人身得難く正法逢い難し。
私たちはこの2つともに得るという、奇跡の中にいたのです。

b0253075_1152659.jpg


夕日の中、京都駅まで歩いてもどって
荷物を受け取り、
ご一緒してくださった○さん、Bさま、Kちゃんとお別れし、
私はリンポチェと特急「はるか」に乗り込み、一路、関西空港に向いました。

2人掛けの席で、もちろんリンポチェには窓側に座っていただき、
私が切符をお預かりして、ゆっくり休んでいただきました。

お疲れのリンポチェは真っ直ぐにお座りになったまま目を閉じて
関空に着くまでの1時間半、
物音ひとつさせず、深い眠りに入られたようでした。

私もリンポチェの眠りを妨げないように
静かにこの2週間のことを思い出しておりました。

ともに過ごさせていただいて、ようやくコミュニケーションが取れるようになりました。
思えば最初に来られた日には
私たちがリンポチェの英語のアクセントに慣れていなくて、
なかなか意思疎通がうまくいきませんでした。
来日早々、リンポチェは困ったもんだと思われたかもしれません。
今ようやく、ちょっとこみいった話でも
あるいはざっくばらんな個人的な話でも
気軽にできる関係ができたのに
もうお帰りになってしまわれる。

私たちは信じられないような日々を過ごしましたが、
リンポチェのおられない日々もまた、信じられないような気がします。


終点が近づくとリンポチェは自然に目を覚まされて、
I had a good sleep.
と微笑まれました。

凄いですね。
お休みになるときも
覚者とはこういうふうなのですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by prem_ayako | 2017-04-01 23:59 | tibet | Comments(2)

東寺

全部のプログラムが26日に終わって
翌日の月曜日は、
リンポチェを囲んで、数人で京都ツアーに行きました。

リンポチェをいちど京都にお連れしたかったし
あまり混むところは避けて
とりあえず空海建立の密教寺院、東寺と
時間が余れば東福寺も、と考えていました。

11時にチェックアウトしていただいて、
リンポチェのスーツケースを○さんがひっぱってくださって
膳所まで歩き、ローカル電車に乗って京都へ。
ものすごい人混みの京都駅で荷物をあずけて
さあ出発!

リンポチェは、京都駅の大きさにびっくりされたようで
日本でいちばん大きい都市は?
2番目は? 3番目は? といろいろお尋ねになります。
1番大きいのは東京で、政治・商業すべての中心。
2番目は大阪で、商業都市。
京都は3番目で、明治になるまで長く天皇のおられたところです。
(と答えたけれど、合ってます?)

日本の天皇についても、あやしい知識と英語でご説明しました。
2500年間、ひとつの lineage で続いていることや
戦乱で京都におられなかったときを除き、
ほぼ1200年京都にお住まいだったことなどお伝えしました。
(合ってます?)

b0253075_11445999.jpg

白木蓮の花が咲いていて、
リンポチェはこの花から薬ができるのではないかなと、
花びらの匂いをかいでおられました。
咲いている姿はとても美しいのに
歩道に落ちた花びらは残念なことに汚れていて
空と無常の現れだ、など
とってもリラックスしておしゃべりされました。


道ぞいの食堂できつねうどんや親子丼を召し上がっていただいて
(なんでいつもこんなにローカル ^^;)
ようやく東寺につきました。

手水場で私たち俗人は、手と口をすすがなくてはなりませんが、
リンポチェはお坊さまなのでその必要はありません。
でもリンポチェは、「それはよい習慣だ」とおっしゃって
いっしょに手と口をすすがれました。

まずは食堂の十一面観音さまにお参り。
リンポチェはお堂に入られたらすぐに毛糸の帽子を脱がれます。
観音さまの前で真言を唱えられ
日本の習慣にしたがって、お賽銭をあげられました。

それから有名な講堂の立体曼荼羅へ。

大きな空間に、大日如来を中心とした迫力ある立体曼荼羅。
私なんぞはリンポチェとこの空間にご一緒することだけで
もう感動しちゃうのですが

リンポチェはさっさと歩かれて
少し真言を唱えられただけで外へ出られました。

金堂の大きな薬師如来も見ましたが
あまり興味は示されず
「ここに僧は住んでいるのか?」とお尋ねでした。
「たぶん住んでいません」
「観光客だけ?」
「そうですね。在家の信者が年に何度か集まって法要をしているようですが」
「僧は住んでいない?」
「いないようです」
「そうか」

宝物殿にも行きましたが、入ったとたんにリンポチェは
Ah, museum! と呟かれました。

大きな梵鐘の前でおっしゃったお言葉は忘れられません。

Before, monks beat it and everybody came.
Now, it is in the museum and nobody comes.
(昔は、この鐘を僧たちがつくと人が集まった
 今、鐘は美術館におさまって、誰も来ない)

おっしゃる通りです。

私たちは何も考えていなくて
リンポチェと日本のお寺でご一緒していることだけで喜んでいたのですが、
リンポチェは常に、dharma が生きているかどうかを見ておられたのです。


それから五重の塔の前で記念撮影などしてぶらぶら歩いていると、
幼稚園児がピヨピヨと整列しているところに出会いました。

リンポチェ、めずらしく
「あの子どもたちと写真を撮ってくれ。先生に頼んでくれないか」と
リクエストされました。

若い先生にお願いしてみましたが、
子どもの顔がネットに流れるのを気にしてる様子・・・
でも、その間にリンポチェは、
もう子どもたちの後ろに並んでしまわれました。

b0253075_11491179.jpg

とたんに、子どもたち、きゃぁきゃぁ大喜びです。
リンポチェのお顔もものすごくうれしそうで、
今まで拝見したことのない、くっしゃくしゃの笑顔です!

子どもたちはもう、嬉しくてたまらない様子で
リンポチェの頭を叩いたりさわったり、ひっぱったり、
なんていうんでしょうか
いきなり大きなエネルギーが現れたのを感じ取ったみたいで
ものすごく活気づいているのです。
子どもには、わかるんですね!

b0253075_11475218.jpg


この一瞬の変化!
驚くべき変化でした!

b0253075_11503423.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by prem_ayako | 2017-04-01 23:52 | tibet | Comments(0)

限界をこえて

大きなJ先生と私は、以前にも
海外からアドラー心理学の先生をお呼びして
日本に滞在していただいたことがあります。

2009年秋に2ヶ月間、ラトヴィアのヨランタさんと娘のナラさん
2010年秋に、スイスのイヴォンヌ先生と旦那さんのハインツさん
をご招待しましたし、
さらに今年の秋には、アメリカからウォルトン先生と奥さまとを2週間、
お呼びすることになっています。

ですので事前のメールのやりとり、
会場やホテルの手配、
送迎や接待などについて、
少しばかりのノウハウがありました。

ですが・・・
今回のドルズィン・リンポチェのご滞在に関しては
今までの経験はほとんど役に立たなかったデス!

なぜかというとまず、言葉がほとんど通じなかったから・・・(-_-)

リンポチェの英語は
ご自分ではブロークンだとおっしゃいますが、というよりもむしろ
チベットの訛りのせいで、私にはとても聴き取りにくかったのです。

ほんとに何回聞き直して言いなおしていただいても分からなくて、
リンポチェにかなりのご迷惑をかけてしまいました。

チベット語は、学んではいますが
「お経を読む」ということに特化してずっとやってきましたので
会話はまるっきりダメなんです!

そもそも今生で、チベットの方とさしでお話しする機会があろうとは
昨年の夏頃まで想定してなかったわけで。
(こんな事態になるなんて~人生わからないもんです)


さらに、リンポチェをどのように遇すればよいかもよく分かっておらず・・・

貴人でおられることは確かなので
お家を浄め
新しいスリッパやコップをそろえ
在家の主婦として考えられる限りのおもてなしはしたつもりなのですが

やっぱり、あれこれ失礼があったと思います。
何があってもリンポチェは全然気になさらなくて
いつも「とても快適だ」と言ってくださっていましたが
今になって、ああすればよかった、こうすればよかったと思うことが多いです・・・

また前にも書きましたが、祭壇のしつらえとか
儀式がどう進んでどこでお手伝いが必要かだとか
もうほんとうに手探りで、出たとこ勝負で、
よくまあ無事に終わったものですw

寛容で、
フロンティア精神に溢れたドルズィン・リンポチェだからこそ
お許しいただけたのでした~(^^;)


逆に、リンポチェからの予定変更もありました。

たとえば、前半最初の「三十七の菩薩行」のご法話が
時間が足りなくて途中までしかできなかったことが
リンポチェはとっても心残りだったみたいで、
「前行」の始まる日、「ぜひ今日、続きを教えたいのだが」と言い出されました。

それはたいへんありがたいお申し出なのですが!

「前行」の参加者は「三十七の菩薩行」の参加者と半分ほど入れ替わってますので
「三十七の菩薩行」の続きを「前行」の日にしていただくわけにはいきません。

リンポチェのご意向を実現するためには
(それはぜひ実現しなければならないのですが)
可能な時間帯(現実には翌週の水曜の午前しかなかったです)の会場を確保し
その時間も通訳のWさんに来ていただくようにお願いをし
「三十七の菩薩行」に来ておられた方全員にメールで連絡して
お返事を待って名簿をつくり

その中の午後も続けて参加する人たちのために
お弁当の手配をして・・・などなど

ひとつの変更に伴って、さまざまなお仕事が発生しました。


そんなこんなで
前半の週末あたりが、私にとっては疲れのピークでした。

毎夜10時過ぎて帰宅して
帳簿をつけて
翌日必要なものをかばんに入れて
お風呂に入ったら、とっくに日付は変わっています。
泥のように眠る日も興奮して眠れない日もありましたが、
なんとなく慢性の睡眠不足状態。
・・・ともかく毎日精一杯でした。

そんな中でふと思いついたことがあったら、
直感にしたがって
ともかく実行するようにしました。
そうすると、たいていみなさんに喜んでいただくことができました。


なんとかなる。
自分のことを考えないで
周りのことを考えて動いておれば
それでうまくいく、ということを学びました。

私の手に余るときは
「どなたかお手伝いしてくださいませんか?!」と呼びかけたら
何人もの方が、すぐに手を挙げてくださいました(T_T)
ほんとうに、ありがたいことでした。

そうして、
すべてがうまくいきました。

仏さまの加持力と
衆生の請願力と
法界の縁起力
のおかげです~ 
 
b0253075_1139262.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by prem_ayako | 2017-04-01 23:43 | tibet | Comments(0)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako