アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。

香港

ブログのタイトルに反して、
最近はアドラー心理学についてのお話がほとんど書けていないです・・・スミマセン。

でもね、守秘義務のこともあるし
エピソードがあんまり書けないですからね。
いきおい、自分の体験したことを語るだけになります。

というわけで、またまた旅のお話です(^^;)


今度は香港に行ってきましたよ。
私にとって、はじめての香港 = 中華人民共和国!

例によってガルチェン・リンポチェの追っかけでしたが、
会場は、尖沙咀(Tsim Sha Tsui)という九龍の中心地。
ホテルも会場から徒歩5分の、繁華街の真っただ中でした。

九龍(Kowloon)というと、昔は魔窟のイメージが強かったですけれど、
ガイドブックによると、今はそこそこ安全になってるみたいです。
せっかくだから、1日前に行って香港観光もしました。


関空から3時間で香港国際空港。
空港のあるランタオ島から市街へは、reasonable な路線バスを利用しました。
このバスが2階建て!
迷わず2階に座を占めて(^^)v
香港島の摩天楼をバスの窓から眺めました。

と~っても細くて高い特徴的なビル群は、
どうやら人々の生活しているアパートみたいで
よく見ると窓から物干しが突きだして、洗濯物が干されてます。
日本のタワーマンションが林立している感じでしょうか。

企業のビルは、むしろもう少し低く四角くて
日本でもよくあるような形状のビルが多かったです。

さらに、今なお建設中のビルもありました。
この街は、まだこの上も発展しようとしているのでしょうか。

先日大阪で観たブリューゲルの「バベルの塔」の絵を思い出してしまいました。
そんなに高く高く、上に上に上がって、いったい何がしたいの?
なんて考えてしまって・・・
どうも、この都市に渦巻くエネルギーにチューニングするには
私、少し気合いが足りない感じです(^^;)
b0253075_20391377.jpg


ホテルの近くでバスを降りたとたん
強烈な陽射しと湿気にくらくらっとしました。
いかん!日焼け止めを持ってこなかったわ!
日本はもうだいぶ涼しいので、油断していました。

ともあれホテルに荷物を置いて
ガイドブックを睨みながら裏道を探検し
広大な九龍公園を散策し
ガイドブックに載っている
安くておいしそうな大衆食堂に入って夕飯を食べました。

無難な揚げ焼きそばのあんかけみたいなものを注文しましたが、
おいしいんだけど、途中で食べられなくなっちゃいました。
なんでかな~

翌朝は、また別のお店に出かけて朝食セットを頼み
それなりにおいしく完食したんですけど
やっぱり後でお腹がもたれて、お昼をパス・・・
なんでかな~

残念ながら、香港の食べ物、私にはあまり合わないみたいです(-_-)
シンガポールでも台湾でも全然平気だったんだけど。
たぶん、脂かな。
ひょっとしたら、AJINOMOTO のせいもあるかもしれない・・・

その後は炒め物を避け、
4日間の滞在中、外食はできるだけ
肉まんとか水餃子などの点心を選びました。

それから、身体が果物をとても欲しがる感じだったで
見つけた果物屋さんで、すももやぶどうやバナナを買い込み、
ホテル近くの高級スーパーで、チーズやパンやショートブレッドなどを買い込み
幸せな朝食をホテルのお部屋で食べました。
そうしたらお腹の調子もすっかり良くなりました(^^)v


また、香港島と向かい合う港の方にも出かけてみました。
さすがに海の近くは、風があって快適です。
夜はまたさらに絶景でしょうね~
b0253075_20423915.jpg

やっぱり香港に来たからには、と
ブランドショップの立ち並ぶ廣東道(Canton Road)にも行きました。
もちろん通りすぎただけ・・・ですが
Loui Viton にちょこっと入ってみたりして(笑)
値段を見る勇気もありませんでしたけど~

さらに、翡翠市なんてのに紛れ込んで
あらゆる種類の翡翠の原石、装飾品が山盛りになっている店店を
呼び込みをかわしつつ眺め歩きました。
・・・が、やっぱり何も買わずじまいでした。

大きなJ先生が、来年のドルズィン・リンポチェのご来日までに
ぜひ金剛薩たのタンカを買いたいものだとおっしゃるので
チベット仏具を扱うお店も探し歩きました。
素晴らしい品揃えのお店を見つけて、
いろいろ見せていただきましたが、良いお品ばかり!
ちょっと良いお品すぎて・・・
これも今回は見送りました。


というわけで、欲望全開の都、香港で
よい子は禁欲的に身を律し、
物欲に負けることが決してなかったのでした~

めでたし、めでたし。
 
 
 
 
 
 

[PR]
by prem_ayako | 2017-10-07 20:44 | travel | Comments(0)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako