アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。

おひげリンポチェのために

ラムケン・ギャルポ・リンポチェというお方のことを
私は勝手に「おひげリンポチェ」とお呼びしています。

数年前まで、わりとひんぱんに日本においでになっておられたようで
私は2013年初夏に東京の護国寺で般若心経を


2014年冬に、やはり東京の慈母会館でチュゥの教えを受けました。


どちらも、とてもとても尊いものでした。


おひげリンポチェにお会いする前の年に、はじめてガルチェン・リンポチェにお会いして
そのとき、ガルチェン・リンポチェの弟子になろうと決めたのですが
次いつお会いできるかわからなかったので

翌年6月、同じディクン・カギュの高僧であるおひげリンポチェから
最初の帰依戒をいただいたのです。

今もよく覚えています。
風の吹き抜ける護国寺の本堂で
おひげリンポチェの明快なご説明を伺ったこと。
質問への的確なお答えと
詠まれたチベット語の般若心経の美しさ。。。


帰依戒を受ける人は前に出るようにと言われ
リンポチェのすぐ前に左膝をついて手を合わせた私をご覧になって、
「彼女のような姿勢で座ってください」とおっしゃいました。
(なんとそのときの通訳さんは、先日大津で1日だけ通訳に来てくださったM先生でした)



2014年の慈母会館でのチューのお教えも素晴らしかったです。
おひげリンポチェはダマルを鳴らしながら
とてもよいお声でお経を唱えてくださいました。

ただ、最終日の午後から突然に
お風邪のような症状が出てこられて、声が涸れ
少し熱っぽいお顔になられて、お気の毒でした。
最後のチューの朗唱は、お付きのケンポに任せておられました。



このケンポとは、その後Facebookでお知り合いになったのですが、
その頃はおひげリンポチェとご一緒にヨーロッパやロシアを回っておられましたが、
そのうち、おひとりで写るお写真が多くなってきました。

そして少し前、おひげリンポチェのお写真が、ひさしぶりにアップされていました。
それを拝見すると・・・・・とても痩せておられて

あの丸顔とキラキラしたお目が・・・様変わりしておられて
前は黒々としていたおひげも、目立たなくなっておられて
・・・お年を召しただけではない変わられようだと感じて
とても悲しかったのです。

ですから、予感はありました。


今朝ほど、アメリカのガルチェン・インスティチュートからメールが届いていました。


Dear Sangha

H.E. Garchen Rinpoche has requested that his disciples around the world recite White Tara mantras as much as possible for all the beings who are suffering from the natural disasters now - the earthquakes in Mexico, the hurricanes in the Caribbean Islands, Puerto Rico and Florida and anywhere else in the world that is experiencing a natural disaster.

Rinpoche also is requesting his disciples to recite White Tara mantras for the long life and health of one of his teachers, who is very ill at this time - Lamchen Gyalpo Rinpoche.


OM TARE TUTTARE TURE MAMA AYUR JNANA
PUNYE PUSTIM KURU SVAHA


ガルチェン・リンポチェは世界中の弟子たちに、できるだけたくさんの白ターラー・マントラを、いま自然災害にあって苦しんでいるすべての衆生のために唱えるように言っておられます。メキシコの地震、カリブ諸島・プエルトリコ・フロリダのハリケーン災害、その他の自然災害にあった衆生のために。

さらに、リンポチェの師のおひとりであり、今とても重い病にあるラムケン・ギャルポ・リンポチェの長寿と健康のために。

おん たれ とぅったれ とぅれまま あゆ じゃな
ぷんね ぷてぃむ くる そーは

b0253075_22401095.jpg
  


  ほんとうに無常を感じます。
  父も師も去っていきます。
  おひげリンポチェが少しでもお楽になられますように。

 
 
 
 
 
 


[PR]
by prem_ayako | 2017-09-21 22:48 | tibet | Comments(0)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako