アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。

The 1st Day in Singapore

(すっかり季節が変わり、古い話になってしまったんですけど・・・
 よろしければお読みください)

8月8日の朝8時に函館から帰宅して
その日の夜8時には関空におりました。

朝ご飯を食べて、1週間の旅の用意をして
ざっと掃除機かけて、お風呂入って昼寝して、
メールチェックしてブログアップして、ゴミを出してダッシュです。
できるもんですね(^^;)


シンガポールは4回目です。
最初の2回はJ先生とふたりきり。
昨年は約10人、
今年は約20人の日本の仲間と参加することになりました。
関空から、通訳のW先生といっしょです。

9日早朝、お馴染みのチャンギ空港に無事到着し、
時間をつぶして午前8時すぎ、
ダルゲーリン(ドルズィン・リンポチェのお寺)に向かいました。

今年のシンガポールは例年ほどには暑くなく、
2晩連続で夜行移動の私としては、たいへん助かりました。

ダルゲーリンでタクシーを降りると
成田からの到着組が、鍵がかかっているとビルの外で待っていました。
8時に開けると聞いてたのにね・・・と、ドアの小窓から覗いてみると
お坊さんがふたり、祭壇を調えておられるのが、かろうじて見えました。

ピンポンを押しても反応がないので
何度かノックしてみると、ようやく気づいてくださいました。
そうして扉を開けたお坊さんは
5年前から、毎度ここでお会いしているラマ・ツェリン
あちらも「おお!」とニッコリされ、大きく扉を開けてくださいました。

続々中に入ると、奥からドルズィン・リンポチェがご登場!
(リンポチェとお坊さん方は、ここに住んでおられるんですね)
みんなハグして感動の再会です(^o^)

そのうちにスタッフの方々もやって来られました。
ガルチェン・リンポチェのお座をつくって、私たちの座布も並びました。
どうやら・・・今回はいつもの奥の部屋ではなく
仏像やタンカの並んだ本堂でお会いできるようです(やっぱり20人で来ると違うわ!)

通訳のW先生を含む日本人の半数以上は、
3月のドルズィン・リンポチェのリトリートに来られた方々で
ガルチェン・リンポチェとお会いするのは、このたび初めてです。

お約束の9時近く、いったん座っていた座から
そうだICレコーダーを出しておこう、と荷物の方へ歩いて行ったとき、
ちょうど!ガルチェン・リンポチェが入ってこられるのに出くわししました。
さっそくみんなに告げて、立って合掌してお迎えしました。
(そしてICレコーダーのことはすっかり失念いたしまして・・・
 今回も録音し損ねましたとさ・・・)

ガルチェン・リンポチェはニコニコと、とてもお元気そうです♪
いつものように慈愛深く
みんなの顔を見回してくださいます。
この笑顔にあえば、私たちも笑顔にならないではおれません。

b0253075_22222612.jpg大きなJ先生が日本ガルチェン協会の会長として
3月のリトリートが大成功に終わったことや
今後の計画や、
リンポチェへのお願いなどを伝えられました。

ガルチェン・リンポチェは
通訳のW先生が楽な姿勢でお仕事できるように
気を配られます。
こういうところ、本当にガルチェン・リンポチェらしい!
ご自分のことより、いつもまわりの衆生のことを考えてくださいます。

今までは15分ぐらいしかお時間をいただけなかったのに、
今回はなんと1時間(!)
日本人のために、リンポチェはお時間を割いてお話をしてくださいました!
(やっぱ20人いると違うわ again)
そして今回も、録音できなかったことが悔やまれる again です。

でも、あとで大きなJ先生にお尋ねしたところ、
次のように概要を教えてくださいました・・・

 このように私(Jalsha)は聴いた。
 輪廻も涅槃も全て私たちの心(セム)である。
 心が穢れていると(我執があると)輪廻になり、心が清まると涅槃になる。
 智恵と慈悲によって心は清まる。
 一生懸命勉強して智恵ばかりを増やしてもダメで、
 日常生活の中で慈悲を磨かなくてはならない。
 菩提心の瞑想(ゴム)をすることが必要じゃ。
 そうすると心がしだいに清まって、やがて智恵も生じる。
 こうして心が完全に我執から離れると仏になるのじゃ、と。

私のいいかげんな記憶では
「セム(心)」で始まって「ゴム(瞑想)」で終わるんだな・・・って程度でしたので(>_<)
J先生に感謝感謝です!


ありがたいご法話の後、
思ってもいないことが起こりました。
ドルズィン・リンポチェが目配せされて、
大きな布の巻物が、ガルチェン・リンポチェの前のテーブルに置かれました。
それを、私たち日本のサンガにくださるというのです!
b0253075_22262439.jpg
開いて見せてくださったものは、
ディクン・カギュ派の創始者であるジクテン・スムゴン大師のお姿を中心に
系譜のラマたち、ご本尊、まわりにはウサギや象が戯れる、
とても美しいタンカでした。
(今年はジクテン・スムゴン大師の入涅槃800年記念の年なのです)
絵そのものも大きいですが、軸装もたいへん立派です。

台湾ではお釈迦さまのお像をいただきましたが、
今回はタンカですか!
ありがたすぎます(T_T)

それからひとりひとり、ガルチェン・リンポチェにカタをお献げして
記念写真を撮って、ちょうど1時間でガルチェン・リンポチェは退出されました。
b0253075_22282617.jpg
このようなご厚遇、すべてアレンジしてくださったのは、
われらがドルズィン・リンポチェです~(T_T)


面白いことに、
この後4日間のアミデワ・リトリートの間も
日本の参加者の間でドルズィン・リンポチェの株は上がりっぱなしでした(^^)

3月のリトリートでドルズィン・リンポチェの帰依戒を受けられた方々はやはり、
ドルズィン・リンポチェlove!みたいです。
私はやっぱりドルズィン・リンポチェはお兄ちゃんみたいな感じで
ガルチェン・リンポチェの方に、隙あらばベタベタしちゃうんですけどね(笑)

 
 
 
 
 
 
 
 
 


[PR]
by prem_ayako | 2017-09-09 22:35 | tibet | Comments(0)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako