アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。

鴨居の上から

母は、父が亡くなった直後は
死に目に会えなかったことをずっと悔いて泣いていましたが、
孫たちに囲まれて
お通夜の晩とお葬式の日の昼、いっしょに食事をするうちに
だんだんと笑顔が増えてきました。

死者との別れに
こういう時間は、ほんとうに大切ですね。

87歳の母をいたわらなくてはならないということは
言葉に出さずともみんな合意していましたので

母の言うことが少々変であっても誰も否定せず、
黙ってうんうんと聞いておりました。

そうしていると母の話は際限なく脈略なく続くのですが、
後悔や不安の話が出尽くすと
どんなに父がよい夫だったかというプラス面の話になり、
それが何巡もしてまた出尽くすと
ようやく周囲の人々の方に目が向いて
自分以外のあれこれに関心を示すようになりました。


結局、母はさびしかったのかもしれません。
父が老いて
母の尊敬する賢い父でなくなり
母のお喋りを楽しく聴く父でなくなり
母をいたわる優しい父でなくなってしまったから。

母のお喋りを聞いてあげる人が必要だったのですね。。。

今こうやって少し距離をおいて母を眺めると
私はこの小さな老女に
彼女の能力を超えたことを求めていたのだと分かります。

私は未だに母に幻想を抱き
現実以上の母を求めていたようです。
親離れ、出来ていなかった、ということかもしれません。
申しわけなかったです。


神戸市の斎場は、
住吉川上流の山の中腹にあり、
葬儀会館から斎場への送迎バスで
私は母の隣に座っていました。

とりとめもない母の話は問わず語りに続き
なんと、母の早期回想にまで至りました。


小さいころ私ジフテリアか何かで死にかけたことがあったのね
みんながまわりで久子ちゃん久子ちゃんて名前を呼ぶのを
古い家だからお座敷の上に鴨居があるでしょう
あの高いところに私ちょこんとすわってね
みんなが布団のまわりにいるのを上から見ていたの
みんなが久子ちゃん久子ちゃん言うてるのをね
そしたら急にどんっ!と下に
引っぱられたか落ちたかそんな感じがしてね
気がついたら布団の上にもどってたの

私「え~っそれって臨死体験やん」

そうなの
それでぜんぶ見えてたの
お手伝いさんが洗面器にお水を運んできてね
それを私の寝かされてるお布団のすそに
ちょこっとこぼして濡らしたのよ
私それもよくよく見てたから
あんたあそこにお水こぼしたでしょって後で言ったのも覚えてる

「そうか~名前呼んでもらったから生き返ったんやねぇ」

そうよ
あんた、あの時おとうさま呼んでくれた?!

「ああ、呼んだよ。看護師さんも一緒に呼んでくれてたよ」

母を安心させるため咄嗟にウソをつきましたが
本当は、最期のときは呼びませんでした。
小さな子どもが死にそうなら誰もが呼び戻そうとするでしょうが
高齢で病気の父を呼び戻してどうなるというのでしょう。
もう身体は役目を終えたがっているのに。


でも、お葬式が終わり
日常の生活にもどってしばらく経ったある日、
いきなり思い出しました。

父の亡くなったあの日、
11時半ごろに一瞬、父の呼吸が止まったような気がしたとき
私は父の名を呼んで引きとめたのではなかったか?

あのとき私は本能的に
父に生きていてほしいと願いました。
引きとめることがどういうことかなんて考えずに
ただ、私の愛着から父の名を呼んだのです。

父は
ひょっとしたら病室の天井か
カーテンレールの上あたりに座っていたものを
私の願いに応えて
どんっと戻ってきて
もう少しだけ一緒にいてくれたのかもしれません。

あるいは、私がウトウトしている間に逝ってしまっては
かわいそうだと考えて
鴨居の上から呼びかけてくれたのかもしれません。
「ほら目を覚ませよ
 でないとこのままいっちゃうで」って。

そうして、最期の時間を私に与えて
しんどい呼吸をもう少し続けてくれて
思い残すことがないようにしてくれた。

だから「ありがとう」を聞いて
もう逝っていいって思ったんだね。

最期までやさしい父でした。

b0253075_21291932.jpg

b0253075_21470599.jpg

上の写真は今年のお正月、息子の結婚式の写真を見ている両親です。
下は昨年10月92歳のお誕生日に、お祝いに行って撮りました。
どちらも父がお世話になった施設の一室です。
ほんとうによくしていただきました。
たくさんの方に助けていただいて父は天寿を全うしたと思います。
みなさま、読んでくださってどうもありがとうございました。





[PR]
Commented by TOMOKO at 2017-06-25 21:09 x
拝読いたしました。
美しいお話をありがとうございました。心の琴線に触れました。
Commented by prem_ayako at 2017-06-26 09:30
TOMOKOさま
読んでくださってありがとうございました!(-人-)
by prem_ayako | 2017-06-23 21:56 | family | Comments(2)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako