アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。

父の転院

母へは、兄から話してもらいました。
兄の方が母から信頼されているからです。

それでも、兄も最初は話し出せず、
翌日にもう一度会いに行って、ようやく話ができたようです。
なんですぐに言わなかったの!?と責められたそうですが(^_^;)

翌週の日曜日に私が病院に行くと
ちょうど母が来ていました。

母は椅子にも座らず父の横に立って、ずっと話しかけていました。
昼間は起こしておかなきゃと考えているようです。

新婚旅行の話をしていました・・・

一緒にあちこち旅行行ったよねえ。
最初はどこ行ったか覚えてる?
伊豆だったよねぇ。
最初の日に泊まった旅館は、ものすごくいい旅館で、
あそこなんていう旅館だったかしら?
○○閣?
(ここで「○○閣!」と父がはっきり繰り返しました)
そうそう、○○閣。覚えてるのねぇ。
お部屋も広くて、お料理も豪華だったねえ。
(父、はっきりうなずきます)
はっきり覚えているのねえ。
それなのに、なんで昨日私の名前を忘れてたの?
今度聞かれたら、ちゃんと久子って言ってねえ。。。

なんて、ずっと語りかけていました。。。


あまりに母が父のところへ通うので、
今度は母の身体が参ってしまうのではないかと
兄が心配していました。


熱も下がり、梗塞も広がっていないので点滴の管は抜けましたが
鼻から入れた栄養の管と導尿の管は抜けません。
先日まで居た施設は、経管栄養の状態では受け入れてもらえず
自分で口から食べられるようになるか、
あるいは胃瘻の状態になるか(!)
でないと戻れないのだそうです。

状態が落ち着いてくると
急性期の患者さんで溢れかえっている日赤病院に
いつまでも居るわけにいかず、

5月16日、倒れてからほぼ1ヶ月で
同じく神戸市内のリハビリテーション病院へ転院となりました。


「リハビリ」という言葉、私はしっくりこないのです。
目標は、自力でものを食べられるようになって
もとの施設に戻れるようになること、というのですが
・・・でもそれって、現実にはどうなの?
92歳の父が、これからリハビリ?

みんな無理だって分かっているのに
父の身体がどこに向かっているか、みんな知っているのに
そこを見て見ぬふりをしているんじゃない?
みんなで申し合わせて
単なる符牒を言ってるだけなんじゃない?

そんなふうにモヤモヤしながらも
私も同じ芝居に加わります。


先日の日曜日、転院先のリハビリ病院に行ってきました。
新しいきれいな病院で、個室も広く、思っていたよりも印象はよかったです。
日赤にいたときは半分閉じたままだった右目も
大きく開くようになっていました。

母もまた来ていました。
父は、いつかの夜中に自分で管を引き抜いてしまったそうで、
誰も来ていない間は、手袋による拘束をされているようです。

あのとき下したひとつの判断が
次々と、父に新たな苦をもたらしているようで
辛いです。

かといって、あの時点で口からものを食べさせていたら、
おそらくは誤飲や誤嚥で、肺炎を起こしていたでしょう。

どうすればよかったのか。
考えても仕方ないのですが。。。


その日の帰り際、久しぶりに父の意識が清明になったようでした。
目に力が戻り、
ベッドを起こしてくれた看護師さんに向かって
にっこり笑って、「ありがとう!」と言いました。
施設にいた頃、「本当に笑顔がすてきですね~!」と
職員さんたちに好かれていた、父の特別の笑顔です。


父の生きているかぎり
父の存在は、灯りとなっている。

そう、生きているだけで灯りなのです。
父の命を灯したり消したりするのは私たちではありません。
私たちが何をどう判断しようとも、
そんな力は人間にはありません。

そう思うと、もう
委ねよう、と思えました。


父の命の続くかぎり、
できるだけ会いに通おうと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by prem_ayako | 2017-05-23 21:03 | family | Comments(0)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako