アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。

父の入院

4月半ば、父が脳梗塞で倒れました。

ドルズィン・リンポチェのリトリートが終わって
ようやく心身が日常に戻って、
月末の「かささぎ座」まで、少しひと息つけるな、という時でした。

木曜日のお昼ごろ、ご飯を食べようとしていると
父の入所している施設から携帯に電話がかかってきたんです。
出ると、いつもお世話になっているケアマネージャーさんで、
どうしても兄と連絡がとれない、
今、救急車がきて父を搬送するところだと言います。

すぐに行きます!と答えましたが
うちから神戸まで、2時間はかかります。

電車に乗っている間も、何度かケアマネさんから電話が入り、
神戸の赤十字病院に搬送されたことが分かりました。
母にはまだ連絡していないがどうしたものか?とも尋ねられました。
母がすぐにパニックになることを、父の施設の方たちもよくご存知なので。

母に連絡するのは、私が父の様子を見てからにしてほしいと答えました。

三宮からタクシーで日赤に着いたのは午後2時半ごろ。
施設の看護師さんが付き添って待ってくださっていました。
父は私の呼びかけに、はっきり答えてくれました。

前の晩、施設で、めずらしく食べたものを少しもどしたのだそうです。
それでも吐いたあとはすっきりした様子だったのが、
今朝10時半ごろ、右目の視線の向きがおかしいことに気がついたのだと、
施設の看護師さんが詳しく説明してくださいました。
かかりつけ医に連絡したところ救急受診を勧められ、
緊急入院に至ったということです。
考えうる最も早いタイミングで対処していただけたのだと思います。

ドクターの説明を受けたところ、
脳幹部の脳梗塞を起こしているということでした。

父、大正13年生まれの92歳です。
ついに来るべき時が来たと思いました。

さまざまな検査と
入院手続きの書類。

こういう時にかぎって、なぜか兄と連絡がとれず、
私ひとりですべて行いました。

点滴と
心電図モニターと
血圧計と
脚部の血栓予防の機械につながれた父。

新たな梗塞を起こさない限りは、今すぐ命の危険はなさそうでしたので
その日は夜8時ごろまで付き添って、いったん滋賀の家に帰り
翌日また出直して行きました。


父は、呼びかけると意識はあるものの
眠っていることが多く
言葉も不明瞭になっています。
また、夢を見ているのか、あるいはそこに何か見えるのか、
ときおり宙に手を伸ばしたり、誰かに呼びかけるようにします。

手足の麻痺は幸いないようですが、
身体についた管を無意識に取り除こうとするので
気をつけてやさしく注意しなければなりません。

尿意があるのに立てないので
おむつの中にしなければならず、
それはどうしても出来ないみたいで
しかたなく、そのたびに導尿してもらうのです。

さらに、何も食べていないのに喉がゴロゴロいって
ときどき痰を吸引してもらわなくてはなりません。
口から食べる練習もしましたが、難しいようでした。

倒れるその日まで、自分でトイレに行って、自分で食事をしていたのに。

夕方、主治医に
鼻からの経管栄養と導尿カテーテルの保留を勧められました。

私はどうすればよかったのでしょう。

その場では、いったんお断りしました。
父にとっていちばんよいようにしたいこと
父の意志を確認したいこと
家族と相談してからにしたいこと、などお話しして。

ドクターと看護師さんは、そこで断られるとは思っていなかったようで
すでに器具を用意してきておられましたが、
分かってくださいました。

夜、ようやく連絡がとれて駆けつけた兄と相談しました。

父は「人工呼吸と胃瘻は絶対にやめてくれ」と言っていたことを確認しました。

それでは、経管栄養と導尿はどうするか?
導尿は、してあげないと父が辛いでしょう。
経管栄養は?

たとえば大きなJ先生は、
「自分が口から食べられなくなった時には、もう何もしないでくれ」
とおっしゃっています。
経管栄養どころか点滴だって拒否されるでしょう。

・・・でも父は、そこまで言っていなかったようです。
兄は、ずっとというわけじゃない、
救急期の一時的な措置として、栄養は入れていいんじゃないか?
と言います。

・・・ですが、この年齢で一度入れた管を
いつか取りはずすことができるものでしょうか?

かといって、ここで何も栄養を入れなかったら・・?

結局私は、兄に反対することができませんでした。
あくまで一時的な措置として
と自分を納得させて。

その夜は三宮にホテルをとりました。
やっぱり大津~神戸の往復は大変です。

翌日、父が倒れて3日目、
鼻からの管とおしっこの管が入れられました。
それらの管を触らせないように、父の手に大きな手袋がはめられました。

父は手袋を厭がり、
私と目が合うと「取って」と訴えかけます。
「これはね、はめとかなきゃいけないんだよ」と言うのですが
辛いです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

[PR]
by prem_ayako | 2017-05-23 20:57 | family | Comments(0)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako