アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。

ハサミとペン

これも儀式のお手伝いのときのお話です。

灌頂よりも前でした。
1週目の前行講座の3日目に
仏道に入ることを決めた参加者たちのため
リンポチェが帰依戒を授けてくださることになりました。

戒を受ける者は、髪の毛を少しハサミで切っていただいて、
今後ブッダの境地を得るまで仏法僧に帰依することを誓います。
日本でいうところの「お髪剃り」だと思います。
そしてひとりひとり、戒名(ダルマ・ネーム)をいただきます。
とても美しい、感動的な儀式なんです。
(私自身は、2013年7月にガルチェン・リンポチェから帰依戒をいただきました)


リンポチェから戒を受ける者の人数を教えてくれと言われましたので
(お名前を考えてくださるのだろう)と思って
希望者を把握し、男性が何人で女性が何人で、と前夜にお伝えしました。

当日の朝、座につかれたリンポチェにお湯をお出しすると、
リンポチェが小さな声でおっしゃいます。
「I need scissors and a pen」
「Oh.... Scissors and a pen....」とバカのように繰り返す私。
「When?」
リンポチェちょっと笑われて「Now」
(@_@)
「これに書かなきゃならないから」と示されたのは、
目の前に積まれた白紙の帰依カードです。
なんと!今から書かれるんだ!

・・・ペン、ペンはすぐにお渡しできるけど
ハサミね、ハサミは、私、今日持ってきてないと思う・・・
探してみたけど、やはりありません。まいったね。
帰依戒のことは前もってシンガポールと打ち合わせてあったのに、
絶対に必要なハサミを持ってきておられないなんて~

・・・とか考えながら、ともかくペンをすぐにお持ちすると
「ハサミはそんなにすぐでなくてもいいよ。Perhaps about one hour」と言われ、
私はなぜか、たぶん動転していたからでしょう、
1時ぐらいでいいんならお昼に買いに出ればいいわと
思いこんでしまいました。

でもどうやら儀式はどんどん進んでいくし
あら、1時じゃなくて1時間っておっしゃっていたのか!
とやっと気がつき

これはいかんと慌てて、
前に座っていた○さんに
「ねえ、ハサミ持ってる?」って聞いたら
「ハサミ?あっ~!!」
「下で借りてきます!」とすぐに走りだそうとされました。
ところがお隣に座っていたNさまが
「ハサミ?ちょっと待ってね(バッグをごそごそ)これでいい?」
と魔法のように、
小さな年代物のハサミを差し出してくださったのです(感謝!!)

まぁ~これもほんとにギリギリのところですw

おかげで帰依の儀式はとどこおりなく進み、
みなさんリンポチェに少しずつ髪を切っていただきました。、
切られた髪は、リンポチェが今までに帰依戒を与えた方々と同じ袋に納まりました。

Nさまはご自分のハサミで
ご自分の髪を切っていただき、戒を受けられたのでした(随喜!)


このときのペンとハサミはすぐに返していただいたのですが
ちなみにその後もリンポチェは、
いろんな人からその都度ペンを借りておられて、
そのままになっちゃったものが多かったみたいです(^^;)
みんな、リンポチェのお役にたつならと喜んでペンを供出したので
返ってこなくってもむしろ喜んでおられるのですけどね。

最終日の片づけ後、持ち主不明のペンが2、3本残っていましたので
とりあえず私が預かっております。
お加持つきのペンです(笑)
心当たりの方はお申し出くださいね。

私もさらにもう1本、求められてお貸ししたのですが
それはご帰国当日の朝、返していただきました(笑)
大事にします。


帰依戒の希望者は、2週目にも何人かおられたので
最終日、もう一度、帰依の儀式をしていただくことになりました。

2度目ですから、ハサミが要ることは織り込み済みです。
前夜、家にあった私の小さなハサミをアルコールで拭いてきれいにして
当日、リンポチェのお机にそっと置いておきました。
はい、とどこおりなく使っていただくことができましたよ(^^)v

でもね、今度はそのハサミ、
とても使いやすかったとリンポチェがお気に召されて
もらって帰っていいかな?とお尋ねになるのです(笑)
もちろん、そんなものでよろしければ!

無印良品の、刃先だけケースに入るタイプの小さなハサミです。
(今はもう取り扱っていないかもしれません)
このケースが旅で持ち歩くのに便利そうだ、ということです。
前の晩にきれいにしておいてよかったですぅ~


だいたいにおいてリンポチェ、無印良品グッズがお気に入り?みたいで
床に座られるときにとお持ちした無印の焦げ茶のクッションなども、
けっきょくは使われなかったのですが
「シンガポールに持って帰って使おうかな」
「え、いやそれなら新しいの買いますよ」
「いや、冗談、冗談」と笑われるのでした。

総じてお茶目なリンポチェなのでした(^^)
 
b0253075_2021673.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by prem_ayako | 2017-03-30 16:47 | tibet | Comments(0)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako