アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp
ブログトップ

2016年ふりかえり

あっという間にもう明日は大晦日です。
今年は年末の瞑想系ワークがなかったぶん、ゆっくりできるかと思いきや
娘一家が押し寄せてきたので全然ゆっくりできませんでした・・・
まぁよろしい。楽しかったし(^o^)

で、昨日の午後は、掃除機のあと床を雑巾がけして
(幼児がいるとなんでこんなにベタベタになるんだろう?)
大量のバスタオルを洗濯して

今日はお布団を片づけて
黒豆を炊いて
ごまめ(田作り)をつくって
きんとんも仕上げました。

明日はお煮染めとお魚を
ちまちまと出来る範囲でやっつけようと思います。

さてさて、今年もいろいろありました。

FAMILY

b0253075_11561771.jpgじゃじゃ~ん♪
息子が6月に結婚しました!

お嫁さんは息子と同い年で、ものすごぉ~い美人さんです。
いやホント!
しかも、とってもいい子で
しっかりしているし、やさしいし
お料理も上手と聞いています。
つくづく息子は果報者。

娘も息子も、
それぞれに最良のパートナーを見つけて
佳き家庭を築いています。
親として、これにまさる幸せはありません(T_T)

親の離婚という失敗を見て学んだのかもしれませんがね・・・(^^;)

娘の方の孫っちくんたちも大きくなって
こうすけはもう来年、小学生。
今年の夏はふたりで旅行もしたし
先日はふたりで鉄道博物館へお出かけしたし

こうやって仲良しでおれたら、
もう数年もしたら、ひとりで特急電車でやってきて
夏休みをうちで過ごしたりするかもしれません。
そいでもって大学は京都あたりに進学して、
この近所に下宿して、たまに夕ご飯を食べにきて・・・
とか、夢はふくらみます(笑)

アドラー心理学のおかげで
子どもや孫の世代と、いい関係をつくることができています。

PUBLIC TASKS

なんだか年々忙しくなる気がします。
おかしいなぁ。。。

ご存知のように
私は数年前から「有限会社アドラーギルド」の社員で
社長付秘書なんですけど

今年の10月から、「日本アドラー心理学会」事務局編集部の
編集長になりました。

かっこよく聞こえるかもしれませんけど、
「アドラーギルド」社はひとり社員、
「日本アドラー心理学会」事務局編集部も、ひとり部員です(笑)

しかもですよ。
「日本ガルチェン協会」という任意団体まで動きだしまして、
ここも会長以下、ひとり会員なので
ここの事務仕事もやるようになりました(爆)

つまり私のメールボックスには
「アドラーギルド」と「学会編集部」と「ガルチェン協会」と、
もとから持っている私個人のメルアドと、
4つのアカウントが並んでおりまして、
この4つに毎日けっこうな量のメールがくるのです。

なんでこんなことになってしまったんだろうなあ・・・(遠い目)
まあ、必要とされている間は働かせていただきます。
ありがたいことですわ。

さらに
長いこと「APEの会(アドラー心理学を英語で学ぶ会)」でこつこつ進めてきた
フランク・ウォルトン先生のご本の翻訳が
来年ようやく、日の目を見ることになりそうです。
今、最後の仕上げをしていますので、春頃かな?
学会から出版していただく予定です。
楽しみにしていてくださいね。

ウォルトン先生は「アドラーギルド」の招聘で、
来年10月の総会に来日されますし、

3月には「ガルチェン協会」の招聘で
ドルズィン・リンポチェが来日されます!

どちらも、要するに、私が受け入れ側です(汗)

てんてこまいでございますが
まーひとつひとつこなしていけば、なんとかなるでしょう。
今までもそうでしたから、これからもそうでしょう。
お節料理といっしょですね(^_-)

PRIVATE TASKS

今年は、8年ぶりぐらいで、
『パセージ』を初夏の金沢でさせていただきました。
『パセージ・プラス』も、11月から12月にかけて
三重県桑名市でさせていただきました。
また7月にはご縁をいただいて、
丹後で合宿ワークをやらせていただきました。

どれも、とっても楽しかったです!

来年は既にいくつかお話をいただいていますので
『パセージ』の年になるかもしれません。
(ドキドキ・・・いまだに『パセージ』はちょっと苦手。
 『パセージ・プラス』の方がずっと気楽な私です。。。)

もともとは、個人でひっそりカウンセリングをするのが好きなんですよね。
でも、マニュアルがあるにせよないにせよ、
グループを動かすお仕事は、またそれなりの醍醐味があることが分かりました。
これも少しずつ、修業させていただけるといいなと思います。


毎週1回の、クリニックでの心理療法も続けています。
こちらはもう、ほんとにひっそりとやっています。
だんだん難易度の高い患者さんを紹介していただくようになったので
悩むことも多いのですが、うまくいったときの手応えも大きいです。

またアドラーをよく学んでいるお友だちの
ライフスタイル分析をさせていただく機会もありました。
総会では、クライエントであるお友だちとセラピストである私とがいっしょに壇上に上がって
体験を総括することができました。

こうして振り返ってみると、ひっそりやったりグループを扱ったり
けっこうバランスのとれた、充実した1年だったなと思います。
ご縁をいただいたみなさまに感謝いたします!


ところで昨年までは、1年の振り返りというと
「家族」「アドラー」「チベット仏教」と
きれいに3つに分けることができたんですけど、
なんとまあ、今年は
「アドラー」も「チベット仏教」も、ひとつの括りに入ってしまいました。

アドラー心理学の勉強も
チベット仏教の勉強も
もともとは個人的な趣味でやっていたものなのに、
いつのまにか、責任をもって人々に伝えていくべきもの、
私のするべきお仕事になったみたいです。

縁とは不思議なものです。
そして、
つくづく私は果報者だと思います。


今年も私の気まぐれなブログに
お付き合い下さりありがとうございました。
来年も、こんな調子で続けていくつもりですので、
よろしければ、またどうぞご訪問くださいね。

2017年がみなさまにとって佳き一年となりますように。

Sarva Mangalam
 
b0253075_11571768.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by prem_ayako | 2016-12-30 22:47 | others | Comments(0)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako