アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。

LS分析を体験して

今年のカウンセラー養成講座は
心理療法士試験を受ける方が何人かおられましたので、
はじめて、心理療法(=ライフスタイル分析)のクライエントをさせていただきました。

ず~っと前から、実は
私もライフスタイル分析を受けてみた~い!
と叫んでいたのです。
自分のライフスタイルを知っておくことって
他の方のライフスタイル分析をする上で
とっても大事なことなんです!
だって、知らないうちに
自分のライフスタイルが影響してしまってはいけませんからね。

私を分析してくださったセラピストさんは
とってもやさしくやわらかく、話を聴いてくださいました。
ほんとうに勉強になりました!
ありがとうございました。


まず、母に対して陰性感情がわいた最近のできごとをお話ししました。
私のある行動に対して、母が不満を言ったというエピソードです。
一言二言のやりとりでしたが、
いつものように母にも私にも若干の陰性感情が残り、
こういうことを繰り返したくないなあと思いました。

「その出来事はあなたの性格と関係があるように思うので、
 小さいころの出来事をお聞かせいただけますか?」とセラピストさんに促され、
早期回想をお話ししました。

よろしければお読みください。

【よくない早期回想】

4歳か5歳だったと思います。
めずらしく外で遊んでたら、はじめて会った男の子と仲良くなって
家の外の塀につかまりながら、へばりついて遊んで、すごく楽しかったんです。(+4)
帰ってきたら、母は「あの子とはあまり遊ばない方がいいと思うよ」と言いました。(-2)
私が「なんで?」とか聞いたら、
そのうち母は「あの子とは遊ばないようにしなさい」と言いました(-4)
で、すごく嫌だったんですけど、結局その子とはもう遊びませんでした。

【よい早期回想】

家の前の路地で、兄とインサイというボール遊びをしていました。
お気に入りの普段着を着ていて、それがとてもうれしかったです。
グレーとモスグリーンのギンガムチェックで、薄いウールだったと思うんですけど、大人っぽくて、気に入っていました。
(母が着せてくれた服でした)


まず、私にとってのマイナスの価値を考えました。
じゃまされること。
押しつけられること。

うん、それはそうよね。
お外で楽しく遊んで、明日も遊ぼ!と帰ってきたところで
なんだかわけのわからないことを押しつけられたからイヤだったんですよね。
ここまでは、すんなり分かったんですが

私にとってプラスの価値は?というところで
セラピストさんも私もちょっと道に迷ってしまって
遠からず近からずのところ(自分で決めるべきだ、とか、自由であるべきだなど)
をウロウロしてしまいました。

で、途中で大きなJ先生が入ってこられました。
「解釈を言ってもいいですか? 
 この人にとってのプラスは
 私のいちばんいいようにみんなが決めてくれること、じゃないですか?」

こう言われたときに、ばっちーんと認識反射が出ました!
笑ってしまいましたわ。
そうそう!そうだわ!って。

「じゃまされる」の反対は、
私の場合、「自分で決める」ではないんです。
「私にいちばんいいように決めてもらう」、なんですねえ!!
私って、ほんとに passive な人なんだ~

お気に入りの服を用意してくれたのは、母。
お気に入りの遊びをセッティングしてくれたのは、兄。
私にとって、とても良いものを、みんなが提供してくれる状態が、
理想なんです!!!

私のライフスタイルの目標は
 私のことをよく理解してくれる人々と居て
 その人に、良いように決めてもらう「よきにはからえ」状態
  I should be a Little Princess.
  I should be treated well.


逆に劣等の位置は
 私は、ものごとを自分で決める力がない
 人々は、私にとって良いように決めたり、悪いように決めたりする


おおお。は、恥ずかしい・・・(-_-;)

きっと人さまには丸見えだったんでしょうけど。。。
こうあからさまに言葉になると、とっても恥ずかしいものです~

でも当たってます・・・
当たってます・・・
当たってます・・・

母は、私のことを私が望むほど理解していないので
私の気に入らないことを、しばしばするのです。
現在の問題についても、母は私のことを理解せず
自分のことばっかり話すので、
(もうちょっとこっちの事情も考えてよ!)と陰性感情がわくのですね。

あらら・・・(>_<)
どっちがワガママやねん。
いたたたた・・・

たぶんこの信念には、大きな見落としがあるのではないかと思います。
理解してくれる人が、いつもいちばんいいように決めてくれるとは限らないし
理解してくれていない人が、いつも私の気に入らないことをするとも限らない。
たぶん、私のことを理解してくれる人と私によいようにしてくれる人との関連性は、
私が思い込んでいるほどは、ない。。。


あんまり痛いから、この件については、しばらくぶら下げて
ひとりワーキングスルーをいたします・・・


さて、今回、クライエント側に立ったおかげで、
セラピスト側に立ってばかりでは気づけなかったとても大切なことが
ひとつ、分かりました。

それは、セラピストが行き先を少し間違えた場合、
セラピストの誘導が上手であればあるほど
クライエントは、いっしょに道に迷ってしまうものなのだ、ということです。

どんぴしゃ命中でなくても、クライエントにしてみたら
セラピストとの関係が良ければなおさら、
そう言われてみればそうかしらんという気がしてしまうのです。
だって、その価値も確かに大切にしているものですから。

だけど、本当にどんぴしゃのプラスの価値、人生目標を見つけてもらうと、
これは明らかな認識反射が、出ます!出るものなのです。

・・・ということを、身をもって知りました。

逆に言うと、今まで私が分析させていただいたクライエントさん方で
明らかな認識反射が出なかった方の場合は、
ぴったりの目標を見つけ損ねている、ということになります。

どーしよぅー(>_<)真っ青。

特に初期の頃のクライエントさんには、そういう方が多々おられたように思います。
だって私、すごくお下手だったもの Orz
ごめんなさい!<(_ _)>

最近のクライエントさんについても、今一度見直す必要があるかもしれません~
もうお会いしない方々については今さらどうしようもないので、
これから精進することで許してくださいませ!

本当に、何回見学してもお勉強になる
カウンセラー養成講座なのでありました。

まったくよい体験でありました。
いたたたた・・・(/_;)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by prem_ayako | 2016-09-04 23:21 | psychology | Comments(0)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako