アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp
ブログトップ

おかけい

あなたが逝って半月経ちました。

なぜか、もう何ヶ月も経ったような気がします。

4月7日木曜日の夕方、新潟のHさんが連絡をくださいました。
J先生が応対されて、何が起こったのかをお聞きして
いてもたってもいられず、すぐまたHさんに電話をかけました。
なんとかお別れに行きたいと思ったのです。

でも自分で電話をかけておいて、うまく言葉が出ず
Hさんも「急なことで」を繰り返され
結局、場所的にも時間的にもむずかしく
予定も入っていたので、あきらめました。


あの日は新月でしたね。
真っ暗な夜。
朝から嵐のような雨風で、
夜になって雨は収まったけれど、烈しい風が満開の桜の木を揺らしていました。

四月七日
  朔(ついたち)の風のはげしき夕ぐれに桜とともに友はゆきたり

少し前から短歌を始めていたのですけど、不思議ですね。
「新月」って古語ではなんていうのだろう?と調べたりして。
こんなときに何を私はしているんだろう?って思いました。

だけど、そんなふうに何かに頭を使っていると
その間だけは、悲しみから距離をおくことができたのです。
・・・文学の力を、ちょっと実感しました。

出来た歌を自分で読んで、泣きました。

それからJ先生と、あなたのためにお経をあげてお勤めをしました。
いっぱいいっぱい泣きました。


あなたのことばかり考えて
悲しくてしょんぼりしていましたが、

ふと抜け出したような気持ちになったのが、
これも不思議なもので
ちょうど9日の告別式の終わったぐらいの時間でした。

おそらくあなたの肉体が役目を終えた頃だったのでしょう。

だってあなたはもう十分すぎるほど頑張ったんですから
肉体から離れて自由になって良かったんです。
今ごろ、「あーすっきりした!」って喜んでるんじゃないでしょうか。

四月十一日
  遠きゆえ久しく会えぬ友なりき菩薩となりてここに来たまふ

鳥のさえずりや
桜のひとひらに
あなたの訪れを感じます。


あなたはいつも明るくて
あなたがいるだけで、そこに笑顔があふれましたね。
どれだけ身体がしんどくて辛くても
仕事になったらしゃきん!として、本当にプロでした。
アドラー心理学にぞっこんで
「私わがままだから~」なんて言いながら
やっていることはいつも「みんなのために私に何ができるか」でしたよね。

だから私は、あなたの姿が観音菩薩さまと重なって見えるのです。
またアドラー心理学の近くに転生してきてほしいって言う人もいるけど、
私は、あなたはきっとデワチェンにまっしぐらだと思うな(^^)

四十九日の間は
上等のお香を焚いて
きれいな和ろうそくを灯して
あなたを偲びます。

四月二十日
  灯(ともしび)は旅で求めし絵ろうそくピンクの蓮を友も好まむ


本当にたくさんのことをあなたから教わりました。
あなたへの年賀状に何度も書きましたけど、
私はアドラーの後輩たちと接するとき、いつも
「こんなとき、おかけいならどうするかな?」と考えて動いています。
これからもきっとそうすると思います。
力を貸してくださいね。


あなたとの楽しかった思い出を書き出すには、まだ少し時間が要りそうです。

今はただ、
あなたと出会えてよかったということだけ。

b0253075_21482474.jpg

 
[PR]
Commented by あゆみ at 2016-05-08 13:33 x
うまく言えませんが…。
このブログを読ませていただいて、なんだか私が癒されました。
おかけいさんを感じながら、私もできることをしていきます。
by prem_ayako | 2016-04-23 21:42 | friends | Comments(1)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako