アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。

短歌教室

私的感覚を見つけるには文学的なセンスが必要。
そのセンスを磨くために、ぜひ短歌を学びなされ。

と、むかしから師に言われ続けておりましたが
先日のかささぎ座でもまた言われ、
たくさんのお仲間が、NHKの短歌教室にお申し込みされました。

それってテレビ?
うち、テレビないし。
NHK訴訟団が身内にいるし。

でも、私も日本語力を鍛えなくちゃな~
と呟いたら、
「君は先生がそばにいるんだから、私に教わればいいじゃないか」
と言っていただきました。
あ、その手あり?
「私だってそう上手くはないが、初心者に教えることぐらいはできる」
わーい、ありがとうございます!
「では来週の今ごろまでの間に、まず1首作ってくるように」

は~い(^o^)

ところで短歌って、季語とかあるんですか?
「ありません。なんでもいいの」

というわけで、3首作って
3月27日に、師に提出し、
徹底的に添削していただきました(^_^;)
同学の方々のお役にたつかもしれないと思い、、
恥をしのんで公開させていただきます。

1)白雪をいただく比良の山風に さからうごとくバンの2羽ゆく

講評:「白雪をいただく」というのが陳腐すぎます。
こういう紋切り型をできるだけ避けたいのですじゃ。
現にさからって飛んでいるのだったら、「ごとく」もおかしいです。

→ 白雪の残れる比良の山風にさからいながらバンの2羽ゆく

2)船だまり 波の打ちよす音聞けば 馴れし夜道もあやしくぞ思う

講評:初句切れはダメです!よっぽどの覚悟をもって使わねば。
「打ちよす」(連用形)が「波」(体言)にかかるのも文法的におかしいです。
「打ちよする波」が正しいだろうが、これでは字が余ります。
こういうときは、順序を変えるなど工夫してください。
「馴れし」など変に古語を使うより、現代語の方がいいです。
「あやしくぞ」も紋切り型でペケ。

→ 冬去れど馴れた夜道の船だまり波音たかくあやしくも思う

3)春の陽にふくらむつぼみの枝越しに 黒き上着の夫(つま)が釣りする

講評:「枝越しに」釣りをするんか!?
いくら私が名人とはいえ、そんな器用なことはできません。
これも順番を変えましょう。

→ 釣りをする黒き上着のわが夫をふくらむつぼみの枝ごしに見る

講評:いいなぁ愛にあふれた歌だなあ。

?・・・・・

ちょっとどころかだいぶ手を入れていただきましたが、
少しの工夫で、なんだか格好がついたように思います。

気をよくして、これからも
1週に1首ぐらいのペースで作ってみようかなと思っております。
 
 
 
 
 
 
[PR]
Commented by TOMOKO at 2016-03-30 09:12 x
短歌の先生がおうちにいらっしゃるなんて、いいなあ~。
私は、NHK通信教育『初めての短歌』に申し込みました。
そろそろ届くと思います。
楽しみです~。
ところで、最後の1首、情景が目に浮かび、ayakoさんの温かい思いがあふれていますね~。
by prem_ayako | 2016-03-29 15:54 | japan | Comments(1)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako