アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。

2015年大晦日

あれこれ書きたいことはあるのですけど
もうタイムリミット(>_<)
駆け込みで、ざざっと2015年のまとめをいたします。

FAMILY

激動でした。。。

1月に父が施設入所(要介護)。
10月末に母も施設入所(要支援)。
そして私は、11月初めに滋賀へ転居。

去年の年末は、
父が何をするのにも母がつきっきりで世話をしていて、
両親ともに疲れ切っていました。

今の父は、スタスタ歩いて自分で用を足しますので、
施設に入って自立度はずいぶん上がったように思います。
認知の方は、年相応にだいぶ進んだようですけど・・・。

母の方は、あれだけ父のお世話をしていたのに
別居したら父への関心が薄れてしまったのか・・・?
それでもよく食べるし
しゃきしゃき動いているようなので、とりあえずは安心です。

結局、両親と同じ家でお正月を迎えたのは1度きりになってしまいました。
去年がんばってお節料理を作って、たくさん食べてもらえたので、
本当に良かったなぁと今になって思います。

そういえば、1年前には大きなJ先生のお母さまにも
作ったお節を持って行って、食べていただいたのでした。
お母さまは6月に亡くなられたので、
これは本当に最後になってしまいました。

老いや死について
考えることの多い年でした。。。


今年嬉しかったことの筆頭は、
娘が本気でアドラー心理学を学び始めたということです。

彼女が基礎講座理論編を受けたのは一昨年、
パセージを受けたのは昨年ですが、
今年は、一歩すすんで
鳥取市内でアドラーの仲間を増やすべく
パセージを計画したり、プレ・パセージを開催したり、
来年からは、小さな自助グループを始めようとしています。

5才のタフなこうすけと
1才の小タフなしゅんすけの子育てを通して
娘は本当にタフなお母さんに育ちました!(笑)

思うに、この娘だからこそ
こうすけが母親として選んで生まれてきたのではないかしらん。
(でないと、こうすけのあり余るエネルギーは不適切な方向に発揮されてしまうかも)
娘のブログも面白いので、機会があれば読んでやってくださいませ。


私自身については、ついに
大きなJ先生と同じおうちで暮らすようになりましたが
今のところ、けっこうそれぞれのペースで動いておりまして、
なんというか、シェアハウスしているみたいで快適です。

それに、規則正しい生活習慣をもった方が家の中におられると
私の方の生活も、いきおい規則正しくなりますね。
ひとり暮らしだとお昼ごはんを抜いちゃったり、
食べた後の食器を、洗って伏せたまま寝ちゃったりしてたけど

こちらへ越してきてからは、
毎朝だいたい決まった時間に起き出して
3食きっちり食べているし
食器やお鍋もそのたんびに、きちんと片づけるようになりました。
なにより、日課の瞑想をさぼりにくくなりました!

どんだけ怠惰やってん!
って感じですけど・・・


ADLERIAN PSYCHOLOGY

ありがたいことに今年は
ライフスタイル分析のお仕事をあれこれさせていただきました。

近頃とみに感じるのは、
ライフスタイル分析を終了されたクライエントさん方の、めざましい成長ぶりです。
もう私などの手の届かないところへ、ぐんぐん伸びていかれます。
それはもう感動的なほど!
セラピスト冥利につきると申せましょう。

クライエントさん方は、ある時点でふっと、
ご自分の本来の居場所に気がつかれるのでしょう。
ああ、私(セラピスト)を越えられたな、と感じる瞬間があります。

私のお仕事って、
鮎の川上りのお手伝いみたいなもので・・・
堰のところでちょっと滞っている方々を
ちょっとだけ助けて堰を越していただくことなのかもしれません~

私はずっと川のその場所にいて、移動しないんです。
成長もせず、ただそこで見張っていて
落ちてきた鮎さんをひょいひょいっとすくっては、上に上げてあげる。
そして、元気になって旅を続けるみなさんの後ろ姿を見て、喜ぶの。

これは、本当にいいお仕事だと思います。
この力と貢献の機会とを私に与えていただけたことに
心から感謝します。


ライフスタイル分析以外にも、パセージ・プラスを、
おかげさまで今年は2コースさせていただきました。
やっぱり私はパセージ・プラスが大好きなので、
来年もまたどこかでご縁がありますように(^人^)

またこのところ、パセージ開催のご依頼をいただくこともありまして
(まだ実現していませんが)
実は私、長年パセージを開いていませんし
自助グループも1年前にやめてしまいましたので

これはいかんな、と思いまして。

1月から某所で
パセージのサブリーダー研修を受けることに決めました。

・・・「なんて下手くそなの?不合格!」って言われたらどうしましょう?
そんなことにならないよう
これからみっちり予習復習いたします。

というわけで、来年もアドラー心理学のお勉強、忙しくなりそうです!


TIBETAN BUDDHISM

チベット語に関しては

2011年12月から4年にわたって手とり足取り教えてくださったM先生が、
第2子のお目出度のため
残念ながらレッスンを続けるのはご無理ということになりました。
チベット語のあいうえおから、ここまで読めるようにしていただいて、
本当に感謝しています。

ラサ語の発音をスパルタ特訓してくださったR先生も
今は連絡がつかず、

しばらく休憩かなと思っていたら
なんとお友だちが、早速次の先生を見つけてきてくださいました。

すでに先日から、新しい先生とのレッスンが始まっています。
新しいW先生は、あまりチベット人気質じゃなくてきちんとしておられるので(笑)
ちゃんと予習していかないとたいへん困ったことになるということが、
初回のレッスンで判明しました。

なので、来年も細々と
チベット語の勉強を続けていくでありましょう。

しかしいかなるご縁なんでしょうねぇ?
チベット語に関しては、めっちゃいい加減なのに
次々と学ぶ機会がやってくるというのは・・・。


今までのレッスンで学んだノートを総動員して
J先生にお伝えし、
先生に「三十七の菩薩行」の韻文和訳を完成していただけたのは
今年、私にとってもたいへん嬉しかったことの1つです。

私のゆるゆるとしたお勉強も
少しはお役に立てていただけたわけで・・・(^^)v

ちなみにJ先生のこの和訳はホントに素晴らしいもので
後世に残る菩薩行だと確信しています。
夢中になって読んでいると、鳥肌がたちますし、
チベット語原文と韻文のリズムがぴったり合っているので
日本語から原文が浮かんでくるほどです。

ありがたいありがたい。


過去にここにも書きましたが
仏さまに見守られているという感覚は
今年6月と秋とに、ピークに達しました。

J先生のお母さまが亡くなられた直後に
ガルチェン・リンポチェとお会いするためシンガポールへ飛びました。
これだけでも滑り込みギリギリのタイミングでしたが、
その上に私はお母さまのお葬式後の夕方に、
M先生にお会いして完成したタンカを受け取り、
それを持って行って、リンポチェのご加持をいただくことができたのです。

お母さまのご寿命、
M先生のタンカ制作の進み具合、
1年以上前から決まっているリンポチェのスケジュール、など
いろんな大きさのいろんな歯車が、
J先生がリンポチェにお母さまのご供養をお願いし
私がリンポチェにタンカへのお加持をお願いした
シンガポールのお寺のあの一室での15分間に、ぴったり噛み合いました。

稀有なり世尊・・・

ものごとの流れは、私たち衆生には分からない大きなところで決まっています。
これをダルマと呼ぶのかもしれませんが、
そこには、絶対的な「善意」が存在しています。
別の言い方をすれば、
それは「観音さまに守っていただいている」ことだといえます。

同じようなことが、引っ越しを巡っても起こっておりまして

神戸の家を私が出るという方向で、兄と話をしたのが8月。
9月に転居先は決まったものの母を置いていくのが難しく、
それでもいいからと兄が言うので
引っ越し日を先に決めてしまいました。

そうしたら10月25日に施設の部屋に空きがでて、
10月30日に母が入所。
私は11月5日に引っ越すことができたのでした。

神懸かり?
いえむしろ、
いつもずっと見守っていただいているのに
私たちの方が、なかなか気がつかないだけなのでしょう。
気をつけていれば、この世はかなり奇跡的なのかもしれません。。。



さて今年もあと数時間です。

来年は、親族みなが息災でありますように。
一切衆生のために私の力を使えますように。
日々散乱することなく仏さまとともに暮らせますように。

今年一年お世話になり、どうもありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
[PR]
Commented by 酒井朋子 at 2015-12-31 21:02 x
今年は文子さんにはことのほかお世話になりました。
文子さんのおかげで、私は成長できました。
ほんとうに感謝しております。ありがとうございます。
来年は文子さんとご一緒に新しいことにチェレンジできそうで、とても楽しみにしております。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by prem_ayako at 2016-01-02 09:40
明けましておめでとうございます。
一昨年から昨年にかけて、朋子お姉さまにグイグイ引っぱっていただいたおかげで(^^)私の世界がずいぶん広がりました。新しいことにチャレンジできたし、刺激をいつもいただいているし、少しずつですが成長できているように思います。こちらこそ本当に感謝しております。
今年も、どうかよろしくお願い申し上げます。
by prem_ayako | 2015-12-31 17:17 | others | Comments(2)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako