アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp
ブログトップ

レインブーツ

子どもが小さい頃は、
幼稚園の送り迎えとか学校行事とかいろいろあったので
それなりにレインブーツや
雨の日用のパンプスを持っていました。

でも、古くなったし
雨の日に絶対出かけなきゃいけない機会も減ったので、
いつしかさよならしました。

それ以降、
まぁ毎日通勤するわけでもなし
ずっと町中に住んでるわけだし
レインシューズがなくても、なんとかしのいできました。

昨年末、スピリチュアル・ワークで雪の丹後半島を訪れる機会があって
急遽「ふつうのズック靴に見えるけど、実はゴム引きのレインシューズ」
ってものを買ってみました。

かわいいデザインで
丹後半島でもとっても役だったし
その後も重宝してるんですけど

ただ、丈が短くて足首まわりが広いので
ひどい雨だと、上から雨が入ってきてしまいます。

それにちょっとサイズが大きくて、少し重たくもあり、長く歩くと疲れます。


舗装道路しか歩かないような生活を長くやっていますけど、
コンクリートの道といえど、これでなかなか・・・
まったく平坦な道というものはない、ということが、
雨の日にはよく分かります。

最近は長いめのレインブーツがはやりなのか
少しの雨でも長いブーツを履いている人が多いですね。
むしろ車で移動しない街中でこそ、レインブーツが必要なのかも。
しっかりした雨靴を履いている人を見かけると
あ~あの人は足が濡れなくていいなあ~とうらやましく思います。

うっかりミネトンカなんか履いて出ちゃった日にはもう、
水たまりに足を突っ込まないよう、全神経を集中して歩かねばなりませぬ。
日が暮れてからの黒く光る水たまりに
つい入ってしまったときの敗北感といったら・・・(大げさ?)

はい、足もとが濡れるの、大っ嫌い!!なんですぅ。


大津に越してきて
やっぱり、ちゃんとしたレインブーツを買おう!と思いました。

なんででしょうかね、
そばに川があると
雨の日の「雨感」がハンパない気がします・・・(意味不明)

ともかく
今回は妥協しないぞ!
履きやすい、足の濡れない、
私の足にぴったりあった、
しかもお洒落なレインブーツを買うのだ!
という覚悟で
梅田あたりであれこれ見ましたが

どれもなんだかゴツすぎて
しっかりしているけれど、たいがい重たいのです・・・
下駄箱で場所をとりそうだし。

なかなか、これ!というものが見つかりません。

あ~またレインブーツを買わないまま今年も暮れてゆくのかなぁ
・・・なんてあきらめかけていたある晩、
なにげにインターネットを見ていて目に飛び込んできたのが、
日本野鳥の会の「バードウォッチング長靴」というものでした。

b0253075_10584076.jpg


即買いました(^o^)

この、機能的なデザインがいいよね。
とても軽くて
足の部分はしっかりしているんですが、
足首から上はとても柔らかくて
くしゃくしゃっとたたんで長さを調節できます。
ブーツインもできるし
ぎゅっと絞ることもできる。
しかもたたんで持ち運ぶための袋までついている!

色は迷ったあげく、ネイビーにしました。
昨夜、届きました。
うふふ(^o^)


なんとなく、「日本野鳥の会オリジナル」ってところも
私のツボだったみたいです(笑)

このところ毎朝、双眼鏡で水鳥さんを見ているのですが、
「水辺の鳥」などの図鑑で調べてみるに、
小ガモさん、
カイツブリさん、
そしてたぶん、ハシビロガモさん
たちがうちの前に来ているようです。
あ、それとユリカモメさんも。

本格的にバードウォッチングをする予定はないですけど
でもこの長靴があれば、濡れた草地でもどんどん歩けると思います。
いやいや、しませんよ、そんなアウトドアなこと。
・・・でもできますよね(^^)
そう思うだけでなんだか楽しいのでした。
[PR]
by prem_ayako | 2015-11-30 11:16 | others | Comments(0)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako