アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。

空と水

大津への引っ越しが完了しました。

前の記事を書いた時点では、
母の入所はまだ決まっていなかったのですが、
10月25日に施設から部屋が空いたという連絡があって
兄が速、入居を決め、
10月30日に、母はあわただしく出ていきました。
すばやいです(@_@)

ミニキッチンつきの広い部屋で、母はご機嫌で暮らしています。
父の施設まで歩いて行ける近さなので、
今までよりは頻繁に、父に会いに行ってくれるのではないかしら?

というわけで私は、
後顧の憂いなく、神戸を後にすることができました。
いつもながら絶妙のタイミングでありました。


これから私が生きていく土地は
滋賀県大津市の、中心部からはだいぶ離れた
瀬田川のほとりのマンションです。

2階なのでちょうど目の高さに、
玄関のサクラの色づいた葉が見えます。
腰をおろせば雲の流れる空が、
立ち上がれば対岸の紅葉とそれを映す川面、
浮かぶ小ガモやユリカモメの乱舞が見えます。

ときどきJRや国道の音が聞こえてきますが
それらはただ流れていく音。
私に直接呼びかける声ではありません。

この家にいると、守られていると感じます。
あぁ実家にいる間、私は落ちつけなかったんだなぁ。。。

b0253075_21325685.jpg


振り返れば私はずっと、
窓から外を眺めて
いろんなことを感じ考えて
生きてきました。

早期回想に、その頃の実家の2階の窓から外を眺めて・・・
というものが2つも3つもあります。
基本、わりと病弱で内向的でしたから
窓を通して眺める外の世界が大切だったのかもしれません。

アドラーの自助グループを始めた時に住んでいた
神戸のマンションの8階からの眺めは、本当に素晴らしかった!
晴れた日には、遠く泉州沖まで見渡せたし、
雷雲が海の向こうからこちらへ迫ってくるスペクタクルも見えたものです。

離婚後5年半住んだ大阪のマンションも
上町台地のてっぺんに建つ10階だったので、
眼下の公園のクスノキやサクラ、
そして遠くに連なる生駒山系が美しかったです。


・・・ところがここ1年半、
実家の窓ガラスは全部すりガラスだったし
前が車道だったので閉めきることが多く、
外の景観が全く見えませんでした。

小さい頃と違って毎日のように出かけていましたし、
それなりに暮らしやすいように工夫していましたが、

私はなんだか、窮屈で
小さくなってしぼんでいたように思います。

自分の育った土地だからといって
自分の両親の傍だからといって
くつろいで暮らせるかというと、
それはまた別のものなのかもしれませんね。。。

いくらお金をかけて快適にしつらえても
光が足りないというか
空気が足りないというか
今から思うと、苦しかった。

今になってこんなふうに思うのは、
このおうちに来て
ほんとうに久しぶりに、
胸に息が入る!と感じたからです。

ここは、すぐそこにきれいな水が流れています。
光が移り
風が通り
この土地の「気」に、癒やされています。

b0253075_21353760.jpg

[PR]
Commented by 酒井朋子 at 2015-11-17 17:22 x
ステキなところに暮らし始められたのですね。羨ましいです~。窓から外が見えるって、すごく大切だと思います。うちはマンションの3階で、あんまり美しい景色ではありませんが、外が見えます。すりガラスで何も見えなかったらと思うと、確かに息がつまります。
Commented by prem_ayako at 2015-11-19 16:28
神戸の家でも2階や3階からは見晴らしがあったんですけど、私が1階に住むことを選んでいたものですから・・・。というのも、棲み分けをしないとやっていけないなと思ったものですから・・・。まぁいろんな要素があって、ああいう形になっていたわけです。今はいい感じです~。またいろいろ書いていきますので、よろしければお読みくださいね~
Commented by みなみぐちあきこ at 2015-11-19 19:52 x
ようこそ滋賀へ!
少し前に、映っている一番丸に乗りました。
お住いの前を通っていたのですね。

気に入っていただいて、何だか誇らしい滋賀県人です。

Commented by prem_ayako at 2015-11-19 20:19
おおっみなみぐちさん、コメントをありがとうございます!
なんだか好きなことを書き散らしておりますが、お気を悪くなさいませんように(祈)滋賀にはアドレリアンがた~くさんおられるので心強いです!どうぞどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
ところであの遊覧船は、一番丸というのですね。実は目の前に発着の桟橋があります!近すぎてまだ乗っていませんが、今度ためしてみようかな。
by prem_ayako | 2015-11-14 21:42 | family | Comments(4)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako