アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。

引っ越し準備

引っ越しは、11月5日になりました。
決まると気分はワクワクしますが
準備を考えると、気分は滅入ります。

なんといっても面倒ですからねぇ。
しかしもっとも面倒なのは、
荷物の段ボール詰め以前の
不要品の処理!であります。

私の持って行くものと捨てるもの・・・は、わりとすんなり決まるのですが
問題は、当分ここに住むつもりで越してきたため、
私のものと、もともと実家にあったものとが混在していることです。

親に「使って」と言われて使ってきたものを
引っ越し先に持って行ってもよいものなのか、
ここに置いていかなくてはならないのか、
それとも捨てた方が母にとっても助かるのか?
今になって、ひとつひとつ仕分けしていかねばなりません。

母の意向を聞いてみると
電気製品は、全部処分して行ってくれ、ということでした。
ラジャー。
家具類は、「少しなら置いて行ってもいいけれど」という微妙な言い方。
「少しなら」ってどれぐらいなんだろう?
耳が遠くなっていることもあり、細かい話があまり通じません。
たぶん何も残さないのが望ましいんだろうな。

ともかくひとつひとつ、処理していくしかありません(>_<)



1)古いパソコン

使えなくなったパソコン、いくつもあるんですよ・・・。
ディスプレイがひとつ
ハードディスクをぬいたパソコン本体がひとつ
ノートパソコンがひとつ、
眠っておりました。

使っていない古いCDコンポも、この際処分したい・・・。

神戸のゴミ出しのルールは、わりと厳格に決まっていて
「ワケトンBook」という、ゴミ出しルールの冊子が各戸に配られております。
(ワケトンって、ゴミの分別大好きなブタくんの名前です。
 悪い子キャラに、ヤラヘンとかワケヘンくんなどがいて、
 少しだけ笑えます・・・なんで自治体ってこういうのに力入れるんだろーね)

これで調べてみるに、
市はパソコンを回収しないので、メーカーに連絡すべし、とのこと。
CDコンポは「燃えないゴミ」として出せるけど、
規程のビニール袋に入る大きさで、かつ20kg以内であること、と書かれています。

小さなスピーカー2つは、
ビニール袋を二重にすれば、なんとか「燃えないゴミ」で出せそうですが、
コンポ本体は重すぎて、ヤバいです。
計るものがないので20kg以内かどうかはわかりませんが、
回収ステーションまで運ぶのも、私の力では難しそうです。

しかも「燃えないゴミ」回収日は月に2回、
うちのあたりは第1金曜と第3金曜なので、
引っ越し日までなら、10月16日の朝が最終チャンスとなります。

困ったな。
急いでなんとかしないと。


いろいろ調べて、
「無料パソコン回収」のサイトをいくつか見つけました。
たぶんパーツにばらして、中国や韓国に運んで再利用するんでしょうね。
でなきゃ送料向こう持ちで引き取ってくれるはずがない。

でも抜かれて困る情報は何ひとつ入っていませんし、
同梱できるなら他の電気製品も(携帯でもオーディオでもなんでも!)
まとめて送って全然OK、とか書いてあります。
背に腹は変えられない、今回はこれに頼ってみます!


ディスプレイを梱包するのに少し手こずりましたが、
石油ファンヒーターの空き箱がちょうどよいサイズでした。
緩衝材もその箱に入っていたのを利用して、
画面をもうひとまわり保護して、これで1箱。

それからパソコン本体1個とノートパソコン1個と、
めちゃ重い古いCDコンポ、
これらが奇跡のようにもう1箱にきっちりと収まりました。

そしてY運輸さんに電話をして
「○○宛のパソコン回収お願いします。料金は着払いで」と言うと、
その日のうちに取りに来てくれて、
10月14日、不要のパソコン類とコンポは無事に持って行ってもらえました(^o^)

小さなスピーカー2個も、16日の朝、
エッチラオッチラ「燃えないゴミ」に出すことができました(^o^)


2)見積もり

総会前夜、15日の晩に
不動産屋さんからの紹介で
ア○さんマークの引っ越し社さんに来てもらいました。

ざざっと荷物を見てもらってから、

・不要の電気製品とアドラーギルドの台車(これがまた重いんです!)を処分するのに、いくらかかるか
・同時にその他の家具類もいくつか処分するとしたら、いくらかかるか

を見積もってもらいました。

前者なら1万6千円ほど。
他の家具も入れて処分する場合は、2トントラックを1台頼むので5万円と消費税。
ということでした。

ここでがんばって negotiation しました。
「う~ん、それなら、2トントラックに入るだけもう少し入れても
 5万円+消費税は変わらないんですか?」
「そういうことです。まだ余裕ありますから、お得だと思いますよ」

引っ越し社のおじさんは、トラックの確認のために社に電話をかけると言い、
私は、母に相談してみると言って2階に上がりました。
どちらも、お互い駆け引きと知りつつやってるんですけどね。

母は案の定、こまごまとしたものを残されるよりも
2トントラックですっきり処分してもらう方がいいと言います。
そしてそのぶんの費用を出すと、言ってくれました。

これで費用についても折り合ったので、
電気製品以外の細々した古い家具や古い布団なども、
いっしょに処分できることになりました。

立つ鳥後を濁さず、
母が満足するように、できるだけさっぱりして出て行けるなら
それに越したことはありません。


3)古本

ここの家はスペースがあるものですから
(アドラーギルドの台車もでしたが)
アドラーギルドの蔵書を、た~くさん預かっておりました。

このたび大きなJ先生がお引っ越しされることになり、
また私も引っ越しすることになったので
これらの本を大量に処分しなくてはなりません。

というわけで、前もって先生に本を仕分けていただいて
そこに私自身のいらない本も少し加えて
1室に積み上げておきました。

さて、どこに引き取ってもらおうか。。。


近所に、ときどき私が自転車で立ち寄る
「口笛文庫」という古本屋さんがあります。

初めてそこで買い物をした日、私はなんとお財布を忘れて出かけていました。

こんなこと、めったにないんですよ。
というか、たぶん一生で初めてのポカです。。。
レジで気がついて、たいへん慌てている私に
ここのまだ若い男の店主さん、
「財布忘れたら、ちょっと動揺しますよね・・・」と
なんだかゆったりと言ってくださって、
たいへん救われた気持ちになったものです。

それで、このたびの本の処分を、
この「口笛文庫」さんににお願いすることにしました。

今朝ほど、お店を開ける前に軽トラックで
店主さんは軽やかにやって来られました。

大切な蔵書たちとのお別れですから、
お忙しい中、大きなJ先生もやって来て立ち会われました。

私の聞いたことのない
『タウラー説教集』とか
『市川白玄全集』とか
日本国中、2,3人ぐらいしか買い手がつかなさそうな
シュタインガスの『ペルシャ語・英語辞典』とか
ガフィオの『ラテン語・フランス語辞典』とか

あまりにもJ先生のご本が多岐にわたっているので、
店主さん、びっくりしてしまって、
「いったいどういうご職業ですか?
 ただ者でないなということだけはわかりますが」(笑)

だけど口笛文庫さん、
あなたもかなりマニアックだと思いますよ・・・
タウラーとか市川白玄とか知ってたもん。

そして、本は、しめて1万6千円にもなりました(^^)
J先生は、二束三文だろうと覚悟をしておられましたが、
やっぱり大切な本たちに価値を見いだしてもらえて
また誰かの役にたつかもしれない、となると、
かなりご満足のご様子でした。


といっても実は、まだまだ本は残っているのです。
なんせ引っ越し屋さんが置いていった段ボール箱は
大きい方40箱と小さい方40箱で、計80箱!

しかも「小さい箱に入りきらなかったら、大きい箱にも本入れて構いませんから」
と言い置いて帰られたほどです。

引っ越し現場のお兄ちゃんたちが困るでしょうから
そんなことはしませんけど、
よっぽどの量と見積もられたみたいです(^^;)


さて、処分すべきはあらかた終わったので
あとはひたすら、機械的な箱詰め作業です。
あんまり早くから始めてもしようがないので
来週になってからにしようかなっと。

こうやって私は、いつも仕事を後回しにする・・・(^^;)
[PR]
Commented by 酒井朋子 at 2015-10-21 21:26 x
11月5日になったんですね。では、次回のAPEの会が、神戸におじゃまする最後の日になるんですね。神戸のおじょうさま印の紅茶を忘れずに買ってこなくちゃ。
お引越しの準備はほんとにたいへんですよね。きーーってならないように、ぼちぼちなさってくださいね(きーーってなるのは私だけかな?)。
Commented by prem_ayako at 2015-10-23 19:59
もう神戸のおじょうさまでなくなりますねえ~(いや、もともとその呼称厚かましすぎですわ 笑)そうそう、APEは次回が神戸でする最後です。また引っ越し先でも続けたいと思っていますので、よろしければどうぞおいでくださいね。
私は引っ越しで「きーーっ」となることはあまりないんですが、逆に「やる気がでねぇ~もう今日は起きたくない~」とカオスの部屋で布団かぶってふて寝したりします。テンション上げねば。。。
Commented by あずますみこ at 2015-11-01 21:39 x
新しくなさったブログの背景、すてきです~!
Commented by prem_ayako at 2015-11-01 21:51
ありがとうございます!11月になったので気分変えてみました(^o^)
by prem_ayako | 2015-10-20 22:04 | others | Comments(4)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako