アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp
ブログトップ

終の棲家

なかなか人生、落ち着かないもので・・・
また引っ越しをすることになりました。

生まれ育った神戸の家で、当分暮らせるものと思っていたんですけどねぇ。。。


うちの両親にしても、そのつもりだったと思うんです。
私が帰るのを決めたときは、2人ともすごく喜んでくれましたし、
<それならもうこの家を売らなくていいわ!
 ずっとここに居ましょう、ねぇお父さま!>
と母も言っていた。

将来を見越して私も、
車椅子で移動できるように動線を考えて
1階の改修工事を行った。

でもちょっと遅すぎたのかもしれません・・・(^^;)

思ったより早くに父の身体状態が悪くなり、母がギブアップしました。
父が施設に入ったら、母はもとの元気で明るい母に戻るかと思ったら
予想に反して、精神的な不安が強くなってしまいました。


私が出張や旅行をするときは
私が鍵をかけて出ていった後、
母は内から、さらに二重三重に鍵をかけます。
そして私が帰宅する日に、また開けます。

私が玄関前の植え込みに、つる性の植物を這わせると、
<草が繁ると、その陰に人が潜んでも分からなくなる>と
引き抜こうとします。

悪質な売り込みのファックスがきた時は、
<脅迫状がきた!>と思い込んで、電話を抜いてしまいました。
しばらく気がつきませんでしたが
電話が通じないのを心配して、福祉センターの方が
私の携帯に連絡してこられて分かりました。。。


母の望んでいるのは、たぶん24時間、私が家にいて、
つねに母が呼べば応える範囲で
母の気に入るように暮らすことなのでしょう。
それは分かっておりますが

それでは私の生活が成り立ちませんし
今度は精神的に、私の方が参ってしまいます。

そして何よりもたいへん残念なことに、
(自分の人生をしばらく犠牲にしてでもこの母に尽くしたい)
という心を、私は育てることができていません。


夏頃に兄も交えて話し合いました。

本来、近所にいる兄と兄嫁が
母の生活をサポートするのがよいのでしょうが、
兄が病気を持っているので、今もそれは無理だと言います。

この家の戸締まりや管理が、想像以上に母の負担になっているようなので
できるだけ早くに母の気に入る施設を探して、
空きを待って入ってもらうのが良いということになりました。

そしてこの家は、母が出ていったら売りに出すことになりました。
そのへんの手配は、ぜんぶ兄がやってくれるということです。

入所先については、私としては
父と母が最期まで少しでも長くいっしょにおれるように
父と同じところがいいのではないかと強く思うのですが、
兄たちの意見は違うようです。

「幸せ」についての考え方があまりに違うので、
もう何も言わないことにします。
今度はすべて任せるので、
好きにやってもらいましょう。


40代半ばまで、ずっと神戸に住んでいて、
その後、尼崎と大阪で暮らしている間
神戸の山と空がなつかしくてなりませんでした。
こうやって1年半、戻ってみて、踏ん切りがつきました。

お別れするために、この期間が必要だったんでしょうね。
神戸とも
母とも。



母の施設入所と私の退去とが、
同じタイミングであればいちばん良かったのですが
母の入るところの部屋はまだ空かず、
先に、私の引っ越し先が決まりました。

できれば11月初め、遅くとも今年中には、
引っ越したいと思っています。

また詳細が決まればお知らせしますね。
[PR]
by prem_ayako | 2015-10-06 19:56 | others | Comments(0)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako