アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp
ブログトップ

盛岡は美味い

7月半ばから8月にかけての阪神間の暑さといったら、
大袈裟ではなく命がけでありました。

盛岡も8月はじめは相当暑かったようですが
10日の夜の飛行機で花巻空港に着いたら
やっぱり全然違いました。

滞在中の1週間は
暑い日でも最高気温が31℃ぐらい。
雨模様の日は25℃ぐらいだったりして、朝夕は肌寒いほど。
当然、熱帯夜などありません。

おかげで身体がとっても楽で、
夜はホテルのエアコンを切っても、ぐっすり眠れました。
そして食欲も出ました。

盛岡のお世話役のRちゃんが
盛岡の麺文化をぜひ味わってくださ~い♪と
三大麺(冷麺、そば、じゃじゃ麺、だそうです)を勧めてくださったので、
そのうちの2つまでは制覇できました。
おいしかったです~!

しかし盛岡の食文化の奥の深さは
三大麺どころではなかった。ように思います。

食材が、ほんとに新鮮なんですもの!
加えて大きなJ先生は、
おいしいお店を見つけるのが、とてもお上手です(^o^)


パセージ・プラス初日の火曜日は正午で終わりだったので、
お昼間はゆっくりして、夕方からぶらぶらと出かけ、
盛岡城趾あたりを散歩して、
それから大通り商店街で、おいしそうなお店を物色しました。

先生が「ここだ☆」と目をつけられたのは、イタリアン。
ガストロ・スケゴロウっていう、
けっこう広くて、人がいっぱいで、賑やかなお店でした。

カウンター席しか空いていなくて、そこに通されましたが
シェフたちのきびきびした動きがよく見えました。

b0253075_20133039.jpgお通しは、立派なブロッコリーをまるのまま茹でたもの。
白いお皿にドン!と乗っています。
はい? こ、これは盛岡の共通感覚ですか?
(うぅむ写真では大きさがわからないですね)

新鮮魚介のカルパッチョが品切れだったので
しかたなく、適当に
桃とモッツァレラのカプレーゼとかいうのを頼んだら、
これが絶品で、めちゃくちゃ気に入ってしまいました。
私は思わずお皿を引き寄せ、ひとりで平らげそうになりました。
(貪欲~)

続いては三陸岩牡蠣です!
大きな岩牡蠣を殻のまま焼いたものが、ガサッと出てきました。
ナイフでこじ開けて
ぷっくりした身に、たっぷりレモンをかけて、アツアツを口に入れると
うぅぅぅ~至福~~!

でっかい岩牡蠣6個がたったの880円なんですよ!
これも盛岡の共通感覚なんでしょうか・・・?

さらにピッツァやお肉が出てきましたが、
私はもうあまり食べられませんでした。
ともかく「桃とモッツァレラ」と「牡蠣」で
大・大・大満足でした。

・・・これだけで、ひとり2850円です!!
なんてお安いんでしょう~
b0253075_2094666.jpg

翌水曜日はオフだったので、
秋田県の角館へ遠足に行きました。

緑あふれる美しい武家屋敷が有名です。
途中でいっとき豪雨が降ったので
空気が湿気を含んで
緑がいっそう濃くなりました。

b0253075_20104074.jpg

ここは実は、もと武家屋敷のおそば屋さん。
秋田名物の稲庭うどんを食べました。
出汁が京都風で、実においしかったです。
でも場所代もあるのかな、稲庭うどん一杯が1080円もしました。
・・・金銭感覚、混乱しますぅ。


はい、ほとんど食い道楽の旅になっております。
翌木曜日も、飽食のレポートは続きます(^^;)

この日は、そろそろお魚とか、和食が食べたいですよね~と
居酒屋的なところを探しました。

先生が「ここだ☆」と決められたのは、
「南部炉端焼き」という、なんだか名前そのまんまのお店。

予約していないので、ここでもカウンターに通されましたが
焼いてるおじさんの動きがよく見えて、とてもいい感じです。

b0253075_20202920.jpgお通しは、各人の前に小さな火鉢を持ってきてくれて、
イカの塩辛を小さな昆布に載せたものを、
ぱりぱりになるまで焼いて食べました。
ちょっとしたことですが、塩辛ダメな私もおいしくいただけました。
どのお店も、お通しに工夫を凝らしておられますねぇ。

何はともあれお造りを、と頼んだら、
これがまたすばらしくおいしくて!
たこのお刺身なんて絶品です。
さすが三陸のお魚、鮮度抜群ですね~

焼き物は、私は鮭のハラスを、
先生はサンマの丸干しを頼まれましたが
焼き具合が、もう感涙もの~
外はずいぶん焦げているけど、中はふっくらしていて・・・
焼き係のおじさん、ほんとにいい仕事しておられます!

手作りさつま揚げや
長芋の唐揚げなども、とってもおいしくいただきまして
しめて、ひとり2730円也!!

すごいなあ。
大阪や神戸の食事の値段はいったい何なんだろう・・・
と、バカらしくなります。


なにげに他のお店で定食を頼んでも
出てくるのはど~んと巨大なハンバーグだったり
お皿からはみ出しそうな山盛りの唐揚げだったりで、
そのたびに驚かせてもらいました。

総じてお値段のわりに量が多く、
ほんとに盛岡は人を太らせる町なのでした。


最後は、福田パンで〆ました。
学校の売店などに入っている、
みなさまにお馴染みのパン屋さんみたいで
ときどき名前を聞いておりましたので、

最終日の朝、駅で売っているのを見つけて
パセージ・プラスの会場で食べるお昼ご飯用に買いました。
いろんなクリームをはさんだ、少し甘いめのコッペパンです。

私がひそかに食べていると
もう一人のお世話役のEちゃんが、
「あ!福田パンだ!」とすぐに気がつかれました。
よく見ると、けっこうたくさんの方が福田パンをもぐもぐしておられます。

「食べてもらえてうれしい~」
「仲間だ~」
と、Eちゃんがやたら感動してくれました(^o^)

福田パン、岩手県人のソウルフードみたいです。

いや人間って、
食文化を共有したとき、しみじみ仲間だと感じるのかもしれません。

今回の旅、
麺に始まり、福田パンに終わる(笑)

その間いろいろ豪勢な食事をいただきましたが、
新鮮な海の幸と、豊かな山の幸、
すべてが美味しくてすばらしかったです。


盛岡の食べ物にも町にも、ずいぶん詳しくなったので、
こうなると、また訪れたくなります♪
お城もあるし、大きな川が流れているし、
盛岡は、緑の多い美しい都会です。

しかしいくらなんでも、こんなに毎日飽食していてはいけませんね。
煩悩の虜です・・・
[PR]
Commented by えな at 2015-08-20 21:07 x
1週間、本当にお疲れ様でした。
岩手の食文化を気に入っていただけて、とっても嬉しいです!

最終日、野田先生と文子さんが福田パンを召し上がっているのを見て、強烈に「仲間感」を感じました。問答無用、って感じでした。
いのちのねっこである「食」って、人間にとって、とてもとても大きい存在なのだなぁ、と思いました。

盛岡を気に入っていただけて、とっても嬉しいです。
どうぞまた遊びにいらして下さいね。
美しい町並みと、安くておいしい食文化と、私達がお待ちしております(´∀`*)
Commented by toi りっちゃん at 2015-08-21 21:38 x
岩手の食べ物を気に入ってくださってありがとうございます。
まるのままブロッコリーは私も食べてみたいです。(盛岡の共通感覚なのか?笑)
大きなJ先生がちゃんと「〇はキライ」と言ってくれて助かりました。
私はときどき無性に食べたくなるものなので、『えっ?!』と思いましたが、人それぞれですものね。あとからジワジワと『取扱説明書をありがとうございます』と思いました(笑)
なんだか盛岡のことや盛岡にあるものは当り前のこと過ぎてよくわかっていなかったので、お外から来た方によさを教えていただいて感謝です。(お店も教えていただきました)
また岩手にいらしてください。
えなちゃんが言っているように、みんなで待っていまぁす♪
Commented by Naoko at 2015-08-21 22:13 x
ayakoさん、盛岡を気に入ってくださって盛岡生まれ盛岡育ちの私としては嬉しい限りです。
私も同じ頃に帰省をしていたのですが、急遽帰ることになったのと、夫の実家の初盆行事があってとんぼ返り。プラスを見学することができずに残念でした。

懐かしいパンの名前やら、私の好きな居酒屋さんやら、知らないイタリアンのお店やら出てきて、また盛岡へ帰りたくなります。
市内に大きな観光の目玉はないかもしれないけれど、あちこちにちょびちょびと気になる場所があります。
また盛岡へ足をお運びくださいませ。

ちなみに、「稲庭うどんはお高い」というのは東北人の共通感覚ではないかと思っています。お中元でも木箱に入った稲庭うどんを家族で有難くちょっと特別にいただきました。
(この感覚はもう古いのかな?)

Commented by prem_ayako at 2015-08-23 21:50
えなさん、いろいろお世話になり本当にありがとうございましたm(_ _)m
おかげさまでとっても快適なたのしい1週間を過ごさせていただきました。えなさんの方こそ、お疲れがでませんように・・・(祈)

はい、あちこち好きな町がありますけど、盛岡もそのひとつになりました♪ ぜひまた遊びにいかせてくださいませ。
Commented by prem_ayako at 2015-08-23 21:56
りっちゃんさん、盛岡の麺文化について教えてくださってありがとうございました。私にとって東北はわりと未知の世界だったんですけど、いろいろと違っているところや、反対に共通しているところを発見できて、いちいち面白かったです(^o^) 
自分にとって当たり前すぎることってわからないですよね。ぜひ関西にもお越しくださいね!ご案内させていただきます♪
Commented by prem_ayako at 2015-08-23 22:05
Naokoさん、コメントうれしいです! そう、Naokoさんは盛岡生まれの盛岡育ちでいらっしゃいましたね。お会いできなくて、残念でした~

ところであの炉端焼き屋さんは、Naokoさんのお気に入りでしたか? ほんとに落ち着いたいいお店でした。大きなJ先生の嗅覚は素晴らしいですね。

今度もし盛岡へ行く機会があったら・・・今度はNaokoさんに事前リサーチさせていただこうかな(^^)

by prem_ayako | 2015-08-19 20:46 | travel | Comments(6)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako