アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp
ブログトップ

仏さまと暮らす

スピリチュアル・ワーク@鹿島の前日、
ちょっと鎌倉に寄り道して散財してきました。

鎌倉には、モンゴル人のおじさんが経営している
チベット仏具屋さんがありまして、
一種の「欲望の館」なのでありますよ(そのスジの者にはネ)。
少しお高いけど、いい物があるんです。

手に入れたのは、
ずっと前から欲しかったけど買えなかった、
閼伽(あか)供養の7つの水器です。

本来、チベットの仏さまにお献げする供物は
1)漱口水(サンスクリット語で、あーがむ=閼伽)
2)洗足水(ぱーでぃあむ)
3)華(ぷしゅぺー)
4)焼香(どぅーぺー)
5)灯明(あろけー)
6)塗香(げんでー)
7)飯食(ねうぃでー)
8)奏楽(しゃぷた)
ということになっています。

これは毎回、手印とともに観想しますが
実物をお供えすることができれば、なお良いかしらね、と思い

今まで、なんとなく散漫に、
いろんな器に
お水を入れたり、
お花を挿したり、
いただきもののお菓子を置いたりしてきました。

b0253075_21104959.jpgまあそれでも全然かまわないんですけど、
そうしていると仏壇が
どんどんカオスになってきまして・・・(^_^;)

しかもシンガポールで、マニ車とかお数珠とか買っちゃったし。

額装のすんだクンツサンポさまもおいでになられたことですし♪
お仏壇を調えるよい機会かなと思いました。


さてこういうときのバイブル、
『実践 チベット仏教入門』(春秋社)には
「これらの供物を捧げる代わり、閼伽水だけを七つの仏器に並べて供養してもよいでしょう」
と書いてあります。

なんで8つのお供えが7つのお水になるねん?
という私の素朴な疑問にも、この本は
「『七つ』という数は、簡易な形式で供養する際の、一応の目安である」
とちゃぁんと註釈をつけてくれています。親切ですねぇ。

で鎌倉で、ついに
真鍮の仏器を7つ買いました。
1個1000円也でした。

いやしかし、
美しい~~(^o^)
満足じゃ。

b0253075_2116733.jpg




「チベットの習慣では、朝の勤行時に閼伽水を供え、日没時にはこれを下げて仏器も収納するのが一般的です。もし、下げずに供えたままの場合は、翌朝、並べてある仏器にわずかずつ瓶水を注ぎ足すのです。」『実践 チベット仏教入門』
ということですので

b0253075_21185160.jpgこの器を手に入れてから、
私も朝、
なにはともあれ出かける前に
仏さまにお水をさしあげることにいたしました。

ほんのちょっとしか時間がとれなくても、
お作法どおり、静かにお水を注いでいくと
とても心が落ち着きます。

そして(日没時は無理なので)夜、
寝る前の瞑想が終わってから、
お水を捨てて、器を拭き、
重ねて収めるようにしています。
これもまた、1日の終わりとして、とてもよい時間です。

暮らしが少しだけ丁寧になったような気がします。
[PR]
Commented by 小島ときよ at 2015-07-26 19:36 x
文子様
こんにちは。とっても素敵な祭壇ですね(^o^)我が家にも祭壇が欲しくなりました。
私はスピリチュアルワークから帰宅後、カワチェンで数珠を注文しました(≧∇≦)
もうすぐ届くみたいでワクワク…(*^^*)
私のような初心者でも読める本はありますか?オススメがあれば紹介していただけると嬉しいですm(_ _)m
Commented by prem_ayako at 2015-07-27 10:49
ときよさま、お数珠たのしみですね!次のSWの機会に、ぜひ見せてくださいね(^^)
ところで初心者向けのオススメ本ですが・・・はっきり言って、どの本もけっこうオタクです。はじめての方にとって、野田先生のご説明以上にわかりやすいものはないと思いますよ。。。
でももっと詳しくお知りになりたいということでしたら、『チベット密教 瞑想入門』(法蔵館)か、記事にも書いた『実践 チベット仏教入門』(春秋社)とかが、良い本だと思います。前者はポタラ・カレッジで教科書としても使っています。百字真言も載っているし、いいかもしれません。
Commented by 小島ときよ at 2015-07-27 20:03 x
井原文子様
お返事ありがとうございますm(_ _)m
早速前者の本をアマゾンで注文しました。
野田先生のご説明プラス読書で理解を深めたいなぁ〜と思います(*^^*)
かなり飽き性な私ですが、瞑想は続けています。不思議と飽きないです(^_^)
by prem_ayako | 2015-07-25 21:31 | tibet | Comments(3)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako