アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。

蔵出し旅写真


b0253075_957723.jpg梅雨のころから撮りためていた写真を
まとめてアップしてしまいま~す。

こういうのは、すぐに出さないとダメですね。
文章をつけてから、なんて考えているうちに
もう何ヶ月も経ってしまいました・・・(^^;)






b0253075_9514432.jpgまずは九州、島原市内の武家屋敷。
小雨模様の静かな町。
そんなに暑くもなく、
いい湿り具合で
植物はみんな喜んでいました。

b0253075_1045022.jpg












緑に目が洗われます~





b0253075_1083481.jpg海を渡った天草の、崎津。

b0253075_10104218.jpg細く曲がりくねった道の果て、
岬のどん詰まりの誰も近づけない土地に
キリシタンたちは隠れました。

路地の向こうは、海しかありません。










肉体の死よりも精神の死を怖れることができるのが
他の動物にはない、人間の強さです。

b0253075_1012113.jpg





b0253075_10322272.jpg7月、合宿ワーク前日の鎌倉。

律宗のお寺、極楽寺を訪れました。
このお寺はほんとうに美しかったのですが、
境内は撮影禁止でした。

その後、切り通しの道をぶらぶら歩いていたら
こんなに見通しのよいところに出ました。

ちょうど台風が
関西を北上していたので
由比ヶ浜の波も高いです。





b0253075_10451410.jpg




こちらは御霊神社(ごりょうじんじゃ)
またの名を鎌倉権五郎神社(かまくらごんごろうじんじゃ)
というのだそうです。

鎌倉には、日本画家の瓜南直子さんが住んでおられました。
ツイッターに、ご自宅近くで撮った写真を載せておられたので
(ただの1ファンなのですが)
「この切り通しは、なんだか『ツィゴイネルワイゼン』に出てくるような道ですね」とコメントしたことがあります。

b0253075_10422480.jpg「鎌倉は岩盤が柔らかいので、あちこちに、こんな切通しや「やぐら」があります。」
と気さくにお返事をくださいました。

それだけのご縁で
まもなく亡くなってしまわれましたけど
鎌倉を歩くと彼女の気配を感じます。



肉体が滅んでも精神は生き続ける。
それがたとえとしてではなくて
真実、そうなのだと思えるならば
何も怖いものはないのかもしれません。
[PR]
Commented by 酒井朋子 at 2015-08-07 20:10 x
美しいお写真に、心癒されました。ありがとうございます。
Commented by prem_ayako at 2015-08-08 22:36
ありがとうございます!(^o^)
by prem_ayako | 2015-08-05 09:47 | travel | Comments(2)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako