アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。

KANO

b0253075_022499.jpg  今日はちょっと家族ネタを休憩して
  ひさしぶりに、映画の話をしますね。

  『KANO 1931 海の向こうの甲子園』

  台湾人監督による台湾映画です。
  なんだか前評判がすごく良いので、
  レディースデイの水曜日、
  ちょうど午前中はカウンセリングの予約が入ってなかったので
  これ幸いと観に行きました。

KANO(嘉農)とは、
台湾南西部にある嘉義農林学校野球部のことです。

一勝もできない弱小チームだったのですが、
日本人の鬼監督、近藤兵太郎(永瀬正敏)がやってきて
「俺がお前たちを甲子園に連れて行く!」と鍛えあげました。

日本による台湾統治の頃ですから、
まだ中国共産党はありません。
KANOは日本人と
台湾人(漢人)と
台湾原住民(高砂族)との3民族混成チームでした。

監督はそれぞれの特性をよく伸ばし、
KANOを台湾の地区大会で優勝させ、
ついには海を渡って、1931年、
本当に甲子園大会に連れて行きました。

甲子園でも決勝戦まで勝ち進んだのです。
惜しくも優勝しませんでしたが
その懸命なプレーで日本中を沸かせた
という実話です。

野球・・・本来、私ほとんど興味ないんですけど
この映画は良かったです!!
大きなタオルハンカチ必携ですよ~

なんといっても
男の子たちがいい!(←そこか)

主役のピッチャー呉明捷くん役だけは、俳優さんらしいです。
ツォア・ヨウニンくん。
かっこいいですねぇ~!
b0253075_072736.png


b0253075_0184576.pngあとの部員くんたちは、みな素人の
野球部の男の子たちだということです。
この子たちが、それぞれとってもかわいいんですww

どうでもいいことだけど
私は特に、平野くんのキャラが好き(笑)
どの子が好きかでガールズトークしたいものだわ~


そして、美しい水田の風景。
烏山頭ダムを建設し、嘉南平野の潅漑に尽くした八田與一さんが
「八田先生」として慕われるさまも描かれています。
(本当は1,2年、時期がずれているらしいですが、そのへんは脚色w)

この映画が台湾人により台湾で作られたことを考えると
この時代、本当に立派な日本人が多くて
実際に慕われていたのだろうなぁと思わされます。


映画は、台湾北部の基隆港から始まります。

基隆(きーるん)は、実はずっと以前に訪れたことがありまして
ここから九份(きゅうふん)という、
「千と千尋の神隠し」の舞台になったと言われる不思議な町まで
バスに乗って行ったことがあります。
個人的にとっても懐かしい土地です。

でも、映画では、きな臭い悲しい時代。
基隆から鉄道で台湾を南下し、南方戦線へ移送される兵士たちの中に
かつて甲子園で嘉農と対戦したピッチャーがいた、という設定です。
物語は彼の回想という形で進んでいくのですが
この彼は、おそらくこの先、南方で命を落とすのでしょう。

エンドロールの前に
実在の選手たちのその後の人生がテロップで流され、
私たちはその後の激動の時代に、
この子たちがどうなっていったのか知ることができるのですが

若い日本人の選手たちは、悲しいことに
ほとんど戦争で散ってしまいました・・・

しかし漢人や高砂族の選手たちは、
戦争を生き抜き、
戦後は、社会人野球で活躍したり
子どもたちを教育したりして、
それぞれに台湾における野球の振興に尽くされたようです。

野球にしても潅漑施設にしても
このように日本人が種を蒔いたことが
時を経ても残り、台湾の人々の役に立ったらしいことを知り
心から良かった!と思いました。


2年も前に台湾で大ヒットしているのに
しかもほとんど日本語でしゃべられているのに
日本では、『KANO』はなかなか公開されませんでした。
どこぞの国からの圧力があったのだろうと思われます。

ようやく今年になって全国でロードショーが始まりましたが
上映している映画館はあまり多くないみたいです。

野球のことと同じぐらい、
政治のこともよく分からないですけど

たぶんこの映画、
台湾の民族運動のひとつの現れなんでしょうね。
どこぞの力から逃れよう。
そのために日本が行った良い側面を思いだそう。
というムーブメントの、流れの上にあるような気がします。

2回も観光に行った台湾びいきの私としましては、
この運動は、大歓迎でございます。


それはともかく
It's worth watching!
是非機会があればご覧になってください。

私ももう1回観にいこうかなあ~♪

b0253075_042570.jpg

[PR]
Commented by 酒井朋子 at 2015-02-20 16:23 x
シェアしてくださって、ありがとうございます。夫を誘ったら、3月1日に一緒に行くことになしました。
Commented by prem_ayako at 2015-02-20 17:51
わぁ~い。ではぜひ、その後でガールズトークを!(ちがうか)
by prem_ayako | 2015-02-20 11:44 | others | Comments(2)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako