アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。

年の瀬に

のんびりしていたら
今年ももうあと1日で終わりではないですか。
書きたいことはたくさんあったのですが
時間がないのでとりあえず棚上げにして、
簡単に今年1年を振り返ってみます~

1)家族

ひたすら、家族のために食事を作った1年でした。

これはまあ、でも、主婦なら当たり前のことですね(^^;)

私が離婚したのは息子が15、娘が19の時でした。
本来なら、まだもう少しの間、
彼らに食事を作ってあげるべきでしたのに
そのタスクから逃れてしまったわけですから
今ごろ、ツケがまわってきたのかもしれません。

娘が絨毛膜下血腫で絶対安静になってしまった2月末から、
無事しゅんすけが生まれて心おきなく動けるようになるまで
何度鳥取に通ったか!
行けば私は娘の家の台所の主となり
毎日、昼と夜の娘家族の食事のお世話をしたのでした。

お料理するのは好きなほうですし
喜んで食べてもらってるな~と感じることができたので
娘のところでは、ちっとも苦じゃなかったです。

3月末からは、両親と同じ神戸の家に住むようになったので
曜日を決めて夕食のタスクを引き受けました。

こちらの方はしかし、
母との関係が悪い時などには
たまに、あまり喜んでもらっていない感じの時もあって・・・

なんで私ばっかりが、食事の支度しなきゃいけないんだろう!
と黒い心が動くことがありました・・・

おっとっと。
今までどんだけ母の世話になってきたか。
お返しするのは当たり前のはず。

それに、
私の力を使って何かをする、ということに意味があるのです。
相手の反応に左右されることではありません。

たぶん何かのカルマを、こうやって返しているのでしょう。
惜しみなく、もらっていただきましょう!
そう、これは生き仏さまへのお供え。布施ですね。

はい、明日もお節料理、がんばりま~す!(^o^)

b0253075_20311989.jpg









2)チベット仏教

ありがたいことに、今年の終わり近くに
私がこれから死ぬまでの間中、
ずっとやり続け、極めるべき瞑想を学ぶことができました。

人それぞれに、体質に合った、または必要な
瞑想の種類があると思いますが、
私の場合は、それが チュー gcod なのだと思います。

観音成就法も好きですし
トゥンモの火も素敵ですし
また、好きなお経もたくさんありますから
これからも読んで学んでいくと思いますが

私のように業の深い・・・
貪欲で我執の強い人間が
少しでも浄くなり解脱に近づこうと思ったら、
チューしかない!

・・・というぐらい
私には合っている瞑想法だと思います。

いやぁ習いに行く前から、なんだかドキドキしていたんですよ。
(え、方向音痴だから? ちがうって)
ものすごく大事なものと出合う予感がしてたんです。

今はまだ、チューのチベット語テキストを
たどたどしく読むだけで精一杯ですが

来年はなんとか、もう少し流暢に
チベット語で歌いながら
深い瞑想に入れるようになりたいものだと思います。

さらに、今生のうちには、
瞑想しながら
右手でダマル(太鼓)、左手でティルブ(金剛鈴)を
美しく鳴らせるようになりたいものです!

かなり練習が要りそうですが
毎日やっていれば、いつかはできるでしょう。
がんばりま~す(^o^)



3)アドラー心理学

ポンクラを閉めたばかりなので、
この先、自分が自助グループ活動とどう関わっていけばよいのか
まだ全く見えないのですが

ただ、ずっと長いこと地元の閉じた空間で
自助グループやカウンセリングをしてきましたが、
今年は、もう少し外に向かうような、
新しい動きが出てきたのかな?と感じています。

実は今年は、少し離れた地域で、
お仕事をさせていただく機会が何度かありました。

初夏の金沢や、冬の名古屋。

特に名古屋でのお仕事については
私にできるだろうか?・・・いやできるはず!
と自分を奮い立たせながら(^^;)目下挑戦中です。

嬉しいことに、新しい経験をさせていただくたび、
お友だちが増え、
私自身の学びになり
また、少しは誰かのお役に立てているようで
かえってたくさんの勇気をいただいています。

来年も、もしまたそんな機会がいただけるのなら、
もともと私、怖がりで慎重派なんですけど
少し返上して挑戦してみようかと思います。


図らずも3項目とも
己を捨てて自分にできることをする。
というあたりが、来年の抱負となりました。
宣言しとこ(^^)

家族には、布施と忍辱を旨とし
チューで、禅定と智慧を目指し
アドラーは、なおもって精進すべし!


みなさま、どうぞよいお年をお迎えください。
これからもよろしくお願いいたします。
[PR]
Commented by 酒井朋子 at 2014-12-31 07:08 x
文子さん、今年もいろいろとお世話になりました。APEの会、そして、名古屋で、文子さんからたくさんのものをいただいています。来年もご一緒に学べる機会がたくさんあると思います。どうぞよろしくお願いします。よいお年をお迎えくださいね。
Commented by prem_ayako at 2015-01-03 14:34
朋子さん、コメントが年を越してしまってごめんなさい(^^;) 昨年はご一緒にたくさんのことを学べて楽しかったです~。いつも朋子さんからはたくさんの勇気をいただいています。ありがとうございます!
今年もまた、あちこちでお会いすることになるでしょうね♪ おたがいに身体に気をつけて楽しみましょうね。どうぞよろしくお願い申し上げます。
by prem_ayako | 2014-12-31 00:23 | others | Comments(2)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako