アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp
ブログトップ

おひげリンポチェ(その1)

東京で、
おひげリンポチェ(ラムキェン・ギャルポ・リンポチェ)にお会いして参りました。

今年は、4月にダライ・ラマ猊下にお会いした際、
思いがけず最前列だったことで、たぶん運を使い果たしまして(/_;)
ディクン・カギュのリンポチェ方にお会いすることが
今まで叶いませんでした。

娘の第二子出産が無事終わり
少し余裕ができて動けるようになった頃
うまいぐあいに、おひげリンポチェご来日の知らせが入りました。

何故か大きなJ先生は
おひげリンポチェとのご縁があまりおありではないようで
1年半ほど前の般若心経のご法話の時もでしたが、また今回も
私単独での東京行きとなりました。

前と同じく今回も。。。
超・方向音痴の私にはハードルの高いことばかり!
ご法話に参加する以前に
行って帰ってくるだけで、大冒険なのでございました。

教えの内容は口外してはいけないことになっておりますので
その周辺のことだけ、お話しします。
ありがたいながらも珍道中の顛末、
よろしければお付き合いくださいませ。

<新宿常円寺>

まず初日は、午後1時から8時半まで、
新宿の常円寺というところでグル・タクポの教えと灌頂をいただきました。

朝の新幹線で、いざ東京へ!
しかし、あぁ新宿、難しいですwww
新宿駅、広すぎ!!!
地下なのか地上なのかわからんし!

少々過保護のJ先生が
迷ったときのために方向磁石を貸してくださっていたのですが
そもそも会場案内の地図に方位が書いていませんでした(T_T)ので
あっち行きこっち行きして、ようやく目印の青梅街道を見つけ
それに沿って歩いてほとんど諦めかけたときに、不意に目的のお寺が現れました。

ここまでで、ほとんど体力使い果たしました(=_=)
でもそのおかげで(か?)
誰も知り合いのいない中、リンポチェがいらっしゃって
ご法話をお聞きしているとき、
ふいにある考えがわきました。。。


昨年ガルチェン・リンポチェのアミデワ(阿弥陀仏)リトリートに参加して以来、
私の周りの人々が、死後はみな極楽に生まれ変われますように
とお祈りしています。

 いとも得がたき無量光
 右に大悲の観世音
 左に大力大勢至
 無数の菩薩に囲まれて
 これぞ最勝安楽国
 名づけて極楽浄土なり
 われらが命の終るとき
 ただちにかの地に往生し
 親しく阿弥陀仏を見む

このイメージを、私なりにずっと思い描いてきたのですが

この日私は、艱難辛苦を乗り越えて(?)はるばるこの地に辿り着き、
親しくリンポチェとまみえることができました。
何かひとつ条件が異なっていたならば、
私はここには来れなかったかもしれません。

そしてリンポチェのお言葉は、通訳を通して私の耳に届きます。
異なる言語の仏さまのお言葉を
日本語に変えて伝えていただけることのありがたさ!

これがこのまま極楽浄土(デワチェン)ではないかしら?
デワチェンは、西方彼方にあるのでもなく、
この命を終えてから行くところでもなく、
実は仏法を説く方に巡り会い、そのお教えを理解できるとき
いつどこにでも、現れるものではないかしら?

b0253075_21144011.jpgそういえば、白隠和尚の和讃にも
「当所即ち蓮華国 この身即ち仏なり」
という言葉がありましたっけ。

そう考えると、
寒々しいお寺の地下室は、仏国土
リンポチェは阿弥陀さま
おつきの方々はみな菩薩のご眷属
法友の方々はみな、
極楽で仏さまのお教えを聞いている蓮華生
ではなかろうか(T_T)

合掌。


<秋葉原>

リンポチェご来日のスケジュール、
初日の会場は新宿、2日目と3日目は千駄ヶ谷ということで、
私は慣れぬ東京の路線図とにらめっっこして、
どこにホテルを取るべきか考えました。

で、新宿へも千駄ヶ谷へも中央線1本で出ることのできる
秋葉原の駅前にあるホテルを予約しました。

しかし、まぁ新宿ほどではありませんが
秋葉原の駅も広いですね!

少々過保護なJ先生は、6週連続で東京へパセージ・プラスに通われた際、
秋葉原駅構内の写メを撮って送ってくださいました。
「くれぐれも出口を間違えないようにね!」のお言葉を添えて。
このご注意は、決定的でしたね。
出口を間違えたら、私はホテルに行き着けず
秋葉原の電気街かどこかで路頭に迷っていたことと思います。
複雑な経路をたどって指定の出口に出て
ホテルの看板を見つけたときは心底ほっとしました~

まったく一つ一つ、たいへんだわ(^_^;)


そのホテルは、うれしい誤算で、
レディースフロアだったからかインターネット特典なのかよく分かりませんが、
とても居心地が良かったのです♪
東京のホテルですから、高くて狭いのは、いたしかたないとして

お部屋にアロマデフューザーがあって、フロントでアロマオイルを選ばせてもらえたり♪
シャワールームに、レインシャワーという装置がついていて
天井からお湯が降り注いで、かなり気持ちがよかったり♪
しかも全室にマッサージチェアが置いてあって使い放題だったり!

半日冷たい床に座り込んでいたので、
無料のマッサージチェアは至福でした~(^^)v

そしてさらに~
フロントで「お好きなだけお部屋にお持ちください」と置いてあった
紅茶やハーブティーや日本茶のティーバッグのうち
なにげに取った「Te Miel」(はちみつ紅茶)というのが
ものすご~く美味しかったり!
はちみつの甘みと極上の紅茶で、身も心もほどけていく感じでしたぁぁ

もう1個フロントに行って取ってこようかと一瞬思いましたが(笑)
あまりに貪欲だと考え直して・・・
空き袋を捨てないで持ち帰ることにしました。


家に帰ってから検索してみたら、この「はちみつ紅茶」、
ラクシュミという神戸の紅茶屋さんの売れ筋商品でした。
と、東京・秋葉原のホテルで神戸の紅茶・・・(@_@)
さっそく購入したのは言うまでもありません。


なんだか、たいへんなことの後には幸福があるみたいですが、
浄い心になっていたはずなのに、そのわりに、
けっこう物欲にまみれている気もいたします。。。

南無南無。
(つづく・・・)
[PR]
by prem_ayako | 2014-12-14 21:50 | tibet | Comments(0)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako