アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp
ブログトップ

雨の日に

この週末は鳥取へ手伝いに行く予定だったのですが
台風接近のために中止となりました。
神戸ー鳥取間の往復が、予定より1回減りましたので
雨の中、なんとなくぼ~っと過ごしています。

最近読んでヒットした本でも、紹介させていただきましょうかね(^^)

まずは、てがたく仏教関連~

『中論』は、ようやく下巻に入りました。
ただ、このご本には強烈な睡眠作用があるようでして
長時間乗り物に乗るときには必ず携えていきますが
いくらも進まないうちに眠ってしまいます。。。

龍樹さまのお言葉はありがたいのですが
ちとレトリックが込み入りすぎている・・・と感じます。

それでは、お釈迦さまのお言葉そのものはどうなんだろう?
というわけで
阿含経典(=パーリー語仏典)の
片山一良先生による和訳『長部』『中部』『相応部』、
そして我が家の宝の蔵にあったそれぞれの英語訳とを
就寝前の一時、これも少しずつ読み進めております。

b0253075_12304646.jpg今生で読み終わることができるかどうか
はなはだ心許ないです。
なんせこんなに分厚い本ですからね!

これはまぁ睡眠薬代わりに読んでいくとして(^^;)
やっぱり、私のような凡夫には
参考書が必要!と思い至りました。
それも、理屈っぽいインドの方のじゃなくて
適当に噛み砕いてある、できれば日本人向けのがいいですね。

そうして出合ったのが
石飛道子『ブッダ論理学五つの難問』(講談社選書メチエ)
宮元啓一『ブッダが考えたこと~これが最初の仏教だ』(春秋社)
の2冊でした。

お2人とも論理学・哲学がご専門で、仏教学者ではありません。
いわゆる「仏教界」の外側から仏教を説いておられるので
私にとっては、とても読みやすかったです。

b0253075_12332451.jpg特に、宮元啓一氏の『ブッダが考えたこと』はオススメ!
名著だと思います。
お釈迦さまの説かれたことを
これほど分かりやすく解説してくれる本に
私は初めて出合いました。

といっても私、「チベット仏教」以外の本を読むのは
初めてかもしれない・・・

仏教の知識がほとんどゼロの状態でチベット仏教に入り、
今ようやく仏教全体に目を向け始めた~という初期段階におりますので
私の感想なんてアテにならないと思いますけど

タイトル通り、「ブッダが考えたこと」
ブッダが発見されたこと、
逆にブッダが扱われなかったこと等が、だいぶはっきりしました。

そして今まで私が抱いていた「仏法」のイメージが、ずいぶん訂正されました。
仏教ってそもそも、とても logical かつ pragmatical なものだったのだと
分かって、ものすごくビックリしました。
わりと情的に、「ウットリ」と捉えていたんですね。

どういうことかって?
それが簡単に説明できるようなら、こんな凡夫ではありません(^^)
本を読んでくださいませ!


b0253075_12392575.jpg次にご紹介するのは、一転やわらかく、
童話です!
英語ですけど、こちらには催眠作用がなく
一気に読み終えました(そりゃそうだ)

おなじみ、
ALICE'S ADVENTURES IN WONDERLAND illustrated by Tove Jansson
(Tate Publishing)

Lewis Carrol の『不思議の国のアリス』は John Tenniel の挿絵が有名ですよね。
例えばこんな絵・・・
b0253075_12414188.png

高校生の頃大好きで、
一生懸命に写したものでした。


この『アリス』のフィンランド語版に
ムーミン作者のトーベ・ヤンソンが挿絵を描いていたらしいのです。
そしてその英語訳を、ロンドンのテート・ミュージアムが
このたび復刻出版してくれました。

もうこれは全く趣味のものなんですけど、
インターネットで見るとあまりにも魅力的なので
はい、すぐに取り寄せましたです。

美本ですよ!
いくつか貼りつけますね(クリックすると大きくなります)

涙の池で溺れそうになる場面(笑)
b0253075_12435523.jpg


とかげのビルが災難に遭う前
b0253075_1245240.jpg


グリフォーンとニセウミガメ
b0253075_12454328.jpg


どの絵もシュールで素敵ですが
私のもっとも好きな絵は、この1枚。
b0253075_12482227.jpg


アリスが井戸を落下しながら、
猫のダイナのことを思い出している場面です。
"Dinah'll miss me very much tonight, I should think!"
"Do cats eat bats? Do bats eat cats?"

さみしそうなアリスと
巨大な猫の後ろ姿!
この発想すごいと思いません?

Tenniel のアリスは British!
Disney のアリスは少し格が落ちて American!
Jansson のは、なんとも北欧のアリスです!


大切なご本がまた一冊増えました♪
[PR]
by prem_ayako | 2014-08-09 13:00 | others | Comments(0)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako