アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp
ブログトップ

金沢

やっと爽やかな気候になったと思ったら
もう早や6月、すでに空気は湿気をふくんで梅雨の気配です。
今年の初夏は、あっという間に過ぎてしまいそうですね。

でも今年、私は5月から6月にかけて
金沢でパセージ・プラスをさせていただいているので
毎週日曜日、特急サンダーバードの車窓から
初夏の景色を堪能しているのです♪

大阪ー金沢間は、だいたい3時間弱。
往復に3時間ずつ使って
パセージ・プラスそのものも3時間。
よい1日の使い方でしょ(^^)
電車の中で、たっぷり本を読めますし
ぐっすり眠ることもできる!

でも何と言っても
同じ3時間だけれど、新幹線沿線と違って、
湖西線ー北陸線はとても美しいのです。

湖西線は、東に琵琶湖、
西に比良山系の山々を眺めながら
北上していきます。
線路の両側には、主に水田の景色が続きます。

5月18日のパセージ・プラス初日には、
田植え直後の田んぼがほとんどでした。
山と空を映して輝く水田もじゅうぶんに美しいですが、

帰路、夕暮れの琵琶湖を遠景に、
手前の棚田が
空に残るわずかな光を映して
おぼろに光っているのを見たときには、
あまりの静けさと美しさに息を呑みました。

そして毎週、通って行くたびに
田んぼの稲は緑になっていきます。
みずみずしい葉が風に吹かれると
いっせいにそよいで色合いを変えます。

あぁなんだか、日本人の原風景ですw

湖北を過ぎて北陸に入ると、見渡す限りの田んぼの中、
ところどころ麦畑が点在しています。
ちょうど今は麦秋で、緑の田んぼの中に黄金色の麦の穂・・・
あぁ日本って、なんて美しいんでしょう~


沿線もこのように眼福でありますが
目的地の金沢もまた素敵。
街は美しいし食べ物もおいしい。

1日目は、「金沢四高記念館」という
煉瓦作りの古い高校(大学?)の中のお部屋をとっていただいていました。
少し歩けば兼六園や金沢城のある
緑がいっぱいのおちついた界隈でした。

b0253075_23383427.jpg
写真は、「四高記念館」と
b0253075_23511419.jpg
となりの「しいの木迎賓館」のシンボルツリー。

こんな所でパセージ・プラス第1章を始めることができて
気分は最高ですw♪


翌週、2章からの会場は、うってかわって街の中心部、
金沢の台所といわれる近江町市場内でした。
せっかくだからとメンバーさんが
開始時刻まで市場を案内してくださいました。

日曜日だから、いつもより空いていたらしいのですけど、
いやいやどうして、ものすごぉく活気のある
広大な市場でした!

カニやエビやノドグロ、貝などの魚介類、
海鮮丼などの食べ物屋さん、
大根ずしやお茶・お菓子など金沢独自のものが
たくさん並んでいます。
安くて新鮮でおいしくて、
料亭の人たちも買い付けにこられるようです。

地元のメンバーさんがおっしゃるには、
お正月の買い物はみなさんここでなさるらしいので、
明石の魚の棚、
大阪でいえば黒門市場、みたいな所かな?

うう~保冷バッグを持ってきておれば
いっぱい買い込んで帰りたい~(>_<)
・・・でもそんな用意はしてないし
だいいちそんなに荷物は持てません。
(だってパセージ・プラスに来てるんだもん)

お土産に生鮮食料品はあきらめて
駅で和菓子を見つくろって帰ります。
これも地元の方おすすめの
「まるごとみかん大福」が大ヒットでした!

b0253075_005891.jpgもう笑っちゃうぐらい美味しいので
(回し者ではありませんが)
次の週もまた同じのを買って
帰りの電車内でひとりで味わいました。
しあわせ(^^)

この最も美しい季節に
毎週、金沢に通って行ける幸せを(文字どおり)味わっています。


ところでかんじんのパセージ・プラスのことを
私はまだ何も書いていませんね(景色と食べ物のことばかり 笑)
もちろん、金沢は人もよし(^o^)
とっても暖かく迎えていただき、楽しくやらせていただいております!

メンバーに入ってくださっている子育て真っ最中の若いお母さんたちは
金沢の精鋭部隊と申しましょうか(^^)
エピソード分析のやり方をすでに少しご存知でしたし、
聴き方もとってもお上手です。
おかげで私はリーダーとして、
とってもラクさせていただいています。

みなさんが、ご自分の私的感覚に気がつかれたり
共同体感覚についてディスカッションしたりしながら
1章進むごとに驚き楽しんでくださっているのを感じて
とってもうれしいです。

少しでもお役に立てたらいいな~と
迫力をこめて(笑)
アドラー心理学をお伝えしております。

すでに3章まで進みました。
後半も楽しみです!
[PR]
by prem_ayako | 2014-06-04 00:12 | travel | Comments(0)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako