アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。

しゅくだいの出来

福島→会津若松から帰って
酷暑の大阪で2、3日働き
金曜の夜にはもう東京のホテルにおりました。
土曜日から、
いよいよガルチェン・リンポチェとお会いするのです。

あまりにいろんなことがありすぎて・・・
でもまずは、懸案の宿題(長寿祈願文の暗誦)の話からしましょうか。

暗誦は、スラスラっとはいきませんが、
ゆっくりとなら、間違えずに言えそうなぐらいにはなりました。

問題は、タイミングでしてね。。。
リンポチェのおそばにまかり出るのは
失礼のないようにしなければならないし、
しかもできるだけ、静かな状況が望ましいと思っていましたので
初日はチャンスがありませんでした。
とりあえず、カタ(お献げする白い布)だけゲットしておきました。

2日目の朝、なるべく早く会場に行って
前の方に座り、リンポチェが到着されるのを待ちました。

もーこうなったら、出たとこ勝負よ!
と、心理療法士試験の前みたいな気分です・・・

いらっしゃいました!
リンポチェが高座につかれたら、
私たちは五体投地。
少しざわめきがおさまって
まだ始まるまで10分ほどある、というタイミングで、

思い切ってリンポチェの前に、ひとりで進み出ました。
跪いてカタを差し出すと、
「おぉ、」と、受け取って私の首にかけてくださり、
リンポチェのいつもの流儀で、おでこをごっつんこしてくださいました。
大きなお手で私の耳から頭を支えておられます。

もうこれだけで私は舞い上がってしまったのですけど
(ともかく宿題です!)
このごっつんこの姿勢のまま、合掌して
「ぱぁぺーゆーなあーやでーわしぇ」とお唱えを始めました。

「ほっほっほっ、あーやでーわしぇ!」とリンポチェはすぐにお分かりになって
(よかった、発音大丈夫みたい!)
「どかむちょーす」と、先を言ってリードしてくださったのです!!
こ、これは想定外!!!

私「あわわ、どかむちょぉす、がるぎりぃすーどぅ・・」
リンポチェ「じてん・・・」
私「じてんごんぽ、えーとえーと」
リンポチェ「とぅせー」
私「とぅせー(焦っ)ちょでぃんぱ、ぺんでんがるちぇん、とぅせー、あ、いや・・」
リンポチェ「くつぇー」
私「あ、あ、くつぇ、けぎゃるてん!」

その間ずっと、リンポチェのあたたかいお手が
私の頭を抱いてくださっていました。
お顔は、とても見ることはできませんでしたが、
ほほえんでおられることは分かっていました。
(そもそもこのお方がほほえんでおられないことはないのです)

もう一度合掌して下がりましたが
しばらくはドキドキして、ほどなく始まった講義も上の空でした・・・


宿題の出来は、このように、むちゃくちゃでございましたのよん。

でもリンポチェとご一緒に、声を合わせてお唱えしちゃったもんで、
なんだかすっご~~~く幸せ(*^_^*)

チベット語の師からの宿題のおかげで、
こんな素敵な体験をさせていただきました。
ありがたいですぅ~
もう一度言います。
宿題いやがってごめんなさいでした!m(_ _)m
[PR]
Commented by NOBU at 2013-07-30 20:46 x
 すばらしい! リンポチェも喜んで下さったことでしょう。随喜させて下さい。
Commented by prem_ayako at 2013-07-30 23:42
NOBUさん、
随喜いただけるなんて、ありがとうございます!
この幸せを一切有情に廻向します。
by prem_ayako | 2013-07-30 00:27 | tibet | Comments(2)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako