アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。

おひげリンポチェ

ディクン・カギュ派の高僧による般若心経の教えと灌頂を受けに
東京へ行ってきました。
えぇと、1泊1日(車中泊)っていうんでしょうか?
行きは大阪難波発午後10時10分の高速バス、
帰りは東京発午後6時の新幹線でした。

この年になって夜行バスwww
と思わんでもなかったですが、案外、眠れました。
熟睡というわけにはいかなかったですが。
これはひとえに、低反発シートのおかげです。
情報をくださったEさん、ありがとう~(^_^)

こたえたのは、むしろ東京の暑さでした。
冷房対策の方をして行ったのですが、
由緒ある畳敷きの会場には冷房がなかったのです orz

特に午前の灌頂の間は100人以上がすし詰め状態で
2時間、膝をちょっと動かすことすらできず、
気が遠くなりそうでした・・・
日本国内、大阪ほど暑い街はないので、東京をなめておりましたわ。

会場は護国寺の大師堂で、
ダライ・ラマ法王が震災後の四十九日法要を執り行ってくださった所です。
東京のチベット関係者たちのメッカのひとつなのであろうと
私は勝手に思っています。
リンポチェも、この大師堂で般若心経を説くことを喜んでおられました。

そのリンポチェ、
ラムキェン・ギャルポ・リンポチェとおっしゃいます。

b0253075_21132292.jpg

おひげが怖そうなので、
お会いするかどうか、↑ この理由のために迷っていたのですが(笑)
全然怖くない、優しい優しいお方でした!

b0253075_21151367.jpgときどき目をかっと開いて黙想されます。
このお目がすごい。。。
家に帰ってハッと気がついたら、
パドマサンバーバにそっくりでいらっしゃるのでした。

お名前、覚えにくいので、
以降、おひげリンポチェと呼ばせていただきます~

おひげリンポチェは
お話が理路整然としておられて丁寧で
深い智慧の般若心経を
とても分かりやすく説いてくださいました。
通訳してくださった女性の方も、文句なしに最高に分かりやすかったです!
難易度の高い般若心経ですが、
今までより少しは理解が深まった・・・かもしれません。
ご縁あって今生でこの教えをいただけたのが、とってもありがたいです。

実は来週も教えの続きを聞きに行きます。
1泊1日、今度も強行軍ですが
その価値はあると思うな。


ところで帰依戒(=仏教徒になる誓い)と
菩薩戒(=菩薩になることを決心する誓い)とは
自分ひとりで誓っても全くOKなのですが、
この日のお昼休みに、おひげリンポチェが
希望者に帰依戒を授けてくださるとのアナウンスがありました。

b0253075_21365390.jpg夏にガルチェン・リンポチェにお会いするときに
今度こそ授けていただこうと思っていたのですが、
ついうっかり列に並んで、受けてしまいました(^^;)

正式に仏法僧への帰依を誓い、
髪をほんの少し切っていただき、
法名を頂戴しました。

去年ガルチェン・リンポチェにお願いしていたのに1日違いで叶わず、
今年、おひげリンポチェに授けていただいた・・・
この流れに、ご縁の不思議さを感じています。

ガルチェン・リンポチェは、なんていうか
私の意識では人間ではなくて、もう超越してしまった仏さまに近いので
(実際、各国で「生き仏さま」と呼ばれておられます)
同じディクン・カギュ派のおひげリンポチェに戒を授けていただいたことを
きっと喜んでくださると思います。
だって修行を始めるのは1日も早い方が良いですもん。

というわけで、正式に
在家のチベット仏教徒になりました。

ディクン・カギュの毎朝のお勤めに次のような文言があります。

 菩提を得るまで、私の身口意を、善をなすことに使います。
 死ぬまで、私の身口意を、善をなすことに使います。
 今日から明日の今ごろまで、私の身口意を、善をなすことに使います。


言うは易し、行うは難し。
けれど不思議と
「今日から明日の今ごろまで」ぐらいは、
素直な心でおれそうです。
[PR]
Commented by えな at 2013-06-16 22:25 x
わぁ!受戒、おめでとうございます!!
そして、情報がお役に立ったようで、嬉しいです(^_^)
(ちなみに私は、ミネトンカのモカシンを購入してしまいましたw)

> 菩提を得るまで、私の身口意を、善をなすことに使います。
> 死ぬまで、私の身口意を、善をなすことに使います。
> 今日から明日の今ごろまで、私の身口意を、善をなすことに使います。

大きな相対的プラスから、小さな相対的プラス(今日から明日の今ごろまで)
への移行がすごいなぁ、と思いました。
常に大きな目標を見失わないように、また、大きすぎる目標に現実を見失ったり、
勇気を見失ったりしないように、考え抜かれた文言なのだと感じました。
Commented by 酒井朋子 at 2013-06-17 12:46 x
なるほど~「今日から明日の今ごろまで」なら、意志薄弱の私でもできるかな?と思います。
あやこさん、受戒(って、言うんですね。えなさん、さすがに言葉たくさん知ってますね)おめでとうございます。(私が日本語知らなさすぎ?)
Commented by prem_ayako at 2013-06-19 00:10
えなさん、朋子さん、ありがとうございます!
(そしてえなさんは、モカシン仲間なのですね♪ 何色を買われたのかな~?)

この3行の偈の前に、実はまず「一切衆生を救う」という目標が語られています。で、「そのためには、菩提を得るまで私の身口意を善のために使います」と続いています。つまり、対処行動が語られていると思うんですよ~。私がこの3行を好きなのは、行動に焦点が当たっているから。
なんせ、目標は今生では達成できない大きすぎるものですからね~。目標を見失わないように、勇気を失わないように、まずは今、ここからやで!って言われている気がします!(←なぜに関西弁?)
by prem_ayako | 2013-06-16 21:38 | tibet | Comments(3)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako