アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp
ブログトップ

事態は悪いほうへ・・・

翌金曜の朝起きたら、
喉にあったひっかかりは、なくなっていました。

お?寝ている間に取れたのかな?
そのかわり、なんだか喉が腫れています。

う~ん、行った方がいいのかなあ。行かなくてもいいのじゃないかなあ。

でもせっかく早起きしたのだし、
紹介状もいただいたのだから行っておきましょうか。
どうせ30秒で済むし ← こればっかり
外来で待たされても昼には帰れるでしょう。。。

そうして、予定通りのバスで大阪警察病院へ行きました。
ずっと昔、学生のときの友だちの彼氏が
警察病院に勤めているお医者さんだったなぁとか、
しょうもないことを思い出しながら。

「大阪」「警察」「病院」と名前は3拍子揃ってこわもてですが(笑)
中は広くてきれいで、
スタッフの方々もてきぱきといい感じです。

ま~どうせ、今日が終われば二度と来ることはないだろうけど。
(とこの時点ではまだ思っていた)

7時半に初診の受け付けをして
耳鼻咽喉科外来の待合で待つこと2、3時間。
診察をしてくださったのは淡々とした感じの
どことなくアドレリアンのY子先生に似た女医さんでした。

細いカメラを入れて、喉を診ていただきましたが
骨ははっきりとは見えません。
そして昨日と違って、左側の喉頭部がかなり腫れているもようです。

う~ん。。。と考えこまれる先生 ← おいおい

「少し白い部分が見えているので、それが骨かもしれません。
でもこれだけ腫れていると、このままお帰りいただくわけにいきません。 ←!!
喉に麻酔をして、少しその白い箇所を掻き取って見てみましょう」

ということで、ゼリーを口に含んで喉を痺れさせ、
鼻から鉗子とカメラを入れ、患部を診ていただきました。

それでもやっぱり、骨は見つからないのです。
どうしようかな・・・と、ますます考え込まれるY子先生似の先生。

「たかが骨ぐらいでと思われるかもしれませんが、
気管にたいへん近いところに膿瘍ができているのです。
骨はこの奥に入ってしまっているのかもしれません。
もしそうだとすると、外来ではとても処置できませんので
全身麻酔をかけて手術ということになります。
その場合は、一泊は入院していただくことになります」

えええ~っ明日ケースセミナーなのに?
「ほうっておくとどうなりますか?」と私。

「今はまだこれぐらいの大きさですが、
さらに膿瘍が大きくなると呼吸困難におちいる危険があります。
うまく写るかどうかわかりませんが、まずCTを撮って、
患部がどうなっているかできるだけ見てみましょう」

喉のあたりは骨が多いので、造影剤を入れてのCT撮影になります。
まれに造影剤でショックを起こす人もいるとかで、
なんかこわいことをいっぱい言われて同意書にサインして、
血液検査や尿検査をして、それからやっとCT。
検査室を回って外来に戻ったら、もうお昼をすぎていて、
あれだけ混んでいた待合室はがらんとしていました。

あ~あ、すぐに帰れると思っていたのにぃ(T_T)

でもここで、師匠のJ先生が、ふらりとご登場!(^o^)

一泊入院の可能性を聞いて、慌てて先生にメールを送ったので
ご自宅から歩いてのぞきに来てくださったのでした。
めっちゃいいタイミング!心強いです!

「まあ今日は金曜日だし、今すぐの手術はないんじゃないかな。
土日は抗生剤で抑えておいて、月曜に手術じゃないか」
とJ先生も楽観的におっしゃいます。
そうよね、そうよね、最悪でも明日のケースセミナーは行けますよねっ。

ちょうど診察に呼ばれたので、
説明を聞くためにいっしょに入っていただきました。

CT画像を見ると、膿の袋の中に、白い異物が写っていました。
Y子先生似の女医さんがやさしくきっぱりとおっしゃるには、
「麻酔科の医師の都合がつきしだい、今日これから手術をします。
土日の間にもし悪化すると、急に呼吸ができなくなることがありますし、
そうすると首を切開する手術になります。
今なら、切らずに取ることができます。
その後2日間、点滴で抗生剤を入れさせていただいて
早くて月曜に退院という流れになるでしょう」

ええぇ~っ!ずっと最悪に流れてるんですけど?(>_<)
明日のケースセミナーは・・・?
(仕事の段取りというより、私が参加できないのがカナシイのです)

J先生の方を見ると、先生はひとこと
「しかたない。なんとかします」

せ、先生がなんとかすると言ってくださっても・・・(T_T)
(つづく)
[PR]
Commented by えな at 2013-05-14 22:55 x
はわわわわ。
ケース・セミナーであやこさんにお会いできなくて残念、と思っておりましたら、
そんなおおごとだったのですねっ(汗)
Commented by prem_ayako at 2013-05-15 21:44
えなさん、私もとっても残念でございました(>_<) ちょいと恥ずかしかったので、あの日はとりあえず「喉が痛くて欠席」ってことにさせていただきましたが、なんでこんなにドラマなんでしょう~? いやはや(汗)
by prem_ayako | 2013-05-14 21:01 | others | Comments(2)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako