アードラーの夢

ayakoadler.exblog.jp
ブログトップ

桃源郷

最後の上りに取り組む前、
美しい流れに架かる小さな橋を渡ったところで
少し休息しました。

雑木林の中
ウグイスの声だけが聞こえて
静かです。

尾根に出るまでの次の登りは、おそらく最もきつい坂でしょう。
少し休んだら、また歩き出さなくてはなりません。
いつもなら、いやだなあとか
私に歩けるだろうか?とか
あとどのくらいで着くのだろう?とか
頭の中をいろんな考えがブンブン回るのですが

でも、もうこのときは
未来への不安や恐れなど
マイナス感情は全くなくなっていました。

ただ、この時この場所に、私はいました。
意識がとどまっていました。

ああ、この時この場所で感じたことを
どう表現すればいいのでしょう!

雑木林の中、
ウグイスの声だけがして
風が吹いて
木の葉が鳴って

過去を思ったわけではありませんが
過去から今までの時間の流れの意味が
見通せたような気がしました。
ここ以外の場所を考えたわけではありませんが
ここ以外のさまざまな場所と今この場所に私が居ることとの関係が
分かったような気がしました。

ただその場にいて
道ばたに腰を下ろして
私は幸せでした。

ヒエロファニー(聖体示現)という言葉を知ってはいますが、
そう呼ぶことにはためらいがあります。
また、仏教でいう法身顕現とも少し違う気がします。
何かが現れ出でたわけではないからです。

ただ、マインドが完全に停止して
時間と空間が交差するまさにその一点に、
とどまっていた、というほかありません。

それは、一生忘れられないだろうと思うほど
とてもとてもありがたい体験でした。


夕方、予定より早く山の上の宿坊に着きました。
全身がギシギシいっています。
お風呂に入っておいしい精進料理をいただき
夜は8時ぐらいから爆睡しました(^o^)


翌日、山を下りる坂の途中に
桃源郷がありました。

b0253075_1524467.jpg

この時この場に居合わせることができたという奇跡。

b0253075_1516615.jpg

光も花も、最高です。

b0253075_157379.jpg

実はいつもいつも奇跡は起こっているのではないでしょうか。
時間と空間が交わるこの一瞬に
私が世界の中に存在していることは、いつだって奇跡です。


あぁひょっとしたら、昨日私がかいま見たのは
縁起の法則だったのかもしれません。
因と縁によってすべてのものが生起しているということ・・・
法身とか仏性とか如来蔵とかいろんな言い方があるようですが

この世界を美しく調えているものは
すべてのものが関わり合い生じさせ合っているという
縁起、
ただそれだけではないかしら?

b0253075_1561553.jpg

この目に映る美しい景色をすべて
仏さまに献げます。
おんまにぺめふむ
[PR]
Commented by えな at 2013-03-28 20:00 x
いいなぁ、いいなぁ。
なぜか昨日から、お遍路行きたくてしかたなくなっておりました。
「行けないかなぁ?」と思って手帳を見たら、何をどうやっても絶対無理であることが判明したので大人しく岩手におりますが、心は徳島に飛んでいました。
写真を拝見して、ちょっぴり徳島の空気に触れることができたような気がします。

私がお遍路で知った(気付いた?教えられた?)ことは、「私が疲れないで歩けるペースというものがある」ということでした。
それは、他の人に比べて、とてもとてもゆっくりなペースではあるけれど。
他の人と比べさえしなければ、私は私のペースで生きていけるんだ、って。
Commented by prem_ayako at 2013-04-04 13:51
えなさん、花の季節のお遍路は一年でいちばん混んでいるみたいですよ。徳島は光があたたかです。私の行ったときは梅でしたが、今はもう桜が散り始めている頃でしょう。

自分のペースを知るって大事ですね。「頭」の言うことを聞くと、ついつい生き急いでしまいますが、「頭」が空っぽになると、「体」の欲しているペースに気がつきます。そうするととても自然体で、苦も楽もなくなるんだけど・・・未熟なのでこれがなかなかむずかしいです(^^;)
by prem_ayako | 2013-03-27 21:47 | travel | Comments(2)

アードラー先生は夢を見なかったそうです。しかしてアードラーの夢とは兎の角、虚空の華、ガンダルヴァの城、空、幻・・・。


by prem_ayako